images

0: 名無し1号さん
スクラッシュドライバーの副作用を聞いた時、デルダギアみたいだなーと思った人は多かったはず






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  


1: 名無し1号さん
プロトイクサだな
あんな欠陥品を使ってるのに相変わらずひょうひょうとしている音也はすごい
127719797737516331648


2: 名無し1号さん
プトティラや極みたいな人間辞めちゃう系は話盛り上がるから好き

3: 名無し1号さん
恐怖心が適合率に影響するギャレン

4: 名無し1号さん
こういう系はやっぱり話盛り上がるし熱いよね
「使わなきゃ勝てないけど使うと危険...」
みたいな感じすごい好き
個人的にはキングフォームが話の中への組み込み方も見た目も大好き

5: 名無し1号さん
やっぱゼロノスでしょ

なお本編終了後

7: 名無し1号さん
ダークキバもそんな感じかな
人間が変身したらだけど

8: 名無し1号さん
スクルルァッシュドライバァー!

9: 名無し1号さん
草加雅人なら大丈夫?

47: 名無し1号さん
>>9
あっCSMの紹介動画でエラー起こして灰化した人だ

10: 名無し1号さん
クウガのアマダムだな
このままだと戦うためだけの生物兵器に・・・って繰り返し言われてたし、
五代じゃなかったら恐らく本当にそうなってたと思う

71: 名無し1号さん
>>10
一度クウガに選ばれたらガッチガッチに神経と融合してるから取り外すの不可能で
たとえ自我を保てても体の方は生体兵器化一直線というか酷い仕様
小説の方でアークルにヒビ入ってるのに順調(?)にスペックアップしてるようで
頼もしさと同時に悲しさを感じた

11: 名無し1号さん
ちょっと意味違うかもしれないけど、猛士ライダーの変身アイテム
毎回全身の服が消し飛んでると地味に洋服代もバカにならないだろうし、
お気に入りの服にも構わず変身しなきゃいけない時も勿論あるだろうし、
何しろ変身が解けたらおしり丸出しっていう…

12: 名無し1号さん
ハザードトリガーの副作用を止めるためのスクラッシュドライバーと思ったら
スクラッシュドライバーを止めるためのハザードトリガーだった。

13: 名無し1号さん
暴走するシステムがあるカブトとガタック
なお本編

14: 名無し1号さん
予告で万丈が既に支障を来してる感じだった…。やっぱ印象深いのはプトティラだった。まさかのラストバトルに中間フォームの流れ!

15: 名無し1号さん
1話で敵からご丁寧に説明が入るオーズドライバー
1話の時点では「何言ってんだこいつ」だったけど
一周してくると「なんでこいつ知ってんだ」ってなる
グリードならともかくメダルから産まれたヤミーなのに

そしてそのせいでウヴァさんは本人より生み出したヤミーのが賢いってネタにされるように...

16: 名無し1号さん
コウモリもどき……もう一度力を貸せぇ!!

17: 名無し1号さん
ギルスかな。アイテムじゃないけど不完全なアギトの亜種だから最初は消耗が激しく老化現象がよく起こり、真魚ちゃんと真島のアギトを注ぎ込んでやっと完成とかリスク高すぎ。なお翔一君

34: 名無し1号さん
>>17
翔一君は本当その点異質だよな。アギトの力をノーリスクで使える上、危険だったG3-Xすら制御チップなしで使いこなし、挙句にレストラン開店してハッピーエンド。後にも先にもこんな主人公いないだろうな。強いて言えば記憶喪失と姉・雪菜の死がリスクか。

49: 名無し1号さん
>>17>>34
他の作品の言葉で言えば、翔一くんはアギトとの融合係数がもっとも高かったんだろうね。
ギルスに関しては葦原さんじゃなくとも変身する度に体を蝕んで行ったろうから、ギルスは基本的にアギトの力を制御できなかった者の成れの果てなんだと思う。
もっとも、それで途中まで戦ってた葦原さんの精神力はすごいなと思うけど。

18: 名無し1号さん
消滅のリスクを抱えながらパラドと生きる覚悟を決めた永夢は、現実の難病に苦しむ患者と照らし合わせたと完全読本読んでエグゼイドならではだと思った

19: 名無し1号さん
基本的に命の危機か人外化に大別できるよね

20: 名無し1号さん
ライドプレイヤー は誰でも変身出来るがゲーム病不可避という鬼畜仕様だったな…

21: 名無し1号さん
肉体的にリスクは無いけど、カードデッキ壊されるとヤバい、
ある意味ではリスクの龍騎。それこそインペラーみたいになってしまうからなぁ......。

22: 名無し1号さん
サンダーブレスターも最初は制御できなくてギャラクトロン戦で大ごとになりましたからね…
2c510690-s

24: 名無し1号さん
万年単位で司令出してきて、しかも戦う相手があれだけとんでもない奴らとかオーブカリバーも大概やべーわ

39: 名無し1号さん
>>24
万年単位どころか多分死ぬまで指令出し続けるんじゃないか、オーブカリバー
その意味では、オーブの光に選ばれるって世界を救うための生贄になる感があるなと思う

