DVJoI2tVwAA1kI7

0: 名無し1号さん
見てて辛くなるシーンは多いけど、そういう展開があるからこそ
復活した時のカタルシスも大きいよね。何回も絶望が降りかかっては
再起するビルドのような例もあるけど、そのビルドで一番曇ったと思うのは
ハザードで青羽を死なせた時だと思う。ああいうヒーローが最も精神的に
キツい事になったシーンは何が思い浮かぶ?







※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  



1: 名無し1号さん
やっぱ五代ブチギレが思い浮かぶ


34: 名無し1号さん
>>1
でもその後すぐ立て直す精神力の強さよ。しかもその表現方法がマシン乗ってるときに赤信号でちゃんと止まって、小学生の横断を笑顔で見守るっていう、人として当たり前だけど、大切なことを示す何気ないシーンってのがホント泣ける。

71: 名無し1号さん
>>34
でも戦う時は仮面の下でずっと泣いていたんだって最後の最後に分かるんだよね辛い

72: 名無し1号さん
>>1
ジャラジでのブチギレがインパクト強かったために目立たないけど、シャーザのゲゲルスタイルにも強い怒りは覚えてたね。2度目の戦いのステージになったフェリーの上で静かに拳を握るカットがあってジャラジの時みたいな悲しい背中を見せたりしないよな?と本気で心配したよ

2: 名無し1号さん
ギャラクトロン戦でサンダーブレスターで暴走してキャップを傷つけてしまった後のガイさんかな。

3: 名無し1号さん
巧が自分がオルフェノクである事を皆に明かしてしばらくいなくなった事かな

4: 名無し1号さん
ジードだとカプセル根こそぎ奪われたタイミングかベリアルに取り込まれたタイミングかな
曇るって表現だと前者感があるかな
復活するシーンのある「僕の名前」は名作だから一回見とこう!な!

5: 名無し1号さん
影武者だった殿

6: 名無し1号さん
印象的だったのはルパパトのスプラッシュ回かな。あれから乖離くん曇らせたいムーブが始まった……

57: 名無し1号さん
>>6
前半和気藹々としてた分後半がつらい。
女の子に対してやろうとしたことは間違いじゃないんだけど、圭一郎君の真っ直ぐな姿勢が眩しすぎて自分の行動が浅ましく感じたんだろうなぁ。
その後のスプラッシュ争奪戦もしかり。

7: 名無し1号さん
バングレイによって目の前で仲間を全滅させられた瞬間の大和先生だな
喉がちぎれそうなほどの絶叫と、無事だった仲間の呼びかけにも反応できないほどの放心、朝7時半のテンションじゃなかったよ…

8: 名無し1号さん
Vシネのマコト兄ちゃんは自身の出生明らかになってからのずぶ濡れで地面のたうちまわるのが印象的なんだけど、その後もカノンが死にかける、アランに自ら手をかける、信頼した父親が実は…
と全編通して曇らせポイント満載だった
images


10: 名無し1号さん
ミラーマン第一話で御手洗博士から自分は二次元人の父と人間の母との間に生まれたミラーマンだと知らされた時の鏡京太郎
自分が人間ではない事への絶望感に押し潰されそうになる京太郎の姿は辛そうだった

12: 名無し1号さん
ウルトラマンガイア26話で藤宮が地球の為と信じてやってきた事が全部、破滅招来体の仕組んだ事だったと知った時の藤宮の狼狽えぶりは見ててキツかった...

13: 名無し1号さん
フレイムドラゴン回のハルトかな、最後の希望である自分が負けてしまうのが怖いって普段飄々としてるキャラが初めて本音を見せたところ

14: 名無し1号さん
アバレッドが一般人に騙され、キラーに「信じることなんて無駄」とまで言われた回のラストシーンかな。彼があそこまで曇っていた、沈んでいたのはこの回くらいだと思う。

その次の話がギャグ寄りだったこともあって冒頭で半ば強制的に元気にさせられちゃってたけど…w

15: 名無し1号さん
一話で親友を手にかけていたことを知った紘汰さん

16: 名無し1号さん
ミッチの徐々に狂っていって、兄の貴虎や仲間だった絋汰に手をかけ、後に許されて正気に戻るけどせめてもの思いで唯一救いたかった舞すらも救えず、最終決戦の最中1人悲しみにくれる様は観ていて辛かった

17: 名無し1号さん
オーブのネバーセイネバー。
ガイさんの「俺はオーブが許せない」ってセリフがもう辛すぎて……

20: 名無し1号さん
スタッフにいろんな意味で愛されたバリーアレン

21: 名無し1号さん
英雄伝のアラン様。父親が死んですぐの頃まだ命に対する理解が追いついてなくて、フミ婆の死とその正体を知ったことでようやく命の儚さと重みを知り涙する

