1: 名無し1号さん
シリーズ後半の衝撃展開(というか鬱展開?)のせいでどうにも影が薄くなりがちな平成セブン第一弾。
リアルタイムで見た作品だし、わりと見どころも多いと思うんだけど。
no title


http://cgi.2chan.net/g/res/1588354.htm




  


2: 名無し1号さん
とりあえず、ピット星人人間体が可愛かった
隊長になったフルハシはさらにメタボになっていた
アンヌが結婚していた
てな辺りが印象的

3: 名無し1号さん
リアタイで観たときは
雑誌ニュートンのタイアップ作品かと思った

80以降の世界観で帰ってきたウルトラセブンな雰囲気もいい

4: 名無し1号さん
エレキングがスリムに

5: 名無し1号さん
本放送で見ていたときは小学生だったから「わーいウルトラセブンだー」くらいの感覚で見てたんだけど
後にビデオで見返した時にフルハシの
「疲れてボロボロになって・・・・それでも地球のために宇宙を飛び回って・・・・こいつは地球人よりも地球が好きな大馬鹿野郎だ!」
のシーンでボロボロ泣いた

6: 名無し1号さん
アンヌが結婚して子供が出来ていた、まではまあ納得だったのだけど、セブンに対する態度が普通に『お願い!』くらいだったのには興醒めした記憶があるな。
これのちょっと前に、NHKで『私が愛したウルトラセブン』で感激していただけに、落差がひどかった。

7: 名無し1号さん
>アンヌが結婚して子供が出来ていた、まではまあ納得だったのだけど、セブンに対する態度が普通に『お願い!』くらいだったのには興醒めした記憶があるな。
それについては本人も猛省されてるみたい。「ダン」と呼びかけるのを「セブン」に書きかえるように進言したことも同様に。決してアンヌ(ひし美さん)に悪気があったんじゃないんだよね

8: 名無し1号さん
若いカジはデータがないと対応できない
経験あるフルハシは過去の経験でエレキングに対応できた
なんて対比もよかった

9: 名無し1号さん
フルハシ「ガッツを出せガッツを!」のくだりは笑った

10: 名無し1号さん
>「ガッツを出せガッツを!」のくだりは笑った
出した本人が後にGUTS隊員になるオマケ付き

11: 名無し1号さん
このときのウルトラ警備隊もっと見たかったな。未確認生命体対策班の刑事やら声優になった人もいるけど

12: 名無し1号さん
>このときのウルトラ警備隊もっと見たかったな。未確認生命体対策班の刑事やら声優になった人もいるけど

紅一点のリサ隊員だったかな?すごく可愛かった。

13: 名無し1号さん
ウルトラ警備隊のデータにセブン以外の怪獣のデータも入っている不思議さ

14: 名無し1号さん
エレキングは、一応3代目扱いだね。
初代とも改造(2代目)ども違う武器で区別をねらったのかも

15: 名無し1号さん
見たはずなんだけど、本編よりみかんのCMの方が頭に残ってるよ。

16: 名無し1号さん
>見たはずなんだけど、本編よりみかんのCMの方が頭に残ってるよ。

そもそもタイアップ企画がスタートだから、録画当時のVHSを見直すとCMで朝日ソーラーとかのCMがやたら入る

17: 名無し1号さん
ウルトラシリーズが現役でない頃だから貴重な立ち位置なんだよね。
ただビデオ撮り低予算すぎて、画質からして馴染めなかったわ。
企画もの番外編っぽさもあるんで本気に見られないみたいな。
ホリゾントはスタジオの壁そのままっぽい
基地セットは別の意味でスタジオそのまま
(編集室を作戦室に見立てるw)
毒蝮はいいよね。二作目の円谷浩も。

18: 名無し1号さん
タイアップ作品だから全体的に妙な作品になってるよねこれ

19: 名無し1号さん
脚本がヒドいと感じたな
何のヒネリも無かったし、展開もタルかった…そんな記憶
あと、後のビデオシリーズにも感じた事なのだけど
本家セブンにあった「未来感・都会感」がまるで無かった事が
嫌だった…と云うか許せなかった

20: 名無し1号さん
>脚本がヒドいと感じたな
何のヒネリも無かったし、展開もタルかった…そんな記憶
あと、後のビデオシリーズにも感じた事なのだけど
本家セブンにあった「未来感・都会感」がまるで無かった事が
嫌だった…と云うか許せなかった

そもそもソーラーエネルギーとのタイアップだからそれを全面に押し出しながらセブンの話作るって言うのも難しかったんだろうね。バンダイに操られる昨今の作品も似たようなもんかも

21: 名無し1号さん
その辺の反省があってか、地球星人の大地(メトロン)はかなりセブンに寄せた話になってる。
元々3部作予定だったらしいけど、流れちゃったんだってね。
ビデオ版の超全集に書いてあった。

22: 名無し1号さん
本放送時は小学生だったけど、普通に楽しめる作品ということでいいんじゃないかと思った。
突っ込み点は色々あるけど、あえて言うなら最期にセブンがダンの姿になるだけでも違ったんじゃないかな?
せっかくナレーションしてくれたんだから

23: 名無し1号さん
アンヌのセブンに対する態度の変化は
放映当時に観た時は残念だったが、近年に見直すと
ひし美ゆり子さんの即興判断は正しかったと思う。
アンヌにしてみりゃ
これからも生計を伴にする旦那が居る身では
息子にダンと名付けるだけで精一杯だよ。
捨てられた元カレに未練たらたらな態度を
公衆の面前で出せる訳ない。

ひし美さんが反省してるのは
「ファンの望むアンヌ像とは違った」って事。
私は「人間像:その後のアンヌ」を
台本のセリフを変更させてまでリアルに演じた
ひし美さんを賛辞するよ。

