abf99ea9

0: 名無し1号さん
戦いに躊躇いを感じていたり、何らかの要因でスランプに陥ったりという感じでヒーローが
普段通りの力を出せない・戦えない展開は多いしそこからどう立ち直るかも見所だと思う。
ジュウオウジャーの操はメンタルが弱いせいで強さにブレがあったというか、普段は
頼もしいけど落ち込んでしまうと全く戦えない状態になるので大和たちも苦労しただろう。







※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  




1: 名無し1号さん
仮面ライダー剣序盤の橘さんはライダーシステムの不備で身体がボロボロで戦いにも恐怖心を感じてて満足に戦えてなかったな


2: 名無し1号さん
Wでは、翔太郎がオールドドーパントの能力で老化してしまったから
なんか全体的にぎこちない動きになってたなimg_4



60: 名無し1号さん
>>2
モブですら平気だったのに、翔ちゃん一人だけメンタルまで老化してたからな・・・

96: 名無し1号さん
>>60
精神まで老化した理由が翔太郎が形から入るタイプだからって話好き

3: 名無し1号さん
反フラッシュ現象に苦しめられる中、最終決戦に挑まなければならなかったフラッシュマン

5: 名無し1号さん
メ・ギノガ・デの毒から回復した直後など本調子でない場合
クウガはグローイング・フォームになってわかりやすかったな

63: 名無し1号さん
>>5
クワガタの羽化したての状態って感じがしてすき
ムシキングの改造コーカサスの元ネタってもしかしてグローイングフォームって事もあるのかな…

6: 名無し1号さん
光明寺博士の脳が入っているので、ハカイダーと本気で戦えないキカイダー。

22: 名無し1号さん
>>6
キカイダーならアオデンキウナギの腕をつけられてしまったせいで
まともに戦えなかった回もあったな

7: 名無し1号さん
そう考えるとガイさんはずっと本調子じゃなかったな
サンブレ回では逆に振り切れてしまうというパターンも

9: 名無し1号さん
>>7
ネクサスのジュネッスだった姫矢さんも似た様な感じだったと思う
過去の経緯とか色々とあって、常にギリギリの戦いだった感じ

8: 名無し1号さん
身体がボドボドになったダディの「ウワァァァァァァァァァァ!!」

10: 名無し1号さん
ウルトラセブン「史上最大の侵略」回におけるウルトラセブンだな
mig


11: 名無し1号さん
ネクサスは万全の体調で戦えてるのが半分くらいなんじゃないか
まあそもそもネクサス自体が「本調子」じゃないんだけど……

12: 名無し1号さん
EG素晴らしかったけど、1週間くらいしたらソーが鈍ってなかったらあの3人だけでサノスに勝てたんじゃないかと思うようになった
1400万分の1の中にはなんとかあの5年間を鈍らせずに済む未来はなかったのだろうか?

77: 名無し1号さん
>>12
ソーが全盛期のままだったらサノス一人相手には3人で勝てたかもしれないが、あの時点だとまだ戦艦やブラックオーダーもいただろう。
スカーレットウィッチに追い詰められた時みたいに、結局そいつら出してきて同じ状況になるんじゃないかなぁ。

13: 名無し1号さん
ダブルだとあと一回変身すると相棒フィリップが消滅する事実を突きつけられた翔太郎かな

14: 名無し1号さん
最終回のウルトラセブン
過労で絶不調ながら改造パンドンを倒し、夜景をバックにフラフラ立ち上がるシーンもセブンの体調を物語っていて物凄く好き

15: 名無し1号さん
強制的に髪を下ろされて宇宙が来なくなった弦太朗

16: 名無し1号さん
セブンX

17: 名無し1号さん
ビルド35話で氷室がエボルトと戦うもエボルトに吹っ飛ばされて戦場から離脱されたけど後にあの時は若干風邪気味で本調子じゃなかった事が判明したな(棒)

18: 名無し1号さん
対バードン戦のゾフィー
タロウを本国に送り、自身も相当にエネルギーを消耗していて本調子じゃなかったはず

本来の目的はタロウを本国へ搬送する事だから、無理に戦う必要はなかったはずなんだけどね

19: 名無し1号さん
セブンはレオの時、ゼロはジードの時に傷を負って本気の力を出せなくなってたな。
そんなところまで似なくてもいいのにww。

20: 名無し1号さん
オビコの真意を知って積極的に攻撃できなかったティガと悲痛な叫びをあげながら戦ったシンジョウ隊員。

36: 名無し1号さん
>>20
でもこの戦い、町と時代の変化を悟ったオビコがわざとハンドスラッシュに撃たれてティガの腕の中で光になり天へと昇るという切ない締め括りが待っていたんすよ・・・

21: 名無し1号さん
ウルトラマンA27話で初登場を飾るも宇宙の長旅で疲労しエネルギーも僅かな状態でヒッポリト星人と戦い最終的に自分の全エネルギーをエースに与えて力尽きたウルトラの父。一応最初はヒッポリト星人を圧倒してたけどもう少し何とかならなかったのかな...

