kamenrider_blade0006

0: 名無し1号さん
強敵との戦いで大活躍したり、銃ライダーでも格闘戦が多かったりと
特徴的な部分が多い橘さんの戦闘について色々語ろう







※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  




1: 名無し1号さん
やっぱり47話のギラファ戦は熱い。仮面が割れ、出血し、ボロボロになってもそれでも最後に残った信じられる仲間達の為に戦う姿がカッコ良かった
maxresdefault



60: 名無し1号さん
>>1
どうやって助かった、助けられたのかは謎のまま

どうやってケルベロスのエース3枚、オープンアーップのバックル作ったのかは謎のまま
レンゲルのとは開ける方向が逆(レンゲルは右にスライド、新生代は左にスライド)なのは
ダディのこだわりなのか

2: 名無し1号さん
劇場版のゼロ距離Jバーニングショットすこすこ。ジャックフォームが弱フォームじゃない

31: 名無し1号さん
>>2
ギャレンラウザーのエッジを敵に突き刺し、そのまま上昇飛行しながら炎の弾丸を撃ち込むというあのフィニッシュはマジかっこよすぎる

61: 名無し1号さん
>>31
上昇して撃った反動で離れながら撃つのとは確実性が違う

92: 名無し1号さん
>>2
キング戦も弱い訳じゃなく
三次元戦闘で、バリアの範囲を把握したからこその
ノーマルでのこの距離で、で玉砕戦法がとれたんだよね
橘さんはスペックに頼らず頭脳戦するイメージ
だからこそ洗脳時期で精神不安定な時は弱かった

3: 名無し1号さん
小夜子さんを殺された事でようやく恐怖心を克服して桜並木や砂浜で伊坂と戦うシーンが良かった。特に砂浜での決着で橘さんに惚れた

5: 名無し1号さん
>>3
ネタにされがちだけど、バーニングザヨゴはカッコイイよね
DCIukRcU0AABuGp

ただ皮肉なのが、恋人を失った事によって
恐怖心を克服出来たっていうのが悲しいよねぇ......。

62: 名無し1号さん
>>5
変身一発飲んで小夜子さんにラピッド・バレット・ファイヤーしてれば
克服出来たかもしれないのに…

70: 名無し1号さん
>>3
井坂戦の何がいいって、敵が浮遊させた羽根型手裏剣を跳んで距離を取りつつ正確に全部撃ち落としているんだよ。あのシーンで好きな銃撃ライダーになった

94: 名無し1号さん
>>70
その前の敗戦でやられた戦法をちゃっかり予期して対策する橘さん
相手の意表つかせるために武器パクって使うあたり
元研究員のインテリタイプとしてカッコいいよな

4: 名無し1号さん
ギラファ戦が多く挙げられそうだけどその前のムッキーをいなすギャレンもヤバい。その分ムッキーは割りを食うけどね

6: 名無し1号さん
ここぞという時の一瞬のチャンスしか掴み取れない人

8: 名無し1号さん
銃の命中率にバラツキがありすぎる

64: 名無し1号さん
>>8
命中しないんじゃなくて、銃口の向く先がおかしいだけだよ
暴走気味な序盤でも外すってより効かないかケンジャキ狙ってるってのが殆どな印象
017a23ef53c5439bd8bcaea110c6bd44


9: 名無し1号さん
初登場がピークのジャックフォーム。てか弱フォームだとかネタにされてるけど実際に本編を見てみると弱いとか以前にあんまり使わないから印象が薄いように見える。トライアルF戦やケロベロスII戦の時にブレイドキングフォーム、ギャレンジャックフォーム、ワイルドカリス、レンゲルの揃い踏みをやってほしかった
D00DGeuVYAMfFn_


12: 名無し1号さん
>>9
劇場版でニゴリエース倒したり活躍してたろ! 数十分後に14に一蹴されるけど

10: 名無し1号さん
ドンドコ山でボドボドにされるディアー戦。やられ描写として有名だけど市街戦では優勢だったからやはり地の利の悪さと長期戦による融合係数の低下が敗因だね。雷で手首焼かれるシーンがこれまた痛そうなんだ……

25: 名無し1号さん
>>10
手首焼かれるのも痛そうだし、ゴロンゴロン転がり落ちる斜面も意外と距離長くない!?雪山とはいえ危ないんじゃ(汗)

