1: 名無し1号さん 
9950ee1b6812a717dcb1b4472d6ec73b


植物は52のうち2種のみなど、全生物の祖という設定にしては
偏りがあると思う(違いの分かりやすいモチーフでないと
扱いづらいという作り手の事情もあるが)。菌類なんかはそもそも参戦権なし?

一般人を襲う理由はよく分からない。







             参照元:http://futabalog.com/thread/12b4797e9f2ac8f83eb8823e3f4910d4


  


36: 名無し1号さん
>一般人を襲う理由はよく分からない。
いくつかのアンデッドについては人を食べる描写があったような
そもそも食事をする必要があるかわからんけど




2: 名無し1号さん
バトルファイトに参加するのも予選もしくは抽選会があって
毎回参加する生物の始祖は違っていたとか?だから種類に隔りがあるとか

人間を襲うのは、前回の優勝者の種族への嫌がらせ




14: 名無し1号さん
>バトルファイトに参加するのも予選もしくは抽選会があって
>毎回参加する生物の始祖は違っていたとか?
知り合いが書いた同人誌でも、そういう解釈してた




3: 名無し1号さん
菌類は没デザインにいた気が




4: 名無し1号さん
植物と百合が別々のアンデッドなのはなんなんだろ…とは思った事ある
後キングとエースの被り




5: 名無し1号さん
カテゴリーエースになった特典でカテゴリーキングに自分の種族の一種が割り当てられるとか?
どういうメリットがあるのかわからんが




7: 名無し1号さん
ヒューマンアンデッドがカテゴリー2なのが個人的に謎
ハートのキングじゃダメだったんだろうか




8: 名無し1号さん
植物は元になる二種から派生した感じの設定なんじゃないか
人間襲うのは雑魚が繁栄してるのが気に入らないから




9: 名無し1号さん 
35b5bca52382364a3ea3f892b20a048d

このカオスな乱戦の中で、マンティスvsイーグルの決勝対決が実現するのって、何万年やっても無理なんじゃないかなあ・・・って




11: 名無し1号さん
設定上は神みたいなものなのにアンデッドって名称のせいで
ゾンビみたいなイメージがついてしまう




12: 名無し1号さん
自分の種族絶滅してるのに参加しなきゃならないトリロバイト君のことも考えてあげて




13: 名無し1号さん
>自分の種族絶滅してるのに参加しなきゃならないトリロバイト君のことも考えてあげて
実は剣の世界では絶滅してない説なんてのもあったな




15: 名無し1号さん
遊戯王で広まったアンデット表記を払拭した功績はある




16: 名無し1号さん
予選落ちはスートもカテゴリーも与えられないとか
実は52体1組が複数セット世界中に散らばってるとか当時からあれこれ予想はされてた




17: 名無し1号さん
前の大会の優勝者である爬虫類と人間はカテゴリー2に落とされてたって説もあったな
その場合アルマジロが地上支配してた一万年がある可能性があるけど




18: 名無し1号さん
カリスの姿が違うのはカリスベイルっていう鎧着こんでるからだっけ




19: 名無し1号さん
人間のスポーツじゃないのだから
バトルファイトが
平等である必要もないだろう




20: 名無し1号さん
倒されてバックルが開いて封印待機状態になったけど、
何らかのイベントで封印が邪魔されて復活して逃走!って展開は何回かあっても良かったと思う
不死身性を強調できるし数が決まってるアンデッドの撃破シーンを少しでも増やせるし




22: 名無し1号さん
>不死身性を強調できるし数が決まってるアンデッドの撃破シーンを少しでも増やせるし
不死身である理由ってカードに封印する言い訳みたいなものだろうからなぁ




21: 名無し1号さん
トリロバイトに関しては敗者復活戦枠という説もある




23: 名無し1号さん
橋から落ちたぐらいで「伝説のアンデッドもついに息絶えたか」なんてセリフが出ちゃうぐらいだしね




24: 名無し1号さん
なんでカリスはダメージ負うとわざわざ擬態してヒューマンの姿になるのか




25: 名無し1号さん
トリロバイトは勝てば種の復活も成し遂げられるし最も勝ちたかっただろうに




26: 名無し1号さん
一万年に一回だっけ?
恐竜のアンデッドとかめちゃくちゃ連勝してたんだろうな




27: 名無し1号さん
設定とデザインがチグハグなイメージ…なんでボンテージ風?




32: 名無し1号さん
>設定とデザインがチグハグなイメージ…

個人的にはオルフェノクでそれ感じたな
アメフト選手とか虚無僧とかガンマンとかデザインの遊び心と
設定自体の重さが噛み合ってないと思った




44: 名無し1号さん
>アメフト選手とか虚無僧とかガンマンとかデザインの遊び心と
設定自体の重さが噛み合ってないと思った

人間時代に抱いていたイメージが具体化したという設定だからそういう姿になるのも当然じゃない?




