Cp-b4fLUIAA-wFD

0: 名無し1号さん
通常のエピソードの他に、スピンオフやVシネマ、映画などでも可。 
自分は「ウルトラマン ガイア」の29話を最初に思い浮かべた。ノスタルジックな雰囲気 
やウクバールを信じる男性の存在などウルトラシリーズ屈指の異色エピソードだけど、 
我夢のウクバールに対する問いかけに吉田隊員が「遠い町さ。」と答えてからEDに入る 
流れも素晴らしくて良かった。






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  


1: 名無し1号さん
クウガはもう最終回の雄介のあの笑顔で
全て救われるんだ。何もかも……



頼むから続けて苦しめないでくれ

2: 名無し1号さん
帰マンのグロンケン回でキックボクサーの青年が郷さんからウルトラキックを教わるも試合で使わず敗れて去っていくラスト好き

3: 名無し1号さん
「メトロン星人の地球侵略計画はこうして終わったのです。人間同士の信頼感を利用するとは恐るべき宇宙人です。
でもご安心下さい、このお話は遠い遠い未来の物語なのです…。
え、何故ですって?…我々人類は今、宇宙人に狙われるほど、お互いを信頼してはいませんから…」
img_1_m

25: 名無し1号さん
>>3 続編の「狙われない街」の終わり方も印象的よな。人類に見切りをつけて去ったと言うカイトにミズキが「でも…」と言うシーンで終わっているのはそれこそ、「人類は変われる」とか「何とかなる」のようなメッセージを言えない未来が来ると言う暗示ではないだろうか。少なくとも、「街中猿だらけ」を否定できないと言う意味かもしれんけど。逆を取ればこの後に続く言葉は私達で変えられる、とも取れるか。

少なくとも現代のインターネットとかの諸問題を見ると、あぁ、やはり侵略されるに値しない星になっているのかな、なんて思ったりするね。まぁ私も猿ゥ!のうちの一人か。結局妄想垂れ流したけど真意はどうなのか是非聞いて見たい。

実相寺監督生き返れ生き返れ…

4: 名無し1号さん
555の夢の守人
海堂が夢を託せる相手を見つけて完全に未練を断ち切ってギターを放り捨てるシーン好き

ポイ捨てだとか人に当たったら危ないとかキニシナイ


5: 名無し1号さん
オーブの「偽者のブルース」
観てるときは馬場先輩の死亡退場も覚悟していたけど、助かってあの小粋な去り方はかっこいいし、髪染めてやり直してるのをガイさんには分かるようにしたエンドがホント良かった。

6: 名無し1号さん
アイアンマン3のスーツ花火からヒーローから普通の人間に戻ろうとするエンディングが好きだった、ついでに助けてくれた子供にもお礼をしてるのがいい

その後また戦う事になるんだけどね

7: 名無し1号さん
ウルトラマンオーブ第11話「大変!ママが来た!」
オーブが完全敗北してマガオロチが街を蹂躙しながらサイレンが鳴り響くというあまりにも絶望的なヒキがたまらんのだ

8: 名無し1号さん
デッドプール2のラストシーン

「大作映画に出られる…!」

56: 名無し1号さん
>>8
パァン!!!

9: 名無し1号さん
ウルトラマンXの「友だちは怪獣」かな
視聴者知識として、過去のピグモンは犠牲になっていったことを知ってるから「ああ、やはりピグモンは今回も……」と思ってしまう
それゆえに生きてた時は嬉しかったな

10: 名無し1号さん
確か、台本では「遠い町さ」がオチじゃなかった気がする。

11: 名無し1号さん
ウルトラマンマックスの「第三番惑星の奇跡」

正直話の途中でオチは読めるんだけれども、
それでも効果的な演出や役者さん達の熱演、
そして何よりショーン隊員の「いつかDASHを解散出来る日が来るといいね」という台詞…
ビジュアル的にも非常に美しいラストは今でも胸に焼き付いている

……別EDは知らん

12: 名無し1号さん
僕たちの地球がみたい
怪獣戯曲
滅びの微笑

個人的ウルトラマンダイナの三部作。
ティガに比べると明るい雰囲気があるけどかなり厳しく暗い話も取り扱いつつ明るい話も盛り込んでるから好きだな。
もちろんティガからならムナカタは酒が飲めなかった…一択

13: 名無し1号さん
メビウスの「思い出の先生」
80教師編の最終回だわ
20101126_1273647

14: 名無し1号さん
二年くらい前に特撮ではなくウルトラシリーズの好きな終わり方の回についてというお題を投稿して採用された者だけど、その時にも>>0で提示したノンマルトの使者のラストを挙げておきたい。
真一安らかにと綴られた石碑が映ったシーンは今ではベタかもしれないけど初見の時は衝撃を受けた好きな終わ方だった

