699c291d-s

0: 名無し1号さん
日常生活の中で密かに侵略計画を企てる宇宙人とかはいたけど、
ニュージェネレーションでは丹波さんや馬場先輩やAIBみたいな、
人間と共存して生きていくやり方の宇宙人も増えたよね。
タイガでもそういう宇宙人の話をやっているし、
ウルトラシリーズの地球の人間社会で暮らす宇宙人の変化を振り返ってみたいな。






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  



ヒーローNEWS人気記事







1: 名無し1号さん
ホマレ先輩はやはり宇宙人だったけど、何星人なんだろう?劇中で明かされるかな?


2: 名無し1号さん
助けてくれた村人への恩返しのために長年に渡って宇宙植物の花粉を吸収し続けてきたキュリア星人。暴走してしまったら自分を倒して欲しいとムサシ即ちコスモスに願うものの、コズミューム光線で花粉を除去されて無事、今まで通り村人たちと共に暮らせるようになった

3: 名無し1号さん
ミステラー星人(善)の親子
父親は湖でひっそりと暮らしているっぽいけど娘は地球人の学生として人間社会に溶け込んでいるようだったな

4: 名無し1号さん
大人気小説家の伏井出ケイことストルム星人ケイ

46: 名無し1号さん
>>4
もともと文才があって故郷のストルム星でも作家とかやってたんやろなあと妄想
他所の星の言語で人気作家になれるなんて、英語すらダメな俺には気の遠くなるような話やな・・・
あのマグマ星人やガピヤ星人でさえ流暢な日本語を喋ってるけどさw

65: 名無し1号さん
>>46
テレパシーとか高性能な翻訳機とか脳に別言語をインストールするとか色々あるんじゃない?
恒星間移動ができるくらいの科学力の持ち主なんだし

51: 名無し1号さん
>>46
地球人では絶対ありえない「経験」の持ち主だからな
それらを小説に昇華できるのも大したものだが

5: 名無し1号さん
一番最初にパッと浮かんだのが美容室やってるマグマ星人とババルウ星人だった…
共生の究極理想はウルトラゾーンだよな
24840ecc

6: 名無し1号さん
ダイナのチャダビン星人

自分の宇宙船の爆発で地球人のムサシさんを殺めてしまった事から
最初は責任を取る為だったけど地球とムサシさんの家族が好きになり
その人に成り代わって今でも生活してる

7: 名無し1号さん
ゼナ先輩はAIBの捜査官として地球で活動していたけど、日常の描写がほとんどなくてどこで暮らしてるのかとかもよく分からなかったな。

8: 名無し1号さん
メイツ星人は溶け込めなかったよ
D7gIzY6UcAArELa

54: 名無し1号さん
>>8
身体が地球の環境に耐えられなかったからなぁ
そんな世界で暮らしている我々って一体・・・

10: 名無し1号さん
もし初代ウルトラマンがゼットンに負けずに怪獣を退治し尽くしたら、ウルトラマン自身が「人間社会に溶け込んでる宇宙人」になっていたかな

44: 名無し1号さん
>>10
どのみちゾフィーが迎えに来るよ。
その場合、初代マンは生きてるわけだから2つ持ってきた命が1つ余る。

11: 名無し1号さん
じゃ、ジャギラ星人…地味な話だから覚えてる人少なさそう

12: 名無し1号さん
マゼラン星人マヤって地球人と同じ姿しか無かったっけな
取り立てて人に擬態しているとかいうことも無かったようだったし
あの結末を選択していなかったら紛れて生活しても支障なかっただろうなと

13: 名無し1号さん
馬場先輩は実は地球を去ってなくて、ガイさんがあの世界を去って離れた後は、代わりに馬場先輩(とビートル隊とSSP)があの世界を脅威から守ってると思ってる

71: 名無し1号さん
>>13
ただ17話ラストのモノローグ聞く限りは、ガイさんは一時的にあの地球を離れることはあっても永遠にあの地球を去ることはなさそう
多分ナオミ達の子孫ともなんだかんだ交流持ち続けるんだろうなぁと
馬場先輩もずっとあの地球で「どこにでもいる」ヒーローとして頑張ってくれるのかな
だとしたら、いつかガイさんと馬場先輩で共闘とかあると良いなぁ...