25: 名無し1号さん
ガイアメモリやスイッチはそうだな
誰でも気軽に使えるけど

26: 名無し1号さん
\ギロットミロー!/

27: 名無し1号さん
むしろあれだけの力を何の影響も無しに扱えるベルトの方がおかしいと思う

28: 名無し1号さん
草加が出るまで変身者が次々に灰になってくカイザはショッキングだった

30: 名無し1号さん
初期G3Xも並の人間ではAI を制御しきれずに暴走するリスクつきだったね。
この手の問題を使い手のメンタル的なものでなく機械的なアップデートで対応するのって、地味に珍しい気がする

33: 名無し1号さん
ルークをイクサに変身させて副作用で弱体化させて倒す展開は斬新だった

36: 名無し1号さん
絋汰さんがオーバーロード化したのは極アームズに変身したからだったかな

37: 名無し1号さん
龍玄・黄泉は使い続けたら死ぬ。1回だけだったからミッチは助かった。

38: 名無し1号さん
一番きついと思ったのはゼロノスだなぁ
肉体的にやばいってのは多いけど、思い出がなくなるってのはあまりないし悲しい
「思い出がなくなるなら、またつくればいい」ってセリフ好き

40: 名無し1号さん
ジードライザー
変身アイテムが全く共通(カプセルの違いとかは知らん) 使用者によって希望にも絶望にもなる

もっとセコムしとけよ光の国! 今回が初じゃないだろ??

42: 名無し1号さん
正体を知られたら カエルにされる ポワトリン とかあったと思うけど
変身アイテム 関係ないからなぁ
リスク のある変身アイテム って 案外 ウルトラセブン の ウルトラアイ かもしれないな
何度盗まれた? 雪の中で落したこともあったし
あとは 誰でも変身できてしまうものくらいか

43: 名無し1号さん
ネクサスかなあ。歴代ウルトラマンも変身前或いは戦闘中に負った傷がフィードバックされる描写がちょくちょくあったんだけど、こちらの場合は自分専用のフィールドに敵を誘い込むだけでデュナミストが肉体を摩耗し、しかも回数重ねるごとに後の話でもそれがもろに表出しだして終いには変身は疎か立つことすら苦しくなるという‘痛み・苦しみ’の表現は結構踏み込んでるなと思うと同時に見ていられなかった

44: 名無し1号さん
敵の首領に対抗できるアルティメットフォームになるためにはこっちも生物兵器になる必要があったアークル
結局雄介がレッドアイに変身できたのって優しい心を持ち続けたまま変身できたからなのかね?

46: 名無し1号さん
装着(改造)された時点で人間じゃなくなるというリスクの塊
昭和ライダーのベルト。
まぁ、昭和ライダーの場合、アイテムと呼んでいいのか身体の一部と言っていいのか。

51: 名無し1号さん
ファントムを食べ続けないといけないビースト

仁藤じゃなかったら、生きるためにファントム側についててもおかしくない

55: 名無し1号さん
牙狼の騎士たちの鎧は制限時間までに解除しないと鎧に魂を喰われてしまうな
maxresdefault

58: 名無し1号さん
戦隊はリスクらしいリスク伴って変身してるのってどれくらいいる?
俺はアバレキラーぐらいしか思いつかない。

63: 名無し1号さん
>>58
反フラッシュ現象が起こると変身不能に陥るフラッシュマンとか?

65: 名無し1号さん
>>63
反フラッシュ現象は変身自体とは関係ない、変身しない英雄タイタンもそれで死んだからちょっと違うかな
事前にサイボーグになる必要があるジャッカーでも毎回変身の度に苦しむわけじゃないし、その他は体力の消耗が激しいのくらいか

59: 名無し1号さん
なんだかんだでブレイドとかもこれに入るんちゃうか

60: 名無し1号さん
融合係数が低すぎだと畳に弾かれて腕切断
恐怖心があると低下して体がボドボドに
高い+意志が弱いとアンデッドに乗っ取られる
高すぎるとジョーカーになる
ちなみに不備ではなく仕様だそうです

61: 名無し1号さん
リュウケンドーでもサンダーキーが
すぐにエネルギーを使い果たしてしまうリスクがあった様な

69: 名無し1号さん
社会的なリスクを伴う変態仮面

70: 名無し1号さん
暴走カブトまじ恐かった
地獄兄弟がいなかったらどうなっていたことか

73: 名無し1号さん
「正しく使えば問題なんて一欠片もないが、使い方を誤ると………」なパターンなキョウリュウレッドカーニバル
しかも、知識なしで普通に使おうとしたら、普通ああなるので、初見殺し極まるアイテムだと思う



オススメブログ新着記事