ume06-twintail

0: 名無し1号さん
ツインテールはメビウスに水棲の怪獣として登場して
これまでにない機敏な動きでメビウスを苦しめていたよね。






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  



ヒーローNEWS人気記事








1: 名無し1号さん
バードンのコブの毒袋設定かな。あれでタロウとゾフィー隊長が命を落とした訳が納得出来た


2: 名無し1号さん
マックス版のレッドキングは口から岩石を発射する能力が追加されてたな
CtRNLlRVIAAslvK

53: 名無し1号さん
>>2
おまけに全身の蛇腹状の突起は柔軟性に富んでいるので衝撃の吸収にも役立つ‘装甲’の役割も担っている。なので肩書が「装甲怪獣」になっているんだとか

7: 名無し1号さん
>>2
あれ? 岩石投げと対して変わってなくね?

45: 名無し1号さん
>>7
岩がない都市でも吐けるから意味はあるよ。弾切れになるけど。

51: 名無し1号さん
>>7
フリーハンドで使える飛び道具な上に爆発もするから、岩石発射で牽制しながら突進してきて怪力叩き込むから普通に厄介

3: 名無し1号さん
真っ先にゴモラが思い浮かんだ
超震動波って必殺技を手に入れて今や味方怪獣の代表的な立ち位置にまでなったし
元から人気は高かったけど平成で最も出世した怪獣なんじゃないだろうか

79: 名無し1号さん
>>3
俺は40代のおっさんだけど、俺が子供のころはゴモラよりレッドキングのほうがだいぶ人気が上だったと思う
いつのまにゴモラのほうが人気になったんだろ

89: 名無し1号さん
>>79
もともとゴモラも人気怪獣でしたが、マックスのころまではまだレッドキングのほうが優遇されてましたね
そのころ人気投票などをしたところゴモラがけっこう人気があるとわかりマックスやメビウスで出演し、ゲームなどでも登場して人気と知名度も高めていき、大怪獣バトルで主人公の相棒に選抜という大出世して今に至る
レッドキングは悪役要素が強いから、主人公側ならゴモラのほうが良かったというのが大きいね

4: 名無し1号さん
ゼットンは初代ラスボスなだけあってハイパーだったりEXだったり派生いっぱい増えたな

5: 名無し1号さん
ゴモラの超振動波。レイのゴモラのみの必殺技だと思われてたけど一説には元々ゴモラに備わっていた能力を攻撃用に進化させたらしい

6: 名無し1号さん
ババルウ星人は口から冷凍ガスを出せる
昭和の頃にも設定はあったのかもしれないけど、出てきたのってメビウスくらいかね

54: 名無し1号さん
>>6
レオ本編でアストラを氷漬けにした能力なのでは?と関連書籍で言及されることもあったね

8: 名無し1号さん
メトロン星人やシャドウ星人等かつて地球を狙った宇宙人達は丹波さんやゼナ先輩等地球人と友好的な個体が出て来る様になったな。特にオーブの馬場先輩ことババルウ星人が印象に残った

9: 名無し1号さん
シャプレー星人に強化し使役していた改造ベムラー

10: 名無し1号さん
マックスのバルタン星人(ダークバルタン)の超巨大化能力

11: 名無し1号さん
「ウルトラセブン誕生30周年記念3部作」に登場するガッツ星人は昭和ウルトラセブンの時の二体で活動するのではなく、単体でありながら三体に分身して三方向からセブンを光線で攻撃するという前回セブンを倒した時の攻撃方法をちょっとアレンジしたのを披露していたっけ

12: 名無し1号さん
Xのバルキー星人やオーブのババルウ星人は人間への擬態能力を見せてたな

76: 名無し1号さん
>>12
大怪獣バトルやルーブのザラブ星人も忘れないでくれ

つーか、あいつらウルトラマンに化けると露骨なニセモノになるのに、地球人の女の子に化けるときだけそっくりに化けられるのはなぜだw

82: 名無し1号さん
>>76
地球人サイズだとエネルギー消費が少ないから細部まで似せる余裕がある、ウルトラマンサイズだとその余裕がないとか今思いついた

90: 名無し1号さん
>>82
ルーブでは巨大化した美剣サキに化けてたぞw
服まで変化でごまかすとしたら、その割りにはけっこう複雑なヒラヒラの衣装だったのも印象に残る

