b0003180_6221315

0: 名無し1号さん
帰マンに登場したグドンのスーツはスーツアクターの体より
ややサイズが小さくて窮屈だったらしいが、
その分グドンのボディーがだぶつきがなく絞まった感じがしてカッコいいと思った。








※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  




1: 名無し1号さん
支障を来すとかいうレベルじゃないけど、クリアパーツを多用した結果めちゃくちゃ重くなったシャンゼリオン
81vhtekgHmL._RI_

20: 名無し1号さん
>>1
後にある程度軽量化した素材を使ってダブルのエクストリームが作られたけど、体の真ん中に配置されているので膝が曲げにくかったという

2: 名無し1号さん
ハード外さないとマスク内が換気されないって最近知ったゴースト

90: 名無し1号さん
>>2
グレイトフルのマスクは意外と中身が透けて見えるらしく、高岩さんはスナップ等の撮影時には色付きの使い捨てマスクを着用して備えていたらしい

3: 名無し1号さん
いつのゴジラか忘れたが薩摩剣八郎さんが何かのガスで窒息しかけたってのがあったな。

8: 名無し1号さん
>>3
確かバーニングじゃなかったかな

65: 名無し1号さん
>>3
84の時も口を動かすギミックにフロンガスを使っていて、それが漏れて気絶したって話を聞いたことがある。

4: 名無し1号さん
マジックミラーが使われてるから視界は良いけど夏場になると虫眼鏡的な感じで熱くなったらしい
ウィザード

5: 名無し1号さん
サイズが合ってなかったのか、走ってて顎が外れかけてた桜島1号。

6: 名無し1号さん
両腕に重い武器をそれぞれ持たされ二刀流をやらされるアギトトリニティフォーム

17: 名無し1号さん
>>6
それの他にも、マシントルネイダースライダーモードの上に立つのは怖かったとか、劇場版の最後で真魚ちゃんをお姫様だっこした時に相当苦しかったとか、アギト関連は高岩さんの苦労話をよく聞く
マシントルネイダースライダーモードはスライダーモードを軽トラに積んでその上に立つから振動がすごかったらしいし、お姫様だっこはスーツだと脇を閉められないから力が入らなかったとか
でも映像で見るとアギトはかっこよくてそういうの全然感じさせないのがやっぱりプロだなと思う

7: 名無し1号さん
クローズチャージとかいうほぼ視界ゼロの2重マスク

9: 名無し1号さん
スーツが重すぎて上から吊って補助しないとまともに動けない初代グランドキング

10: 名無し1号さん
一目見ただけでスーアクさんへの負担が丸わかりなヘビ獣人さん

11: 名無し1号さん
着用すること自体を断念したメカキングギドラgj_mk


21: 名無し1号さん
>>11
重量が通常のギドラと比べてアホみたいに増え、着るだけでスーツアクター圧死の危険があったからね

37: 名無し1号さん
>>21
確か転落の危険性もあったのでは

12: 名無し1号さん
トップヘビーすぎて歩行すら困難になった獣帝大獣神もこれかな?

38: 名無し1号さん
>>12
同じような全部乗せコンセプトのリボルバーマンモスは爆走してたけどねw

13: 名無し1号さん
ウルトラマン80は激しいアクションシーンで見応え抜群だけど、それ故に怪獣役の方の心配もしてしまう…
80に関してもスーツアクターは一番多いもんね

22: 名無し1号さん
>>13
ホーに入ったアクターさんはアクション中にエイティの飛び蹴りが目に直撃してしまい、網膜剥離寸前になったらしい

14: 名無し1号さん
光るファイズがなんか色々と大変だったとか

39: 名無し1号さん
>>14
バッテリーとか配線で動けないからな
道路工事ライダーとか揶揄されてたな

88: 名無し1号さん
>>14
改良前は電飾のスイッチ入れると視界が光で潰れてしまい、全く見えなかったので動いているシーンはOPのみに留められていたそうだ。さすがにそんなスーツで事故が起こったら大変とスーツ開発のメーカーはこっそり改良を重ねて、ウルフオルフェノクVSカイザの展開があったエピソードで着てもらったらしい

