20110917065629fc8

0: 名無し1号さん
怪人や怪獣などの倒され方は数多く存在するので、中には何度も見返してしまうような 
強烈なインパクトを持って退場したキャラもいるのではないでしょうか? 
「ウルトラマン A」の7.8話に登場したムルチ、メトロン星人Jr、ドラゴリーはどれも 
印象に残る散り様をしていて記憶に残る。中でもムルチの最期は今見ても痛々しく思うほど。






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  


1: 名無し1号さん
インパクトとはまた微妙に違うかも知れんがジャミラかなやはり。ウルトラ水流を浴びて苦しみ、最期は国旗を掴もうとするが絶命。
どの国旗だったのやら…
taro_151117jamira02



2: 名無し1号さん
クウガのジャラジかな。五代も怒りと憎しみに満ちた状態でボコボコに殴ってからの
タイタンソードで斬りまくって、最後は腹を裂いて倒すシーンはもう凄惨だったな。
bb7a72eb-s

3: 名無し1号さん
クロノスに倒されたラヴリカ
ときめきクライシスは、絶版だ。の台詞も、静かに散ったのも印象的だった。

4: 名無し1号さん
次郎さんが死ぬかと思ったと言ったクライシス皇帝の散り際爆破

5: 名無し1号さん
クウガのガメゴかな
リアル描写強めのクウガにしては爆発範囲が冗談みたいに広かったな

6: 名無し1号さん
「風都… やっぱり、いい風が吹くなぁ…」

7: 名無し1号さん
ゾグ第二形態が街中で全身吹っ飛んだのは最終回にふさわしい爽快感

8: 名無し1号さん
ナリアやメデューサなど心酔してるボスに殺される事が多い女怪人が報われなさすぎる

10: 名無し1号さん
酷いレベルの命乞いをするも利用しまくった息子に破壊された蛮野
因果応報とはまさにこのことを言う

11: 名無し1号さん
フォーゼ速水校長こと
リブラの最後

12: 名無し1号さん
ウルトラマンタロウのライブキング
ストリウム光線で爆砕する瞬間の演出は一度は見てほしい
まあ、すぐ復活するんだけど

13: 名無し1号さん
ブラックRX最終回のクライシス皇帝
あの爆発は問答無用の迫力だよ
CP492iPUcAAXFgv

14: 名無し1号さん
スペクトルマンに才能を惜しまれ制止されるも自分の意志を貫き腹心ラーの後を追った宇宙猿人ゴリの最期。

15: 名無し1号さん
投げられて頭を打ち血ヘドを吐きながらくたばる宇宙帝王バド星人

16: 名無し1号さん
セブンのギエロン星獣

18: 名無し1号さん
間近だとオーブのマガタノオロチかな
オーブのカードから実体化した全ウルトラマンとオーブのスプリームカリバーを受け
オロチの様なオーラを出して爆散したのは印象深い

19: 名無し1号さん
檀正宗の最期も普通に国家機関とか出てたから逮捕かと思ったら、絶対にお前らなんかにゲームクリアさせてやるもんかと言わんばかりにボス自らがクリア前にゲームから抜けるって禁じ手をしてたのが印象的だったな。今までゲームのお約束パターンで進んでたから一番最後にゲームキャラがゲームの暗黙の了解をぶち破る的な感じで……いや、敵がやることじゃないけど

20: 名無し1号さん
Aのバラバの首切断は凄いインパクトあると思う

22: 名無し1号さん
メトロン星人Jr
縦に真っ二つに切られてその断面がみえるとは

24: 名無し1号さん
>>20
>>22
昭和ウルトラのギロチン技は当時は当たり前だったのが
今観ると衝撃映像みたいになるの面白い

21: 名無し1号さん
直接的ではないけどビースト・ザ・ワンの最期
青い粒子がキラキラ散らばって美しさを感じたけどあれがネクサス本編の鬱々としたビーストたちの元凶だったと知った時は衝撃だった

23: 名無し1号さん
トランザの廃人化は死んだほうがマシな最期だった
続編漫画では、ラディゲに一矢報いたので、一応の救いはあったが

25: 名無し1号さん
レッドマンのサータン。
レッドアローでしんだ(と思われる)後も何度も刺された挙句、遺体を引きずられてレッドフォールされるという・・・。
酷いオーバーキルだが、この日のレッドマンは虫の居所でも悪かったんだろうか?

26: 名無し1号さん
ジャンパーソンのスーパーサイエンスネットワークの博士たち
「どうかお慈悲を!」と自ら肥料にされるという選択をし、「これで私達も、地球の栄養になれる」と喜んで死ぬやたらカルトめいた最期を迎える
ジャンパーソンの放映は93年で、あと数年遅ければオウム真理教の関係でこんな描写はお蔵入りになっていたのではないかと思われる

27: 名無し1号さん
サボテンダーだな
メトロンJrのグロさとは真逆のファンシーなくす玉と化してたのには笑うしかない

28: 名無し1号さん
ルーブのメカゴモラは爆殺させるのか?って困惑した 首だけ切り落とせば簡単に済んだと思ったが、基本的な技である透視能力が無いのかな?

