201206190145145e4

0: 名無し1号さん
最期のウルトラシリーズはマックスの「狙われない街」だけど、
ああいうノスタルジックというか子供には難解というか、独特な演出は好きだった。
この前のアニメ版グリッドマンにも似たような演出があったので、
ああいうオマージュがある作品、または監督自身が手掛けた
エピソードについてを知りたくなったので。







※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  


1: 名無し1号さん
スプーンで間違えるのはおなじみ。
皿で間違えるのはレア。


2: 名無し1号さん
和テイストが好きで近未来設定のセブンで取り入れたらあまりいい顔されなかったって話は聞いた事あるけど、ペロリンガ星人回は庶民の臭いがして好き
ts3f50518c06bc445-001


3: 名無し1号さん
この人、早稲田で学生やりながら外務省で官僚やってたとか
とんでもねー経歴なんだよな
独特の演出がどうのとか以前に俺らと根本的にアタマの出来が違うんだろうなと思う

4: 名無し1号さん
ティガの放送時はまだほんの子供だったけれど
『花』の妖しく美しい雰囲気は記憶にバッチリ焼きついたなぁ

5: 名無し1号さん
難解で子供は相当頭ひねらないと分からない回の監督って印象が強いのは俺が平成三部作世代だからなんだろうな
怪獣戯曲とかある程度大きくなってから見たのに話あんま分からなかったし

6: 名無し1号さん
アップとかで緊迫した演出を作るのが多いよね。変わり種の話が多い印象だけどシリアスな時はガチで深い話作るからスゴい。特にセブンは多いね。

7: 名無し1号さん
不思議な話、演出といえば実相寺昭雄
マックスの「胡蝶の夢」はあまりにも不思議な話すぎて当時子供だった俺は意味がわからないままやたら恐かったのを覚えてる
マックスは基本明るい話が多かったから余計に異質というか不気味だった

8: 名無し1号さん
実相寺監督は怪奇大作戦では三本ほど撮っているけど「京都買います」が一番好きかな

9: 名無し1号さん
バクゴン、ブンダー、魔デウスとかいう
平成三大「実相寺監督のわけ分からん怪獣」。演出上のメタネタ、独特な映像表現も実相寺監督の特徴だよね。

10: 名無し1号さん
画面の手間にオブジェが置かれたり、シルエットが多用されたり、演出が自由すぎたり、もはや芸術の一種に足を突っ込んだような独特の雰囲気

グリッドマンはアニメであの雰囲気をよく再現できたなって思う
ニュージェネでもグリッドマンみたいにオマージュやってくれんかな
あの雰囲気を子供のころに味わえないのはかわいそう

11: 名無し1号さん
カメラの映し方もだがBGMも凝ってるよな。有名な狙われた街のダンとメトロンが会話するシーンに流れるクラシック。特撮でクラシックと言ったら実相寺昭雄って感じ。

12: 名無し1号さん
子供たちがヒーローに向けて帰れコールを連呼する。

シリーズ第1作にしてこんなことをやらかした「恐怖の宇宙線」は色々衝撃的だった。

13: 名無し1号さん
エログロ大好き過ぎて「カブト虫のような」と脚本に書かれていたスペル星人をあのデザインで押し切った結果その設定と合わせて「被爆宇宙人」などという二つ名を付けられてしまい円谷最大のアンタッチャブルに…

20: 名無し1号さん
>>13
あれは 雑誌付録製作者の軽率さと
新聞記者の悪意によって造られたものであって
制作側の意図が著しく歪曲された
現在にもつながる
善意を称する反社会的集団の言葉狩りのひとつだよ

14: 名無し1号さん
実際の殺人事件が起こった廃墟を舞台にどことなく不安な空気が蔓延し最後に爆発していく
ウルトラQ dark fantasyの「闇」は中学生ながら何度も見返した

15: 名無し1号さん
老害極まることこの上ないが
実装時演出を指して「エヴァっぽい」とか「エヴァのパクリ」とか言うのに腹が立ってしょうがない

16: 名無し1号さん
彼の手掛けたエピソードによく登場する寺田農さん。

17: 名無し1号さん
>>16
岡本喜八監督作品の常連でもあるな。

18: 名無し1号さん
上から現代感を出すなと言われてるのに、頑なに60年代の風景を映す男。

19: 名無し1号さん
地球人のクソな話を書かせたら右に出るものはいないって感じ
かといって宇宙人(敵)側が一方的な被害者ばかりでもない
思春期の頃は地球人てクソだ!と憤り、
成長するといやいや地球人悪者にしすぎじゃね?と思うようになった

21: 名無し1号さん
ウルトラセブン 第四惑星の悪夢
飴玉を舐める音が妙に印象に残ってるな
b949a01922a3ed8577236e339301b0a8


40: 名無し1号さん
>>21
あの飴の男の中の人は後に南野陽子主演のスケバン刑事?のラスボス信楽老の役で出ていたっけ

22: 名無し1号さん
光学合成が嫌いだったので自身が監督した回の「ウルトラマン」では一度もスペシウム光線を使わなかった…というエピソードを大人になってから知り、「ああ、だから子供の頃に『映画ウルトラマン 実相寺昭雄監督作品』を見終わったらモヤモヤしてたのか」と得心した