15: 名無し1号さん
独特すぎるデザインを動かすために2人がかりで中に入ってやったガメラのレギオンとか。確か寝そべって入って腕とか動かしてたような。

16: 名無し1号さん
スーツが重くなり今までのアクロバティックな戦闘が出来なくなったので高速移動戦法に切り替えたウィザードインフィニティ

だいたいライダーの強化フォームでアクターの動きに制限がかかるスーツが出てくると、CG高速移動か射撃攻撃に頼らざるを得なくなる

19: 名無し1号さん
>>16
キングフォームみたいなデザインだと、動きが早くなくとも、それはそれで重厚感あっていいけどね
強化形態でスーツ重くなるってのは、戦隊ロボのそれが見てて顕著だな

40: 名無し1号さん
>>19
獣帝大獣神とか大丈夫かコレ?と思う
ハイパーフォームのカブトは頭のツノが巨大化して頭が重かったと漏らすくらいの重量

18: 名無し1号さん
スピルバンの女王パンドラが最終決戦で
パンドラ戦闘機怪人とパンドラ生命体という怪人態になったけど
曽我さんが実際にスーツを着て演じておられたな

しかしさすがにアクションはこなせないようで
スピルバンと切り結ぶシーンとかはスーツアクターさんが演じるから
顔が映らないようにしてて
顔が写っているシーンでは見得を切ったりビーム攻撃とかを行っていた

最終的にはパンドラ生命機怪人という完全着ぐるみの怪人態になっちゃったけど

41: 名無し1号さん
>>18
パワーレンジャーでもバンドーラ様を演じることになり
口パクを合わせるあちらのこだわりのために慣れない英語を喋らされて
「どうせ吹き替えるんだから英語喋らなくてもいいでしょ!」とゴネた曽我さん

23: 名無し1号さん
ダブルはシンプルデザインで動きやすそうに見えて、実は歴代でも相当動きにくい部類だったそうだ
関節が伸縮しにくい素材だとか

24: 名無し1号さん
有名な話だけど初代ロボコップ
例のヘルメットに使った樹脂?のニオイが強烈過ぎ、スーアクの気分が悪くなるせいで
撮影が度々ストップしたっていう

25: 名無し1号さん
腕を大きく上げている動きがあまり無く、その上変身や飛行の時も両腕を立てずネクサスやギンガの様な体側に付けたスタイルなマグニフィセント。演出の都合かと思いきや肩のアーマーが思いの外ゴツく邪魔だったので腕上げられないんじゃないかと推測する声を見てハッとした

26: 名無し1号さん
アイアンマンのスーツは1作目は全身作っていたがアクションがしにくいため、2作目以降は上半身だけ作って下半身はポストプロダクション段階でCG合成するようになった

27: 名無し1号さん
主役ヒーロー=花形、1話でやられる敵怪人=脇役、みたいなイメージだけど、スーアクさん的には怪人役のほうがいいって人もいるみたい
理由としては、スーツは洗濯できないから作品の後半にいくにつれてニオイがひどくなっていくけど、怪人のスーツは基本新造だから毎週新しいスーツが着れるからだとか

56: 名無し1号さん
>>27
ヒーローショーでは主役はショーの後に握手会や撮影会もあるので現場によってはマスクを外す余裕すらないこともある。故に夏場は地獄になることもある。その点怪人は倒されたら出番終わりなので着替えてスタッフとして客を誘導したりと比較的楽だったりする

68: 名無し1号さん
>>27
ああいう現場でファブリーズが世に出たときって喜ばれたんだろうか
染みこむ汗の量的にファブリーズでも焼け石に水っぽくはあるが

73: 名無し1号さん
>>27
大怪獣バトルで「怪獣は普段は1回キリだけど、ゴモラは毎回やってるから、こなれてきて動きやすくなる」て話があったな。

28: 名無し1号さん
響鬼のスーツは塗膜が熱を逃がさないせいで炎天下で着てると火傷するって聞いた

42: 名無し1号さん
>>28
あのマジョーラ塗装がウリなのに
それがアダになるとかなんだかなぁ

29: 名無し1号さん
映画のモモタロスは1カット撮影終わった後に失神したんだっけ?Du0WD6XVsAAzlD-


36: 名無し1号さん
>>29
高岩さんの体型や顔面に合わせて作ったスーツが仇となり
長回しの撮影中に酸欠でぶっ倒れた
通称「高岩酸欠事件」

57: 名無し1号さん
>>36
あの長回しシーン、モモタロスが良太郎に必死に訴えかける迫真の演技力だったんで、改めて高岩さんスゲェなあと思いながら観てたわ
演技以上に高岩さん自身がマジピンチだったのね

