o0350045010222997049

0: 名無し1号さん
例えばゴモラは最初こそ敵となってしまいウルトラマンが倒したが、その後はレイの
パートナーとして戦うゴモラが登場したり、サラリーマンの吉田がSDで変身したガンQは
今までのガンQのイメージを覆すほどの印象を残したりなど、同じ名称の怪獣でも色んな
タイプがあるわけで、善悪が分かれる奴なんかもいるなど種類が多様なこともあるね。






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  



ヒーローNEWS人気記事






1: 名無し1号さん
ナックル星人オデッサはジャックと戦った個体とは別っぽいね
彼は戦いに明け暮れるだけの生き方をしなかった…


23: 名無し1号さん
>>1
オネエのナックル星人も、グレイは悪人だったけどナクリは善人だったね。
オデッサも戦士の誇りは胸に秘めていたけど、基本的に善人だった。

29: 名無し1号さん
>>23
グレイも仲間のエージェント達とUPGに拾われているあたりオネエタイプは比較的付き合いやすいのかも

40: 名無し1号さん
>>1
ナックル星人は一番個性が表現されてる星人かもね
グレイ
バンデロ
ナクリ
ナグス
ジード映画のチンピラ
ルーブの親ナックル
オデッサ
ニュージェネ+タイガだけでもこんなに違う

49: 名無し1号さん
>>40
そもそも見た目だけでもわかりやすいやつで歴代で3種類ほどいるし個性強そうよね

52: 名無し1号さん
>>49
顔と胴体の長さや突起物等を考えると4種類程いたと思う
初代・小田さん
メビウス~ウルギャラの個体
グレイ・ナクリ
バンデロ・ナグス

2: 名無し1号さん
凶暴というかガキ大将な感じのレッドキング

3: 名無し1号さん
メフィラス星人は初代は知性を感じたが二代目はちょっとだけ品の無さを感じた
タイトル

62: 名無し1号さん
>>3
個人的に一番知的なのはウルトラゾーンに出たやつ

10: 名無し1号さん
>>3
やたらと神格化されるけど、初代って言うほど知性派か?w
大怪獣ラッシュのジェントさんの方が、百倍かっこいいぜw

38: 名無し1号さん
>>10
知性派ではあるんだろうけど、
子供が言うことを聞かないだけですぐキレてた印象しかないw

70: 名無し1号さん
>>38
地球人を完全に見下していて
簡単に言いくるめられると思っていたのに反発されたから
余計イラッときたんだろうな
計算外のことが起こるとすぐ怒るのはある意味知性派の証拠かもしれない

4: 名無し1号さん
セブンやエースの頃は狡猾だったのに、マックスでの再登場時には老いてなお矍鑠として、ギンガSではドルオタのメトロン星人。
意外とサイリウム振ってる姿に違和感無かったし、ギンガやビクトリーと並んでもカッコ良く見えた。

6: 名無し1号さん
グビラの初代は海底センターにふらっとやって消え暴れたけど、サーガ以後の平成シリーズで出たときは暴れたときには空腹やウルトラカプセルの症状などそれぞれ理由があって、本来はおとなしいせいかく

7: 名無し1号さん
コスモスではトレードマークのハサミが無かったりパワードはスマートになったり、マックスではボクっ娘だったり…なバルタン星人。

9: 名無し1号さん
帰マンに出てきたミステラー星人
もともと好戦的な種族だが
戦いに嫌気がさした星野さんは1人娘と地球で平和に暮らそうとして元上司と激闘を繰り広げた
212b4de6800c6b077b895b28d830b93b

11: 名無し1号さん
スラン星人はウルトラマンマックスへの復讐が第一で、今後登場してもブレないだろうな

12: 名無し1号さん
ガピヤ星人のサデスとアベル。兄弟なのにそれぞれ違う方向に強烈なキャラクターになった印象。

13: 名無し1号さん
マグマ星人はセブンの足折った奴と迷惑求婚野郎で違いすぎるだろ

30: 名無し1号さん
>>13
婚活してたやつはL77星侵略した個体(一派?)とは違うのかな?それならレオの態度が違うのも納得なんだが。

14: 名無し1号さん
こういうのはやっぱりババルウ星人が真っ先に思い浮かぶ。これまでの作品で数々の悪行を行って来たけど、オーブに登場した馬場先輩ことババリューさんが偶然とは言え子供達との出会いで最終的に改心してヒーローになったのは感動した
ad641461

15: 名無し1号さん
バルキー星人は個人的に初代や2代目みたいな悪役キャラが好きだけど、SDのギャグキャラも好きだな

16: 名無し1号さん
仕草に愛嬌が出てきたベムスター

17: 名無し1号さん
まあ○○星人と称される宇宙人に個体差があるのは当然だろうな

18: 名無し1号さん
種族的な方向性としては数多の星を滅ぼしてきたという凶悪な宇宙人チャダビン星人。
だが地球にやってきた工作員の一人は超が付くお人好し。

「地球に生物はいない」と騙されて惑星破壊兵器ンダモシテXを仕掛けにやってくるも、
いないと思っていた地球人の一人を誤って死なせてしまったために
その地球人花火職人のムサシに姿を変え本来の姿は捨ててしまうほど。

19: 名無し1号さん
昼型の赤色種族と夜型の青色種族で相争っているスタンデル星人だけど、
地球人のおばあちゃんに絆されてしまったのは多分レドル個人の性格によるんだろうねぇ。

20: 名無し1号さん
ヤプール人だけは今後も凶悪な個体しか出なさそう。てか善人のヤプール自体いなさそう...