15: 名無し1号さん
ウルトラマンティガの「出番だデバン」
デバンは善良な怪獣であると同時に演劇一座の役者であることを思い知らされた。

16: 名無し1号さん
ウルトラマンティガの「オビコを見た」
脚本段階ではオビコを宇宙に連れて行き、求めていた闇の中で生き続けるというオチだったが

地球産の怪獣が宇宙に行って幸せなのか?
という疑問が監督に湧き、オビコが攻撃をわざと喰らって死ぬというオチにしたそうだが
良い判断だったと思う

17: 名無し1号さん
龍騎本編の締め方が好き ライダーバトルがない世界の城戸と蓮、どこか記憶の片隅にあるかのように思わせるシーン
勝利者の権利として蓮だけは記憶が残ってる説とか色々想像できてよい

18: 名無し1号さん
マックスの「ようこそ!地球へ」後編 さらばバルタン星人
最後は綺麗に纏まり「ええ話やなぁ・・・」と思いきや、最後の最後で浜辺にある沢山のゴミを効果音と共に映し、ゴミ問題という決して避けては通れない現実の問題を描写して微妙に「・・・・」とさせてしまうあの皮肉っぷりがたまらん

19: 名無し1号さん
アギトやキバの最終回

アギトの世界はこれからアギトと人類でもめる事もあるだろうけど、翔一くんの笑顔を観たらこの世界は大丈夫だし翔一くんはこれからも野菜や料理作っていくんだろうなとか
キバの世界はもう意地でもハッピーエンドにする力技が大好き

20: 名無し1号さん
ネクサスの『幽声―コーリング―』
記憶を取り戻し、ビーストの事もナイトレイダーのことも受け入れた理子ちゃん
冒頭と同じく耳をすますも「なにも聞こえない」と笑顔を見せ、兄と従姉とともに歩いて行く

次回への不穏な引きや孤門のモノローグもなく完全無欠に「よかったなぁ」って思える、最終回以外ではほとんど唯一と言っても過言ではない気持ちのいい終わり方をした回だったと思う

21: 名無し1号さん
終わり方ってことでならEDも入れていいかな?
ウルトラシリーズでたまに最終回付近にある、これまでの怪獣全部出てきたり総集編みたいなED好きなんだ

24: 名無し1号さん
>>21
ちょっと違うかも知れんがティガの「ウルトラの星」のEDは初代ウルトラマンの当時の映像をバックに流れたというファンだけでなく当時の子供達も大興奮の仕様だったな。
まさにこれが本当のウルトラマンジャックw

26: 名無し1号さん
>>24
エピソード自体もぶっちゃけメタい話なのに、ワクワクするように作られてるんだよね。「特撮テレビ番組ウルトラマンは、こうして始まった」なんて言っちゃう終わり方なのに

22: 名無し1号さん
最近のだと、ジードのギエロン星獣の回
シリーズ全体でも珍しい話の構成だったこともあって印象に残るけど、みんなの活躍と市民たちの協力のおかげで、クソ厄介な再生能力持ち怪獣を始末できたというのはよくできた話だったと思う

23: 名無し1号さん
龍騎44話かな
話の内容としては、佐野があんな哀れな結末になっちゃったけど、その後の帰るべき主人のいない佐野の部屋を映して終わる演出が好き

27: 名無し1号さん
ウルトラマンジード「僕の名前」

前話でフクイデ先生に「お前の人生も身体も力も造られただけの模造品だ!」とアイデンティティーを滅茶苦茶にされた後に、錘さんに名前に籠められた願いを知り「模造品なんかじゃない!」って新しく手に入れたアイデンティティーで真っ向から否定して話にマジ泣きした思い出

28: 名無し1号さん
ドライヤージゲンとかゴーマ3ちゃんズとかジェラシットとかがちゃっかり生存してる終わりは爽やかで好きだな
……アクタガミはちょっと悲しいが

29: 名無し1号さん
ライダー大戦のラストシーン。あの鳴滝があの名セリフを言うとは。おれは悪く無いと思います。

30: 名無し1号さん
クウガ19話「霊石」の五代と一条さんが並んでるところは五代の帰還を改めて実感するシーンだった。

31: 名無し1号さん
カネゴンの繭 かな?
子供がやっとのことでカネゴンから人間に戻って家に帰ってきたら家族が...っていうのはねぇ

32: 名無し1号さん
メビウスのレオ客演回でのゲンの笑顔のラストシーン。

33: 名無し1号さん
年を取れば取るほどに味わいを増していく
ウルトラQの「あけてくれ」回のラスト

34: 名無し1号さん
賛否あるけど紘太さんの神かな(後日談を除く)

35: 名無し1号さん
バルンガ。
明日の朝太陽を見て下さい。の石坂浩二のナレーションが大好き。

36: 名無し1号さん
ジェットマン第45話で約束通り、乾杯した、竜と凱
互いの飲み物を注文した後、交換しての乾杯も良い

只、2人の友情が描かれる一方、凱と香の恋愛が終わったことも意味していたが

37: 名無し1号さん
新ウルトラQの公害を食う怪獣の奴が好き

怪獣に公害食わせてどんどんヤバい雰囲気になって最後にドカーンと爆発してもう終わりだーって思ったら怪獣がパワーアップして更に公害食ってハッピーエンド(?)

