566:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/13(月) 17:33:26.13 ID:pEq8pct7.net
個人的に異色作はやはり何といってもダダだな
あの話だけ奇妙な雰囲気に包まれていて、他の話とは一線を画す
弱いわりにはウルトラマンも戦いにてこずり、長時間バトルとなった
宇宙人のキャラクターも不気味で異色
dc206720.jpg
 
【禁じられた言葉】初代ウルトラマン【第33話】
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/rsfx/1461798590


  


572:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/13(月) 20:38:18.64 ID:vUUnHcUB.net
>>566
ダダはアラビア数字を使う地球フリーク
568:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/13(月) 18:22:49.53 ID:qYhuzGUM.net
ダダはあのまま建物の中にいればウルトラマンタイムアウトだったんだけどな。
いらんことして命を落とした。
569:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/13(月) 18:28:21.57 ID:PWrSzxGv.net
てっきり両者とも屋上のミクロ化器で小さくしては巨大化する合戦を何度か繰り返すと思ってた
571:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/13(月) 18:46:06.90 ID:te+cPzZD.net
ダダ上司は何処までも非情
575:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/14(火) 01:01:01.59 ID:3A5sBx3b.net
ダダの不気味さに目が行きがちだが、優秀な頭脳の地球人を獲得しようという目的意識。それを母星からの指示と支援でやってた所がハッキリ描かれてる点は評価されるべき。
577:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/14(火) 05:59:11.55 ID:+/BR2CvP.net
ザラブやメフィラスみたいな一匹狼的なのではなく、組織的な行動と言う意味だろうか。
で、どう言う事なんだw
578:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/14(火) 07:51:08.61 ID:tq/ml0RU.net
組織人として与えられた仕事を、忠実に身を粉にして成し遂げようとするその姿勢………
まさに高度成長期の日本のサラリーマンそのものではござらんか!
だが、それがいい
579:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/14(火) 08:02:44.61 ID:B1sBz2eG.net
>>578
「モーレツ社員」かw
583:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/14(火) 15:31:23.28 ID:LemHO/wR.net
>>578
ああ、今作ってもこう言う話にはならないかも知れんね。
「ウルトラマンと戦ったら死ぬに決まってるじゃないっすか。ならオレ、辞めるっすよ」みたいなドラマになってしまう
581:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/14(火) 12:14:26.28 ID:pvcHdZ23.net
ダダ回は事の発端となった連続交通事故がダダとは全く無関係だったというのが?だな
582:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/14(火) 14:48:46.91 ID:CYPtqjWz.net
>>581
あの警官絶対に怪しい!
と思ったら無関係w
587:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/14(火) 21:27:17.14 ID:vES6US+Q.net
>>582
セブンの緑の恐怖の郵便配達員も怪しいのに無関係なんだよね
594:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/15(水) 15:05:01.50 ID:/57dNgq2.net
>>581
冒頭の連続バス転落事故は、ダダが起こしていたんだよ(無関係のわけ無いだろ)。
人間標本の残り2体を採取するために、気絶した乗客に適正調査を続けていたが
見つからず放免していた。そこに秋川技官とムラマツがやってきた。
604:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/16(木) 12:24:51.11 ID:XWlcDrlK.net
>>594
ありそうな話ではあるけど、それって何か根拠のある話なのか? 
君の妄想じゃないのか
606:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/16(木) 12:46:02.09 ID:5Y2g1s0H.net
>>604
妄想とは随分失礼な言い方だな。

ダダA「当研究所員45体をテスト、うち4体が標本として適当なので採取しました。
ブラウン管の中の顔「指示した標本は6体だ」
この直後、シナリオ決定稿に存在しながらも本編の尺の都合でカットされてしまった
重要なやりとりがこれ。↓

ダダA「本日も、通行のバス一台を捕獲。全員をテストしましたが、適当な標本を
発見できず放免しました」
ブラウン管の中の顔「全員をテストした?ダダ271号、真実を報告せよ。
バスから二名の地球人がこぼれていた筈だ」
ダダA、声なし。「…気づきませんでした」
ブラウン管の中の顔「任務に過誤は許されない。(以後、完成作品には残って
いる)我々の星では標本を急いでおる。ダダ時間222以内に、6体の標本を
採取せよ。ダダ271号、何者かがそこに近づいている。警戒せよ」
ブラウン管の中の顔、消える。
638:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/18(土) 00:02:44.78 ID:C0zX4CBx.net
>>606
貴重な情報㌧。
603:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/16(木) 05:48:28.85 ID:/gB/89QL.net
サブタイトルの読みは、
「にんげんひょうほん ご ろく」でOK?
「ご てん ろく」?
605:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/16(木) 12:27:15.59 ID:5Y2g1s0H.net
>>603
劇中、ダダの上司が「にんげんひょうほん ごろく 二体、至急確保して
転送せよ」と言ってるよ。
609:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/16(木) 18:00:17.53 ID:wBO7R+mX.net
>>603
五番目六番目の人間標本という事だから
小数点は関係ないね
611:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/16(木) 20:29:03.63 ID:l/VC24Bl.net
>>603
>>609
5・6 だからね
607:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/16(木) 17:37:11.64 ID:XWlcDrlK.net
シナリオの段階でカットされてた部分があったのか
やっぱりあの事故もダダの仕業だったのか
知らなかったわ、失礼な物言い済まなかった
610:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/16(木) 20:28:22.81 ID:/oyCw1JB.net
>>607
私も「ダダと冒頭の転落事故が無関係のわけないだろ」と書いたのは良くなかった。
こちらこそゴメンなさい。
608:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/16(木) 17:54:39.35 ID:YiDyqC8o.net
貯蔵室に閉じこもって難を逃れた所員、結局袋のネズミな訳であの後どうやって所外に
脱出できたんだろうと不思議だったが、ダダは定期的にバス事故を起こして適切な標本を
物色するために不在となる時があったんだな。
616:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/16(木) 22:47:18.12 ID:RZx6VCqH.net
地球侵略・拉致に来たのなら組織として来るはずであり、上司がいるのが
当たり前だがその点はダダはちゃんとしてるな。他の星人は複数の場合
友人みたいな同格関係が多い(猿人形が上司ってのもいるが)。
622:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/16(木) 23:10:07.01 ID:qqsLn3ry.net
>>616
組織なのはいいんだが、上司と部下の二人しか確認できてない気がする。
しかも戦闘要員はムラマツに投げ飛ばされてる様な奴だし、何かこの滅亡寸前の種族みたいなワケがあるんだろうか
617:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/16(木) 22:50:16.25 ID:WKckFucD.net
>同格関係
同僚ってだけで組織かもよ
618:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/16(木) 22:51:51.91 ID:WKckFucD.net
ベムラーの先祖にはギャンゴみたいなちゃんとした腕ついたのもいたのかなあ
腕が退化する前の先祖が
630:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/17(金) 06:12:54.24 ID:+2LPiEVl.net
ルパーツ星人ゼミとか、マゼラン星人マヤとかは、名前があったりするのに、
ダダの下っ端は番号でしか呼ばれないんだな。
631:どこの誰かは知らないけれど:2016/06/17(金) 07:41:36.47 ID:Eyx2SQSn.net
態々日本語で喋ってくれる侵略者
その必然性があるのはメフィラスだけだから
あとは察して知るべし


 
オススメブログ新着記事