a154d3c296c6f43835046f2c0580ccd8

0: 名無し1号さん
仮にゴモラの空輸に成功したとしても生きたままのゴモラをどうやって展示するつもりだったんだろう






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  


1: 名無し1号さん
「怪獣殿下」がゴモラの別名というか通り名だと思ってたのは俺だけじゃないはず


2: 名無し1号さん
ウルトラマン(ハヤタ)が戦闘の途中で変身アイテムのベーターカプセルを落として、ゲストの少年が拾って、後編でハヤタにベーターカプセルを返したら流星バッジを貰ってた気がする

3: 名無し1号さん
確かセリフは「これ(ベーターカプセル)を科特隊のハヤタさんに届けてください!」だったと思うんですけど、おれ個人では1番の名シーンです。

4: 名無し1号さん
とかげの尻尾切り と 大阪城 の印象が強いな

5: 名無し1号さん
後編冒頭のあらすじの「ウルトラマンでも歯が立たなかった」のインパクト

6: 名無し1号さん
よくゴモラに負けたとか言われてるけど、明確にはかなり苦戦しただけなんだよな
メタ的な意味でも時間さえあれば倒せたっぽいし

13: 名無し1号さん
>>6
逃亡を許すくらい大ダメージを受けたのを無視して、ウルトラマンと制限時間を切り離して考えるのも、「メタ的に負けない」に考えるのも不毛すぎる。

20: 名無し1号さん
>>13
うーん、だからと言ってウルトラマンが戦闘不能になったわけじゃないしなぁ… スペシウム光線打ち込めば倒せたか大ダメージ負わせるかできそうだし

事実上負けと言われるのはわかるが、はっきり負けたと言われると微妙じゃない?

24: 名無し1号さん
>>20
手も足も出ずフルボッコされて「負けてない」は無理があると思う

7: 名無し1号さん
このストーリーをオマージュしたのがウルトラマンダイナの滅びの微笑みなんだよな
uld26

8: 名無し1号さん
無理やり連れてこられて可哀相だったな。そもそも怪獣閉じ込めておける檻があったのか?あれば怪獣退治に何の苦労もないわな。

36: 名無し1号さん
>>8
どちらかと言えば人間のエゴの被害者的な側面が強いゴモラ
だからなのかは分からんが、平成になってからは明確に倒すべき相手として描かれていたのはマックス・メビウスだけで大怪獣バトル以降はヒーロー的なポジションで描かれることが多かった

9: 名無し1号さん
改めて思うと怪獣殿下回の直前があのツイフォン回と思うとものすごい贅沢な時期だったなぁと
ゴモラとの苦戦激闘を描いた次の回で対ダダでウルトラマンさんの強キャラ度を再確認させたのも印象的

10: 名無し1号さん
まるで東宝怪獣映画がテレビに出張してきたような内容で、燃えたなあ。
ゴモラのシンプルかつ野性的な力強さと格好良さと相まって、前シリーズ通して一番好きなエピソードだ。

11: 名無し1号さん
舞台が大阪なのに大阪弁喋る人がいなかったり、団地のシーンは大阪ロケだと思ったら東京の調布だったりと大阪色が意外と薄い回でもあった気がする

12: 名無し1号さん
団地のシーンのロケは多摩地方で行われていたことを知った衝撃

14: 名無し1号さん
この話のお陰で大阪城といったらゴモラ、と連想するようになった僕。

15: 名無し1号さん
2クール目の節目だし気合いれんただろうな
ストーリーはキング・コングのオマージュだし、怪獣デザインは初代、いやシリーズ全体含めても上位に入るし

16: 名無し1号さん
何にも悪くないのに尻尾をちぎられ、角を折られ散々なゴモさん
大地が見たら何というか…

17: 名無し1号さん
再戦時に尻尾が残ってたら、マン兄さんも危なかったかな?

18: 名無し1号さん
時間軸が近未来(ジャミラの墓碑とか)だったのに急に現代になっちゃうんだよな

19: 名無し1号さん
子供が怪獣の存在を信じてないシーンがあるし初代ウルトラマンの世界観はよう分からん

21: 名無し1号さん
初めて買ったソフビがこいつだった。
その頃は大阪城を壊した怪獣っていう認識しかなかったけど、これほど出世するとは…

22: 名無し1号さん
お父ちゃんが、ゴモラは大阪一帯うろついているから何処逃げても変わらん、だから家にいようって言ってるシーンが気楽の様にも感じるけどその通りな気もしてくる

23: 名無し1号さん
漫画「大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー」でも劇中でゴモラが大阪城壊した事にネタにされてたな、しかも(敵が避けたことによる事故とはいえ)また大阪城ぶっ壊しちゃったし。

