5def8225a1c0a448c6a59a93ba5c5da2-e1504216130991

0: 名無し1号さん
レオ、ゼアス、ガイア、メビウス、ジード等、
初期は経験不足だったウルトラマン達の成長について語ろう 

成長のターニングポイントになった話とかも挙げて






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  


1: 名無し1号さん
変身者の方だけど郷さんは人間の時に万策尽きるまで頑張らないとウルトラマンに変身出来ない事に早めに気づいたり、坂田さんにたしなめられたりして内面の成長が著しく早かった気がした

2: 名無し1号さん
日々の鍛錬が大事だって言うのを結構真面目に描写してるよね
我夢がハーキュリーズに面倒見てもらってから目に見えてガイアとして戦えるようになったりリクがライハの指導の元地力を伸ばしていったことでプリミティブが強くなったり
だから今回のルーブもまだまだ手探りで能力を少しずつ知るような段階だけどどう成長していくか楽しみ

3: 名無し1号さん
レオはくどいくらいに修行や試練が描かれたから、後年客演した時の凄みの説得力すごい。
特にダークロプス戦の偽ウルトラ兄弟フルボッコ流れは「本物のウルトラ兄弟と死闘を経験したレオなら楽勝だろうな」って安心感あった。
132e672a789d39697d37e660d69ed4fd

4: 名無し1号さん
成長するルーキー物は大好物だし、最近ならジードも好きなんだけど、尺がもう少し欲しいって感じた。一からの成長物語はやっぱりレオ、メビウスみたいにある程度の話数が必要なのかなって感じた。

5: 名無し1号さん
レオの特訓は特撮界ではかなり有名だが実は回を重ねる毎に少しずつスタンスが変わってきている。
最初は具体的な技まで明確にして特訓を課し、次に特訓のための土台を整えて(刀マシン等)後は放置し、その後は自主練や心を鍛える特訓などを行い、最後はゲンが成長した為か技をあっさりと体得した。

6: 名無し1号さん
>>0の他にはタロウやゼロもそうだけど、歴代戦士を師匠キャラにして関係性を作れるのは美味しいよね
後年自分が指導役になるのも含めて。

あとは、格上ライバルに喰らいつきながら成長するパターンかな

7: 名無し1号さん
レオ・メビウスは歴代ウルトラマンが師匠だからそら成長は半端ないがガイアはそう言った存在が無い中成長したからな。

8: 名無し1号さん
ルーキーウルトラマンと言えばやっぱりメビウス
主人公のメビウスだけじゃなくて、クルーガイズのみんなも最初はルーキーで、ウルトラマンと人間が、同じ歩幅で共に成長していくってのがなんかグッときた
img0f886d4fzikbzj

10: 名無し1号さん
>>8
メビウスとガイズの成長劇は大好きだからこそ
終盤の四天王戦のウルトラ兄弟ラッシュやエンペラ星人戦の助っ人ラッシュはちょっといただけないと思ってる自分がいる

最後の最後こそメビウスとガイズの絆も信じてくれよ??って

9: 名無し1号さん
オリサガ→本編って見てると戦闘面でも成長はしてるけど、苦戦しかけたらすぐ必殺技を撃ってそのまま追い込まれるところは変わってないなってなるガイさん。

15: 名無し1号さん
>>9
意識して描かれたのか偶然なのか
最初から窮地に陥らないスマートな戦い方が出来るようになるのではなく
根本的な癖は変わらなくて窮地を切り抜ける方法が上手くなるというか
そんな一風変わった成長の仕方で面白い。

闇の勢力に身を置いている人(?)相手でも無闇に手を出さず
実際悪事を働いてから対処する対症的なガイさんのスタンスと通ずる所も感じるかも。

41: 名無し1号さん
>>9
ガイさんは自分自身を根本的に“弱い”存在だと思ってるからだと思う、必殺技即打ちの癖がなおらないのは
自分が決して戦闘力がある“強い”存在ではないという強烈な自覚があるから、可能なら反撃も許さず決着をつけたいんじゃないかな
後、あくまでも戦う目的が人命救助だからというのもあるかも
命を危険にさらしている脅威を一分一秒でも早く倒せばそれだけ多くの命が助かるしね