28: 名無し1号さん
>>20
そもそもヤプールって個人とかあんのかな、あいつ……

43: 名無し1号さん
>>20
漫画のULTRAMANじゃヤプールは味方ポジだな
そもそもの成り立ち自体が違うんだろうけど

59: 名無し1号さん
>>20
こいつら今後スペースビースト利用してきそう。

65: 名無し1号さん
>>20
超闘士のヤプールとは和解して新章では助っ人に来て悪側のヤプールと戦ってくれた

21: 名無し1号さん
こういうので一番好きなのはペガッサ星人ペガだな
オリジナルがやるせない話だったから

26: 名無し1号さん
Qの時とは性格も性質も逆になったマンでのラゴン。
好きだった音楽を聞かせると暴れ出すのは爆弾の放射能による影響で、マンとの戦闘後爆弾を除去されたあとは元の性質に戻っていることを祈る

27: 名無し1号さん
シャドー星人みたいにかつては地球を狙っていた侵略宇宙人が地球人と友好的になるパターン好き。ゼナ先輩達AIBみたいにかつての侵略宇宙人の同族が地球を守ってくれてるのは良いな
be06e84a

31: 名無し1号さん
ゼットン星人ベルメといいゼラン星人オショロといいあの服を好んで着る奴は種族の中でもイロモノが多いのかw

32: 名無し1号さん
キュラソ星人のこのあたりを一度掘り下げてほしいんだよな
セブンの劇中では地球に来たのは「キュラソ星人の犯罪者」であって
キュラソ星そのものとは友好を結べた、みたいに描かれていたから

63: 名無し1号さん
>>32
地球人に被害を出してしまってるからセブンに退治されるのはわからなくもないんだけど、あのキュラソ星人がどんな犯罪を犯したのかは語られないから、実は政治犯とかキュラソ星の体制側の犠牲者で都合が悪いから犯罪者にされただけとか考察もあって、奥深いよね

34: 名無し1号さん
たまたま最初に見つかった個体が敵だったもしくは味方だったくらいの違いなのかね。

36: 名無し1号さん
>>34
それでひとつエピソード作れそうだよね

35: 名無し1号さん
タロウの「改造ベロクロン二世」は初代じゃなくて二世の方を改造したのか
二世ってろくにミサイル撃たずエースと相撲してた印象しかないけど
ヤプール的には二世の方が改良版なのか

でもメビウスで復活させたのは初代の方なんだよな

44: 名無し1号さん
>>35
巨大ヤプール化以降はヤプールの意識がひとつにまとまった感があるけど、その中でもブレがあってそういうのが初代を復活させたり2世を改造させたりとの、行動の違いになってくるのかもしれんね

37: 名無し1号さん
亜種含めていいならペギラとチャンドラーは何であんなに差がついたのか
ペギラは飛べる・光線あり、一方で飛べない・光線なしのチャンドラー・・・

39: 名無し1号さん
人間だって個々に個性あるんだからそりゃ宇宙人や怪獣にも個体による個性があるだろうって考え方よね。この考え方自体は割りとあるけど、ちゃんと描写できてるのはウルトラシリーズぐらいだと思う。他の作品だと色々弊害があってできてなかったりするし

42: 名無し1号さん
メトロン星人は初代が知的で力づくを好まないな感じなのにJrはかなり乱暴だし、ジェイスはアイドルオタクだし特にバラバラだな

45: 名無し1号さん
>>42
Jr.は山中隊員の婚約者マヤの遺体に憑依すると普通に話すのだからJr.の姿の時も何か喋って欲しかった

47: 名無し1号さん
バルタン星人はコスモスやマックス以降、穏健派と過激派に別れてる印象

そろそろまた悪の過激派が登場してくれてもいいのよ?w

51: 名無し1号さん
これはゼットンよ
ゼットン星人が作った最高級のゼットン
バット星人の作った質の低いゼットン
人間の恐怖と絶望 いろいろな怪獣を食わせて手間暇かけたハイパーゼットン
  等々いろいろな宇宙人に使われ、それぞれがいろいろな強みを発揮してるのはポケモンの様

53: 名無し1号さん
ダダも社畜だったりおふざけチョーさんだったり武人だったりで
三面怪人だからというわけではないが個体差と個性が豊かっすねぇ

54: 名無し1号さん
予算が足りず同じ着ぐるみを使い回さないといけないからこそ、個体差の魅力が出てきたんだろう。
怪我の功名だな。

55: 名無し1号さん
ザラブ星人はウルトラゾーンのドラマを見て印象がだいぶ変わった

56: 名無し1号さん
馬場先輩とか小田さんとか初登場時悪役だった宇宙人が善玉になって登場することが多いけど、
逆に初登場時善玉だったのが悪役として登場するのも面白いんじゃないだろうか。

68: 名無し1号さん
>>56
ある意味トレギアやベリアルがそうじゃないかな

57: 名無し1号さん
ガンQは当てはまるかな

ガイアでは不気味な存在感を発揮していたけど、ギンガSで出てきた時は人が変身したこともあって憎めないキャラクターになっていた

さらには再登場すると可愛げのある動きが増えているように移る

60: 名無し1号さん
コスモスの映画1作目でバルタン星人に対する認識が変わった人多いんじゃないかな?

72: 名無し1号さん
>>60
マックスでも過激派な奴と穏健派なヤツがいたな

66: 名無し1号さん
ウルトラマンかてエースのように当初地球人をお前たちと呼び見下すような発言をしたり、ヒカリはボガールへの復讐のために他人の身体を乗っ取ってたり、ベリアルに至ってはもはや説明不要、と色々いる。
最も最初に地球にやってきた宇宙人が悪人だった場合、その同族ひいては他の宇宙人が同じ認識をされて大迷惑になるのは間違いないわけで。あのメイツ星人の悲劇がその何よりの証拠だ。

69: 名無し1号さん
>>66
メビウスのサーペント星人なんかもろそんな感じだな












オススメブログ新着記事