1: 名無し1号さん
no title

新年号にもうすぐなるけど、新世代の特撮ヒーローって誕生するのか・・
そんな神みたいな天才クリエイター現れるのか?

※巨大ヒーロー系は振り幅がなさそう ウルトラマンみたいって
なにやっても言われるし まだ等身大の方が振り幅はあるわな

引用元: http://futabalog.com/thread/aeee9f090f01aa9522a44c80c8062fc6



  


2: 名無し1号さん
もう三大ヒーローどれも年一で新作作られてるし、
新元号一発目だからって特別扱いもされないでしょ

戦隊の平成初代のターボとか全然特別視されてないし

3: 名無し1号さん
変身 仮面 巨大 以外で新しいヒーローパターンを開拓するしかないけど

4: 名無し1号さん
生身か…

5: 名無し1号さん
マジマジョ系が続けばそうなるんじゃないの

6: 名無し1号さん
平成も結局昭和発のシリーズに匹敵するものはでなかったし
相当難しいんじゃない

13: 名無し1号さん
>平成も結局昭和発のシリーズに匹敵するものはでなかったし
以前、上原正三さんがインタビューで、
「今やってる特撮物ってウルトラマンと戦隊と仮面ライダーでしょ?
みんな僕たちの世代が作って来た物じゃないですか。
若い新しい才能は、これらをどんどん踏み潰して過去の物にして行かないと」と言ってたな

7: 名無し1号さん
とりあえず、ウルトラマンと仮面ライダーは、新元号になってまもなく新元号作品第1弾になるんで、ここ最近のシリーズとは違う路線で行きそうな気がする。

8: 名無し1号さん
ギャバンを始祖とするメタルヒーロー系は、スレ画の三大ヒーロー
とは一線を画すんじゃないか
最近はライダーも剣だの銃だの持つようになっちゃったから、
メタリックな外観以外の差はなくなってきているけど

9: 名無し1号さん
怪傑ゾロみたいな覆面だけのシンプルヒーローが見たいな~

10: 名無し1号さん
牙狼はパチマネーで安泰だと思ってたけど不況で雲行きが危うくなってきたな
〇〇戦士シリーズは4作目以降も続けばとりあえず安泰かもね
超星神といいリュウケンドー&トミカヒーローといい大体3作でシリーズが打ち止めになるから

11: 名無し1号さん
平成ライダーみたいにシリーズ全体で見た時にデザイン面でもストーリー面でもバリエーション豊かな新規特撮ヒーローが出てきてほしいけど
単発で当てるだけでも厳しいからまずないだろうなあ

12: 名無し1号さん
シリーズを長く育てられる大きなスポンサーやプランナーが付くかってのが重要で、でなければ大ヒットしても一過性で終わると思う
現行の定番化したシリーズと肩を並べられるように成熟するのは凄く難しいだろうな

14: 名無し1号さん
スクエニが新しい特撮作品をプロデュースというか出資するみたいな話あったけど、あれはどうなったんだっけか

15: 名無し1号さん
no title

>スクエニ
セガもカプコンもゲームメーカー企画のものはあまり続かない感がある
コナミの超星神シリーズで3作
まあシャンゼリオンはハカイダーのTV化企画の変遷後でセガは玩具メーカーとしてのスポンサードだし
コナミも同様
女バトルコップ(セガ)も岡部淳也監督のSPECTER(コナミ)も単発に終わったのは勿体なかった

16: 名無し1号さん
女バトルコップって何かしら新しいことをやろうという気概がまったく感じられなかったなあ
デザインやアクションはロボコップのまんまパクリだし、そのくせ女性だからってんで無理やり
シャワーシーンを入れたりしてすごく中途半端だった

17: 名無し1号さん
特定ヒーロー不在の新たな特撮作品を望む。
逆に言えば、主人公やライバルや敵がどんなヒーローや戦士(怪獣タイプも含む)にもなれる、みたいな。
言い方を変えるなら、変身ではなく自分のアバターとなるキャラを召喚。これなら敵キャラの再登場も可能だし、善悪逆転もあり、使い捨てに終わらない。

18: 名無し1号さん
超星神シリーズはもとより3年計画だったし
リュウケンドーはシリーズする気自体なかったからなあ

19: 名無し1号さん
白倉の新しいヒーロー企画とやらは進んでるのか?もう発言から数年だけど

27: 名無し1号さん
>白倉の新しいヒーロー企画とやらは進んでるのか?もう発言から数年だけど
あの人は基本詭弁で物語る人だから信用しない方がいい
そもそもあの人の役職ならすぐにでも実現する筈だけど
それが音沙汰無しっていうのは元から考えてなかったと思う