11: 名無し1号さん
ゼロは初陣から滅茶苦茶強かったけどそれはレオ兄さんに鍛えられたからで、その後もギンガたちに出会うまでは一番若い戦士だけにSRチームに苦戦したり、ダークロプス戦で油断してセブンに助けられたりで、今でこそ頼れる先輩戦士ながら少しずつ成長してるなぁと思う。

12: 名無し1号さん
ウルトラマンルーブは飛べることすら知らずに戦い始めたって斬新だよね。

14: 名無し1号さん
ウルトラマンロッソ&ウルトラマンブルの初戦はウルトラマンとして正真正銘のデビュー戦だったから凄まじくグダグダな戦いぶりだったけど伸びしろはあるから今後に期待してます

17: 名無し1号さん
ティガとダイナが最初から強かったのは今思えばなんでだったんだろう? 防衛チームとしての基礎体力なのか、変身すると戦い方が瞬時に頭に入るのか

38: 名無し1号さん
>>17
ティガは戦い方もダイゴに継がれた超古代のDNAにプログラムされてたとかかな?
ダイナはアスカも超古代文明の子孫なのかわからんしダイナの正体父親説もあるしただの一般人って可能性もあるしわからんな。

ガイアの我夢は藤宮が一旦退場したときにトレーニング描写があったね。

18: 名無し1号さん
個人的にはだけど、変身者のダイゴやアスカじゃなくて
ティガ、ダイナの意識が強いんじゃないかなって思ってる

19: 名無し1号さん
メビウスも今はベテランの戦士枠で、
ウル銀冒頭での頼もしい姿や、
ダミーとはいえエンペラ星人を単体で撃破出来るほど強くなってるのに、いまだにルーキー感が抜けないのは何故なのか
ファンの間でもよく万年ルーキーと呼ばれてるし、
ショーなんかでゼロと並んでてもどっちが先輩か判らなくなるときがある
(というか明らかにゼロと同等なポジションを与えられるのをよく見る)

童顔で可愛めの顔立ちに加えて、丁寧で真面目な性格と口調、天然ボケ入った性格…と要素はいろいろあるけど、
そんなの他のウルトラマンも少なからずある要素だしなぁ
戦う姿は間違いなくカッコいいのに

23: 名無し1号さん
>>19
そろそろ弟子の1人でも作るべきだな

20: 名無し1号さん
ルーキーだったかはともかく帰マンさんは結構青い部分も強調された作りだったなぁと

21: 名無し1号さん
丸太を背負って走るという
いかにも形から入った郷の特訓シーン

22: 名無し1号さん
ウルトラマンA も 蟻文太 と戦う際に 自らの力では地中に行くことができないから無茶やってたっけな
いや 結局本編ではヤプールには騙され続けたようなものだから 果たして成長したのかどうか...
 

24: 名無し1号さん
やっぱりオーブやジードみたいにタイプチェンジや最強形態に必殺技が複数あったりすると
2クールじゃカツカツになっちゃうのが惜しいなと感じるw

特にジードのプリミティブなんて成長が目に見えてわかったし、
終盤は舐めプとかじゃなく
「これこのままプリミティブで勝てるんじゃね?」
とワクワクした

25: 名無し1号さん
ジードの成長のターニングポイントになったのは、やっぱり第12話『僕の名前』だな。
ベリアルの遺伝子から造られた模造品という真実を知らされ、ウルトラカプセルまで
奪われて、ボロボロになって意気消沈したリク君が、名付け親と会って生きる理由と
戦う理由を新たに見出すあの展開は胸アツすぎたよ…(´;ω;`)。

26: 名無し1号さん
ルーブみたいにギャグ調ならいいけど、あんまり未熟さをシリアスに強調する描写が長いとモヤモヤしてしまう。最近はそのへんがスピーディーで嬉しい。

27: 名無し1号さん
ルーキーでも1話からかっこよく戦わないといけないって大変だよなぁ、とR/B1話観て妙に意識した

28: 名無し1号さん
レオは修行や特訓もそうだが、故郷の滅亡、第二の故郷で知り合った人達の死亡があったから、現在の強者感・言葉の重みになっているよね。

29: 名無し1号さん
メビウスのルーキー感はミライに終始上から目線気味だったリュウさんの責任が大きいと思うな。正体バレてからもミライにレオ兄さんをヤッちまいなとアゴで命令するみたいな。

30: 名無し1号さん
最近のルーキーは序盤に強敵と戦いすぎな気もする。ルーブ兄弟なんて3話でガーゴルゴンだし。試練が早すぎない?

