p4

0: 名無し1号さん
やはり広大な宇宙を飛行して地球にやって来るところが
地球産怪獣にはない部分で、MATが初めて戦った宇宙怪獣である
ベムスターが地球に飛来する前にMATステーションを腹の口で丸呑みしたのは衝撃的だった。







※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  




1: 名無し1号さん
生命溢れる星からは絶対生まれない虚無という概念の怪獣


2: 名無し1号さん
エレキングの見た目と角が回る所が何か地球の怪獣とは違うなと思った。実際再生は地球産だからか角が回ってなかったし

3: 名無し1号さん
腹から食うといえばアストロモンスもだね
あれも宇宙大怪獣だもんな
初登場の時のインパクトは凄かった…

…まあその後ウルトラスーパーファイトでエースの彼女役やるとは思わなんだが

4: 名無し1号さん
ゼットンの宇宙恐竜という肩書きよ
宇宙では恐竜とはああいうのを指すのか?と色々想像させられる
hqdefault


5: 名無し1号さん
アストロモンスが腹の花で超獣であるオイルドリンカーを呑み込むシーンは「いくら地球産とはいえ怪獣よりも強い超獣のオイルドリンカーを呑み込むなんて流石は宇宙大怪獣だなぁ」と思った

6: 名無し1号さん
アントラーやジェロニモンは能力や特徴見ると地球産とは言えない気がする
死者を生き返らすとか宇宙産でもないけど

7: 名無し1号さん
ギエロン星獣だな
母星を破壊されたにせよ
どうやって地球から飛来したものと認識したのか
そもそも どうやって母星を脱出できたのか
地球まで何日かかったのか その間の食事はどうしたのか
いや そもそも呼吸はどうしたのか
振り返ると宇宙船を使わずに地球に飛来する宇宙怪獣は生物的にわけがわからないんだよな

8: 名無し1号さん
結晶体生えてたり
地面からも生やしたり
自分のエリア形成したり
それまでの対戦相手と違うパターン色々あってなんじゃそりゃって驚いたスペゴジimagesXW06P2UH



9: 名無し1号さん
デザイナーの酉澤安施さんは「地球の怪獣は恐竜などの古代生物が進化したもの。宇宙怪獣は地球以外の星で独自の進化を遂げたもの」という考えを持っていた。それを地球の生物にザ・ワンの細胞が取り付いて生まれたビースト達のデザインの隠れた法則として盛り込んでいたそうだ

10: 名無し1号さん
宇宙大怪獣ムルロア。タロウを退け地球全体を暗黒に閉ざしたのは凄い。この暗黒を晴らす為にウルトラ6兄弟が光の国で命を懸けてウルトラベルを取らないといけない程だったんだよな。後にティガのガタノゾーアも地球全体を暗黒に閉ざしたけど(こっちは地球産の怪獣だけど)ムルロアの方が先だし

11: 名無し1号さん
イフも異質だよなぁ
ぱっと見の印象であんなブヨブヨした地球産じゃない外見だし、能力自体も宇宙規模レベル

12: 名無し1号さん
ガイアのウルフガスかな
大体地球産のは実態をしっかりと持っているけど
宇宙生命体なのもあってかガス状になるって特性は印象的だったな

13: 名無し1号さん
まるで電子機器みたいにピポポポ・・・と音立てながら点滅するゼットンの顔の黄色い部分

14: 名無し1号さん
ガイアを観ていると、地球怪獣は生息地が生息地なだけにずんぐりしてて筋肉質だけど、地球外の怪獣たちは一部例外はあれど無機質な要素を体のどこかに持っていたりする。しかも火炎放射とかが攻撃手段に多い地球怪獣に対してビームが主な武器のケースが多い

15: 名無し1号さん
モチロンみたいにしゃべる怪獣かな

16: 名無し1号さん
ドロボンやタイショーみたいに普通に喋れる程知能が高い怪獣がいる事かな。ローランは更に人間の姿にまでなれるし

17: 名無し1号さん
ギマイラやマグニアなど、人間を操る能力を持った怪獣は宇宙怪獣ばかりだったな

18: 名無し1号さん
ルガノーガみたいに全体的に生物兵器感のある怪獣は地球産の怪獣とはまた違ったものを感じる

19: 名無し1号さん
彗星ツイフォンに乗ってやって来たドラコ
見た目はカッコいいのに弱かった
再生ドラコの手は何故か爪が無くなる
そしてウルトラマンと戦う事もなく退場
2回も出たのに
2回も出たのに

34: 名無し1号さん
>>19
その反動かなにか知らないが異常に強いレッドマン版ドラコ

20: 名無し1号さん
>>19
その後ウルトラマンXで、宇宙化猫の恋の当て馬にされる始末

22: 名無し1号さん
>>20
パワード版はめちゃくちゃ強かったからゆれ戻し…?