28: 名無し1号さん
ヒューマンがGパン一丁なところを見るがきり
皮の服を強制されているわけでもないようなので
ただのアンデッド間での流行の服装なのだろう




29: 名無し1号さん
デザイナー的にはレザー部分は前回の戦いで受けた傷を修復したイメージとのこと




30: 名無し1号さん
個人的には「レギュレーションを統一するために拘束具で無理やり人型に縛り上げている」と勝手に解釈している
前回優勝者を基準にするから、ヒューマンアンデッドはまんま人間の姿なのだと
トリロバイトが優勝したら、次のバトルファイトでは全員三葉虫の形にされる




31: 名無し1号さん
>トリロバイトが優勝したら、次のバトルファイトでは全員三葉虫の形にされる
伊坂とか黒コート着た三葉虫になるのかなって当時から思ってた




33: 名無し1号さん
ヒューマンアンデッドが前回優勝したのはハートのカテゴリAのカリスの鎧を盗んだから、という説が自分の中でしっくりきている イーグルアンデッドが始にたいしてゴチャゴチャ言ってたあのくだりも説明がつく




35: 名無し1号さん 
5183fbb9d7e5e9d2c444f3ce380c2c77

一覧




38: 名無し1号さん
ジーパン一丁のくせに
ヒューマンが優勝できたのはなぜなのか、
放送当時は疑問だった。

が、中野サンプラザのファイナルステージのショーで
「ヒューマンUDが優勝できたのは、心に愛があったからだったんだ!」という、
理由になってるんだか、なってないんだか分からない理由が
述べられていた。
公式でそう言ってるんだから、それで納得することにしている。




40: 名無し1号さん
>公式でそう言ってるんだから、それで納得することにしている
他は皆相打ちとかじゃなかった?
そんで戦わなかったヒューマンだけが生き残ったと




39: 名無し1号さん
プラントがサラセニアン
ドラゴンフライが仮面ライダーV3
ジェリーフィッシュがジェネラルシャドウ
ジャガーがジャガーマン
ティターンがサソリトカゲス
スキッドがイカデビル
イーグルが変身忍者嵐
トライアルB、E、F、Gがそれぞれショッカー大首領、シャドームーン、にせライダー、ブラックサタン大首領
トライアルDの没案が何故かスペル星人

とりあえず仕込まれたデザインモチーフはこれぐらいか




41: 名無し1号さん
>プラントがサラセニアン
>ドラゴンフライが仮面ライダーV3
>ジェリーフィッシュがジェネラルシャドウ
>ジャガーがジャガーマン
>ティターンがサソリトカゲス
>スキッドがイカデビル
>イーグルが変身忍者嵐
>トライアルB、E、F、Gがそれぞれショッカー大首領、シャドームーン、にせライダー、ブラックサタン大首領
>トライアルDの没案が何故かスペル星人
>とりあえず仕込まれたデザインモチーフはこれぐらいか

ライオンがクモライオン
画集で本人がコメントしてる




50: 名無し1号さん
>とりあえず仕込まれたデザインモチーフはこれぐらいか

タイガーUDは、キルビルのユマ・サーマンのトラックスーツ。
韮氏のコメントより。




45: 名無し1号さん
ヒューマンにはジョーカーですら本来の姿に戻りたくないと思わせる支配力が能力なんじゃ
その能力を使って4人のカテゴリーKを封印して14呼び出して優勝したとか
カテゴリーKのキングと嶋の2人が闘争本能に欠けるのもヒューマンに支配されたからだと思う




46: 名無し1号さん
ゼブラアンデッドのただの変態みたいなデザインはもうちょっと何とかならんかったのか




47: 名無し1号さん 
0a36c526a6b834047e950834f0af0962

ゼブラとディアーだけデザイナー違うから並ぶと違和感すごいよね




51: 名無し1号さん
>ゼブラとディアーだけデザイナー違うから並ぶと違和感すごいよね

馬面でボンテージデザインとかどうみてもハードゲi(ry




48: 名無し1号さん
トライアルEがシャドームーンって言及されてるんだっけ?

画集だと「この配色シャドームーンみたいですよね」
的なコメントだったから
似ただけなのか似せたのかがはっきりしなかったんだけど




59: 名無し1号さん
カリス(仮面ライダーではない)主役で1万年前のバトルファイト見てみたいわ
あいつ上級アンデッドからやけに一目置かれてたし







オススメブログ新着記事