23: 名無し1号さん
ザミーゴに氷漬けにされた大切な人を見せられ本調子を出せず、巨大ドグラニオに初黒星をつけられたルパンカイザー
まあそれがなくても勝てなかっただろうけど

24: 名無し1号さん
威吹鬼、轟鬼が恋愛関係で悩んで鬼稼業に集中出来ず、響鬼さんに怒られるって展開あったなぁ…

25: 名無し1号さん
レイダーと戦ったことで死の恐怖を擦り込まれてしまったシャリバン
一時は戦闘不能にまで追い込まれた

26: 名無し1号さん
ツルちゃんのことを知って、話し合おうとしてたカツ兄。イサ兄はもう振り切れてたけど、カツ兄優しいからなぁ

27: 名無し1号さん
2話完結の弊害もあってかわりと魔力関係で縛られるウィザード、結構不発なビーストのダイスサーベル。
1話だけなら無理矢理不運にされて散々な目にあう晴人さんなんて事もあったな

28: 名無し1号さん
真司や蓮はずっと心の中で迷い続けていたから
劇中のどの戦いも本調子とはいえないのかもしれない

病を押して戦っていた北岡先生もかな

29: 名無し1号さん
今配信中のジュウレンジャー18話のゲキがまさにそれ

30: 名無し1号さん
ゼルガノイド戦のダイナ
本来なら変身できないはずなのに絞り出しての変身で、最初からふらふらで……

31: 名無し1号さん
デスレムにGUYSのメンバーを人質に取られ、戦意を失ったメビウス

33: 名無し1号さん
>>31
ヤプールの後だから余計にGUYSを見捨てろって市民にショック受けただろうしな

32: 名無し1号さん
郷秀樹が変身直前にゴキネズラにより腕を負傷した事によりウルトラブレスレットを投げられない新マン

34: 名無し1号さん
失明状態だったSEASON2の仁さん/アマゾンアルファもずっと本調子じゃなかったみたいなものかな
それを『先に殴らせて相手を捕まえ、絶命するまで離さない』というとんでもない戦法でカバーしていたが

35: 名無し1号さん
変身前にハヤタが怪我を負ってしまったため、ヒドラに防戦一方な戦いを強いられた初代ウルトラマン

37: 名無し1号さん
バケガニとの戦いで重症を負って入院した斬鬼さんの抜けた穴を埋める為に連日出動しまくって遂に疲労が限界に達してヤマアラシとの戦いで今度は自分が重症を負い入院した裁鬼さん。その後もしばらくして退院するも病み上がりだったのが影響したのか今度はカッパにやられてしまうし(うろ覚えだけど確かこの時は若干風邪気味だったハズ)。猛士の鬼ではベテランで凄く強いはずなのに劇中ではいつも体調が不調でやられてる事が多いな。見るたびに「もうあまり無理せず同期の斬鬼さんみたいに後は元弟子だった蛮鬼さんに任せて引退すればいいのに...」と思う

38: 名無し1号さん
戦隊モノはガールズ回のためにわざわざ男勢が体調崩したり恋に落ちたり体固まったりすることが多い

39: 名無し1号さん
>>38
それをウルトラでやったのがメビウスのグローザム回だな
その回のゲストがセブンだってのもまた感慨深い

40: 名無し1号さん
ティガは、シーラ戦で人間の時の怪我が反映されて大変だったな

76: 名無し1号さん
>>40
逆に宿那鬼との戦いでは首に不意打ちされるまでは割と好調だった。一応「左手利かないのにー!」と言った後で変身し、わざわざ手首の調子を確認するくらいの怪我をしていたらしいけど

41: 名無し1号さん
エグゼイド12話で貴利矢さんが黎斗神から騙し取ったデンジャラスゾンビガシャットを使ってそのダメージで一気にライフを削られ、そのダメージを負ったまま黎斗神が変身したゾンビゲンムと戦わざるおえなくなったけど、もしあそこで貴利矢さんが油断せずガシャットを使わなかったら死なずに済んだのかな?あの時点では貴利矢さんはレベル3、黎斗神はレベル2までしかなれなかったから若干貴利矢さんの方が有利だし