23: 名無し1号さん
王道的な話もしたくて作ったテレスドン回の地上破壊工作
凄い面白いけど地底人の洗脳するシーンのライトの点滅はかなり目がチカチカする

24: 名無し1号さん
スペシウム光線でフィニッシュするのが嫌いな人

25: 名無し1号さん
よく佐々木守の脚本回の監督になってるイメージがある。「故郷は地球」もだし他作品だけどシルバー仮面の1、2話も脚本が佐々木さんで監督が実相寺さんだったな

26: 名無し1号さん
第四惑星の悪夢、が好きな俺を作ってくれた、罪な監督。

27: 名無し1号さん
演出ではなく脚本なんだがジャックのバリケーン回での郷と岸田隊員のやりとりが面白くて印象的だったな。その回は何回も見直してたな

28: 名無し1号さん
円谷英二さんのドキュメンタリーでも、クラシックの曲が流れていた。
タイトルが知りたいのだが、全く判らない。

29: 名無し1号さん
もう無くなったが、「夢」のロケ地はよく行った

30: 名無し1号さん
マックスのメトロン星人、魔デウスの回は独特なカットとか話の雰囲気とかから子供ながら何か違うなと感じてた
思えばその不思議な感じがウルトラシリーズにのめり込むきっかけだったな

31: 名無し1号さん
怪獣戯曲は、大人でも怖いと思った

32: 名無し1号さん
逆光とズームを使った演出

33: 名無し1号さん
ジャンボーグAで、実相寺監督みたいなカメラアングルの回が何回かあったが、演出は実相寺監督ではない。
何故、そう言う演出なのか不明。

34: 名無し1号さん
>>33
オマージュ又はリスペクト?。

36: 名無し1号さん
怪奇大作戦の「恐怖の電話」は桜井浩子さんが可哀想な役柄のゲスト出演だが、彼女の最も好きな作品だとか。音響実験シーンの演出は白眉の出来映え。

38: 名無し1号さん
実写版「姑獲鳥の夏」は、自分は特撮ヲタだからひいき目で見たけど、実相寺監督を知らない原作ファン的には絶許モノみたいね。
「魍魎の匣のほうが良かった」って意見もよく聞く。

39: 名無し1号さん
円盤が来たが好き
シナリオで「ホークと円盤群とが、星と光と影と、サイケな視覚の中で、サイケな感じの闘いを見せる」と書いたエピソード見てますます好きになった

41: 名無し1号さん
帝都物語は、勝新太郎がキャスティングされていたから、何時か降板するのでは?とハラハラしながら製作を見守っていた。

42: 名無し1号さん
ジードで寺田農さんが大事な役で出たのは実相寺リスペクトなのかなー
いつメトロン星人になるかとちょっとひやひやしたけどw

43: 名無し1号さん
ダイナの怪獣戯曲は終始何を見せられてるのかわからなくなるくらい演出ぶっ飛んでるし決着のつき方も(映像だけだと)意味わからんけどオチ含めて不気味さもダントツだわ

44: 名無し1号さん
スレチかもしれないけど、オーブで太平風土記をSSPに渡してくれた女性が、実相寺監督の奥様だって聞いてビックリした。

imagesKAAU1TN1


45: 名無し1号さん
怪獣戯曲ワケわかんなくて一番好き
監督の作品連続で見ると特撮じゃないけど「姑獲鳥の夏」の凶器の演出でめちゃくちゃ驚くししかも原作再現してての上だから余計驚くわ

46: 名無し1号さん
いろいろ語り尽くされている人だけど、俺の好きなエピソード
「第四惑星の悪夢」はマジで予算がないからセブンが怪獣や宇宙人と戦うシーンができず、それでは子供たちに申し訳ないからということで、せめて第四惑星の軍隊との戦闘シーンではセブンの光線技はすごく派手で多彩なものにしたw
この回のエメリウム光線がビームではなく機関銃みたいに撃つのは印象に残っている
ぶっちゃけ、あれはあれでけっこうお金がかかるんじゃないの?とは思ったけど、実際はどうだったんだろう?
最近の特撮はCGにお金がかかることが話題になりがちで、昔と今では比較にならないだろうけど、今も特撮を作っているスタッフたちにもこういう矜持があってほしい

49: 名無し1号さん
子供には難解な話と演出とばかり話題にはなるし、実際にいくつかの話はそうだと思うけど、それでも俺はそこまでではないと思うのよ
子供のころに観たガヴァドンやジャミラやシーボーズやメトロン星人など、どれもすごく印象に残るから好きな話ばかりだった
ちゃんと子供たちが楽しみに観ていることを一番に考えて作っているのがよくわかる

50: 名無し1号さん
ウルトラマン第35話「怪獣墓場」でそれまでに倒してきた怪獣を仏式で供養したシーンは個人的に良かったと思う。倒してきた怪獣達のことを顧みることも大事だと思うから。



オススメブログ新着記事