6f431a2496a6752d30481a73c803d964

0: 名無し1号さん
敵、味方、友達そんな単純な言葉では言えないキャラ同士の関係ってあるよね
睦月とタイガーアンデッド/城光の2人は回が進むほどに
なんとも言えない不思議な関係になって行った





※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  


1: 名無し1号さん
音也と次狼が浮かんだ
kiba10-1


22: 名無し1号さん
>>1
くだらんじゃれ合いみたいな喧嘩したりかと思えばガチで殺し合ったり一緒に風呂入ったり男の約束を交わしたり。かっこいいよなこの2人

26: 名無し1号さん
>>22
次狼の推しが山本スーザン久美子というカシラ要素
変身しなくても狼感のある顔で堂々と宣言するところがまた面白い

2: 名無し1号さん
ガイさんとジャグラスジャグラーはもう味方とか敵とかそういった概念を超越した2人
C0aBaSoUsAI_yJH

75: 名無し1号さん
>>2
今なお敵同士でありながら、当人達は認めないだろうが頼りになる「仲間」でもある。こんなライバル関係を描いたオーブは本当に面白かった。

4: 名無し1号さん
たっくんと草加
絶対に友達ではないけど仲間ではある
たっくんは最初に草加の本性に触れ、草加はたっくんの正体について最初に疑問を持ったなどある意味でお互いが最大の理解者でもある

51: 名無し1号さん
>>4
木場さんとたっくんの組み合わせもなかなか奇妙な関係だと思うよ。555はまさに群像劇というか、奇妙な人間関係の重ね合わせのような物語なんだよね

5: 名無し1号さん
一条さんとバラのタトゥの女の関係も敵同士なのだろうが不思議な関係だったな

6: 名無し1号さん
エグゼイド終盤の貴利矢さんと黎斗神は「殺され、殺した者」同士と言う奇妙な関係ながら、名コンビではあったな

8: 名無し1号さん
>>6
殺され、殺した者ならビルドの氷室幻徳も仲間の恋人や仕事仲間を殺してるけどなんだかんだで受け入れられたよな…

53: 名無し1号さん
>>8
かすみは 藤井隆が元々だし、内海の県は包帯ぐるぐるまきで悔んでたから…(なお翌週の服装)多少はね。

コンビは、沢木哲也と津上翔一かな

沢木は黒神に接触して力を得て、雪菜のことは忘れ、出会いがしらに力を覚醒させるという一見すると悪役ムーブなんだが…
全ては翔一達の為の行動で、頻繁に翔一に接触するわけでもなく、自分が死ぬ一歩手前
でやっと曇っている翔一を『お前の手は…人を守るための手だ』と鼓舞する。
絶妙な距離感

78: 名無し1号さん
>>8
幻徳爆弾埋められて操り人形になってたから…

7: 名無し1号さん
紘汰と戒斗が真っ先に出て来た

29: 名無し1号さん
>>7
不思議な関係性だよな、基本的に主義主張は常に対立し合ってるのにお互いを理解し背中を預けられる関係。
似て非なる関係で映司とアンクが思い着くんだけど、その過程や結末も正反対なのがまた興味深い。

58: 名無し1号さん
>>29
これぞ正に「ライバル」なんだろうな

11: 名無し1号さん
憎むべき対象なのにダチという剛とチェイス

12: 名無し1号さん
ビルドのカシラと氷室はそんなに接点がないのに、あそこまで名コンビになったのはすごいと思った

14: 名無し1号さん
ジェットマンのグレイやエグゼイドのグラファイトみたいに敵味方を越えた友情いいよね

15: 名無し1号さん
ダイレンジャーの亮と陣。お互い拳法家としては正反対の2人が戦いの中で互いを認め合うのが良かった
CfxTuNvUAAAvvJi

17: 名無し1号さん
北岡先生と浅倉
宿敵で間違いないけど先生が上手くあしらったり空回ってイライラが貯まる浅倉は見てて面白い なお最終回

31: 名無し1号さん
>>17
まさかあんな結末になろうとは・・・
龍騎はそういうの多い気がする、真司と蓮、真司と北岡先生、真司と五郎ちゃんとか。
あれ?真司ばっかり?

