7b3c2a12

0: 名無し1号さん
エボルトとの最後の戦いの前夜にバーベキューや
流しそうめん、花火をしてリフレッシュしてた戦兎たち

そんな楽しい光景を見ながら戦兎が言った
「かけがえのない日常を守るために、俺たちは戦ってきたんだよなぁ」は心に刺さった







※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  




1: 名無し1号さん
最近配信されたWのフィリップ留学送迎会(大嘘)


2: 名無し1号さん
五代さんが最終決戦前夜に今まで支えてくれた周りの人たちに冒険の旅に出かけることを告げていくシーン。特に雨の中気持ちを抑えつつ笑顔で見送る桜子さんがもう切なくて……

3: 名無し1号さん
前夜じゃなくて直前のやり取りだけどモロボシダンからアンヌへの正体の告白

4: 名無し1号さん
ウルトラマンの場合あまりそう言った最終決戦直前のリフレッシュ描写って無いような。戦隊もあまり無いよな。逆に最終回のラスボス撃破後の日常描写が多い印象。

31: 名無し1号さん
>>4
ウルトラの場合、相手が怪獣だからなあ。出現してから対応ということで息つく暇が無い感じ。

5: 名無し1号さん
雄介がダグバと決着をつける為にアルティメットフォームになる決意をして、お世話になった人たちに旅に出るためって口実に別れの挨拶巡りをするのは色んなことを思うシーンで好き
万が一自我を失った時のためにみんなに会っておきたかったとも受け取れるし、大切な人たちの笑顔を守るために絶対に勝つって決意を会うことで揺るぎないものにしていくような色んな感情が見て取れるよね

12: 名無し1号さん
>>5
要は最期の挨拶廻りだからなあれ、泣きそうになるわ
直前って言われたら色々思い浮かぶけど、前夜って言われたらクウガしか出てこない

6: 名無し1号さん
編集長から真司への「おまえの本当にやりたいこと」

9: 名無し1号さん
海岸で結婚式を挙げる郷とルミ子。しかし式の途中で参列していたMAT隊員は出撃してゆき、郷も羽織袴を脱ぎ捨てて行ってしまう。ルミ子は花嫁衣裳のまま追おうとするが、目前にはバット星人が…

帰ってきたウルトラマン最終回はこんな始まり方をする。要は始まる前にすでにバット星人に誘拐されていたルミ子の夢だったわけだが。正直前の話見逃したのかと焦った当時。

10: 名無し1号さん
キュウレンの各々分かれて最後の戦いに向けて思いを馳せるシーン
それぞれ印象的なエピソードだったハズなのに、突然歌い出すスティンガーとそれに合わせてあげる小太郎の大人な対応に全て持っていかれてしまった

29: 名無し1号さん
>>10
ナーガがバランスに「怖い」と漏らし、それを受けたバランスが「凄い感情を手に入れたね!」って返してくれるシーンが好きだなあ

11: 名無し1号さん
蛮野との決戦前夜の剛とチェイスのやりとりが印象に残ってる。直前の戦いでダメージの残ってる剛に戦線離脱を促すチェイス。それに対して
「お前が俺に同じこと言われたら素直にいうこと聞けるの?」
この時はまだダチと認めてなかったのにもう通じ合ってるじゃないかと思った。

24: 名無し1号さん
>>11
その前の進ノ介から霧子へ電話での告白未遂、
戦いで散る前に想いを伝えたい、でもやっぱり今は素直に伝えられない…
かつてのダイの大冒険のポップとマァムの名場面を彷彿させるシーンだった

13: 名無し1号さん
シンケンジャーの決戦前夜も趣き深い。
自分を偽れば、人は孤独になるしかない。
姫の台詞から、その孤独の重さが感じられた。
あの夜の会話からの、翌朝に繋がるカタルシスよ。

14: 名無し1号さん
最終話のオーズのひなちゃん介しての3人で手を繋ぐシーン好きDG3NkLDUMAElaiP-1



33: 名無し1号さん
>>14
ワイも決戦前夜と言ったらこれやな
BGMも最高やった

15: 名無し1号さん
近年の戦隊の場合、いわゆる「クリスマス大決戦」があるので「帰ってきたらパーティーしようぜ!」みたいなパターンも多い気がする

16: 名無し1号さん
前夜じゃないけど最終決戦直前に兄妹として再会し、まゆみを抱き止めるジバン
その様子からジバン=直人と感付く洋子

いろんな特撮を観てきたけど、一・二を争う好きなシーン

17: 名無し1号さん
ちょろい違うけどウルトラマンエックスのグリーザ来襲直前のありふれた日常シーン好き
1450172180743

18: 名無し1号さん
「地球を守れるのなら自分達は犠牲になっても構わない」というレジェンド戦隊達の思いに、あえて応えないことにしたゴーカイジャー。
最終的な決断をしたのが、ゴウシから直々に託された鎧だっていうのがいいよね。