15: 名無し1号さん
小田さんは予告の時点でまさかナックル星人が闘いを捨てて平穏に暮らしてるなんて、と思ったな
実際には燻り続けていた光の巨人に勝ちたいという思いをトレギアに利用されて散ってしまったわけだが…

19: 名無し1号さん
>>15
ただトレギアが居なくてもタイガが居る時点でそう遠くなく限界が来ていたと思う

16: 名無し1号さん
ガイさんは108年もあの地球に住んでるからか地球人以上に地球の生活に馴染んでたな

70: 名無し1号さん
>>16
5000年近く地球人生活してるわけだから
下手したら普通の地球人よりベテラン地球人なんだよな、ガイさんw

17: 名無し1号さん
ウルトラマンXに出てきたxioのファントン星人グルマン博士かな 過去作に出てきた宇宙人が防衛隊の一員として活躍するのは新鮮だった
20150819_1005114

18: 名無し1号さん
40年近く潜伏し土産と共に帰って行ったマックスのメトロン星人

20: 名無し1号さん
地球人より地球人クサいと言われた、ミジー星人の御三方。

21: 名無し1号さん
一般人として暮らしているが、精神的なショックなどで覚醒すると殺戮宇宙人となるヒュプナス。しかもその間の記憶がなく、自分が宇宙人だと自覚していない。

58: 名無し1号さん
>>21
最近は首から上だけ宇宙人となり、殺戮せずに普通に暮らせてる個体もいるよね。…改良型?

22: 名無し1号さん
愛染社長の中に入ってたチェレーザって宇宙人に入るのかな?入るんだったら割と地球に染まってた宇宙人だよね。プラス社長としての才能もありってすごいな

41: 名無し1号さん
>>22
愛染本人かチェレーザかは謎だが商才とか立身出世は本当大したものだよな、ただの町工場を大企業にするって

53: 名無し1号さん
>>22
ヒーローごっこするために街破壊は厭わないとはいえアイゼンテックは人々や社会に貢献していただろうし、本人は地球征服なんて微塵も考えていなかっただろうし、地球からすればメリットの部分が多い珍しい宇宙人だったよね。

23: 名無し1号さん
ウルトラQのルパーツ星人は既に人間社会に溶け込んでいて、皆同じデザインのサンダルを履いていたっけ

25: 名無し1号さん
不気味なのは表向きは子供好きの町内会長なヴィランギルドの大物ゾリンだな
★ゾリン_TAI_0321_9242

26: 名無し1号さん
星に帰りたい男はこの中に含まれるのだろうか

28: 名無し1号さん
宇宙人は溶け込んでるのにいつまでも敵対している地底人と海底(原)人
やっぱその辺は他国とはそれなりに付き合ってるけど隣国とはどこも大抵仲が悪い世界事情を反映しているのか?

29: 名無し1号さん
ウルトラゾーンのアイキャッチに出てきた宇宙人たち

30: 名無し1号さん
Xのラグビー回
ギャグと一蹴できない寂寥感あって好き

31: 名無し1号さん
ナックル星人は侵略目的だけど帰マンの第37話の冒頭で、仮の姿の宇宙電波研究所の所長として見学に来た小学生達と引率の先生に普通に応対していたので結構溶け込んでいていたっぽいな

32: 名無し1号さん
ニュージェネのレギュラー悪役もある意味当てはまるのか
ジャグラー、ストルム星人、チェレーザ 、トレギア…

トレギアなんかは霧崎の人もコメントしてたようにホント地球暮らし満喫してる感じがするw

33: 名無し1号さん
Xにギンガの闇のエージェント(バルキー星人、イカルス星人、ナックル星人)が出たけど、悪事から足を洗って平穏に暮らしていたけど、ギンガの時と同一人物なのかな

34: 名無し1号さん
遊園地に暮らして都市伝説化していたムゲラ

35: 名無し1号さん
リュグロー、ヴェロニカ夫妻。


ただし旦那のリュグローのほうは当初地球人に化けるのを嫌って車とかに姿を変えていたという。
美女に化けてた嫁がモテるのにやきもきするはめに。

60: 名無し1号さん
>>35
あの話初見ではオチの意味がよく分からなかったんだよな
例えば隊員服姿のチャールズに化けてくれたら
すぐ理解できたんだが

36: 名無し1号さん
ゼナ先輩(シャドー星人)みたいにかつて地球を狙っていた侵略者が地球人と友好的になり、地球を守ってくれてる展開好き

38: 名無し1号さん
あなたはだぁれのフック星人も人間社会に溶け込んでいたでいいのかな

39: 名無し1号さん
オーブ版のブラック指令。
入り口を隠した宇宙人用のカフェとはいえ、時々やってくる人間にも普通に対応していたから溶け込んでましたね。 オーブオリジンを知っている以上、地球歴は相当長そうだし

40: 名無し1号さん
そもそも、モロボシ・ダンやおおとりゲンもそうなのでは?