42: 名無し1号さん
テレビやVシネの太我クロノスも本調子ではない部類に入るのだろうか?どっちも最終的には檀正宗クロノスやラヴリカに敗れてるし

43: 名無し1号さん
アニメ版グリッドマンもこのお題に入りますかね?1bd2d5cf-s



79: 名無し1号さん
>>43
尺の都合とフルパワーセットの販促の都合もあるかもしれんけど、出てくる怪獣たちが自分の戦力を対策したうえで襲ってくるから新世紀中学生の誰かが助っ人に毎話入るようになっていたあたり一人だけでは厳しいコンディションに追い込まれては善そうでもある

44: 名無し1号さん
死ね死ね団に薬を飲まされキ○ガイになってしまうレインボーマンのヤマトタケシ、怪獣シンナーマンの脳みそに入れ替えられキ○ガイになってしまうサンダーマスクの命こういち
そりゃまともには戦えんわな、今これらのエピソードやばすぎて放送できんだろうな。

64: 名無し1号さん
>>44
BPO案件

45: 名無し1号さん
自分が悪魔の科学者葛木巧と知った時の戦兎
青羽をハザードで倒してしまったときの戦兎
自分が戦争の原因を作ってしまった時の戦兎
自分がエボルトに作られた偽りのヒーローとわかった時の戦兎

戦兎いつもこんな感じだな!

46: 名無し1号さん
呪いをかけられたり、鎧と剣とザルバを奪われたり、1期以降の鋼牙はハンデつけられまくりだな。
1期で完成してるから弱くしないと物語にならないんだよね。

47: 名無し1号さん
ナックル星人&ブラックキングとの初戦の時の帰マンさん
安易に怒り悲しみの力でパワーアップするのではなく
本来の自分を見失い完全敗北するやるせなさと衝撃よ

48: 名無し1号さん
過去の戦いでイマジンが憑依できなくなりかけていたがためにマトモに戦えず苦戦する電王アックスフォーム。
キンタロスがボコボコにされるのは珍しいので凄く印象に残ってる。

49: 名無し1号さん
アイアンマン1作目はクライマックスにフル状態で戦えなかったのがモヤモヤしたなあ。
龍騎がブランク態のまま決着付くみたいな感じ。

57: 名無し1号さん
>>49
すごく分かる。アイアンマンの1は名作として名高いけど、そこだけちょっとスッキリしない感じで苦手?なんよな。

50: 名無し1号さん
ブラックとシャドームーンかな、信彦だと思うとやっぱり止めを刺せない光太郎とわずかながら信彦の意志が残ってるシャドームーン、ラストバトルもドラマはあるけどなんかすっきりしない展開だった、RXでは迷いを捨てた光太郎との真剣勝負を楽しみにしてたんだけどあっさり終わったので残念だったなぁ

51: 名無し1号さん
アマゾンズseason2の仁さん
両目失明しててあの強さよ

52: 名無し1号さん
特定の1シーンじゃないが、ウルトラマンは変身した時点からカラータイマー赤だと特段にヤバイって感じが一目で分かるよな

53: 名無し1号さん
強すぎる味方キャラはどうしても万全な状態で戦えることが少ないよね。
まあ常に万全だとコイツ一人でいいじゃんってなるし、不調な所をどうしていくかっていう面白さはある。

54: 名無し1号さん
どっちにせよ勝てなかっただろうけど草加のラストバトルは本来の力は出せてなかったと思う

80: 名無し1号さん
>>54
オルフェノクの記号が摩耗していたせいでそれまで愛用していたカイザギアが牙を剥いてきた状態だったからな

90: 名無し1号さん
>>54
相手方の北崎も目に見えてやる気無かったしね
如何に当時の草加が弱まってるかが分かる

55: 名無し1号さん
完全復活したらやべーぞ、というフラグを無視して結局、完全復活は無いデズモゾーリャさん
1回くらいは作戦成功してあげて

56: 名無し1号さん
シビルウォーのウォーマシンが一番好きなんだけど、戦友相手の殺さずの戦いでほぼ格闘のみだったのはモヤモヤした(フルオープンアタックは燃えたけど

59: 名無し1号さん
圭一郎の性格に兄貴が重なるように感じてからの魅利も動揺とイライラで普段らしくなくなってる場合が多かったな

83: 名無し1号さん
>>59
一方の朝加圭一郎もトゲーノの毒を食らって戦線離脱したことがあるな
でも…あれ…?気迫で戦ってる……?本調子…?20180513160809



61: 名無し1号さん
「怪獣使いと少年」のときの帰マンは、戦いを放棄したくなるほど精神的なショックを受けたはずなのに、雄々しく立ち上がって、ムルチとの戦いに臨む姿に涙を禁じ得ない

62: 名無し1号さん
闇を照らす者の牙狼はある意味最終盤まで本調子ではなかったな

65: 名無し1号さん
黒幕がオムニ社の幹部だったので規制コードがかかり逮捕できず身体も動きにくくなったロボコップ。
その規制を「ある言葉」で解除した社長の起点というラストの逆転はスッキリする。

66: 名無し1号さん
一次的に失明したときの氷川さんが印象深い

71: 名無し1号さん
マシンガンでハチの巣にされ、崖から落ちたのに普通に戦ってる早川さんてどうなんだろな。
無傷だと更にチートなんだろうか?