間違いなく切ない仮面ライダーだった

22: 名無し1号さん
W終盤のユートピアドーパントの被害に自分達の身内も巻き込まれて絶叫するフィリップやテラーの能力で戦えなくなるほどの怯えっぷりをみせる翔太郎
2人の演技が印象的だった

23: 名無し1号さん
ドライブのチェイスは洗脳が解けてもしばらくは人間とロイミュード、どちらを守るべきか、自分はどちらの為に戦えばいいのかとすごく悩んでたな

25: 名無し1号さん
そこまで曇った感じないかもだけど、ゼロさんが消滅した後のレイトさん
リッくんたちと対立して、逃げたような感じだったけど本当はケイのことが憎くて本をたたきつけようとしたけどできなくて…。それからずっと手を震わせながら過ごしてたのだと思うと…

26: 名無し1号さん
飄々とし過ぎてたのか、年齢的に成熟してたのか、精神的に成長してたから終盤は轟鬼さんと威吹鬼さんが曇ってたイメージ

27: 名無し1号さん
地球人のエゴによる悲劇を知った時のウルトラマンって大概曇るというか憤り懐くよな。特にダン。

28: 名無し1号さん
耕太…おかえり…

29: 名無し1号さん
サキさんを生き返らせるために絶版おじさん側についた飛彩さんは曇りまくってたね
CRの仲間への申し訳なさとか過去の自分の愚かさとかでメンタルぼろぼろだったと思う

31: 名無し1号さん
555の木場さんは、むしろ晴れた時あったかな…

32: 名無し1号さん
本編開始前の過去が一番曇ってた映司
アンクと出会ってオーズになるまではずっと曇ったままだったんだろうなぁ

33: 名無し1号さん
ライダーバトルの終盤でもう戦いを止められないならと不自然な、不気味な笑顔を見せた上で開き直って残ったメンバーに戦いを挑むもお前らしくないと相手にされず「俺が止めた時は皆戦いを辞めないくせに...」と真司くんが苦悩するところは本当に精神的にグサグサ刺してくる展開で未だにあそこだけまともな、正常な感覚で見れない
何なら退場シーンよりきつい

35: 名無し1号さん
エグゼイドの「涙のperiod」かな
仲間まで裏切って恋人を救いたかった飛彩。結局、ドクターとしての信念を曲げられず、本当の意味で恋人を失って1人涙するシーンは当時本当に辛かった。
その後のVシネで2人が再会する未来も見えたのは良かった
無題


37: 名無し1号さん
スレ画にもあるけど、青羽の墓参りや、北都との戦いを説得されるシーンの戦兎、もとい、犬飼さんの顔が、もう、お前、いくつだよ?と言いたくなるほどに老け込んでいて、あまりにも痛々しすぎて、すごい演技だと思ったわ

38: 名無し1号さん
>>37
正直ビルドそんなに好きじゃなかったけど、あの時の演技に魅せられて惚れた。そこからビルドが好きになっていったわ。
名役者の名演技は作品を際立たせるな。

39: 名無し1号さん
恋人が実は敵の操り人形だったり、
その恋人と同じ名前の女の子が人質に取られてるのを知らずに攻撃してしまったりと、
散々っぱら溝呂木に虐められてた頃の孤門くん。


このせいで逆にメンタルがとにかく頑丈になってしまったというのがね。

40: 名無し1号さん
仮面ライダーWの風が呼ぶBで
熊の置物争奪時に進化したフィリップについていけず変身解除した後
苦戦するアクセルに向けて投げられるサイクロンメモリーを見た翔太郎だな

41: 名無し1号さん
ダグバとのリターンマッチの前の挨拶回り時、雨の中で道端にお花やぬいぐるみが飾られている所を見た時の五代さん。
ジャラジの時よりも無力感に苛まれていて、見ていてきつかった

42: 名無し1号さん
MAC全滅後にさらに自分の友人、妹の死が判明した時のゲンとトオル

63: 名無し1号さん
>>42
避難所みたいな場所に手描きの筆文字で
死亡者名一覧が貼りだされてるという
あの時代ならではのゾッとするような描写すき

44: 名無し1号さん
ビーファイターの甲斐拓也が自分のせいでブラックビートが生れたてことを知って戦意喪失した状況。立ち直るまで何週間も引っ張ったからなおさら。

45: 名無し1号さん
カツ兄曇らせ映画だったよ、絆のクリスタル

46: 名無し1号さん
これはダーク・ナイトのレイチェルを救えなかったシーン
瓦礫の中佇むバットマン、病室で頭を抱えながら絶叫するデント検事
なんでヒーロー映画でここまで追い詰められなきゃいけないんだよって思ったな
しかし、だからこそ2隻の船のシーンがカタルシスが凄いんだよな、そこまで計算しているノーラン監督マジパネェと思った