81: 名無し1号さん
>>29
なんかNEW電王の時も同じ話聞いたな。
スーツアクターさんにとっては文字通り死活問題なんだな。

31: 名無し1号さん
スーツが全体的に硬かったW
オーラングサークルが擦れて血も出たオーズ
手足のコネクタがやたら重かったフォーゼ
マスクがマジックミラーで夏場火傷したウィザード
カチドキがとにかく動けない上旗を差すと風に煽られる鎧武
タイヤが邪魔なドライブ
換気されなくて窒息しかけたゴースト
マキシマムは動かなくてもいいし中に台本まで置けて、他は軒並み動きやすかったエグゼイド

34: 名無し1号さん
>>31
これを毎年やってる高岩さんてほんとすげぇな・・・。エグゼイドはゲームキャラモチーフだからスーツもスマートな感じになったのかね。

44: 名無し1号さん
>>31
クウガやアギトはウェットスーツを改良してたせいで
脱ぐと汗がドバーっと出てきたとか

61: 名無し1号さん
>>44
デネブも夏場は手袋に汗水が溜まったって押川さん洩らしてたな

32: 名無し1号さん
ロボコップ1作目のスーツはメチャクチャ重いし暑くて、主演のピーター・ウェラーは重度の汗疹に悩まされて散々だったそうな
のちにスーツ内に冷水を循環させるように改造されたけど余計に重くなって、ロボスーツを見ると吐き気を覚えたらしい

50: 名無し1号さん
>>32
おまけに最初の頃はスーツを着るだけで11時間もかかったとか

33: 名無し1号さん
支障って程でもないけど、ジオウにでたときのディケイド龍騎はスーアクさんの体の大きさと合ってなかったらしく肩のパーツが下がっててちょっとかっこ悪くなっちゃってたな。

35: 名無し1号さん
タロウの横っちょの電池は動いてて暑くなったりしなかったのかな??

110: 名無し1号さん
>>35
タロウじゃなくて、初代ウルトラマンの古谷さんの話だが、脇の方に電池があって汗をかくとなにかビリビリしていたらしい。

機電(着ぐるみの電装系)を担当していた倉方さんに相談したら「気をつけないと感電死あるかもよ?」と冗談を言われた後で「このくらいの電気じゃねずみも死なないよ」と言われてとりあえず安心したそうな。

43: 名無し1号さん
ガメラ2のレギオンは2人入ってるんだよね。中にも相当キツイ体勢で入っていたとか。

45: 名無し1号さん
こうして裏話を見ると動きやすそうなスーツほど苦しくて
動き辛そうなスーツほど負担が少ないというのも興味深い


46: 名無し1号さん
初代キングギドラの中身はどうなってたんだろう。
中以前に20人以上の操演スタッフが必要の時点で大変だけど。

48: 名無し1号さん
>>46
腕がないので初代キングギドラの中はスーツアクターが両手で掴む掴まり棒が横向きに入っていたと聞いた事がある

47: 名無し1号さん
仮面ライダー剣のレンゲルは睦月のほうが股下が高かったらしく、変身すると残念な感じになったそうな。

49: 名無し1号さん
新マンのスーツは見るからに首が動かない作りになってたようだった。
おかげで体ごと横を向く独特のアクションが生まれてしまった。

51: 名無し1号さん
>>49
キートン版バットマンと同じだなw

53: 名無し1号さん
>>49
RXもあんま首動けないよな

80: 名無し1号さん
>>49
演じたきくち英一さんは後に顔出しでドラマに出ててもその癖がなかなか抜けなかったらしいな。

95: 名無し1号さん
>>80
「きくちさーん!ウルトラマンになってるよ!」と監督に言われる

52: 名無し1号さん
自分の吐く息で目の部分がどんどん曇るらしい初代ライダー

55: 名無し1号さん
>>52
平成でも戦隊のグラサンやライダーの金属メッシュタイプのマスクは5分もすれば視界が真っ白になるのでカット割りを利用して曇りを拭くか、曇り止めのシャンプーを擦り込んで長回しのアクションに備えるそうで

