1: 名無し1号さん
no title

当時の期待してなかったらとんでもないものが出てきた的な空気は忘れられない

引用元: may.2chan.net/b/res/659311090.htm



  



ヒーローNEWS人気記事








2: 名無し1号さん
当時は庵野×樋口とか地雷だろとか散々言われてた

3: 名無し1号さん
no title

公開前はわざわざやる気のなさそうなPVばかり小出ししてヘイト集めといて
劇場でカウンター喰らわせるという斬新な

6: 名無し1号さん
>公開前はわざわざやる気のなさそうなPVばかり小出ししてヘイト集めといて
正直上映日に製作間に合わないと思ってた

11: 名無し1号さん
>正直上映日に製作間に合わないと思ってた
庵野は筆がノルと早いのよノリさえすればね

4: 名無し1号さん
PVそんなに駄目?
尻尾が市街地上空を横切るカットとか
夜の都内に侵攻したゴジラを真下から撮ったカットとか
結構来るものがあったけど

5: 名無し1号さん
>PVそんなに駄目?
一番最初に出てきたクローバーフィールド風があかんかった

7: 名無し1号さん
夜の東京で炎吐いたシーンが俺の心を掴み過ぎた

12: 名無し1号さん
>夜の東京で炎吐いたシーンが俺の心を掴み過ぎた
いい歳して映画館であそこまで恐怖するとは思わなかった
美しさと全てが暗転するあの感じはそうそう体験したことがない

8: 名無し1号さん
クライマックスの血液凝固剤を注入してるシーンで実際に液体が
流し込まれてるって感じのビジュアルがあれば完璧だった
あそこでポンプ車のアームが口に突っこまれてるだけってのはなんかモニョる
技術的に難しい表現だったんだろうか

9: 名無し1号さん
>技術的に難しい表現だったんだろうか
体内のモデルと液体までCG作ったら大変なことに

10: 名無し1号さん
>技術的に難しい表現だったんだろうか
でもあそこは逆に淡々と進んでいく感じが、どれくらい作戦が進行してるのか?ちゃんと進行できてるのか?っていうドキドキがあって個人的には好き
まさに作戦本部から作戦を見ているような気分

13: 名無し1号さん
予告で戦闘シーンは良いなと思ったけど本編はこれっぱかしも期待してなかった

14: 名無し1号さん
庵野も樋口も実写監督で駄目な感じだったからなー
仲良いオタク二人が20代の頃に戻ったようなノリで撮ったのが良かったね

15: 名無し1号さん
噴き出してる火が集束していくところは初回本当に硬直した

16: 名無し1号さん
蒲田ちゃんのインパクト

17: 名無し1号さん
御殿場の特科火力で川?を射撃するという絶望的な本土決戦感好き

18: 名無し1号さん
シン・ウルトラマン最大の敵は期待値の高さ

19: 名無し1号さん
>シン・ウルトラマン最大の敵は期待値の高さ
ゴジラはマジで期待値最底辺だったな
ゴジラブランドに興味ある奴と庵野を笑ってやるぜみたいなのしか興味ない印象

20: 名無し1号さん
初代ゴジラを観た人たちの追体験という評価は思わず膝を打った

22: 名無し1号さん
>初代ゴジラを観た人たちの追体験という評価は思わず膝を打った
俺は1984の追体験だったな

23: 名無し1号さん
>俺は1984の追体験だったな
今そっち見直したらシンゴジが84版のオマージュとか皮肉とかいっぱい入れてたんだなって面白いよ

34: 名無し1号さん
>初代ゴジラを観た人たちの追体験という評価は思わず膝を打った
当時向き合い思い出すべきモノが戦争で
シンゴジラにおいては地震と原発なんだろな

21: 名無し1号さん
シンの意味は各々で色々に感じてもらえたらってラジオでやってたな
なんの意味でシンなのか

30: 名無し1号さん
>シンの意味は各々で色々に感じてもらえたらってラジオでやってたな
>なんの意味でシンなのか
新しいゴジラです、または初代ゴジラの精神を受け継ぐ真のゴジラですくらいの意味しかないと思う
あとは帰ってきたウルトラマンが最初の頃は新・ウルトラマンとか呼ばれてたのかな
まぁあの時代のオマージュだよ

24: 名無し1号さん
震災のときはせいぜい牛乳が買えなくて困ったなくらいだったけど
蒲田くんが川を遡上するときの瓦礫混じりの水が街路に沿ってあふれるあの感じは胸が苦しくなった