24: 名無し1号さん
今見返すと、冒頭でセブンが地球に落ちていくあとにアンヌが自宅で「ダン!」て言って走り出すのは、十分引き込まれるアバンだ

25: 名無し1号さん
恋人とか言う前にまず仲間でありいつもダンと呼んでいたんだっていう…

27: 名無し1号さん
>恋人とか言う前にまず仲間でありいつもダンと呼んでいたんだっていう…

やっぱ息子の名前はかつての恋人であり仲間だった彼からということなんだろうね

26: 名無し1号さん
よくよく考えると、ダンとはフルハシよりソガの方が仲良くしてたイメージがあるけど・・・やっぱ毒蝮さんになるか

28: 名無し1号さん
よくみると冒頭会議に科学特捜隊な方とかもいたりする

29: 名無し1号さん
太陽エネルギー作戦に発したためか
平成セブンシリーズのウルトラセブンは
「戦闘中に曇天になると弱る」と言う
昭和時代になかった弱点が追加されてしまった。

30: 名無し1号さん
>太陽エネルギー作戦に発したためか
平成セブンシリーズのウルトラセブンは
「戦闘中に曇天になると弱る」と言う
昭和時代になかった弱点が追加されてしまった。
エレキングとの戦いを見る限り、高熱と二酸化炭素にも弱かったみたいだったがw
いまいち不明なんだけど、エレキングの手から出たのは強烈な二酸化炭素で全身からは常に高熱がでているという設定でよかったのかな?

31: 名無し1号さん
本格的な屋外ロケは、アンヌの自宅と近辺の森の場面くらいか。あとは殆ど放送局のどこかっぽい。やはり、予算の都合かな

32: 名無し1号さん
特撮セットはほぼ飾り付けをせず、土さえ撒かれていなかったため、上から撮らないように苦労してるんだよな。
2作目の地球星人の大地では、セットに土が撒かれていたため撮影スタッフはテンション上がったとか。

33: 名無し1号さん
けっこうスタッフにも特撮初心者多く不眠不休もあったとか

34: 名無し1号さん
そういや、なぜかエレキングが等身大になっていた場面があったような

35: 名無し1号さん
>そういや、なぜかエレキングが等身大になっていた場面があったような
ダン(アンヌの息子)がピット星人と夜の森で会うところね
何のための場面だったかいまいち分からないが

36: 名無し1号さん
ピット星人の人間体が牧瀬里穂っぽかった。
っていうか
本放送でちゃんと見てなかったし
家族も牧瀬里穂出てるとかいうし
ああ知名度ある人をゲストで持ってきたかと思ってたら、
後で観返すと違ったw

37: 名無し1号さん
エレキング三形態と牧瀬里穂似のピット星人人間体、及びピット星人アクター。
エレキングの等身大は意味があったんだろうか
no title


38: 名無し1号さん
ピット星人が侵略計画の片手間にわざわざアンヌの息子ダンを拉致するのがいまいち理解できなかったな
no title


39: 名無し1号さん
セブンが格納庫に寝かされてるシーンは衝撃だったわ

エネルギー切れの場合、大体変身解除が基本だと思うんだが、セブンはダンの姿になる力すら残ってなかったと思うと、セブンの地球大好き加減には頭が下がる(演者さんの都合といえばそれまでなんだけどね)

40: 名無し1号さん
アバン以前の場面なんで描写はないが、セブンがピット星人の兵器で敗れたのが意外だわ。

41: 名無し1号さん
ピットの監視カメラを破壊するリサ隊員
この銃、後々ずっと平成セブンシリーズで使われ続けるけど
当時のバンダイ玩具を変造したプロップなんだよね。
no title


42: 名無し1号さん
太陽エネルギー作戦では三菱GTOの後期型だったね
ドアのウルトラ警備隊マークを目一杯大きくしたり
ボンエットやフェンダーの黒ラインを追加していれば
もう少し「後継車両」っぽさが出たのかも
no title


43: 名無し1号さん
平成版のウルトラガンの玩具持ってたわ

サウンドバトラーと連動して怪獣撃つと音が鳴るんだよね

44: 名無し1号さん
ウルトラガンよりもこれの方が玩具の流用に見えた。
放映時はダンがうらやましかったけど、よくよく考えたら
あんまし必要な場面じゃなかったような。
普通に考えれば、実はバッジに発信機か通信機が仕込んであってとかの伏線でもよかったんじゃないか
no title


45: 名無し1号さん
なんかの本で脚本書いた人がいってたんだけど、
実はダンがピット星人にされた手錠を外すためにバッジを使うシナリオだったとか
でも、小道具担当が作った手錠がイメージしてた
のと違い、結局演出担当の判断でその描写があいまいな
ままになったとか…だったような

46: 名無し1号さん
>なんかの本で脚本書いた人がいってたんだけど、
実はダンがピット星人にされた手錠を外すためにバッジを使うシナリオだったとか
でも、小道具担当が作った手錠がイメージしてた
のと違い、結局演出担当の判断でその描写があいまいな
ままになったとか…だったような

やっぱり伏線だったのね。該当するのはこの場面あたりなんだろうけど、放映時にみたときは装置をいきなり動かすとこ含め、何が起こったのかよくわからなかった
no title


47: 名無し1号さん
やっぱフルハシの涙は屈指の名場面
かつての戦友に思わず涙ぐみながらあえて「大馬鹿野郎だ」と悪態つくフルハシ
息子と共にかつてに恋人を見つめるアンヌ。セブンリアルタイム世代でないからかもだけど、あえて淡々と感じるアンヌにも別に嫌とは思わなかった。

それゆえにあの小説版のアンヌの書かれ方はどうも…って悪口はやめよう
no title





オススメブログ新着記事