5641f1f84a169c4c5382e7429b9636f8

0: 名無し1号さん
低迷していたファイブマンの視聴率をV字回復させた男であり、
特撮史上、ここまでテコ入れが大成功した例って後は
初代ライダーの2号登場・変身ポーズ導入ぐらいじゃないかと思える。
次作ジェットマンの功績ももちろん大きいが、
90年代初頭の戦隊シリーズ中興は彼抜きには語れないだろう。
ということで、シュバリエの魅力をいろいろ語ってみないか。






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  


1: 名無し1号さん
演じてるのがフラッシュマンのグリーンフラッシュ·ダイの人なんだっけ?
o0976075014466079966


2: 名無し1号さん
ファイブレッドをライバル視してるけど、この手のライバルキャラにありがちな「正々堂々と真正面からの勝負」には拘らずに卑怯な行為もやるってのが珍しかった記憶がある。確かガロアにファイブマンの4人との戦いを押し付けて、自身はギンガマンと6人掛かりでファイブレッドと戦ってたっけ(違ってたらごめん...)

9: 名無し1号さん
>>2
その押し付けられたガロアは一人で残り四人を圧倒してたというね。

20: 名無し1号さん
>>9
で、レッドが割り込んだらあっという間に1人でガロアを圧倒。
学兄さんは弟妹4人合わせたよりも強いのか。

41: 名無し1号さん
>>2
ワニカエルギンの時間停止で無防備なファイブレッドを攻撃して、
死に至らしめたこともあるしな

ちなみに安らかに眠れと花を添えた

3: 名無し1号さん
どういうキャラか知らんかったんでググったんだが
ヒーローじゃなくて悪役なのか
ライダーマンやビッグワンみたいな魅力ある新ヒーローの登場で視聴率回復ってのは理解できるが
ヒーローを苦しめる新しい悪役で視聴率回復ってのはスゲーな
かっこいいヒーロー作るより難しい気がする

34: 名無し1号さん
>>3
敵が冴えないとやっぱヒーローも萎えないんだよ
中の人たちには悪いけど、ガロアやビリオンと戦っても微妙だった
シュバリエ登場前でもスターファイブ登場回あたりは結構良かったんだが、その後にファイブくん人形というテコ入れ失敗の典型例がまたあってなぁ
DiItut6U0AAtrqR

4: 名無し1号さん
ヒーロー(甲斐バンドの方)を歌いながら登場は流石に吹いた。しかし最期がラスボスの完全復活の生贄だったんだよな…

14: 名無し1号さん
>>4
メドーがメドーじゃなかった時点で破綻してしまったというか、引くに引けなくなった感ある
やけっぱちの忠誠心というか

精神崩壊するドルドラ、レッドと決着に拘るビリオン、艦長の椅子に拘るガロア、お金に拘るドンゴロスとはまた違う最期なのは面白い

35: 名無し1号さん
>>4
あーいうのってヒーロー側を本当に生け贄にする訳にもいかないし
かといって完全体出てこないと物足りないし
説得力ありつつラスボスの悪辣さをみせる上手い展開だった

5: 名無し1号さん
レッドをホントに殺してしまっているというところで強烈に印象に残っている。

戦隊は全体で見ればごく一部しか視聴出来ていないので他にもスゴいキャラは
いたのかもしれないけど、上記の事やスーパー合体ロボがボコボコにされた事から、
「ファイブマン=激しい戦隊」のイメージが付いて回っている。
なので、後に「ファイブマン=戦隊の暗黒期の象」みたいな扱いなのを知って
驚いた(当時小学生なんでそんな事情知る由も無い、というのも有るけど・・・)。

11: 名無し1号さん
>>5
スーパーファイブロボをぼこぼこにした敵をファイブテクター装備のブルーの人間大砲で倒した回はまだ覚えてる。

6: 名無し1号さん
ギンガマンがシュバリエの親衛隊になってたな

7: 名無し1号さん
ガロア元艦長が人形と九州でもうギャグキャラの道しかなくなった所を、引き締めてくれたからな

42: 名無し1号さん
>>7
それだけにビッグガロアンでの功績が大きい

8: 名無し1号さん
ゴルリンを独自に改造した黒ゴルリンや合身銀河闘士の技術をトレースしたり、戦闘力だけじゃなく科学力も高いレベルで持ってたよね

13: 名無し1号さん
グンサーはもうちょい伸び代あった気がするんだけどな
味方キャラとしては見た目にヒロイックさに欠けるか

父さんがスターファイブだけじゃなく新しいスーツも用意してくれてたら

16: 名無し1号さん
>>13前作の流れ暴魔かグンサーが追加戦士になってれば次回作のジェットマンの本編にグリーンイーグル/剣崎が登場してたかも。もしくはX1マスクの時点で6人目を定着させてるとか

15: 名無し1号さん
レー・ネフェルとシュバリエで戦隊OB・OGの悪役路線がハマったからジュウレンジャーでも採用したら、良い意味で期待を裏切られてまさかの新機軸が生まれたから以降は素面だとWのゲスト怪人戦隊オールスターまで殆ど無くなったよね