45: 名無し1号さん
>>40
特にゲン(レオ)は母星を失って地球を第2の故郷としてたわけだし、マグマ星人さえこなければ普通に地球に住んでたかもしれん。

42: 名無し1号さん
ラセスタ星人の両親は一生人間として生きて行くしかないのが切ない

43: 名無し1号さん
コスモスに出た赤星昇一郎に乗り移った宇宙人もだったよな。本来地球侵略のために地球人のサラリーマンに乗り移ったが家族愛が芽生えてしまった。

ラストで分離したがあの後彼はどうなったか…

47: 名無し1号さん
ギンガSのタンバさん。
他のファンやスタッフにも一目置かれるほどとは、溶け込むどころか驚くべきコミュ力の高さ。

56: 名無し1号さん
>>47
実はあの手の能力は米軍特殊部隊グリーンベレーの潜伏工作「人心掌握」で一番求められるスキルで、工作員のタンバさんがああなっていたのは自然で上手い描写だなって思った。

48: 名無し1号さん
地球をビジネスの場にしていたマーキンド星人も立派に溶け込んでいたと言えないか?
失業者に仕事斡旋したりしてくれるんだよ?

50: 名無し1号さん
いまや、もうちゃぶ台のシーンしか誰も覚えてないメトロン星人さん…

52: 名無し1号さん
キュルウ星人
母星に帰るための宇宙船を建造するために
協力者を募ろうと宇宙船の技術を小説にして発表したけど
その意図に気づいてしまったのはガロ星人という侵略宇宙人で・・・

55: 名無し1号さん
ウルトラQのルパーツ星人って正義の宇宙人を自称していてそれがウルトラマンの雛形になったと言われるけど、ラストのサンダルのシーンは初見時凄く怖かった。
地球に相当数潜伏しているし、キール星人追い払ったのも地球を独り占めしたいから、もしくは始めからキール星人なんていなくて地球の信用を得るためにしょぼい怪獣出した可能性あるし、とにかく空寒さでは一番の宇宙人だと思う。

57: 名無し1号さん
「勝負はまだ1回の表だ」なんて台詞が自然に出てくることほどの野球好きなことからして、バルタンJr. って実は人間に化けて野球観戦とかしてたんじゃないのか。

61: 名無し1号さん
最近はグローバリゼーション、多様化だから宇宙人=侵略者とは言えなくなって溶け込む宇宙人増えていたから、侵略という古い考えにしか縋れない惑星侵略連合のノストラ達は概念として面白いなと思った。

62: 名無し1号さん
タイガのヴィランギルドなんて凄く人間社会に馴染んでいるというか、移民した人の中には行き着くパターンの有力候補だからリアリティがある。

63: 名無し1号さん
ダイナの少年宇宙人に出てくるあの家族もだよね
悟は自分が宇宙人と知らなかった上、いきなり友達と別れて住む星を探さないといけないと言われても
すごく辛かっただろうなぁ
あの2人は会いにいけたんだろうか?

67: 名無し1号さん
宇宙人の潜伏の変化
昭和
侵略 破壊工作

平成(メビウスまで)
侵略 力試し

ニュージェネ~タイガ
移民 犯罪 競売の舞台 実験場

大枠はこんなイメージ。昭和にもいい宇宙人とかいたけどね。

68: 名無し1号さん
目的はどうあれ、とりあえず溶け込もうとする宇宙人がほとんどの中、240年も地球に滞在してたのに、溶け込むことを拒否した結果、未確認生物 雪男扱いされるバルダック星人の異様さ

69: 名無し1号さん
バラージのノアの神も、地元の人に憑依したり現地人に成りすまし変身したりして
地球で暮らしてたんだろうか?
ウルトラの父にすら、新潟が米どころって知ってたから地球暮らし疑惑があるし
てか、ノアやキングも人間態とかあって、地球暮らししてたことがあったりするんだろうか

72: 名無し1号さん
どんな暮らしをしていようと、赤い通り魔にかかれば全て等しく駆除対象なんだろうな・・・。

73: 名無し1号さん
月星人の南 夕子は完璧に溶け込んでいたと思う。
地球人と混血が進んでいたのかもしれないけど

78: 名無し1号さん
>>73
ウルトラマンレオで月からキララが迎えに来た弥生に至っては人間だと思って育ってきたので、あのまま何もなかったら人間として普通の生活送ってそう

74: 名無し1号さん
これはメトロン星人もしくはペロリンガ星人

75: 名無し1号さん
静かにだけど確実に社会に浸透しながら、侵略も進めてたゼイリブの宇宙人達はマジ賢い。

76: 名無し1号さん
ニュージェネの宇宙人は侵略者というより異邦人って色合いが強いよね
劇場版ジードに出てきた沖縄の宇宙人街がその最たるものだと思う

77: 名無し1号さん
シリーズが存続し続けた結果、同じ宇宙人の中でも個体差や色々な考え方があり
変わり者がいるんやなあと不思議に感心するW


79: 名無し1号さん
ジードのAIBは色んな宇宙人が所属してるね
シャドー星人、ピット星人、グローザ星系人、サーペント星人、ペダン星人、ゼラン星人、ネリル星人、ドーブル星人、セミ女(チルソニア遊星人)、ゴドラ星人

80: 名無し1号さん
宇宙人を通した自分と違う価値観や姿の相手への理解はタイガのテーマの1つでもあるよね












オススメブログ新着記事