72: 名無し1号さん
キツツキがなぜか飛んでこないか心配すぎて調子の出ないルパンブルー

73: 名無し1号さん
自分が本調子じゃないからとドガバキフォームに変身させるキバット
通常キバよりよっぽど強い代わりに設定上リスクもデカい模様

74: 名無し1号さん
スーツが強いからスーツ使えなくなったアイアンマン3

82: 名無し1号さん
フィリップ翔太郎のバランスが悪くなると上手く戦えなくなるから、ダブルは不調になる事が多かったな
ただ、どちらからが弱ったり暴走したりしても、もう一人がそれを支えて乗り越えていくから、二人で一人の仮面ライダーなんだよな

84: 名無し1号さん
小説版クウガでも、クウガ・プロトタイプの変身者の覚悟が未熟故にグローイングにしかなれなかったのと初戦だったのもあって敵グロンギのゲラグに苦戦させられたが、あちらもいきなりのことで色々、慌ててたせいで自分で壊した天井のコンクリート片を食らって大ダメージを食らうという大ポカをやらかしたお陰で勝てたな...。

85: 名無し1号さん
見た目は超進化体だけど、
人間に迷惑をかけない範囲の強さしか出せなく成ってるハート
からの三人の力を一つに

86: 名無し1号さん
シンケンジャー20話
ことはが魂を抜かれて残りのメンバーだけで戦ってるので
「本調子」ではないはずだがそれで外道衆を倒せた

87: 名無し1号さん
敵の罠で運勢最悪にされたボウケンレッドのチーフ。

88: 名無し1号さん
ウルトラスーパーファイト第5話でエースが妄想ウルトラセブンに手も足も出ずボコボコにされてたが、カラータイマーは青のままだったんだ。おそらくアストロモンスとの悲恋を引きずってたんだな。

89: 名無し1号さん
デーボアックムーンの見せる悪夢により睡眠不足でボロボロの精神状態にされたキョウリュウジャー

92: 名無し1号さん
本調子とはまた違うかもしれないけど、
鎧武後半の鎧武極・レモンバロンvs斬月真
かな?
鎧武は動揺と躊躇いで、バロンは連携すべき鎧武の足手纏いで、
それぞれ全力で戦え無かった。

とは言え、その時点の極アームズは上位者のデュークや主任、オーバーロード勢を遥かに上回り隔絶した戦力を有し、レモンバロンもオーバーロード相当の実力があったから、上記の枷があったにしろその2人を同時に相手取ると言う数の不利も考えれば、互角はおろか圧倒した覚醒ミッチはわりとヤバい。

93: 名無し1号さん
アギトは主要ライダー3人ともそういう状況に陥ったことあるな
翔一くんは水のエル登場した辺りでトラウマからかメンタルがやられたし、葦原さんは序盤は常に老化現象にやられてたし、氷川さんは終盤謎の目の異常だったし

94: 名無し1号さん
スーパーマンはしょっちゅう本調子が出せない状況に陥りがち

95: 名無し1号さん
クレインオルフェノクに助けられた事により、オルフェノクとの戦いに疑問を持つようになり結果戦えなくなった乾巧

97: 名無し1号さん
アローでマルコムに負けた後
弓矢の腕すら落ちる始末だったよな

決定的な解決方法と言うより、守るもののために強くなるというテーマが表に出てき始めるエピソードでお気に入りだ

100: 名無し1号さん
一体化する人間を間違えて中途半端な大きさにしかなれなかったゼロさん…
タロウの息子の方のタイガとはどうなるでしょうね…

101: 名無し1号さん
メトロン星人Jr.とドラゴリーを一時的に閉じ込めるためにエースバリアを使用して南夕子に肉体的な負担がかかり、そのせいで南夕子が意識朦朧なのに無理して変身したのでいつもの半分しか力が出ないウルトラマンA

103: 名無し1号さん
インフィニティ・ウォーのヴィジョン
特攻の槍で刺されてその後ずっと不調
ストーン由来の力を持ったスカーレット・ウィッチやキャプテン・マーベルがサノスを圧倒できてたから万全の状態ならストーンそのものを持つヴィジョンはかなり良い戦い出来てたんじゃ

105: 名無し1号さん
ヒーローと言っても当時は敵なんだけど
レベル0が持つバグスター抑制の影響を受けた仮面ライダーパラドクス
2人のマイティ回はあのレベルドレインの演出も光ってた






オススメブログ新着記事