21: 名無し1号さん
共生する草体のために環境自体を作り変えてしまうレギオン。
8106o4x9fVL._SX425_

「人類との共存不可能」「アンチ・テラフォーミング」という「異星の生態系」を表現した例としては随一かも知れない。

43: 名無し1号さん
>>21
隕石跡のシーンが凄い印象的だわ
ガス圧関節とか、シリコン主食とか、
全く未知だけど、何となくいそうな生命体感があるよね

23: 名無し1号さん
スペースビースト。
まさに共生不可能の絶対的捕食者感が異質。
怪獣との共存を目指す大地ですら駆除しかないと結論付けていた。

24: 名無し1号さん
勝手な印象だけど
宇宙怪獣にはゴツゴツした鉱物のイメージがある
ティガ&ダイナのゲランダとか

25: 名無し1号さん
宇宙人に改造された系ってあるのかな?
白血球だったルーゴサイトの災害感良いよね

35: 名無し1号さん
>>25
超獣なんかはヤプールが宇宙怪獣と地球の生物を合体させたものだったりするから、その辺に当てはまるかもね。
漫画設定だけど、超闘士激伝では超獣はヤプール次元の劣悪な環境に耐えうるために生物に機械改造を施さざるをえなかったってなってるし、宇宙人に操られてる怪獣は大なり小なり改造されてるんじゃないかな。

45: 名無し1号さん
>>25
ガイガンとか宇宙人にサイボーグ化された怪獣はわりといるんじゃない?

26: 名無し1号さん
地球産と宇宙産のいいとこどりのタイラント

27: 名無し1号さん
出身は宇宙なんだけど、怪獣としての誕生は地球というオルガ(ゴジラ2000)。

28: 名無し1号さん
増え方。
地球産は動物の延長で胎生、卵生だけど宇宙産は分裂したり卵から生まれるにしても虫みたいに1つの卵から幼体が大量に発生するイメージ。

29: 名無し1号さん
ギラス兄弟やブラックキング、スノーゴンみたいに星人に付き従う用心棒的怪獣ってのも地球にはない発想で宇宙怪獣独特

30: 名無し1号さん
なんか補食してくるやつが多い気がする
べムスターもだしボガールやシルバーブルーメとか

32: 名無し1号さん
無限に成長するバルンガや北斗七星を呑み込むバキューモンのようなスケールの大きい怪獣は宇宙ならではな感じがする

33: 名無し1号さん
スペースビーストやゼットン、グリーザみたいなやつだと「あっ、こいつヤバイ…」ってなる
地球産はなんか「害獣」って感じ

36: 名無し1号さん
地球産は物理的な技(炎、氷、超振動波)が多くて、宇宙産はより特殊な能力(腹に口がある、空間移動、バリア)が多いイメージ

37: 名無し1号さん
ウルトラマンレオの宇宙怪獣なんかは知性があってほとんど宇宙人と大差なのが多い気がする
例を挙げると
人間の姿になれる:ドギュー、アンタレス、ローランetc…
人間にはなれないが知能が高い:カネドラス、ケンドロス、ギロetc…
人間や宇宙人と協力等をした:ギラス兄弟、レンボラー、キララetc…

38: 名無し1号さん
ガイガンのメカニカルな感じ好き、特にファイナルウォーズの両手チェーンソー
今度のギドラは地球産なんかな?

39: 名無し1号さん
機械系の怪獣で地球産って居たっけ?

42: 名無し1号さん
>>39
未来人が造ったメカキングギドラは地球産の機械系怪獣ではないだろうか?

44: 名無し1号さん
>>39
マサキケイゴさんが一生懸命作ったゲオザーク

40: 名無し1号さん
???「来ましたね…さあさあこちらへ」

地球の物質や生物の毒が弱点というのも宇宙怪獣あるあるだよな。あいつの場合蜂の毒だった。
身近な物が弱点の場合が多い。

46: 名無し1号さん
R/B劇場版にピグモンだけの星があったな。ガラモンは元々宇宙怪獣のピグモンをモデルにしてセミ人間が造ったのかもしれない






オススメブログ新着記事