54: 名無し1号さん
一応昭和のステゴンやザイゴンの様な例はあるものの、結局膝をつくしかなかった四足歩行の怪獣たち。そんな怪獣に革命をもたらした、前脚に杖を入れて膝をつかない様になった四足歩行怪獣第一号となったゴルゴレム
デザイナーの酉澤さんは長い間膝をつかない様にするにはどうすればいいか、ずっとアイディアを練っていたらしい

60: 名無し1号さん
下にうつ向く動作の時、スーツアクター自身はうつ向いているつもりでもスーツが硬かったなんかで外からはうつ向いているように見えないと言われたハカイダーのスーツ

63: 名無し1号さん
ドドンゴ、ブロッケン、ジャンボキングのような縦に2人入るスーツは大変そう
特に後ろの人が

64: 名無し1号さん
>>63
多分歌舞伎の馬がヒントなんだろうね

71: 名無し1号さん
この話題の時ってライダーやウルトラマン、怪獣はよくこれ!ってやつが浮かぶけど戦隊スーツはそんなだよな
マスクや生地がどの作品も大差ないからか?

75: 名無し1号さん
>>71
ゴールドやシルバー系が通気性が悪いとは聞くな。

74: 名無し1号さん
これはドライブ
タイプスピード・・・タイヤでバランスが悪い
タイプワイルド・・・肩のタイヤがカメラ(撮影)の邪魔になる
タイプテクニック・・・構造上、肩があげにくい

マッハ・・・タイヤの位置が位置なので、パンチするとタイヤが自分の顔に当たって痛い

78: 名無し1号さん
口の部分が開いていて、目の配置(高さ)が人間に近いから見やすいのかと思いきや
あまりに視界が悪くてまともに殺陣ができなかったというライダーマン
監督がアクターさんに「何やってんだバカヤロー!」と半ギレで詰め寄るも
「じゃあこれ被ってみてくださいよ!」と言い返されて被ってみたら
監督自身も「こりゃ見えねぇわ……」と納得したという出来だったとか

79: 名無し1号さん
ヘドラ…は意味が違うか

83: 名無し1号さん
やはりと言うべきか、ストロンガーは動きにくかったらしいな
Xは動きやすかったとも
中屋敷さん談

84: 名無し1号さん
ちょっと違う気もするがレッドマンの怪獣達。
ボロボロなんでチャック(?)が壊れて中の人が見えそうになってる。
現場で応急処置しながらの撮影は大変だろう。

85: 名無し1号さん
前川泰之さんのモデル体系とスーツアクターさんの体系全く合ってないからスモッグでごまかしたりブラックホールに消えたりすり合わせが大変そうだった
そして何故エボルコブラはそれが解っていながら前川泰之さんに中腰ポーズで変身させてしまったのか

87: 名無し1号さん
>>85
似たような事例だと555のたっくん・草加・三原の三人同時変身。原田さんと押川さんに身長差があったのでデルタだけ変身後身長が伸びるという事態に。

96: 名無し1号さん
>>87
エレメンツの最後に伸びる始、縮む剣崎

86: 名無し1号さん
支障に入るかどうか分からんが、平成三部作で主役ウルトラマンを演じていた権藤俊輔さん曰く、ティガのマスクが一番見えにくかったらしい。逆に一番見えやすかったのはなんと「FINAL ODYSSEY」で演じたヒュドラだとか
また初期はマスクかぶっている状態だと間合いを掴みにくかったらしく、初めは手刀を長く伸ばして間合いを測っていたらしい(丸山さん談)。なお、マスクを被った際にもあまりフィットしていないので口を開けて固定していたそうである。

93: 名無し1号さん
こういうエピソード見る度にゴーゴーファイブのバイザーが透けてる役者用のスーツはスーツアクターさんにとっちゃ羨ましくて仕方がない代物だったんだろうなぁって思う
26f33cf2-s