35: 名無し1号さん
>>31
最初は利用しようとして近付いたが本当に仲良くなり友達になったばかりに何故か殺し殺されに発展した男たちの友情物語を忘れてはならない

42: 名無し1号さん
>>35
タイガとインペラー・・・あれは友情なのか? いや、歪んではいるけど友情だったのかな

44: 名無し1号さん
>>42
東条は間違いなく友情感じてたと思うよ。だからこそ殺すのが最高にサイコパスなんだけど

19: 名無し1号さん
馴れ馴れしい海東を煙たがるもやし
友情かどうかはわからないが10年以上引きずってるなら腐れ縁だな

20: 名無し1号さん
ウルトラマンティガの変身者であるダイゴ。GUTSの二大エースパイロットの1人シンジョウ隊員。
優秀な2人なのにガッツウイングに一緒に搭乗するとほぼ撃墜、墜落する。何故なのか?

24: 名無し1号さん
海外作だとアベンジャーズのトニーとピーター。
師弟を越えて義理の親子にまでも思えるくらいにウエートが大きい関係が良い。だから別離が重すぎる
20180308112444455

47: 名無し1号さん
>>24
 サムライミ監督版のスパイダーマンだけど、ピーターとハリーの関係も「親友だけど敵同士」というあの関係。 2から3にかけての関係の変化がめまぐるしいw

25: 名無し1号さん
タイムリーだとやっぱサラ・コナーとT-800かな。
かつて自分を殺しに未来から来たターミネーターに息子のジョンが助けられ、最新作でサラは再び何故かT-800に出会うし。

同型機の別人とは言えかつての敵に息子を助けられ、恐怖の象徴から印象が変わったもんな。

34: 名無し1号さん
>>25
それだけ2の展開は当時熱かったろうな
 殺人鬼から未来から来たロボットになった、いわゆる殺人鬼ホラーの派生作品見たいな1作目だったのが、別な作品で例えるとジェイソンやフレディが味方になるような展開なんだし。

27: 名無し1号さん
平成ライダーだと原点はやっぱ真司と蓮かな
主人公である真司は「戦いを止めるのが正しい」と信じるキャラでなければいけない立ち位置だし
連は恋人のために絶対それを受け入れるわけにはいかない立ち位置にいる
なのに最終回の直前では今のジオウ&ゲイツにも通じる相棒関係になっていたという……

28: 名無し1号さん
>>27追記
これ以降、たっくん&草加のように『共闘したほうがいいのに仲が悪い』とか
剣崎&始のように『お互いに戦う宿命を背負ってる』みたいな関係のライダーが出始めたよね
やっぱり龍騎はいろんな意味で規制概念をブッ壊した意欲作だと思うわ

30: 名無し1号さん
巧と海堂
仲間にあたるんかね?本編ではそんな親しくもない気がするけど…木場も長田さんも亡くした海堂から見た4号のたっくんってやっぱ心情的にたまらないものがあったんだろうな

64: 名無し1号さん
>>30
何だかんだで共闘していたし、オルフェノクという共通点を除けば友人というほどではないが付き合いやすい間柄なんかね

33: 名無し1号さん
空蝉丸とドゴルドが思い浮んだ
敵同士ではあるけど身体乗っ取られてたのもあって互いの事をよくわかってるというか、奇妙な敵対関係だなって思ってた

37: 名無し1号さん
ヒュウガとブクラテス

38: 名無し1号さん
初瀬ちゃんと城之内を挙げたい。
側からはどっからどう見てもズッコケコンビなんだけどそれぞれの思惑がすれ違って微妙に噛み合ってない2人だったな。
城之内がもっと早く初瀬の存在の大きさに気付けてたら最悪の悲劇は回避されてたかもしれないと思うと……

39: 名無し1号さん
超星神シリーズは毎年のお約束的要素になってたわなぁ。
天馬とロギア、翔太とデモンナイト、拓人とブレアード・・・。
次回作があったらどうなっていたのやら。

