51hlA2UOe2L

0: 名無し1号さん
「リュウソウジャー」でも6人目の戦士の情報が公開され追加戦士登場シーズンが近いので、
歴代の戦隊追加戦士が仲間になっていく過程を振り返ってみよう。
先輩恐竜戦隊ではブライは初登場の17話からジュウレンジャーとの戦い、大獣神の敗北などを
経て弟であるゲキとの戦いの末仲間に加わったけど、6話もかけてるので長いほうだよね。







※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  




1: 名無し1号さん
ニンニンジャーのスターさんは5人の祖父である好天じいちゃんに弟子入りする為にじいちゃんが出した「1ヶ月内に孫逹を倒す」という試練を受け入れて5人を倒そうとしたけど、結局期間内に達成出来ず1度はアメリカに帰ったけど、色々あって戻って来て5人もじいちゃんを説得してくれたり、その熱意に負けたじいちゃんが出した新たに「天空のオトモ忍を手懐けよ」という試練を6人に与え、これを6人が6人なりのやり方でクリアした事でスターさんが弟子見習いになり、後のオオカミオトコ戦で過去の因縁を乗り越えた事で正式に弟子になったな


16: 名無し1号さん
>>1
キンちゃん翌週にはサーファーマルごと呼び戻されてたよね
キンちゃん関連色々あったのに展開が急すぎて凄い笑った

2: 名無し1号さん
元々仲間になる予定は全くないところから始まり、悪の限りを尽くして敵の首領にまで上り詰めたが、最後の最後で仲間になった(味方側に寝返ったとも言われたりする)アバレキラー。5人目でありながら6人目ポジションだったりとこれ程突き抜けた追加戦士も他にいなかろう。

それもあってアバレンジャーの戦士人数の少なさは追加メンバーによるヒーロー増員が始まったジュウレンジャー以降の作品の中でも屈指だと思う。

3: 名無し1号さん
親友の弟というだけで支援を受けてマシンとともにいきなりやってきて仲間になった
印象、記憶しかないライブマンのブラックバイソンとグリーンサイ

14: 名無し1号さん
>>3
因みにそれまで黒と緑は色合いバランスが悪いとかでメンバーとして一緒に出す事はなかったけど、初めての試みで黒と緑の戦士を一緒に出した初めての戦隊なんだよねライブマンは

30: 名無し1号さん
>>3
ブラックバイソンを語る際によく挙げられるネタだが
ライブマン序盤で矢野卓二の弟(小学生)が登場した際
もう一人兄(=鉄也)がいることが一切語られなかった、んだよな

そんなに兄弟仲が悪かったのか(違う

5: 名無し1号さん
ゴーオンウイングスはもうちょっと第三勢力期間あるかもと思ったけど割と早い段階でゴーオンジャー達に毒されてギャグもやるようになってたな
DixJ8SYXcAEfi36


28: 名無し1号さん
>>5
「毒されて」言うなww
いや、この上なく正しい表現だとは思うが

6: 名無し1号さん
ガオシルバーになる前の狼鬼がカッコ良過ぎた
D1oAjAGU0AAjYp0

デザインがドストライクだったし
1人でガオレンジャー5人相手にして勝ちそうなくらい強くて
敵キャラなのにガオハンターという専用ロボ持ってて、それもまた強い
笛吹きながら現れるところがハカイダーっぽいのもクール

あと、ガオシルバー役の玉山鉄二のイケメンっぷりにビックリした

13: 名無し1号さん
>>6
ガオハンターも、狼鬼が乗ってたバージョンの方がカッコいい。
個人的には、動物メカの口が開いて人型ロボの顔が出て来るのは大好きなんだけど、
角の生えた狼フェイスには敵わなかったよ・・・。

7: 名無し1号さん
シュリケンジャーって最後まで別行動だった気がするけどあの人何者だったの

8: 名無し1号さん
黒騎士ブルブラックが一番印象的かな。死んだヒュウガ兄さんかと思わせといて、間違いではないけど完全に正解ではないとした上で、バルバンへの復讐という要素を昇華して星を守る戦士に戻っていく過程がしっかり描かれた追加戦士。
だからこそヒュウガが黒騎士に転生するのは単なる六人目という形式上のものじゃなく「継承」というドラマがあるんだよな。まあこれはヒュウガからギンガレッドを継承したリョウマもそうだけど。
歴代でもここまで復讐という要素と徹底して向き合い、それに打ち勝った追加戦士も居ないと思う。

9: 名無し1号さん
仮面ライダーは主役側から「仲間になってくれ」って頼まれるけど最初は断る展開が多いけど、最近の戦隊は「お前には無理だ」って戦隊側から断られるケースが多い印象。シンケンゴールドとかゴーカイシルバーとか。コグマスカイブルーもかな。