28: 名無し1号さん
>そもそもあの人の役職ならすぐにでも実現する筈だけど
それはさすがに買い被りすぎなんじゃない?
白倉Pだって所詮は一介の宮仕えだし

29: 名無し1号さん
no title

>白倉Pだって

今頃は90年代の東映ヒーローで、萌えアニメとしてリメイクしたら売れそうなのはどれか検討中じゃないかな。

20: 名無し1号さん
スクエニと言えばゲシュタルトオーディンはやたらヒーローに好意的だな
軌道に乗れば実写化もワンチャン…まあ軌道に乗せるのがかなり厳しいだろうけど
悲しいが特オタから見ても特撮やヒーローは将来性のあるコンテンツだとは思えないってのが本音だし

21: 名無し1号さん
アローバースくらいの全年齢向けヒーロードラマが見たいんだよな~。金城武のK-20みたいな冒険活劇をドラマで見たい

22: 名無し1号さん
前にも書いたけど特撮って漫画やアニメみたいに表現技法に近い括りだと思うんだけど
結局ヒーロー物か怪獣映画くらいしかジャンルが発展しなかったのは不思議ではある
ロボコン始め不思議コメディ系列の作品も定着したとは言い難いし

23: 名無し1号さん
>ロボコン始め不思議コメディ系列の作品も定着したとは言い難いし
もしもクウガやアギトがヒットしなかったら日曜朝8:00~8:30枠(当時)はまたカブタックみたいな路線に戻っていたのかな

24: 名無し1号さん
>結局ヒーロー物か怪獣映画くらいしかジャンルが発展しなかったのは不思議ではある
出資側からすると、同じ内容でもアニメの方が安く作れるからなあ
玩具で収益を上げる商売が確立したヒーロー物だけが生き残っちゃったのでは?

アニメでいうサザエさんや青春モノ、恋愛モノみたいなのは、実写だとただの「ドラマ」に分類されるだろうし

25: 名無し1号さん
no title

等身大変身ヒーローの立て役者と言っても良い 隼人ライダー
彼が登場してから47年と半年になるが、これを超えるキャラに加えて超絶的なブームこないと無理かも
戦隊=ゴレンジャだって五人のライダーから創られたものだし

26: 名無し1号さん
ぶっちゃけ
仮面ライダーも戦隊も一般的には特撮ってジャンルにすら認識されてないんじゃないか? 単にライダーシリーズ戦隊シリーズに別れてんじゃないかね? レンタルみたいに一々特撮コーナーとして設けてるわけじゃないだろうし。 たぶん

30: 名無し1号さん
東映に限らず、グリッドマンがウケたのを見て安直に特撮をアニメ化して大ゴケする案件は増えそう

31: 名無し1号さん
>東映に限らず、グリッドマンがウケたのを見て安直に特撮をアニメ化して大ゴケする案件は増えそう
アニメも原作不足言われてるし、版権的に使いやすくて尚且つアニメ用にいじっても大丈夫なメジャーマイナー作品探してる所ありそう

32: 名無し1号さん
シャンゼリオンはアニメ映えしそうだけどなぁ

33: 名無し1号さん
no title

>シャンゼリオンはアニメ映えしそうだけどなぁ
白倉Pにとっても思入れのある作品だしね
一番やりそうな気がする

あと雨宮哲監督は大鉄人17とサイバコップ、ミツルギのアニメをやってみたいて言ってたよね

34: 名無し1号さん
シャンゼリオンの主人公のあの軟派な感じはアニメでは出せない

35: 名無し1号さん
no title

敵役に関しても世間的にはコイツら一辺倒だし
グロンギ以降、インパクトある敵いっぱい出て来ても「イー!」には敵わなかった
戦闘員以上にキャラとか親しみもてる奴とか山ほどいても変わらない 多分新年号ライダーもショッカーを超える敵は無理そう

36: 名無し1号さん
ピープロのヒーローの方がアニメになりやすそう
主人公のネタ化必至の「ザボーガー」とか

38: 名無し1号さん
グリッドマンは当時を知らない若い世代にも人気出たけど、
現代のアニメファンに多いであろう20代後半~30代がリアルタイム世代で
それ以外の世代にはそれほど馴染みが無い作品だったってのもヒットの要因だったんじゃなかろうか

70~80年代の作品だと、知名度あるものだと若い世代でもある程度イメージ持っちゃってるし
知名度ない作品だと馴染みのある特定世代はあまり現在のアニメに興味持てない人が多いだろうから、
現代風にして若い世代に受けたとしても、当時世代まで巻き込んだうねりにはならなさそう

39: 名無し1号さん
no title

一番アニメ化に近いのはこれだろうけどクオリティ的に東映アニメには作って欲しくないかな…w
円谷と違って制作会社の選択肢無ないのは辛いね

40: 名無し1号さん
グリッドマンみたいなキャッチーさを加えつつ黎明期の平成ライダーのノリでアニメオリジナルのライダー作れば結構ウケると思うんだけど
>円谷と違って制作会社の選択肢ないのは辛いね
これがネックだなぁ

41: 名無し1号さん
マジレスするとライダーは石森プロ主体の版権だから
戦隊やメタルヒーローよりは他社連携の可能性がある
(それでも限りなく低い可能性だが)





オススメブログ新着記事