他にも洗濯怪獣の奴とか新ウルトラQ結構好き

59: 名無し1号さん
>>37
プラーナの回は俺も好き。景気が良くなり生活が豊かになったからってそれが幸せと言い切れるかはわからない。ラストのパワーアップは更なる豊かさをもたらすのか、それとも破滅の前兆か。いろんな解釈ができる終わり方だと思う。

38: 名無し1号さん
朝加圭一郎「だってお前、昔からやるだろ」
司先輩「見てたのか!?」
20180304204840

39: 名無し1号さん
ゴーストは色々文句言いたいことあったけど
おにぎり食べるタケル殿の笑顔でなんかもう全部許すよ感あった

いやでもだからこそ ご飯食べたいって話は本編中でやるべきだったわ(結局文句言う)

40: 名無し1号さん
ダイナの「少年宇宙人」だな。最初夢がなかった少年たちが最後に夢を決め、その決意を公園の落書きに残すってのが良かった。無事再会できてるといいなぁ

41: 名無し1号さん
夕暮れ時のスクラップ場、犬を撫でようとしてバラバラになるバラリベンジャー……

42: 名無し1号さん
(ピロロロロロ…アイガッタビリィー)

宝生永夢ゥ! 何故君が適合手術を受けずにエグゼイドに変身できたのか
何故ガシャットを生み出せたのか(アロワナノー)
何故変身後に頭が痛むのくわァ! (それ以上言うな!)
ワイワイワーイ その答えはただ一つ… (やめろー!)
アハァー…?
宝生永夢ゥ!君が世界で初めて…バグスターウイルスに感染した男だからだぁぁぁぁ!!
(ターニッォン)アーハハハハハハハハハアーハハハハ(ソウトウエキサーイエキサーイ)ハハハハハ!!!
永夢「僕が……ゲーム病……?」ッヘーイ(煽り)

大好き
maxresdefault

49: 名無し1号さん
>>42
檀社長を演じた岩永さん。あれはマジで名演技でした。バカ笑いは最高でした。

43: 名無し1号さん
カーレンジャーのタイガース回はネタ回と思わせておいてのあのしんみりした終わり方が何とも言えない

44: 名無し1号さん
ウルトラマンのヒドラの回。
ウルトラマンがスペシュウム光線の構えを解いたり、フジ隊員には少年の姿が見えるとか、救いがある。

45: 名無し1号さん
最近ならエグゼイド42話かな。ゲムデウスワクチン開発の功績で正式にCR所属になり革ジャンから白衣を着て、新檀黎斗が檀黎斗神を名乗り出して皆が呆れてる中貴利矢さんだけ「ま、神って事にしといてやるか」って認めるシーンはエグゼイドで1番好き。ラストは神社長の高笑いと笛の音と太鼓で締めた時はエグゼイドで1番笑った

46: 名無し1号さん
クウガの先生回かな
最後に五代と先生がやっと再会するんだけど物語的にはここで終わりってのがなんか素敵

47: 名無し1号さん
ウルトラゾーン6話「THE LOVE」
ウルトラゾーンだから笑える作品になるかと思いきや、ラストで泣いた
他にもXの「われら星雲!」や先に挙げられてるガイアの「遠い町ウクバール」みたいにノストラジックになれる終わり方すこ

48: 名無し1号さん
最終回ならウルトラマンタロウだな
光太郎さんがウルトラマンの力を捨てて自力でバルキー星人を倒し、その後ZATを辞め再び旅に出て雑踏の中に消えていったのは凄く印象に残ってる。カメラが光太郎さんから引いていくのも良かった

50: 名無し1号さん
サプライズフューチャーの進ノ介と霧子のイチャイチャと
それに突っ込むベルトさんが可愛すぎて

51: 名無し1号さん
放送禁止になっちゃったけど怪奇大作戦24話「狂鬼人間」のラスト(とゆうかED)。
不幸な境遇の女性が最後、狂う事でようやく幸せになったとも取れるラスト。
他人からすれば不幸なんだろうけど本人はきっと幸せなんだ。

52: 名無し1号さん
ネロンガの回みたいな事件が終わって良かったねの終わり方は昭和を感じさせる。

58: 名無し1号さん
ネクサスの最終回かな
公表されただけで、スペースビーストはまだ出現しているけど、人間は恐れず立ち向かっていく
という前半のダークな雰囲気とは真逆の希望ある終わり方は印象的だった