31: 名無し1号さん
>>9
初期メン側が先輩ポジのパターンが出てきたからね。

39: 名無し1号さん
>>9そのパターンの元祖はやはりバイオマンのマグネ戦士こと正太になるのかな。2代目イエローフォーことジュンに惚れてバイオマンの6人目を名乗り、仲間になろうとし、動物の気持ちが分かる特徴能力や常人離れした身体能力を披露してと一時は本当に6人目になるのか!?と思われてたけどバイオ粒子がなくて結局仲間になれなかったな。鎧逹は「夢を叶える事が出来た正太」とも言えるかも

54: 名無し1号さん
>>39
6人目にはなれなかったけど、演じた黒崎さんはこれが縁で、ファラさまと結婚したとか(残念ながら、奥様に先立たれたらしいけど)

10: 名無し1号さん
登場回で即仲間入りしてるのに
信用されるまでにかなり時間を要した高尾ノエル。
ルパパトの対立姿勢が絶対である以上、どう立ち回っても蝙蝠野郎扱いされるのは仕方ないのだが。

70: 名無し1号さん
>>10ノエル好きだからルパンレンジャーの初期3人がよくVSチェンジャーを重ねる場面にそこにノエルのXチェンジャーが加わったのは嬉しかったし感動した

11: 名無し1号さん
出生が出生なだけに当初は仲間である亮達にも正体を隠していたキバレンジャーのコウ。正式に仲間入りするまで名乗りは白虎真剣が担当し、変身も別場所で済ませてから助太刀していたのが印象的だった

12: 名無し1号さん
ジュウオウジャーのみっちゃん
なんか最初は「すげーツエーイ」ってやばいイメージだったのに上裸で仲間になってからよく体育座りするから「なんだこいつw」ってなった思い出

15: 名無し1号さん
ウッチーは最初は月麿みたいにドゴルドに乗っ取られて悪事を重ねてた事を気にしてたりダイゴがかつての自分の主に似てた事から5人と距離を置いてたけどダイゴの言葉でだんだん5人と打ち解けていったな

17: 名無し1号さん
シグナルマンは、仲間というかなんというかみたいな時期が長くて、ようやく信頼し合ったくらいのタイミングでエグゾスに騙されてしまったな

18: 名無し1号さん
こういう追加戦士って初期メンバーとは初対面で唐突に登場するパターンが多いよな。初期メンバーにいたが1人だけ変身できず、中盤になって変身…

てパターンはないのだろうか?

20: 名無し1号さん
>>18
アバレブラックやコグマスカイブルー、リュウコマンダーあたりかな。
imagesOHG064WX

21: 名無し1号さん
>>18
キョウリュウシルバーとかアカニンジャー(旋風)とかトッキュウ7号とか。
PV等で変身するのが分かってたけど、ワシピンクも。

19: 名無し1号さん
変身前が最初に登場してレッドがスカウトに行ったボウケンシルバーは新しかった

27: 名無し1号さん
>>19
そっか、変身デバイスが先にあって、素質があるからお前仲間になれってのは
後にも先にもボウケンくらいしかないな

38: 名無し1号さん
>>27トッキュウもこのパターンじゃない?

22: 名無し1号さん
そういう枠には収まってない気がするけど、ビッグワンも追加戦士だよね。

25: 名無し1号さん
>>22
しかもサイボーグ部隊のなかで一人だけ生身

55: 名無し1号さん
>>25
4つの力を併せ持つサイボークですがな。

32: 名無し1号さん
>>22
番外戦士っぽいけど追加戦士扱いのゴセイナイト。

23: 名無し1号さん
ブライが仲間になるまでって、逆に言うと6話しかかかってなかったのかっていうイメージ。
当時、小学生だったためかものすごく長く感じた。

48: 名無し1号さん
>>23
平成ライダーならともかく
戦隊の場合は6話かかるって長い方やぞ

24: 名無し1号さん
鎧くんはすんなり仲間になったよな
ゴーカイ唯一の地球人

26: 名無し1号さん
メガシルバーは大人で出来る人だったので受け入れられるのは速かったし
すごく信頼されてたけど
一緒に動くことが殆どなかったな

29: 名無し1号さん
>>26
まだその当時の追加戦士の扱いが今と違ってたからね
6人目の戦士っていうより、飽くまで5人+1人っていう感じだったよ
全く登場しない回もあったし

33: 名無し1号さん
シャドー怪人として雨降らせてきた俺はなんて悪いやつなんだと思い込み
登場したときには囚人労働のようにレインボーラインで保線作業に従事していたザラム
ライトたちと出会って虹野明という名前をもらい死に場所を求めてトッキュウ6号に

34: 名無し1号さん
ギンガマンのブルブラックなんか仲間になる時には中の人が違う人になってるって、
こいつ程仲間になるまで(なってからも)立ち位置が紆余曲折あるキャラも居ないよな。
戦隊通しても中々珍しいキャラだわ

