20180317211118

0: 名無し1号さん
「ウルトラゾーン」第19話にて子供のラゴンくんが
野球の試合でランニングホームランを打ったシーンが好きです。







※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  




1: 名無し1号さん
最近はキモカワキャラになってるけど、ウルトラQに登場した彼女はマジで怖かった。


3: 名無し1号さん
>>1
おちちがあるっぽいから、やっぱり、母親ですかね
卵に執着してるし

4: 名無し1号さん
ウルトラ怪獣散歩のラゴンは♀

5: 名無し1号さん
巨大ラゴンが落とした原爆キャッチした途端、上からのし掛かられた挙げ句、全身をこすり付けられて、ウルトラマンはさぞ気持ち悪かったろうな。

19: 名無し1号さん
>>5
あの時は腕をピンポイントで狙ってきたからさぞうっとうしいかろう。

6: 名無し1号さん
オーブに登場した親子ラゴンには癒されたなぁ。物語終盤にグビラと一緒に避難してたのもなんかホッコリした。

8: 名無し1号さん
>>6
魚屋のおっちゃんマジ良い人
3f17a463


14: 名無し1号さん
>>6シンさんも一生懸命子供の世話してたのが良かった。

12: 名無し1号さん
>>8魚屋とのおっちゃんとの出会いが気になる。どうやってあの怪物(言い方悪いけど)と心を通じ合わせたのか

7: 名無し1号さん
ウルトラマンに出演したときは生態が知られていたようだけど
ウルトラQと地続きだったのだろうかねぇ?

36: 名無し1号さん
>>7
ウルトラマンとウルトラQは同一世界です。

45: 名無し1号さん
>>36
すると、由利ちゃんとアキコ隊員は親戚なのかな

47: 名無し1号さん
>>45
公式ではありませんが、由利ちゃんとフジ隊員は親戚、と言うのを聞いた事があります。

9: 名無し1号さん
それ以前にはケムール人、後に初代ウルトラマンを演じる古谷敏さんが演じた怪獣なのよね。あの日本人離れしたスリムな体格と長い手足が見事にマッチしていた

10: 名無し1号さん
ギンガのラゴンが登場した話は切なかったなぁ...。千草の気持ちも何となく分かるというか...
vlcsnap-2013-08-02-14h49m31s23


11: 名無し1号さん
Qを見始めた時ちょうどラブクラフト全集を読んでいたからその映像化見てるみたいでテンション上がった思い出

13: 名無し1号さん
ウルトラゾーンで古谷さんと一緒にダンスしてるラゴンちゃんかわいかったよ

15: 名無し1号さん
いかりや長介枠の怪獣

22: 名無し1号さん
>>15
浜ちゃん枠も追加で。

確かギンガに出た際は女の子が変身したんだっけ?本物の怪獣になった訳じゃないが、あんな化け物になったらショックだろうな。

16: 名無し1号さん
オーブのグビラとラゴンはどうやって仲良くなったんだろうか

28: 名無し1号さん
>>16
同じ海に棲む者同士だから、魚ごと呑み込んだ事件の後和解したんだろうね。で、マガタノオロチ出現の異変ではラゴン親子じゃ体格の都合上移動速度と距離に限界が来るのが早そうだからグビラが背中に乗るように促したのかも

17: 名無し1号さん
ウルトラマンゾフィー(本編を再編集した映画)で初めて見た。
あのストーリーではウルトラマンが最初に地球で戦った敵のように描かれてるけど、それほど違和感がなかった。

18: 名無し1号さん
ウルトラゾーン以外だと父親のラゴンって出てきてないよね。母親と子供の方が話が作りやすいのかな

21: 名無し1号さん
ラゴンに限った話じゃないけど、クトゥルフにほぼ同じダゴンってのが元ネタにいるのをだいぶ後で知った
呼んでみたけど実際怖かったわ
初登場時はまさしくその恐ろしいダゴンっぽさのあったラゴンだけど、今はマスコット的要素が強くなってて、元ネタのクトゥルフもそうだけどつくづくこういう怪物を可愛くするの好きだよな
わいは好き

23: 名無し1号さん
ウルトラ怪獣散歩のラゴンちゃん寝起きドッキリ!

35: 名無し1号さん
>>23
こうこうと目を光らせて寝るラゴンには笑うw

24: 名無し1号さん
オーブだと可愛らしいく描かれてたが子供の頃Qとマンで完全に怖いイメージが付いてたわ
あの回でQとマンの世界観の繋がりが明らかになったのもポイント

26: 名無し1号さん
>>24
Qのラゴンは音楽に反応を示し、演奏が終わって人間のアナウンスが入ると怒りが再燃。初代と戦った巨大個体は突然変異の影響で音楽を聴くと凶暴性が増すという正反対の性質になっていたな

27: 名無し1号さん
平成生まれなのでQと初代はまだ見視聴なんだけれど、純粋な悪役の怪獣ってイメージはないな。

29: 名無し1号さん
>>27
Qの時はあくまで卵を捜しに来た親だからね。酔っ払いを絞めてしまったが
初代と戦った個体も原爆の影響で巨大化・凶暴化している所謂ゴジラ枠。初代も原爆の処理を何とかしないといけないから仕方なくスペシウム光線を撃った感が強いんだよね