31: 名無し1号さん
派遣された中で初期が最も弱かったのはゼアスだよね まともに光線を撃てないのに何故来たのかと思うほど
それでも苦手なものや恐怖に打ち勝つ精神力はすごく強いと思ったし、1作目から格闘の強さの片鱗を見せていたから、成長性はピカ1だったんだろうな

40: 名無し1号さん
>>31
ゼアス=勝人は臆病だけどひたすら実直でもあるんだよな
誰もいない所で延々と光線技の練習を繰り返してたり
一度は怖さのあまり逃げながらも奮起して正道会館に押しかけ弟子入りして特訓したり
コミカルな一面もあるけどとにかく努力を惜しまないウルトラマンだった

32: 名無し1号さん
ウルトラマン側の成長ではないけれど、マックスの「勇士の証明」みたいに人間側が成長していくこともあるよね

33: 名無し1号さん
逆に新世代ヒーローズの中でヒカルは素人なのによく最初から普通に戦えたな。ショウはビクトリアンの戦士だから元々戦い慣れていたはず、大地はエックスとユナイト、エックスがサポートしてたのと大地自身も元々防衛チームの隊員だから、ガイさんは元救助隊だけどウルトラマンの力が強大だったのかジャグラーのサポートがあったとはいえ苦戦が多かった、リクはヒーローオタクであった事とレムの助言と恐らく遺伝子的なもの、湊兄弟は素人らしくグダグダ、徐々に適応していったのに

34: 名無し1号さん
レオはもう強くなるしか道がなかったのに強く優しくなったのがもうね…

35: 名無し1号さん
タロウの成長劇はやはりテンペラー星人戦なんだろうけどその前に改造ベムスター戦とかあったから「タロウが末っ子の甘えん坊」というのにちょっと唐突感と言うか違和感を感じてしまう

36: 名無し1号さん
80兄さんも地球に来た頃はルーキーじゃなかったかな

37: 名無し1号さん
>>36
年齢的には、80→8000歳、メビウス→6800歳とあんまり変わらないよね 新米教師1年目のイメージ

39: 名無し1号さん
本編だとレオのサポート要員としての描写しかないけどアストラもL77 滅ぼされてから色々と成長したんだろうな
児童誌設定だとキングから宇宙パトロールを任されていたらしいけど、彼も宇宙を彷徨いなが様々な試練を乗り越えていったんだと思う
故郷を滅ぼされた兄弟が兄は地球で弟は宇宙で己を磨き、最終的にはウルトラ兄弟に迎え入れられる・・・胸熱だな

42: 名無し1号さん
例えばレオだとモロボシダン隊長と言う、師匠格戦士が行方不明になった事で、精神的な前進を余儀なくされた部分があったと思う。

ガイアもライバルキャラのアグルが一旦退場したのは、単独で戦う決意になったし、
メビウスは、タロウ教官にこのまま地球に居させて下さい、と言たのが決意表明に感じる。

43: 名無し1号さん
やっぱりヒカルだけNG組の中でも異質だよな
戦士として未熟な部分や実力不足な描写がほとんどないし(若者特有の突っ走る面はあるが)強くなっていく過程が描かれないからいくらギンガ本人が強いといってもなぜあんなに戦えるのかわからない
UPG入りたての頃から生身の戦闘でもそこそこ戦えてる辺り五代雄介よろしく旅をしている間に武術の心得でも身につけたのかもしれないが
o0480027113023306137

44: 名無し1号さん
何かのビデオでタロウが80対レットキングの映像見て蹴りの特訓的なやつやってたような。

45: 名無し1号さん
>>44
多分ウルトラマン物語かな?改造エレキングの炎に耐えきれたのは光の国での特訓の成果だったり一部再編集だったがあれもウルトラマンの成長物語として面白かった

46: 名無し1号さん
ジードの2話で、一度はみんなと退避しようとしてから戦う覚悟を固めて振り返るシーンが印象に残ってるな




オススメブログ新着記事