13: 名無し1号さん
頭部が分かれて文字通り「双頭怪獣」になったネオパンドン(とキングパンドン)

14: 名無し1号さん
イカルスの耳バーツから針状の光線を出したタイラント。

15: 名無し1号さん
タイラントのベムスターの口を使ってのエネルギー吸収能力。当時から可能だったかもしれないけど映像作品でハッキリ描写されたのってグランデのタイラントが初めてだった気がする

16: 名無し1号さん
超巨大化やクローン再生に加えて分身能力も昭和から遥かにパワーアップしたバルタン星人
これで頂点極めた感あってか以降はなかなか登場できていないけど、いつかまた本格的に復活した時はまたこれぐらい派手に暴れてほしい

17: 名無し1号さん
巨大化出来る様になったゼットン星人

18: 名無し1号さん
鎧着込んだメフィラス星人とか手にランチャー装着したメトロン星人とか、宇宙人の強化バリエーションは今後も色々見てみたいな

19: 名無し1号さん
新要素というかデザインが丸々変わってカッコ良くなったバット星人。ただその代償なのか初代は自由に等身大・巨大化出来てたのにグラシエやサーガに出て来た個体は怪獣の魂を吸収して巨大化したり、ハイパーゼットンと一体化してウルトラ戦士と戦ってたな

83: 名無し1号さん
>>19
大怪獣ラッシュみたいな路線のアレンジだったな
ただ変えすぎてよく確認しないと元の目や口みたいなのがどれかわかりにくい

大怪獣ラッシュはこのお題にも合ってるかな
キャラデザもよくてCGアニメもよかっただけに、早期終了はほんと残念

20: 名無し1号さん
ザラブ星人はにせウルトラマンだと光線技は使えないらしいけどメビウスに化けた時は普通にメビウスの光線を使えてたな(後に大怪獣バトルに出たザラブ星人が化けたにせウルトラマンは使えなかったけど)

21: 名無し1号さん
戦闘力皆無だったがチブローダーに乗るようになってパワーアップしたチブル星人
チブル星人エクセラー

22: 名無し1号さん
パワードバニラは初代同様宿敵アボラスの溶解液を食らったけど初代がそのまま溶けたのに対してパワード版はそこから復活する能力を持ってたな

23: 名無し1号さん
平成セブンのキングジョーは分離・再合体のスピードが速くなったよな。他にキングジョーだとブラックも強かった。

24: 名無し1号さん
羽根が出て来て飛べる様になった(ゴーグ)アントラー。見た目と相まってもうますますクワガタに見えて来た

100: 名無し1号さん
>>24
アリジゴク要素がどんどんなくなっていくよね。ここまでくると、脱皮してウスバカゲロウの怪獣にならない限りはもうクワガタ怪獣として生きていくしか・・・。

25: 名無し1号さん
メビウスのサドラの伸縮自在な腕

27: 名無し1号さん
>>25
サドラは姿を隠す霧が自分で発生させたものだった、という新設定もあったね
群れで出現したのも新要素と言えるか……?

55: 名無し1号さん
>>27
群れというより複数の個体がいるのは昭和怪獣から続いている感じだからいわゆる同族の個体設定を上手いこと活かしたシーンだと思う。

26: 名無し1号さん
ジャグラーがマガオロチの尻尾とゼットンさんとパンドンさんの闇を力を超合体させ変身したゼッパンドン

28: 名無し1号さん
オーブでのババルウ星人の擬態化能力の使い方は上手かったな
ダウンロード

41: 名無し1号さん
>>28
これまでのババルウって「卑劣な悪党」って描かれ方とイメージだったのにオーブの馬場先輩で印象がガラリと変わった気がする。

62: 名無し1号さん
>>41
というか、これまで悪役として登場してきた多くの宇宙人もその活躍次第ではヒーローサイドとしてドラマを作れることを証明してくれたと思うわ

29: 名無し1号さん
平成ウルトラセブンでのキングジョーのワイドショットをオープンゲットで回避しつつ一気に背後に回って強襲するシーンは初見度肝を抜かれた

31: 名無し1号さん
>>29「ワイドショットを使えばいくらキングジョー相手でも勝てるだろ」と思ってたからセブンがワイドショットを撃った時は「あっ勝ったな」と思ったら分離して回避したからビックリして思わず「ウソぉ!?」って声が出たわ