29: 名無し1号さん
ウルトラQ パゴス。
ネオニュートロンミサイルをくらって
氷ように固まって倒れて粉々に
なるところ好き。

30: 名無し1号さん
ウルトラマン ギガス。
強力乾燥ミサイルで上に向かって
粉々になるのも好き。

31: 名無し1号さん
アンタレスかな。レオに自分の尻尾を投げられ首が切れても歩きレオが後ろに下がっていたのが忘れられない。

33: 名無し1号さん
グラファイト、敵ながらあっぱれ!

34: 名無し1号さん
偽アグルかな
目つきがちょっと悪いだけの完全にウルトラマンなナリした奴をしっかり人形作って粉々にしたのはインパクトある

35: 名無し1号さん
死に際に長々と恨み節を残して舞台のQ歯科医院と共に忽然と消えた女ヤプール

36: 名無し1号さん
ウルトラマンオーブのマガオロチ
サンダーブレスターに一方的にボコられた挙句光線技で肉片(?)撒き散らせながら爆散したのはインパクトあった
とにかくあのグチョみたいな効果音が凄すぎて...

38: 名無し1号さん
ガロア艦長だな
今ならネタキャラとして受け入れられなくもないがあの最期はビビる

マンネリのイメージが強いファイブマンだがバルガイヤーの変態っぷりとガロア艦長のネタキャラ化は最先端すぎた

39: 名無し1号さん
怪獣総進撃の集団リンチで絶命したキングギドラ

40: 名無し1号さん
これは初代プレデター
「お前は一体何なんだ?」のオウム返しからの高笑い、そして自爆という流れは今見てもインパクト抜群だわ

41: 名無し1号さん
人間大砲に負けたカラクリキュウビとかいう無能ロボ

42: 名無し1号さん
嫌いな女の身代わりになって3つ目言わないブレン
魔進チェイサーの姿で剛をかばい自爆特攻のチェイス
ドライブを命がけで回復しその腕の中で消えるメディック
みんな機械人形のくせに人間臭すぎる

43: 名無し1号さん
沢口y・・・ビオランテ

46: 名無し1号さん
アクマロのように断末魔ではなく笑いながら逝く敵は印象残りやすい。

47: 名無し1号さん
バルタン星人二代目。スペシウム光線を跳ね返したと思ったら八つ裂き光輪で真っ二つにされ、再戦では八つ裂き光輪をバリアーで防いだ矢先、目からビームでバリアーを破られる。矢継ぎ早な展開が見応え十分なエピソード

48: 名無し1号さん
オーレンジャーのバラリベンジャー
子犬を撫でた手がポロポロ崩れていくのがなんとも物悲しい
ホントにスクラップで出来てたんだな…って

49: 名無し1号さん
子供の時はウルトラマンAのムルチが殺される時より、土手っ腹に穴を開けられ、ドスで首切断された挙句に光線で死ぬドラゴリーの倒され方のほうが印象に残ったなぁ。

50: 名無し1号さん
スペースビーストの青い粒子になるシーンはスカッとすると同時にとても美しく感じた。

51: 名無し1号さん
インパクトとは言わないけどストルム星人ことフクイデ先生が最後は可哀想な人以外の言葉が似合わない状態で、最期までベリアルに忠誠を誓いつつ、かつて自身の復讐に来たライハに看取られながら緑色の光になって消えるのは哀愁があった。あそこまで「可哀想」が似合うキャラもそうそういない。

53: 名無し1号さん
ウィザードのフェニックス
最初はウヴァさんや校長ポジかと思ったら組織離脱してとんでもなく強くなって最後オールドラゴンと死闘繰り広げた末のあの倒しかた
代わりにメデューサが不遇幹部ポジになっちゃったけどね

54: 名無し1号さん
串刺しになったまま燃えたヤドカリン
昔は今みたいにスーツの再利用とかあんま考えてなかったのか

55: 名無し1号さん
イカルス星人
アイスラッガーくらっても真っ二つにならず
「アイスラッガーに耐えた、すげえ!」と思ってみてたら
直後痛みにのたうち回りそのままぐったり倒れんだところを
ウルトラ念力で放り投げられて死亡

56: 名無し1号さん
ライブマンの幹部全員
ブッチの最後とか驚いたし印象深い
当時小さかったこともあってかわいそうな人たちって感じてた

58: 名無し1号さん
メビウスに登場したノーバ
「中の人などいませんよ」て感じで、てるてる坊主がストンと落ちて爆発

59: 名無し1号さん
直前にMATの上野隊員に「やったあざまあ見ろ !」と言わしめたブラックキングの新マンによる下からのスライスハンドの首チョンパと、同じく新マンに頭から真っ逆さまに落とされたナックル星人
それでも「勝ったと思うなよ(中略)ウハハハハ」って喋れるタフさに驚愕

60: 名無し1号さん
マックスのグランゴン&ラゴラス
マクシウムカノンの一撃でグランゴン、続けてラゴラスが粉砕されていったのは爽快感すらあった




オススメブログ新着記事