ブレイドは色んな撮影場所あって面白いなと思いました。

11: 名無し1号さん
つま先蹴りという独特なスタイルのキック技。

19: 名無し1号さん
>>11
カカト落としでいいのになぜか半回転ひねりを加えるのがなんか好き

14: 名無し1号さん
ピーコックの羽ファンネル撃ち落とすのかっこいい
レンゲルの動き封じてからのコンボのもかっこいい

橘さんをおちょくるやつはぶっ飛ばされる法則

16: 名無し1号さん
>>14
ピーコック戦のバックステップ速射
レンゲル戦の牽制速射
ギラファ戦の至近距離速射

融合係数により本来直接威力を上げられないハズの銃撃を強化できるため
火事場発動時の橘さんの速射は強敵相手にもかなりダメージ入る

20: 名無し1号さん
バレットのカードがダンゴ虫なせいで攻撃力UPしてるはずなのに威力がイマイチに見える
というかあれでなぜ威力が上がるのかが分からない

26: 名無し1号さん
>>20
アルマジロではないでしょうか?
・・・ダンゴムシっぽく見えますね。

57: 名無し1号さん
>>20
アルマジロだよ
たぶん弾丸を硬質化してるんだろう

21: 名無し1号さん
ギラファ戦での仮面割れは伝説だよな。零距離連射も痺れたなぁ。ギラファを封印しようとして近付くもカードを払われ海に落としてしまうけど、覚悟を決めてギラファと共に崖から飛び降りたのは衝撃だった。最終回で再登場するまであそこで本当に死んだと思ってたから無事で嬉しかったな。でもよくあんな場面でギラファを封印出来たな。そして烏丸所長はよくあんな場面の橘さんを助けられたな

22: 名無し1号さん
ジャックフォームに関しては宿敵のカードだったから使いたくなかったてのもあるんじゃないかな

23: 名無し1号さん
銃使い(インファイター)
なんでやねん

71: 名無し1号さん
>>23
スーツアクターを担当していた押川さんが「射撃をメインにしているライダーは接近戦の間合いに入られることも想定しながら殺陣を演じている」と言っていたけど、ギャレンはその想定しているパターンがしょっちゅうあったキャラとも言える

41: 名無し1号さん
>>23だからこそジャックフォームでは本人のお望み通り(かは知らないけど)ラウザーに接近戦用の剣が装備されたのに今度は律儀に射撃ばっかりしてたな

46: 名無し1号さん
>>23昔何かの本で読んだけど元々橘さんは格闘戦が得意でギャレンラウザーが銃なのはあくまで牽制用だとか(うろ覚えだからもしかしたら実際は違ってるだろうけど)

27: 名無し1号さん
劇場版のギャレンもなろうと思えばキングフォームになれたよね。14戦でなってほしかったなぁと思う反面ますますレンゲルが不遇に感じそうだけど(アブソーバーがないからキングフォームになれないし)

77: 名無し1号さん
>>27
飛べないからダメじゃないの
いやクワガタも羽あるからブレイドみたいに飛ぼうと思えば飛べるのか

そうすると睦月がさらに悲惨なことになるな

28: 名無し1号さん
本編を見てるとギラファとの戦いは確かに良いけど実は橘さんと金居ってそこまで因縁はないよね。金居はどちらかと言うと睦月や始との方が因縁が深いと思う

29: 名無し1号さん
天野さんが骨折したからこそ生まれた47話の座りながらの零射撃

30: 名無し1号さん
肝心なときにしか役に立たないと言われるが普通に強い

49: 名無し1号さん
>>30
弱いの序盤だけでレンゲル戦以降は中堅くらいの強さで安定してるんだよね。剣崎と始が強くなって敵も上級アンデッドが続々登場するからインフレに置いてかれてるだけで。え? 中、下級のペッカーやトータスに苦戦してる? しらそん

32: 名無し1号さん
わりかしガチ目に知勇兼備の超人だと思う
それこそケンジャキが倒されて始が完全にジョーカーになったとしても
この人が何とかしたと思う
実際、カテゴリーK並みのケルベロスのカードとか作っちゃったわけだし
睦月?誰が犠牲になって橘さんをそこまで覚醒させると思ってんだよ

35: 名無し1号さん
剣崎相手だと強いの草

45: 名無し1号さん
>>35でも剣崎の融合係数が上がって来たからか33話冒頭のジャック対決では負けてたな。しかも落下中に変身が解除されて生身でコンクリートの地面にぶつかったてたし

36: 名無し1号さん
ウルフ編好き。後編ではブレイドと一緒に必殺技を決めたのが印象に残った。「BOARDはもうない。だがな剣崎、仲間ならいる!」って台詞も印象に残ったかな。ファングを破壊する時も悲しそうだったなぁ..

38: 名無し1号さん
劇場版で、同期のデカマスターみたいに司令官みずから変身してカテゴリーAを仕留める橘さんはカッコいいが、そんな間も実は右腕の志村にずっと騙されてて基地の凝ったセキュリティとか全部意味ねー!みたいなところもさすが橘さん。

どっちも好きよ

65: 名無し1号さん
>>38
劇場版のスパイダー戦は、かつて苦戦したスパイダーを完封してる感じがいいと思う
ライダーシステムを完全に使いこなしてるというか
それで劇場版の橘さんは、司令官としてTVシリーズとは違う頼れる上司って雰囲気を出そうとしてるんだろうけど、天野さんの演技力がついていかないのか、絶妙な怪しさと胡散臭さが醸し出されてたと思う
エンドロールの映像でのはしゃぎっぷりを見ると、あれはやっぱりいろいろ無理してたんだろなって感じになる