また…、ゴモラが大阪城壊す事になっちゃった…。(劇中のセリフ)

25: 名無し1号さん
当時小学生だった前田日明(生まれも育ちも大阪)は、大阪城が破壊された後編を観た次の日、大阪城へ行ってみた。もちろん城は破壊されてはいなかった。城の前で掃除をしていた係員らしき男性に「おっちゃん、お城昨日ゴモラに壊されたんとちゃう?」と尋ねたところ、男性の返答は「ああ、壊されたで。けどな、ゆうべおっちゃんたちが徹夜でお城造り直したんや」

26: 名無し1号さん
年代設定もだし、この回だけ世界観が違う感じあるよね

27: 名無し1号さん
怪獣に蹂躙された大阪と言えば、ゴジラとゴモラって印象がある。
正確にいえば、アンギラスもいるけど、やっぱりこの二体が印象深い

28: 名無し1号さん
怪獣娘のゴモラ回の舞台が大阪というイースターエッグは嬉しかったな

30: 名無し1号さん
空輸されてる間は空を飛ぶ夢見てそう

32: 名無し1号さん
何気に2度目登場のスフラン。
多々良島とジョンスン島は気候風土や生態系が似ていたのだろうか?
今だったらその辺も掘り下げられそうな気がする。

33: 名無し1号さん
どの攻撃食らって尻尾千切れたっけ?

40: 名無し1号さん
>>33科学特捜隊のマルス133(スペシウム光線と同等の光線を発射する)ですゎ。

34: 名無し1号さん
ゴモラはデザインも強さもシンプルに強いからカッコいいんだよな
戦巧者の初代マンをフィジカルで圧倒してるわけだから設定的にも強い

ヒーローがボコされる話って妙な興奮するよな
そのせいで子供の頃はゴモラ、ゲバコンドル、グドンとツインテールが好きであった
img_character-detail-gomora-origin

35: 名無し1号さん
数十年後に主役の相棒になってたり、さらにはサイバー怪獣になってるとは思わないよなこの怪獣

38: 名無し1号さん
>>35
公式でスク水を着た幼女になってる事も予想できただろうか・・・

37: 名無し1号さん
ラストに写る今は無き大淀の朝日放送の社屋と大阪タワーに時代を感じる。

41: 名無し1号さん
この回だけ当時の現代…というか「現実」が舞台っぽいんだよな
コラボではないけど、万博記念スペシャル回という事だったのかな

そのリアリティゆえか、当時少年だった父は大阪万博会場でゴモラの剥製を探したそうである
本気でいると思ったというよりは「もしかしたら」位の期待だったようだが

42: 名無し1号さん
円谷英二の孫の円谷一夫が幼稚園の頃、父親の円谷皐に撮影に連れてってやるって言われて、楽しみにしてたら、切れたゴモラの尻尾がうねってるとこしか見れなくてがっかりしたらしいね。

43: 名無し1号さん
鳴き声がキツ過ぎるイメージ…

45: 名無し1号さん
恐竜の生き残りだから2匹目がいてもおかしくはないのに出番なかったね
レッドキングとの違いは何だったんだろ

46: 名無し1号さん
今でこそ超人気怪獣のゴモラだけど、放送当時はそれほどでもなかったと何人かから聞いたことがある
やっぱりバルタン星人やレッドキングのほうが大人気だったわけで、前後編の怪獣でなけりゃ他の怪獣たちと同レベルだったんだろうなあ
あと、こういう前後編の豪華な話は絶対またやるんだろうなあと思ってたら、そんなことはなく終了ですごく残念だったらしいw
社会現象レベルで大人気なウルトラマンが、ゴモラから3ヶ月で終了なんて想像すらできんかっただろうなあ

47: 名無し1号さん
初代じゃなくコスモス相手ならジョンスン島に返されて平和に暮らせただろうな

49: 名無し1号さん
16話でも使っていたテレポーテーションで、ジョンスン島に帰してやる事は出来なかったんだろうか…?

あと、上でレッドキングの話題が出てたけど、多々良島の面々も勝手に自分達のテリトリーに侵入してきた連中を撃退しただけなのに、人命救助の名の元に理不尽に殺された被害者なんだよな。

50: 名無し1号さん
>>49
帰ってきたウルトラマンのダンガーもその類い。南大東島の洞窟で寝ていたのを爆破で地中に埋めようとして爆破と同時に偶然目が覚めて地上に出たら新マンに殺られるという悲運な怪獣である



オススメブログ新着記事