17: 名無し1号さん
>>15戦隊OBの悪役と言えばキョウリュウジャーのエンドルフの声優さんってメガブルーの瞬だったんだな

27: 名無し1号さん
>>15ファイブイエローのレミ役の女優さんも後にカクレンジャーで花のくノ一組のサクラ役で悪役やってたな。しかもシュシュトリアン回ではファイブマン同様小学校教師に変装してたし(出来れば音楽教師にしてほしかったなぁ)

18: 名無し1号さん
ゲストで丁度「チューして!」とかいうCMで注目された水野美紀氏が出てたことの方が記憶にある

19: 名無し1号さん
滅茶滅茶キザなのに次年のトランザほど嫌味な印象が無いのは何故だろう。
女性視聴者の人気も高かったらしいね。

24: 名無し1号さん
>>19
あの「歌」とノリと笑顔が爽やか系だからじゃないかな
トランザのノリと笑顔は他者を見下したような感じだし
(人間態の時は爽やか系だが)

43: 名無し1号さん
>>19
メドーへの忠誠心や
ガロア以外の幹部たちとも何だかんだで上手くやっていたことも大きいと思う

21: 名無し1号さん
ここからの戦隊は記憶に残る悪の組織が続くねー

25: 名無し1号さん
彼が加入したことにより敵役に「剣客幹部」がさらに増えてしまって
個人個人の印象が薄くなってしまったとは思う
(特にビリオンが)

31: 名無し1号さん
>>25
ビリオンにはサーベルギン回と愛をくださいがあるから……
井上脚本のキザさにはシュバリエよりビリオンが合うのよな

46: 名無し1号さん
>>25
ファイブマンが善戦してるときに流れる劇伴で最も印象に残るあの曲。
サントラの解説によると元はビリオンのテーマとして作られたらしい。
実際は、彼がボコられる場面で多用されてたけど。

28: 名無し1号さん
レッドとの最終決戦は熱かった
「倒す!必ず貴様を倒す!勝負は一秒あれば足りるのだ!」
この台詞をいうシーンはまさに正統派熱血キャラになっていて
普段の伊達男気取りより数段魅力的だった

29: 名無し1号さん
ヒーローはヒーローだが彼の場合は戦場で数多くの武勲を立てた戦士の意味合いだな
演じたのはスーパー戦隊のOBだけど

30: 名無し1号さん
所謂決闘もののお約束かもしれないけど
ファイブレッドと最後の一撃を打ち合ってニヤリと笑った一瞬後
吐血しながら崩れ落ちるのは壮絶だった
コスチュームが白基調だから赤い血がより際立っていたし

37: 名無し1号さん
>>30
これでバルガイヤーの脱皮を防いだぞ!からの、最高極上の戦士とは初代艦長シュバリエのことだよ?という説得力

44: 名無し1号さん
>>37
バルガイヤーは最初からシュバリエが負けることを計算していたのか、それともシュバリエが勝った場合はレッドの命でも脱皮できたのかどっちだったのだろうか。
まあガロアの命じゃ絶対に無理だったと思うが(笑)。

32: 名無し1号さん
雑コラみたいな合身銀河闘士も強烈だった


イカタマギンのギリギリセーフなネーミングセンスよ
201802261700377cc

33: 名無し1号さん
某誌で情報を知ったときは初代艦長の肩書から爺様キャラを想像してたもんだが、出てきてみればイケメン艦長だった。メドー様から悠々自適の生活を提供されていたが、後任があのザマなら俺が何とかしてやるか!と思い立つのは素晴らしい忠誠心だな。

45: 名無し1号さん
顔出し幹部が着ぐるみ脱いで私服で星川兄弟を名乗って子供たちを騙す話はよく覚えてる。
あの回のシュバリエ様は「髪型がダサい!被り物してた方がカッコいい!」って言われてたな。自分はあの髪型は嫌いじゃないけど、やっぱりあの被り物のデザインが魅力的だったのも人気の理由の一つだったのかな?

47: 名無し1号さん
シュバリエはかっこいいしテコ入れ人気回復に成功したというのもわかるけど
それでも俺はガロア艦長のほうが好きなガキでしたw
転落後の扱いやギャグ要素の強かったこともあって今でも印象に残るのはやっぱりガロア艦長のほうだし

なんつーか、ああいう強いけどキザで後から出てきたのに偉そうな奴て、絶対最後はロクでもない最後になって、最初からいるボス(ガロア)が返り咲くんだろうなーと子供心にも思っていたしw

49: 名無し1号さん
まだファイブマン見てないから彼の事はよく知らないけど、最終回に登場していないにも関わらず演者の名がOPにクレジットされていた事から彼の存在が番組のテコ入れにどれ程貢献したか、彼に対する製作陣の敬意の大きさはよく分かる。

50: 名無し1号さん
シュバリエ様について語れる人がこんなにいるなんて!
前に特撮ヲタのオフ会で篠原先生の話になって「自分は彼のデザインならシュバリエ様が好き」って言ったら、自分以外みんな知らなかったんだよね。やっぱファイブマンが(少なくともネット上では)評価が微妙なのは内容じゃなくて認知度が低いからなんだなって思った。みんなが本編ちゃんと見れば評価がガラッと変わるはずだよ。Youtube配信が楽しみだ。







読者登録していただければLINEで更新通知が届きリアルタイムでコメント欄に参加できます。
Twitterでも配信しているのでフォローしていただけると嬉しいです。






オススメブログ新着記事