40: 名無し1号さん
ディケイド版の方も好きだよ

54: 名無し1号さん
>>40
あのギャレンも肉弾戦からの近距離射撃でいい感じにギャレンだったね

42: 名無し1号さん
超バトルDVDでは生身でギャレンラウザーを撃ってたな。本物の剣崎に。最終回では生身でキングラウザーを使って剣崎を助けてたけど

43: 名無し1号さん
終盤に、スーツは仮にも一番高スペックなレンゲルを一番旧型のギャレンが瞬殺するのは、スゲエって思った。装着者の実力が違い過ぎる。

あの「3!」とかの訓練も、アホっぽくたって睦月よりずっとたくさんやってたんだろうしな。

44: 名無し1号さん
41話のレンゲル戦でジャックフォームの状態でバーニングスマッシュをやったのが印象的だった。レンゲルと相討ちになったけど

90: 名無し1号さん
>>44
あの時はつま先蹴りではなく通常の蹴りになっていたね。

47: 名無し1号さん
最終回では剣崎に代わって橘さんがブレイドに変身しようとしてたな。正直橘さんの変身するブレイドも見てみたかったかも。ギラファとの戦いでギャレンバックルが壊れて最終回は変身出来なくなってたけどライダースーツには自己修復機能があるけどバックルにはなかったのだろうか?

48: 名無し1号さん
恐怖心克服後にもずく風呂を撃って破壊するシーン好き

50: 名無し1号さん
パワーだけかと思いきやピーコック戦の後ろ飛び銃撃での羽ファンネル撃ち落としだったりレンゲルのラウズを銃撃で封殺しながらのカードラウズとか、ここぞと言うときに見せる小技が印象深い

なおここぞと言うとき以外はパワースタイル一辺倒な模様

52: 名無し1号さん
雑魚相手には弱く、ボス級相手にはめっぽう強いとか言うとんでもないアンバランスさ
ダディのキャラと中の人のキャラと混然一体となって、しかしそれを凌駕するほどの的確さ、ときに容赦のない手元銃撃とかするのめっちゃ好き

53: 名無し1号さん
やっぱり一流だなぁ橘さんは

56: 名無し1号さん
登場初期では誰も対策が打てなかったレンゲルのリモートを封じたり伊坂の羽をバックステップしながらの射撃で撃ち落としたりと戦い方が凄く上手
他にもギラファ戦では上空から銃撃しながらバリアの有効射程や隙を探っている
それが「この距離ではバリアは張れないな!」に繋がっている

融合係数はともかくとしても純粋に戦闘に関するセンスではブレイド随一なのではないかと思う

58: 名無し1号さん
橘さんの戦闘技量をコピーしたトライアルEは剣崎の攻撃を的確に先読みし、さらには高速飛行からのジャックフォーム版ライトニングスラッシュを至近距離で回避しながら撃ち落とすという神業を披露したけど
あれって橘さんもやろうと思えばできたのかな

66: 名無し1号さん
>>58
ふだんの橘さんだと、剣崎と対立しても冷酷冷徹にはなれないだろうから、ジャックフォーム対決みたいに負けちゃうイメージだな
でも剣崎がガチで誤った判断をしていて橘さんが止めるしかないとかなると、覚醒してそのくらいはやれるんじゃないかってイメージだわ

59: 名無し1号さん
初期、何気に活用していた気がするダイヤ3・アッパー
ダイヤ6・ファイアとの合わせ技もあったし
ああいうコンボ以外の合わせ技はもっと見たかったな

68: 名無し1号さん
序盤にスパイダー・ピーコック・桐生レンゲルと中ボスクラスを連続撃破した反動で、中盤は不遇な感じが続いたと思う
まあそういう期間があったからこそ、ギラファ戦が大金星って感じが引き立つんだけども

69: 名無し1号さん
銃を撃てば必中。
格闘戦をやれば敵を圧倒。
メンタルが万全ならライダーの中でも上位の強さだと思う。
ただの研究員だったはずなのに・・・と思ったけど研究員が強いのはライダーだと当たり前か。

72: 名無し1号さん
>>69
恐らく一番システムを頭に入れているからその使い方も他と比べて理解が早いんだろうね

84: 名無し1号さん
単独でも強いけど
チーム戦でも適当なタイミングでの射撃でケンジャキと始のエボリューションとかフィニッシュをアシストするシーンが好きだわ
ブレイドで一番スマートなライダー

86: 名無し1号さん
VS伊坂
相手のミサイル(?)をバックステップしながら撃ち落として攻略
サヨコの名を叫び放つ哀しみのバーニングディバイド

VS桐生
飛び降り変身がカッコいい
相手のカードをスナイプして封じる徹底した戦い方

VS金居
割れ面
相手のバリアを攻略するために捨て身のゼロ距離射撃
今まで騙され続けてきた彼だったが、それでも共に戦ってきた仲間だけは信じられると熱く叫ぶ

88: 名無し1号さん
砂浜での伊坂との決着はバックステップ射撃の羽撃ち落としもだけど、その直前に伊坂から剣を奪って逆に伊坂を斬りまくってたのも印象的だったな












オススメブログ新着記事