決戦の朝に一般市民達が立ち向かおうとしてたのも印象的だった。

20: 名無し1号さん
>>18
あー懐かしいなあ
あの、角材持って戦おうとしてた一般人見て泣いたんだよ。

25: 名無し1号さん
>>18
海賊見習いから一人前の海賊に鎧が認められた瞬間でもあって熱いよね

19: 名無し1号さん
晴人はフェニックスと決戦前もまだ悩んでてコヨミに背中押してもらってたな

21: 名無し1号さん
ウルトラセブン/モロボシ・ダン は身体の不調を診察されることを怖れて逃げ回っていたような...

22: 名無し1号さん
IWのサノス決戦前のスター・ロードとガモーラのやりとり好き
あのガモーラが本当に信頼出来て愛せる相手を見つけられたんだなと思っていたんだがEGであんな展開になるとはね・・・
GoG:vol3ではヨリを戻せるかどうかも注目点だよな

23: 名無し1号さん
南光太郎がシャドームーン・信彦との対決を前にバトルホッパーとロードセクターに別れを告げるシーン。2大マシンの方も光太郎を思いやっている描写も好き。
その後に訪れたのは悲劇だったが……。

26: 名無し1号さん
ラスボスでも何でもないのに、決戦前夜が描かれた初代ウルトラマンのガマクジラ戦。
女の敵よ、と言うフジ隊員の鬼のような目つきが非常に印象的だった。

27: 名無し1号さん
烏丸所長が帰って来て更に橘さんの生存が明らかになった仮面ライダー剣

28: 名無し1号さん
過去に完全な決着をつけるためにキヨちゃん人形をクスクシエの知世子さんの元に置きに行ったドクター真木
詳細な描写はないけどね

30: 名無し1号さん
多分前夜だろうけどどこかの店で飯を食ってた巧と海堂。巧が実は照夫がオルフェノクの王である事を言おうとするけど結局言えなかったな。でも半分は冗談だろうけど前に木場さんからオルフェノクの王の事や寿命の事を聞いていたにも関わらず海堂が例えオルフェノクの王がどれだけ強くて敵わないとしても、例え自分の寿命が後僅かでも人類の為に戦おうと言ってたのは地味に感動した

32: 名無し1号さん
魁利と圭一郎のやり取りは泣けたな
no title
でも、厳密には夜が明けてたから前夜となると体を引きずりながらザミーゴを探す魁利と、魁利を探す圭一郎が正しいのかな

36: 名無し1号さん
>>32
ルパレン三人は大怪我、圭一郎は夜通し魁利を探し続け、つかさや咲也ノエルも事後処理で寝てないだろうしなにげにみんな決戦前にボロボロだよね

34: 名無し1号さん
オロチを鎮める儀式の前夜に香須実さんに「死にたくない」と本心を吐露するイブキさんとそれを遠くから見つめるヒビキさん

こういう「事情や気持ちを察して人知れず代わりに死地に先回りする」展開が何気に好き

35: 名無し1号さん
前夜じゃあないけどレイトさんが娘の誕生日を家族で過ごすとこかな
同時に身バレ場面にも繋がって

37: 名無し1号さん
ネクサスの憐は前夜で瑞生と記憶を消すことを発端にした本音のやりとり、決戦直前の白昼に孤門から姫矢さんのことを聞かされてほかの適能者の話を聞かされてたっけ。他の作品でも似たようなシチュエーションはあるけど、見ていた当時は憐と同じ10代だったこともあって雰囲気に引き込まれて観てたよ。一層、憐死なないでって思った

38: 名無し1号さん
ボウケンジャーでパラレルエンジンが停止してボウケンジャーに変身できなくなった面々が自分の自分だけのプレシャスを見つけるところ。一人は前夜ではなかったけど。

フォーゼで賢吾からのそれぞれにあてた手紙を読むところからの弦ちゃんが理事長の新メニューを食べて気合入れるところ。

39: 名無し1号さん
アスカとスーパーGUTSの面々が一対一で会話するシーンが良かったなぁ。
ナカジマ隊員が自分のオヤジについて語るシーンは、演じてる小野寺さんが実際に父・石ノ森章太郎さんへ思っていたことも含まれているんじゃないかと勝手な想像してしまう。






オススメブログ新着記事