91105Wdu9XL

0: 名無し1号さん
不気味な怪獣やスタイリッシュな戦隊ロボなど特撮でインパクトを残す様々なキャラクター
デザインを手掛けてくれるデザイナーの方々についてたまには語りたいと思うので。
ウルトラシリーズ創生期に怪獣やウルトラマンのデザインを担当した今は亡き成田 亨氏とか
ライダーや戦隊を中心に今でも活躍する篠原 保氏などは代表的なデザイナーかな?







※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  




1: 名無し1号さん
三作続けて戦隊に携わる久正人


2: 名無し1号さん
剣のアンデッドや牙狼のホラーといった禍々しい怪人のデザインやらせた韮沢靖さんは毎回最高の仕事をしてくださる

3: 名無し1号さん
出渕裕氏の造った戦隊の敵キャラは印象的なのが多いよなぁ

35: 名無し1号さん
>>3
ダイナ・バイオ・チェンジ・フラッシュ
このあたりは「そろそろマンネリ打破しなきゃ!」というのが強かった時代
いつまでシリーズが続けられるかわからないという時期でもあった、今じゃ考えられないが(笑)
特撮に限らずアニメなどもいろいろ模索していたのが多く、景気が良かった80年代特有のイケイケな風潮もあった
そういった時代だったからこそ、敵キャラやストーリーもドラマ性を重視して印象に残る名作揃いになり、それに合わせた出渕裕のデザインしたキャラたちも印象深くなったね

4: 名無し1号さん
雨宮慶太監督は監督でありながらデザイナーでもあるよな。デビュー作はスピルバンだっけ?

牙狼が有名だが仮面ライダーJや鉄甲機ミカヅキのデザインも好きだ。

6: 名無し1号さん
雨宮慶太は監督や脚本よりもクリーチャーデザインでこそ真価を発揮すると思う
というか、この人の作品はワイヤーアクションが軒並み酷い出来なので
脚本とクリーチャーデザインだけやってて欲しいというのが正直な感想

26: 名無し1号さん
>>6
ワイヤーアクションは雨宮さんじゃ無くてアクション部の担当だぞ
ほとんどがAAC STUNTSだけど、あそこのワイヤーアクションは確かに癖があると思う
自分は好きだけど

7: 名無し1号さん
デザイナーじゃないけど石ノ森章太郎先生がデッサンしたダーク破壊部隊はどれも個性的でシルエットが素晴らしい
ただ実際スーツにしちゃうとイメージがやや違ってくるのは仕方ないのかな

8: 名無し1号さん
スター・ウォーズのラルフ・マッカリー
ルーカスの脚本が意味不明、難解と突っぱねてたFOX重役をその気にさせるのに一役買ったのがマッカリーのコンセプト画だった
また3PO役の人もSF映画ということで出るのを渋っていたが、マッカリーの描いた3POを見てオファーを受ける気になったという

9: 名無し1号さん
ブッチーは造形にこだわるあまり業者とよく揉めたらしいね

10: 名無し1号さん
ジオウで出渕総統と保さんがキレッキレな仕事ぶり
完成しているものに手を加えて、どれもしっくりくるのは紛うことなきプロの中のプロ


12: 名無し1号さん
玩具畑から村上克司御大
ギャバンに始まるメタルヒーロー、戦隊のゴーグルフェイスと微妙な卵型の頭部、アニメも含めた数々の巨大ロボット達…
良くも悪くも日本の映像作品に与えた影響が大きすぎる

23: 名無し1号さん
>>12
もしこれから完全新規にメタルヒーロー作る時があったとしても村上天皇っぽいフェイスデザインにしないと馴染まないかもな

それくらい存在が大きい

13: 名無し1号さん
デザイナーさんの話ではないけど風都探偵見たいな漫画版では人が入ることを考慮していないデザインが見れたりする
そう思うとカッコよくて人が着ることができて印象に残るようなガワを幾つも作らなきゃいけないって結構大変だなデザイナーさん...