25: 名無し1号さん
ウルトラマンは地球外生命体との接触をリアルに描く感じになるのだろうか

26: 名無し1号さん
公開前はまったくもって期待できなかったからな
大ヒットを受けてからの視聴とはそもそも前提が違い過ぎる

27: 名無し1号さん
庵野がゴジラよりウルトラのがよっぽど思い入れ強いから
原作で映画向きな話を組み立て直す感じになるんじゃないかな

28: 名無し1号さん
熱線シーンの時点で俺の中の一般大衆目線評価はほぼ最高潮になった
そこに最終作戦が来てもう一気に持っていかれた

29: 名無し1号さん
進化してあのゴジラになるって発想はマジでなかった

31: 名無し1号さん
84年版→総理の「君たちの国にゴジラが現れても自国に核を落とせるのかね!」の言葉に米露代表胸を打たれ核を断念

シンゴジ→「彼らはたとえ自国だとしても核を落とすつもりだそうだ」

32: 名無し1号さん
安倍総理と石破茂がマジのコメント出してたなぁ
そっちに驚いた

33: 名無し1号さん
初代・オキシジェンデストロイヤーなる薬物
1984・ゴジラの習性を利用しておびき出し火山にぶち込む
シン・在来線爆弾で動きを止め急速冷却で凍らせる
まともな火力では倒せないんだなぁ
一度本当に核ぶちこんでほしい気もする

35: 名無し1号さん
片桐はいりの片桐はいり力が強すぎて笑ってしまう

36: 名無し1号さん
東京を焼き尽くすシーンが恐ろしくも美しくて…

37: 名無し1号さん
農相が生きてたけど閉会中に閣僚が全滅すると組閣できないみたいな思考実験としても面白かったな

38: 名無し1号さん
やはり良い評価がされる作品というのは叩きが頑張っても押し流されていくものだと改めて認識した

39: 名無し1号さん
立川移動後の自衛官が小銃を携行してたり端々に絶望的な描写があったな

40: 名無し1号さん
タンカで死体運んでるシーンはカットされた

41: 名無し1号さん
主人公が拳打ち付けるシーンを予告で見たときはダサいなあと思ってたけど
本編の内閣総辞職ビームからの東京炎上見てすいませんでしたってなった

42: 名無し1号さん
総理一団死亡後と東京の焼ける映像見た時は
冗談抜きで生きて帰れないじゃないかって感じた

43: 名無し1号さん
日本人の映画だなって感想だな
官僚のややこしさなんて多分外国の人には伝わらないと思う

44: 名無し1号さん
>日本人の映画だなって感想だな
>官僚のややこしさなんて多分外国の人には伝わらないと思う
今の日本人に向けた映画と言うべきだと思う

45: 名無し1号さん
庵野って好きにやらせるよりある程度の制約があったほうが良い仕事するのかね

46: 名無し1号さん
>庵野って好きにやらせるよりある程度の制約があったほうが良い仕事するのかね
庵野に限らずそういう事は多いよね
限られた制約の中で色々試行錯誤するから結果的に良いものが出来たりする

47: 名無し1号さん
自国に核を落とすことの重みとそれに最後まで抵抗した理由は実際に核を落とされた日本人じゃないとわからないだろうなと思った

48: 名無し1号さん
no title

>自国に核を落とすことの重みとそれに最後まで抵抗した理由は実際に核を落とされた日本人じゃないとわからないだろうなと思った
核?疲れてるときに一発決めると元気出るよね!

49: 名無し1号さん
>核?疲れてるときに一発決めると元気出るよね!
アメリカ人のイメージする核兵器ってすごい大量破壊兵器であって放射線はおまけだしな
ゴジラにとっては温泉はいってるようなもんだ

50: 名無し1号さん
no title

なんでコイツあんなに人気出たんだろう・・・?

51: 名無し1号さん
>なんでコイツあんなに人気出たんだろう・・・?
サンショウウオみたいなキモカワ枠というものがある…

52: 名無し1号さん
no title

下顎火傷しないようにくぱぁしたんだろうか?

53: 名無し1号さん
no title

蒲田君は東京の河川を登るのに胸の下に尖閣?だかが発達してたというわかんねぇよ!設定がある
第4形態で胸が尖ってるのはその名残りという

54: 名無し1号さん
ラストシーンの尻尾で妄想が限りなく広がるよな

55: 名無し1号さん
>ラストシーンの尻尾で妄想が限りなく広がるよな
後に広がる余韻って大事だよね












オススメブログ新着記事