36: 名無し1号さん
マジレンジャーのヒカル先生はすぐに馴染んでた印象がある
DJXIN82VoAMHrG8


37: 名無し1号さん
タイムファイヤーの直人はタイムレッドの竜也の事を敵視してるから最後まで初期メンバー逹とは距離を置いてたけどロンダーズと戦い、平和を守る(+出世する)為なら確執とか気にせず協力したり、竜也と連携して戦う事が多かったな(特に35話のユーゲント戦や巨大戦等)。逆に初期メンバーだと32話のラデスの一件を機にタイムグリーンのシオンは直人を信頼して、仲間だと思ってる様に見える(実際後にファイヤー用のエンブレムを作って直人にあげてたし)。竜也も直人が自分の事を嫌ってるのは分かってはいるけどそれでも直人の事を親友だと思ってたな

45: 名無し1号さん
>>37
ライバルという名の友情ってやつだな

40: 名無し1号さん
レッドマスク・タケルとの出会いで恋人を救えなかった過去のトラウマからようやく抜け出してマスクマンの仲間になるもその直後の戦闘で変身能力を失ってしまったX1マスク・リョオ。X1マスクはカッコ良いのに出番があれだけだったのはもったいなかったな

42: 名無し1号さん
青二才ことニンジャマンは三神将という共通の人物(?)がいたからか割とすぐカクレンジャーに馴染んでたな。登場が終盤だったからかあの頃の追加戦士にしては珍しく出番が多かったな。初登場回の最後で大魔王が「ニンジャマンは近い内に自分の部下になってカクレンジャーを倒す」と意味深な事を言ってたからすごく不安だったけど特に何もなくて良かった。結局あの言葉って「ダラダラがニンジャマンの力を奪い、その力でカクレンジャーと三神将を倒す」という意味だったのだろうか?

44: 名無し1号さん
キバレンジャーの場合、当初から仲間だったけど、
演者が小学生ゆえに学業との両立の為、
出生の秘密から、仲間たちにも正体を隠す理由付けは上手いと思った

46: 名無し1号さん
ゴウライジャーの場合、父親の呪縛から解放されたことで仲間になったな

47: 名無し1号さん
近年の追加戦士のゴールド率の高さよ


49: 名無し1号さん
追加戦士じゃないけどニンニンジャーの九衛門は本編では敵だったけど最後の最期で改心して後日談のVシネでルナという新人アイドルに憑依してミドニンジャーに変化して6人と一緒に同時変化(チェンジ)、個人名乗りと全員名乗りをやったり、ニンニンジャーと共闘してたのは感動した。特にスターさんとの好天じいちゃんの弟子同士のコンビは熱くて燃えたな。「もし本編で道を踏み外してなければこんな展開もあったのかな」とか「親父の変化したアカニンジャーとのコンビも見れたのかな」と色々思った

53: 名無し1号さん
初期メンバー扱いされる事が多いけどゴーオングリーンとブラックは初登場話や変身アイテム、細部のデザインや劇中の扱い的にどうしても個人的に追加戦士と感じてしまう

58: 名無し1号さん
ゴーバスターズの陣マサトは黒木司令官と同期で、亜空間からの通信で呼び出された黒木司令官が会いに行き、初期メンバー3人の戦いにバディロイドのビート・J・スタッグと参戦して、後輩のブルーバスターであるリュウジと再会。その後、レッドバスターであるヒロムとひと悶着あったものの、すんなり仲間になったが、相変わらず自由行動が多すぎる印象。

62: 名無し1号さん
ブライ兄さんは本当にリアルタイムで見てたら本当に仲間になるまで長いなと子供ごころに感じた。
ドラゴンレンジャーは6人目の戦士という概念とレッドの単独強化フォームという現在の戦隊のフォーマットの生みの親。
そしてアメリカでも大人気。

66: 名無し1号さん
テツは最初はエリート意識丸出しで地球暑の面々を見下してたけど戦い方を見て考えを改めバンを先輩と呼んで慕う様になったな

67: 名無し1号さん
ゲキバイオレットことゴウはジャンが何だか難しい顔してるので「自分は仲間として認められていないのか」って悩んでたことがあったね。
参入する側に屈託があるのはちょっと珍しいかも。


当のジャンは単に名乗り時の並び順を考えてただけだったけど。

68: 名無し1号さん
キングレンジャーのリキはバラノイアという共通の敵がいるからオーレンジャーと共闘する事が多かったけど、ドリンの専属騎士でもあるから基本はドリン優先で戦闘に出て来ない時もあったな(もしかしたら画面外の別の場所でバラノイアと戦ってたのかもしれないけど)

72: 名無し1号さん
>>68
六億年前からの因縁の相手である
バッカスフンドとの決戦に参加できなかったけどね…

ドラゴンレンジャーやキバレンジャーみたいに
理由付けで出ない期間を作れれば良かったのに

69: 名無し1号さん
ゴセイナイトは当初は自分に力を与えてくれた地球だけを護り人間は地球を汚すから護る価値などないから怪人に襲われていようとどうでも良いみたいな考えだったからゴセイジャーと対立する事も多かったな。でもゴセイジャーと共闘したり、望との交流を得て徐々に地球だけでなく人間も護る為に戦ってくれるようになったな







オススメブログ新着記事