60: 名無し1号さん
これはジェダイの帰還だな
試練を乗り越えた若者が亡霊とはいえ自分を鍛え上げてくれた師たち、そしてずっと会いたいと思っていたあるべき姿の父親と再会する 
最高のエンディングだと思う
まあだからこそ最後のジェダイは本当に許せんのだがね


61: 名無し1号さん
オーブの「地図にないカフェ」
マスターがラーメン屋を開いたのを聞いたガイさんが、直接会いに行ったりせず本で顔を隠してニヤリと笑って終わるのがよかった

62: 名無し1号さん
オーブはマガジャッパの回も良かった。

魔王獣を倒して銭湯でひとっ風呂。さすらいの風来坊、ガイさんを上手く表していた。

63: 名無し1号さん
初代ウルトラマン「射つな!アラシ」のラスト。
解雇処分を免れたアラシ隊員の胸に再び流星バッジが取り付けられる。
科学特捜隊員の誓いを繰り返し暗唱するアラシ隊員が泣きだしちゃうのは台本にはなく、本番で毒蝮さんが本当に泣いちゃったらしい。
最後に科特隊員の証である流星バッジがアップになって科特隊のテーマのイントロが流れて………終わり。
完璧だ…完璧なラストだ……。

64: 名無し1号さん
セブンのテペト回。
カッパに対する恐怖心をラストで和ませるカッパちゃんの可愛いマスコット。
なかなかニクイ演出だ。

65: 名無し1号さん
アグル復活からのbeat on dream onはずるいわ
ずっとすれ違って来た二人がついに同じ道を歩みだしたんだなって
次週のopからガイアとアグルが同じ向きを向くのもポイント高い

66: 名無し1号さん
ボウケンジャーで蒼太が猫を飼ったエピソード

助けた三毛猫がプレシャスの力で人間の少女・未夢に姿を変えて蒼太を助ける。プレシャス回収後、猫の姿に戻った未夢を引き取り、一瞬に暮らす。

同じ猫飼いとして羨ましくも微笑ましいエピソードだわ

67: 名無し1号さん
グリッドマン最終回ラストの武史の笑顔。
「アレ!?もしかして主人公はこの敵キャラ(最後、味方になったけど)なのか?」
と思っちゃった♪

68: 名無し1号さん
ウルトラマンオーブ最終回“さすらいの太陽”
ウルトラセブンを彷彿とさせる別れの場面、オーブニカのメロディをBGMに夕日に向かって去って行くガイさんの後ろ姿とナオミの「きっとまた会える、だって地球は丸いんだから」の台詞...
そしてラスト、タイトルと風来坊ガイの影絵と共に満を持して流れ出す“オーブの祈り”!
初見ではあまりにも出来すぎた終わり方に感動の笑いが出た

69: 名無し1号さん
セブンのフック星人回のラストで映るロケ場所のマンモス団地の、その本当にマンモスぶりに唖然となった。ありゃもうSFだ。

70: 名無し1号さん
進兄さんに見守られながら令子と2人で歩き出し
チェイスとの再会を約束する剛
EDのeternityがぴったりな始まりへ続く終わり

71: 名無し1号さん
ゴレンジャー最終回のラスト、国会議事堂を背景に佇むゴレンジャー達の絵面が何故か気に入ってしまい、アレ以来「国会議事堂=最終回」とゆう謎の公式が頭にインプットされた………。

72: 名無し1号さん
カブトの坊ちゃま最終回

登場回で悪夢にうなされてじいやに「眠るまでそばにいて」と頼んだ事とつながってるのがいい
重すぎる自分の夢を果たした後、やっと安らかに眠れる時にはやっぱりこの人の側でないと・・・

とてもきれいな終わり方だったと思う

73: 名無し1号さん
メタルダーの最終回1話前、軍団長バルスキーとの決戦。
メタルダーの味方になる事を期待してたけど、そうはならず、でもその期待を裏切ってなお納得させる終わり方だったと思う。
たとえ最後まで敵でも立派なヤツは立派だなぁ……と感じさせるラストであった。

74: 名無し1号さん
去っていく黒騎士ブルブラックの後ろ姿
かっこよすぎ

75: 名無し1号さん
エグゼイド38話「涙のperiod」。
小姫との別れで終わりかと思ったらその後に大我との和解があって、悲しいことだけじゃ無い終わり方が良かった。
あと貴利矢が飛彩をイジってるのが面白かったw

76: 名無し1号さん
やっぱオーズ最終回で映司がまた旅立つところかな
アンクの割れたタカメダル片手に決意を新たにしたところで、その後ろをアンクの魂?が一緒についていってるのが特によかった
112





オススメブログ新着記事