61: 名無し1号さん
>>29
昭和でも分離して攻撃を回避しようという案はあったけど当時の映像技術ではとてもじゃないが難しかったので見送られたって聞いたことあるんだけどマジなんだろうか

30: 名無し1号さん
ウルトラマンXに出てきたテレスドンが見せた、身体を高速スピンさせての体当たり。
「あぁ、こうやってドリルみたいに回転して地中を掘り進んでいるのか?」と納得した思い出。

32: 名無し1号さん
エースキラーの進化版メビウスキラー。後にビクトリーも出たな。最近だとベリアル融合獣の1体でエレキングとフュージョンライズしたサンダーキラーが登場したな。個人的にサンダーキラーはベリアル融合獣で1番好きだわ

84: 名無し1号さん
>>32
ゴーストリバースだっけ、それでヤプールがエースキラーの姿で出てきたときもあったな

33: 名無し1号さん
ジードで再登場したギエロン星獣は
倒されても一定時間後体組織が気化して
集結・再生できるけど破片を冷凍すると
復活できないっていう新しい特性を与えられてたな

34: 名無し1号さん
バードンの首ぎゅるんって回るのXからだっけ
あれ怖い

56: 名無し1号さん
>>34
あれ見て「フクロウってこんな感じに首回ったっけ」って思った。恐らく鳥類の怪獣で隙の無さを演出するために付けられた新設定だろうね

35: 名無し1号さん
ウルトラゾーンのゼットンは別名が宇宙恐竜ではなく不良怪獣になっていたっけ

36: 名無し1号さん
ゴモラはヒーロー怪獣になったからかメカゴモラという所謂「ヒーローの偽物」ポジションの敵が出て来たな

37: 名無し1号さん
マルチバース理論。
劇場版ガイアで平行世界に行くことについて恐らく初めて言及され、ベル銀でウルトラシリーズとしてその単語が出てきた

38: 名無し1号さん
ガンQはギンガSで感動させられるとは思わなかった

60: 名無し1号さん
>>38
感動に至るまで、カップ麺を勢いよく吸い込んでしまったために口に運ばれず顔へもろにかかってしまうシーンは笑ってしまうと同時に吸収能力がある意味不便なことを表すにはうってつけだったね。というか、怪獣の力は人間の手に余るくらい強力で未知というイメージも改めてついた

39: 名無し1号さん
グランドキングの反射されるビーム

68: 名無し1号さん
>>39
ギンガ以外だとそのビームの反射で倒されてるから、グランドキング出す上での格落とさずに倒せる弱点みたいな印象

40: 名無し1号さん
能力って訳ではないけどゼットン星人はこれまでの暗躍者ってイメージに加えて「裏社会の実力者」って感じになった気がする。アニメウルトラマンのエドやタイガのヴィランギルドの町内会長とか。

42: 名無し1号さん
原典だとシルエットのみのペダン星人も大怪獣バトルで地球人と同じヒューマノイド型って明らかになったよね。

43: 名無し1号さん
ダークエナジー由来だけど本気出したら某怪獣王みたいに光線やら体内放射やら怪力を発揮したゴメスはこれに入るかな?

59: 名無し1号さん
>>43
放送時期的にあの映画への発破みたいな印象もあるけど、元々大型の哺乳類なだけとされていたゴメスに怪獣らしい進化の一例を付けたのは面白いと思った

44: 名無し1号さん
ニュージェネ界の野生怪獣代表になりつつあるグビラ。

88: 名無し1号さん
>>44
グビラはドリルが生身の生物ではありえん能力だから、ヤプールの超獣の試作説をどっかで見た(ザラガスも超獣じゃないかとか)
けどまあこんだけ野良が出てきたらその説はないんだろなと思う

