ヒーローNEWS

  • Twitter
  • RSS
    相互リンク募集中!
    詳しくはこちらで
    http://hero-news.com/index.rdf

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無し1号さん
    35018fa5cac34a02d351c7a354bcf047

    ミラーモンスタースレ
    「仮面ライダー龍騎」に登場するミラーモンスター
    機械的な外見にカラフルな体色ながら人間を捕食するなど残酷でもあった。








    参照元:http://futabalog.com/thread/d0aa4a5087636e225726eee1914853e2 
    【ミラーモンスターについて語ろう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:ワールド名無しサテライト:2017/02/24(金) 22:26:04.68 ID:znCp5ilN0.net
    絶狼<ZERO>-DRAGON BLOOD- 第8話『写真』
    引用元:http://hayabusa2.2ch.sc/test/read.cgi/livetx/1487942764
    【絶狼<ZERO>-DRAGON BLOOD- 第8話 感想まとめ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    mig

    0: 名無し1号さん
    立花のおやっさんをはじめとする所謂おやっさんポジなキャラについて語りましょう。






    ※お題募集記事の為本文は
    一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 
    【【更新】特撮作品のおやっさんについて語ろう。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:ワールド名無しサテライト:2017/02/25(土) 08:36:16.25 ID:64+Yf8Zta.net
    スクリーンショット (210)
    第8話「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 「第2章 レイとメビウス」」
    2017.02.25放送
    脚本:岡部淳也/樫原辰郎/小林雄次
    監督:坂本浩一
    出演:南翔太/小西博之/上良早紀/俊藤光利/八戸亮/黒部進/森次晃嗣/五十嵐隼士
    スペースミッションのエキスパート集団、ZAP SPACYのヒュウガ船長率いる輸送船・スペースペンドラゴンは、調査のため訪れた惑星デントで怪獣ザラガスの襲撃を受ける。
    ZAPの一員、怪獣使いのレイは、相棒のゴモラとともにザラガスを撃退。そこへ眩い光が現れ、レイを連れ去ってしまった!その光の正体はウルトラマンメビウスだった!

    前スレ

    ウルトラマンゼロ ザ クロニクル 7話感想まとめ 
    ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE 第8話「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 「第2章 レイとメビウス」」
    引用元:http://hayabusa2.2ch.sc/test/read.cgi/livetx/1487979376
    【ウルトラマンゼロ ザ クロニクル 8話感想まとめ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    0: 名無し1号さん
    最新はゴースト(涙ライン有り)、とエグゼイド(涙ライン無し) 
    俺の世代の龍騎は……無いのかなこれは…。 
    というか、どこからどこまでが涙ラインなの?






    ※お題募集記事の為本文は
    一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 
    【【更新】涙ラインの有るライダーor無いライダー どっちが好き?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無し1号さん
    1ff0a25b







    参照元:http://futabalog.com/thread/21c9b2d8cd1bd57720b141206ce1014e 
    【戦隊の敵キャラですきなのは?】の続きを読む

    このページのトップヘ