47: 名無し1号さん
1話から早速曇らされるギンガマンのリョウマ

靖子はさぁ……


52: 名無し1号さん
>>47
ただリョウマはあんまり引きずらない。二話目で割と冷静に思考切り替えてて、この辺りは流石ヒュウガの弟だなと。

48: 名無し1号さん
チャンプが吹っ飛んでから、復活するまでのスティンガー。K4Vd082sTg


49: 名無し1号さん
完全なる敗北(救急戦隊ゴーゴーファイブ)
大惨事までのタイムリミット間に合うか、と思ってたら……まぁサブタイ時点でアウトなんだが

50: 名無し1号さん
影武者であることが明らかになり、志葉薫に
当主の座を引き渡した後の殿こと志葉丈瑠は
やって来た源太に対して自分の事を
「びっくりするほど何もないな…」
と漏らすほど虚無感に苛まれてたな

あの時の殿の虚ろ具合と他メンバーの葛藤は
死人が出るのとは別方向で強烈だった

51: 名無し1号さん
激情態のもやし…は別に曇ってないか

53: 名無し1号さん
「俺がやめろって言ってもやめないくせに、なんで俺が戦えって言ったら誰も戦ってくれないんだよ!?」
悲しい話が多い作品だけど、「曇る」って言ったらこの台詞の真司ほど曇ったシーンはなかったな

66: 名無し1号さん
>>53
北岡の「今のお前、見てらんないよ」いいよね

54: 名無し1号さん
姫矢さんは物語開始前にセラを目の前で失っていたので、そのトラウマの影響もあってかゴルゴレム戦以降体調の悪化とともにメンタルの調子まで崩していたな。そして異形の海に捕らえられている最中にセラに励まされてようやく心にも光を取り戻した
憐は比較的明るいんだけど実は体の細胞に致命的な欠陥を抱えていたので酷く短命で、特殊な装置を用いて細胞の数量を計測しては沈んだ声を出していたのであの明るさは、一応素の性格もあるんだろうけど、無理しているものだって察せられる。戦いが佳境に入って凪副隊長から諭され、瑞生から記憶を消すことの意味を説かれてからは生きるための戦いを決意した

上で孤門くんのことについて触れられていたので、彼が心を通わせた二人の適能者の曇り期間と心が晴れるまでのいきさつについて書いてみた

56: 名無し1号さん
世界や人々を守る為、暴走したかつての仲間を止める為にあれだけ尊敬し、慕っていた戒斗を仲間になったふりをして暗殺するという彼が最も嫌う「卑劣な弱者の行為」をやろうとしていたザックは辛かったと思う。

59: 名無し1号さん
レオタード回以降の透真。

61: 名無し1号さん
オーズ9~10話の映司
爆弾でトラウマを刺激されたのか、普段ニコニコしてる映司が常に顔をしかめてる

犯人や真木博士への反応も印象的

62: 名無し1号さん
小説版のアンクの過去話、特に女の子のあたり
よくもまぁあんなえげつない話をかけるなと感心した

64: 名無し1号さん
バーニング弁当からのワンパンKO好き

67: 名無し1号さん
メビウスのミライはデスレム回での曇り方が1番だったな
大好きで、信じてた人間の醜さを目の当たりにして絶望した

68: 名無し1号さん
ウルトラマンメビウスの四天王戦はミライ君のメンタル折れそうな展開ばかりで辛かった
ウルトラ兄弟が来てくれてなかったらどうなってたことか
特にヒルカワ絡みは見ているこっちも胸くそ悪すぎてね…
smile

69: 名無し1号さん
ワームだったひよりを守るためとはいえ、買収や力尽くでゼクター狩りをやってた頃の天道


70: 名無し1号さん
メガレンジャー49話やメビウスのデスレム回など、人々からバッシングを受ける回かな

74: 名無し1号さん
ミラーソウゴにガーガー言われて崩れ落ちてたソウゴが印象深い

75: 名無し1号さん
ゲキレンでジャンが、自分が野生児やっていた経緯を知って曇る一連のシーン。
結構長めに引き摺っていた印象があるけど、ジャンが子供メンタルなのも一因かな?
実際、目の前で母親殺されたのに耐えられず、その事自体を丸ごと忘却してたから。

76: 名無し1号さん
漫画のだけど、風都探偵での
「左翔太郎は悪女と惹かれ合う。その結末の多くは悲劇だ。」
曇ってるを通り越してめっちゃ悲痛感を感じた。

77: 名無し1号さん
魁利は曇っても誰かに救われたり感情を吐露する描写がほぼないのが戦兎との違いかな
最終局面までほぼ自己完結型だったのが可哀想でキツかった

78: 名無し1号さん
走輔が死んだり仲間が正義解散で消滅したり曇る展開はあったのになんやかんやでエンジンオーG12強スギィ!でスッキリ終わるゴーオンジャー






オススメブログ新着記事