32: 名無し1号さん
初代に現れた戦った個体は原爆が引っかかってたんだっけ?
マン兄さんも戦々恐々だっただろうな。

33: 名無し1号さん
>>32
バルタン星人に核攻撃しているという事実

34: 名無し1号さん
>>33
そういや市街地の真ん中でぶっ放してたな・・・

56: 名無し1号さん
>>34
ザラブ星人は、東京に放射能の霧を降らせていたような

37: 名無し1号さん
のどかな漁村の浜辺という日常風景に突然あんなのが上がってくる違和感もウルトラQの醍醐味。
無題

卵から生まれた子供が人形サイズなだけで親と全く同じ姿なんだけど、それを大事そうに受け取るシーンが何故か強烈に印象に残ってる。

38: 名無し1号さん
>>37
あの回にはまだ駆け出しの黒沢年男さんが漁師の役で出演していたっけ

41: 名無し1号さん
>>38
ウルトラマンでは、ラゴンに襲われた海保の巡視船の監視員が大塚周夫さんだったね。

40: 名無し1号さん
Qで夜間に村人を襲うシーンがめっちゃ怖かった。確か村人も酔っ払ってたと思うけどだからってラゴンに近付くなよぉ...と思いながら見てたな

42: 名無し1号さん
Qとマンの初期2作品で、そのままの名前と姿と設定で登場した貴重な怪獣
「ウルトラ怪獣入門」などの昔の怪獣図鑑だと、両作の設定がごっちゃで紹介されてるのもおもしろい
リアルタイムで観てた人だと、やっぱり同一個体が再登場という認識だったりするのでしょうか?

43: 名無し1号さん
スパークドールズ劇場でのやたらかわいい声で笑った

44: 名無し1号さん
窓の外からヌッと巨大なラゴンが出て来るんじゃないかとビクビクしてた時期があります。

61: 名無し1号さん
>>44
リメイク版のキングコングに似たシーンがあった気がしたな

48: 名無し1号さん
ここから「日本沈没」が誕生したらしいと言う噂がある。

53: 名無し1号さん
>>48
:原案が大伴昌司なので、小松左京から「日本沈没」の構想を聞いていた可能性が高いと思います
「SF魂」では、そのことには触れていなかったような

57: 名無し1号さん
>>53
ラゴンの回の監督が、小松左京さんを訴えたと言う「噂」を聞いた事があります。
あくまでも噂ですので…。

58: 名無し1号さん
>>57
『ウルトラQ』第20話「海底原人ラゴン」は、原案・大伴昌司、脚本・山浦弘靖・野長瀬三摩地で、監督・野長瀬三摩地ですが、大伴さんはSF作家クラブの会員で、小松左京とも親しかった

クラブ内ではアイディアの共有が許されていたらしく、星新一の「午後の恐竜」と平井和正の「東京が大変だよ」は、メインのアイディアが似ている
なので、「日本列島が沈没する」というアイディアを、大伴さんが小松さんから聞いていて、それを原案に使ったのではないでしょうか
小松さんの「SF魂」では、「日本沈没」のアイディアを盗用されたとか、逆に訴えられたという話は出てきません

私は昔、野長瀬三摩地監督の「ウルトラQ」上映会と講演に行って、慰労会にも参加させていただき、直に監督と少しだけお話もさせていただきましたが、アイディア盗用の話は出ませんでした

大伴さん、小松さん、野長瀬さん、三人とも故人になられたので、断定はできませんが、少なくとも盗用問題は無かったと思います
根拠のない噂が広がると困るので、長文で失礼しました

59: 名無し1号さん
>>58
関係ない話題ですが、昔のSF作家さんたちの集いの話はおもしろい
本当に仲が良かったんだなあと思う

みんなで麻雀をやることになると、麻雀ができない大伴昌司が恨めしそうにひがむ話とかw
「俺らの中で誰が一番最初に死ぬと思う?」という話題で、大伴昌司が「そりゃ小松さんでしょwそんなに太っていて不健康だから早死にしますよ」と言っていたら、まさかその言った本人が最初に早死にするとは誰も思わなかったとか

60: 名無し1号さん
>>59
「ウルトラQ」第28話(番外篇)「あけてくれ!」に、「友野健二(ともの・けんじ)」というSF作家(天本英世)が登場しますが、これは「大伴昌司(おおとも・しょうじ)」のもじりだと思います
写真で見る限り小太りの大伴さんを、痩身の天本さんが演じているのが、いかにも円谷一監督らしいシャレですね
大伴さんには、もっと長生きして、日本の漫画やアニメが海外に広まる光景を見てほしかった

ちなみに「SF魂」を読み返してみたら、小松さんは「日本沈没」を1964年(昭和39年)から書き出しているので、膨大な資料を必要とする作品ですから、構想や資料集めはその何年も前からあったと思います




51: 名無し1号さん
高山良策さんが怪獣を製作すると、顔が自身に似てしまうと言う説を聞いた。

52: 名無し1号さん
ザラブがラゴンの改造で驚いたわ
よく見ると面影あるが説明無しで気づいた人はいるのだろうか?

54: 名無し1号さん
巨大ラゴンは身長が意外と小さいんだよな
帰マンに登場した小型怪獣の部類に入るゴーストロンでもウルトラマンと同じ40メートルあるのに巨大ラゴンは更に小さく30メートルしかない。












オススメブログ新着記事