47: 名無し1号さん
相手がメビウスだとちゃんと名前を変更するメビウスキラー
0439d578

49: 名無し1号さん
バキシム等の特権だった空バリーンからの異次元からの出現を披露したドラゴリーとベロクロン

50: 名無し1号さん
ファイヤーウィンダムやエレキミクラス等GUYSのマケット怪獣たちかな。

52: 名無し1号さん
うちゅ~んTシャツ目当てに紛争を起こしてしまう
お茶目な一面が追加された宇宙の帝王バド星人さん

78: 名無し1号さん
>>52
バド星人ならありうるなwと思ってしまう説得力
ギャグのように見えてよく考えられているような気もするね

57: 名無し1号さん
タロウの時はほぼシルエットと名前だけ、メビウスで全貌と設定が明かされたエンペラ星人

58: 名無し1号さん
宇宙ゲリラという肩書の通り、潜入活動などのために表情を変えるのに‘訓練’が必要だったシャドー星人たち。ゼナ先輩は表情が細かいところしか変わらず、クルトは訓練で身に着けた笑顔を有効活用していたね

63: 名無し1号さん
怪獣娘も含んでいいのなら、体の分離ができない代わりに腰についている突起をどこぞのファンネルの様に飛ばしてビームで攻撃並びに拘束する芸当を披露したキングジョーも挙げたい

64: 名無し1号さん
黒いボディで右腕に銃が備え付けられたキングジョーブラック、赤いボディで右腕に槍が備え付けられたキングジョースカーレット

80: 名無し1号さん
>>64
ゲームだけど怪獣バスターズには緑色で右腕が剣の最新型も登場した
ついでにこのゲームの従来のタイプのキングジョーは、ゲームオリジナルの砲台モードにもなる
あれ本編でも出してくれないかなあ

65: 名無し1号さん
ベムラーに角が生えてたよね。光線を角で吸収して、口から真っ青な怪光線を放つようになってた

66: 名無し1号さん
ツインテールに負けじとグドンも両腕に「振動触腕エクスカベーター」という名称と高速振動で岩を砕き、そうやってできた砂の中を泳ぐように移動するという設定が付け加えられていた

67: 名無し1号さん
平成になってからというより、後年になってからだけど、
ガンQがブリッツブロッツみたいに相手の光線を吸収して撃ち返すようになるとは思わなかった。

69: 名無し1号さん
ウルトラマンXのゴメス
ダークサンダーエナジーの影響だけど熱線に体内放射ってどう見てもゴジラ

70: 名無し1号さん
イケメン化したバット星人

93: 名無し1号さん
>>70
初代の面影らしい面影が全く残ってなくて「これを同族として扱っていいのか?」って困惑したな

72: 名無し1号さん
彫像を怪獣化する、という現象をグロテスセルというファクターで説明したコダイゴン。

おかげでメビウスでも屈指の難敵コダイゴン・ジ・アザーが爆誕してしまった。

73: 名無し1号さん
ベムスターはググツは注入されてたからかもだけどオーブサーガだと腹部の口の吸引能力がパワーアップしてたな

75: 名無し1号さん
エレキング「ひ、一つもねぇ……!!口から光弾としっぽ巻き付けての電撃だけしかやってきてねぇ……!
あ、セブンXで出した二酸化炭素ガス!これだ!」

77: 名無し1号さん
パワードドラコの熟練アサシン感好き

85: 名無し1号さん
ニセウルトラセブンだけでなくニセウルトラマン、ニセゾフィー、ニセジャック、ニセエースと他のウルトラマン達の能力を再現したニセロボットを造って「ニセウルトラ5兄弟(SR)」を結成させたサロメ星人。更にこのニセウルトラ5兄弟を大量生産していて他の様々な宇宙に送り込んで侵略しようと企んでたな。てかどうせならサロメ星人はニセタロウも造れば良かったのに

87: 名無し1号さん
リムエレキングとゲームのウナギみたいになってパワーアップしたやつ

92: 名無し1号さん
ネロンガとかはネロンガ自体の進化というより特撮レベルそのものの進化を感じたなあ

昔は技術の限界で今ひとつパッとしない戦績だったけど、今の技術なら能力をフルに活かした絵を撮れる怪獣、意外と多いのではなかろうか

95: 名無し1号さん
ギンガに登場したザラガス第3形態
あれこそまさか平成になって見れるとは思わなかった幻の姿

97: 名無し1号さん
メビウスに登場したロベルガー
円盤生物の新種が登場するとは驚いた
デザインかっこいいし?世まで登場するし

104: 名無し1号さん
サンドリアスがないとは
親子喧嘩から
彼女に冷たくされて泣く。
ヤンママまで増えた。
でもUGMニューヨーク支部に壊滅的な打撃を与えたのでは。












オススメブログ新着記事