34: 名無し1号さん
>>13
久正人は本職が漫画家先生だからか、そういう配慮がまだまだだよね。
着ぐるみになること前提でデザインできてない。ルパパトの怪人で首もとにのぞき穴があるやつ、首もとに何のデザインも施してないから中の人の顔の輪郭がモロ見えちゃってるのいたよね。

14: 名無し1号さん
百化繚乱は、読むとマジでデザイナーさんへの畏敬の念が湧いてくる
デザインについては才覚って絶対にあると確信できる
東映スーパー戦隊シリーズ 35作品記念公式図録 百化繚乱 [上之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1975-1995



15: 名無し1号さん
漫画版クウガの作画者さんによるグロンギのアレンジデザイン、わりと好き

16: 名無し1号さん
フォーゼの麻宮騎亜ゾディアーツデザインワークスの帯
「特撮史上、最も美しく、最も高貴な怪人たち」ってアオリ好き

32: 名無し1号さん
>>16
ゾディアーツ達は基本デザイン格好良かった
サジタリウスゾディアーツは神ってた
20120708124845


17: 名無し1号さん
NHK放送の人形劇に、ギャバンの首だけを大量に出したデザイナーはB社の社員でしたね

18: 名無し1号さん
作品製作に直接係っている訳ではないけど、昔、初代仮面ライダーのLDが発売された頃に見た菅原芳人氏の絵が今でもお気に入り

写実的でとてもリアルな感じなんだけど、昔の映画とかの絵看板やチラシのようなノスタルジックな雰囲気も漂っていてたまらない


21: 名無し1号さん
>>18
元々イラストレーターの人で箱絵やプレバンのTシャツとか特撮グッズにかかわっているのを良く見るね

エグゼイド、ビルドといった最近のライダーや、ウルトラマンやキングギドラとかも書いてるがどれも素晴らしい

19: 名無し1号さん
篠原保とかいう平成30年間、ずっと関わってきた正しく平成のデザイナー

22: 名無し1号さん
>>19
トッキュウジャーの怪人どれもカッコいい
フィギュア出たらいいのにと思う

20: 名無し1号さん
成田亨さんがデザインじゃなかったら、ウルトラマンや
怪獣達が半世紀以上も愛されたろうか?

24: 名無し1号さん
アルカイックスマイルをウルトラマンに組み込んだ成田さんは凄い

25: 名無し1号さん
怪人・怪獣で使いまわし前提でデザインされてるのとか見ると、デザイナーの頭の中どうなってんのってくらい改造前後で印象が違うのがあるからすごいよね

27: 名無し1号さん
成田亨本人的に会心の出来だったデザインはケムール人らしい
極めてシンプルで人間的なシルエット、怖いけどグロテスクではない、それなのに絶対インパクトに残る
確かに見てると秀逸だと感じる

ちなみにケムール人のスーツアクターを演じたのが古谷敏で、実写で見た成田氏が古谷氏のスタイルを気に入ってその縁で後にウルトラマンのアクターもやる事になったんだとか
20111219021316711


28: 名無し1号さん
妖怪モチーフは有名所全てに先行作があるし、ニンニンの時は「また妖怪かよ」と思ったが、実際見てみるとまだまだ色んなアプローチがあって唸った記憶

ライダーで言えばクモ怪人やコウモリ怪人といった伝統的モチーフでそうなるな

29: 名無し1号さん
「新しいデザインは必ず単純な形をしている。人間は考えることができなくなると、ものを複雑にして堕落してゆく」

成田亨の言葉だが、石ノ森章太郎の絵なんかにも言えると思ってる
近年「石ノ森先生のデザインだって奇抜なのが多い!だからライダーのデザインだっておかしくはない!」みたいな意見をちょくちょく見かけるが個人的にはちょっと違う印象を持ってて、
どちらかというと最初に作り上げたデザインから可能な限り情報量を削ってより洗練していく感じだと思ってる(漫画家でいうと赤塚不二夫なんかに近いかも?)
いわば本来の意味で徹底的にデフォルメされた状態というか

一番わかりやすいと思うのが仮面ライダーV9→仮面ライダースーパー1
V9のコレからどうやってあのかっこいいスーパー1になったんだよ…と思うほどに研ぎ澄まされてる

30: 名無し1号さん
白倉Pも言ってたけどジオウに韮沢さんがいないのが本当に惜しまれる…
あの凶悪なデザインはすごく印象に残るからアナザーライダーも忘れられないものになったんだろうな。

31: 名無し1号さん
平成ウルトラシリーズの多くを手掛けた丸山浩氏。ライダーではウィザードのファントムを担当。

成田亨の遺伝子を立派に受け継いだ一人だと思うがどうか。

36: 名無し1号さん
>>31
ウィザードのファントムのいくつかは、そのままウルトラマンに出てきても違和感がないw
特に最初のミノタウロス

33: 名無し1号さん
脚本家先生やPばっかり評価されがちだけど、怪人の能力や負け方は実はデザイナーが考案したものも多かったりする。

37: 名無し1号さん
韮沢さんのスコルピオワームは井上敏樹も褒めるぐらいの良デザイン





オススメブログ新着記事