114: 名無し1号さん
>>93
あのバイザーが透ける演出良かったよなあ。
災害現場や戦場の臨場感が出ていた。

変身前の皆さんによれば、口元まで覆われていて、目だけで芝居しなきゃならないからあれはあれで大変だったらしいな。

あとゴーブルーこと谷口さんは、二日酔いして現場入りしたら、ほぼ一日中猛暑の中でスーツを着て撮影をするハメに陥り、危うくマスクの中で吐きそうになったそうな。

94: 名無し1号さん
確か、アクセルのスーツがとても重いって話を聞いた記憶がある。
逆に、トライアルは、とても軽いらしい。

102: 名無し1号さん
マスクがゲロ臭くて吐きそうだった所スタッフが気を利かせてレモンで香り付けしたら
レモンとゲロの臭いが混ざって死にそうになったダークナイトのチャンベール

106: 名無し1号さん
本当の初代ゴジラのスーツは100キロ超えの超重い代物だったって聞いた。そのあと改良が加えられて、その3桁スーツは上半身と下半身で分けて足だけのシーン、頭の方だけのシーンに使われたらしいけど

108: 名無し1号さん
権藤さんがインタビューで言ってたけど、あの三部作の中でティガが一番視界が悪かったらしい
あれからだいぶ経ったけど、今のウルトラマンのスーツってどれくらい改良されたんだろ?
岩田さんとかもう随分とやってるけど

131: 名無し1号さん
>>108
覗き穴は目の下あたりにつけてもらった方が見えやすいらしい。ニュージェネだとエックスが唯一上についてるんだけどあまりよろしくなかったそうだ。とはいえ、ニュージェネのスーツはどたらかというとディテール優先のきらいがあり、目のスリットも妙に小さくなりがちなのであれで見えているのか心配になる

109: 名無し1号さん
大昔のウルトラマンと怪獣たちの商店街パレードでは、直ぐに着替えられるようにチャックではなく針金で止めてあり、中の人の休憩を挟むため、一人が休む時は他の怪獣が乱闘を初めて子供たちの気を引き、その隙に休憩する怪獣が近くの店に入り、水分補給をしていたとあったなぁ
過酷な反面、全国を回るギャラは物凄く良かったとか

117: 名無し1号さん
電光超人グリッドマンの怪獣は、2クール以降は全て、1クール目に登場した怪獣達のスーツを流用・改造した着ぐるみを使っている。

どれもカッコいいけど、他人の汗の匂いが染み付いていたり、急場の改造で接着剤や塗料の匂いでとにかく臭かったんだそうな。

118: 名無し1号さん
>>117
フレムラーのスーツが一番改造されて多用されているんだけど
理由はアクターさんが一番着やすいスーツだったかららしい

119: 名無し1号さん
以外とレオパルドン、大鉄人17、戦隊ロボが話題に出ない。あれなんて、高下駄含む殆ど動けない+重いのオンパレードじゃないですか!17に至っては中の新堀さん、休み欲しくてわざと着ぐるみ壊しちゃったらしいし、そんな中、あんなにハードなアクションとピアノ線の吊りまでやってたダイレオンや80年代戦隊のロボは驚異だとおもう。


120: 名無し1号さん
>>119
確かに巨大ロボット系は、厄介だったって聞くけど話題になってないな、レッドバロンはガラスファイバー製だったから、内側ザラザラしてささくれとか多いから中の人夏場撮影してて手とか足とか出血してたってインタビュー読んだな。マッハバロンは材質が、進歩してそんなトラブルなかったけど腕が重くて、よく転びかけたらしいしがロボット系がアニメに多かった。理由がわかる気がする

125: 名無し1号さん
ウルトラマンは高岩さんが「一年保たない」と弱音を吐くレベルのキツさらしいな

ウエット性なので伸縮性ない×視界が狭い×その癖トランポリンやバク転もしなくちゃならない×壊れやすいセットだらけのスタジオでアクションしなきゃならない

高岩さんも凄いけど岩田さんもかなり凄いよなぁ

126: 名無し1号さん
実はライミ版スパイダーマンのマスクは水に濡れると窒息する
映画でMJが口元だけを開けてキスするシーンは雨で窒息しないようにするためでもあった

132: 名無し1号さん
デンジマンでの現場で日下秀昭さんがダイデンジンやってたけど
あまりにきつくて途中で辞めようとしたらしいな
それが実にリュウソウジャーになるまで実に30年以上やったんだからすごい
獣帝大獣神とか明らかに動けなかったのもあったし

135: 名無し1号さん
中の人がヘルニアになったというペットントン。












オススメブログ新着記事