40: 名無し1号さん
剣崎と始はもう言わずもがなだし敢えて虎太郎と始にフォーカスしよう。
虎太郎は栗原親子の事を想えば拒絶もまた当然だし始も基本無関心だけどいざという時は救うなど憎からず思ってて、オーキッドの件とかも絡むとかなり複雑な関係なんだよな。

41: 名無し1号さん
トッキュウジャーの、ライトとゼット

ボスだけど、ライトのキラキラ影響されて、憧れを持ってて、それを持てない自分に絶望して

変わった関係だと思った

43: 名無し1号さん
ドクター真木と伊達さんかな。
心を閉ざしたドクターを伊達さんがぐいぐい自分のペースに引き込むのがお決まりだけど、ドクター自身それを憎からず思ってたのが残された人間味を感じる。
少し深読みするなら伊達さんも医者という職業柄、ドクターの病んだ精神に気がついてスキンシップを図り改善しようとしたんじゃないかな。映司の歪みに真っ先に気がついたのも伊達さんだし。

48: 名無し1号さん
>>43
ドクター真木が改心するルートもあり得たかもってことか・・・まぁ、そもそも当時はラスボスになるなんて思わなかったけどw

45: 名無し1号さん
鋼牙とカカシ。
お互い知らない姿になっても過去の思い出で繋がっていたという奇妙な巡り合わせだったな。

52: 名無し1号さん
万丈とエボルト
敵同士なんだけど万丈が変身するにはエボルトの遺伝子が必要不可欠と言う…
最終的には歯牙にもかけていなかった人間に対して「人間だからキルバスに勝てた」とまで言わしめたVシネでの2人は間違いなく相棒に見えた

71: 名無し1号さん
>>52
とはいえ、やっぱり敵には違いないので逃げたエボルトに対して「2度と戻ってくんな!」は頷くことしかできなかったなあ

80: 名無し1号さん
>>71
生きているだけで罪な奴もいるが、エボルトは何もしなきゃ良いやつみたいになるからな



何もしなければ

54: 名無し1号さん
ガイムの凰蓮さんと城乃内
成り行きで姉弟になったけど、凰蓮さんも本気で心配したり、城乃内もこき使われつつもパテシエの道を歩んだりと、相互作用が面白かった

81: 名無し1号さん
>>54
最終的に両方カッコ良すぎるしパティシエって強くてカッコいい…ってなった。

ブラーボが海外に派遣された時の店番任されるくらい信頼置かれるようになったし、

56: 名無し1号さん
ケータイ捜査官7から間明蔵人とゼロワン
ってゼロワンは人ではないけど
ゼロワンがケイタの下に行くまでバディでもないのに付かず離れずだったな

57: 名無し1号さん
ウルトラマンと変身者の関係が掘り下げられる事も増えた今だからこそ
初代ウルトラマンさんとハヤタ隊員の関係のなんとも言えない不思議さも光る

60: 名無し1号さん
井上敏樹とかいうそういう奴等描かせたら右に出る者はいない脚本家

83: 名無し1号さん
>>60
そして色んなパターンあるからすごい…

62: 名無し1号さん
戦兎と万丈
戦うヒーローと被保護者、戦友、実はどちらも事件の根幹に関する関係者と発覚、そして新世界で二人きりの前世界記憶持ちの腐れ縁(TV本編終了時点)と色々複雑だった

84: 名無し1号さん
>>62
万丈も桐生戦兎も生まれた理由は悪の野望だったのに、彼女や仲間がいたから正義のヒーロー(+サブキャラ)になったんだな…

63: 名無し1号さん
敢えてゲイツと、ウォズを挙げる。

オーマジオウによって道を違えた二人がその過去の姿であるソウゴによってふたたび交わる、と考えると何とも不思議な縁。

65: 名無し1号さん
マックスとゼノンだろうか。文明監視員の同僚という共通点以外だと思いのほか関係性を想像し辛い二人。というか、最強のキャッチフレーズを関して現れたマックスに拮抗できる実力者ってだけでゼノンの存在は軽んじていいものじゃないと思うんだ

66: 名無し1号さん
シャンゼリオンの涼村 暁とザファイアの小夜子
恋敵は倒し自分に振り向かない男に制裁を加える小夜子は自分を受け入れない鈴村 暁に異常なまでに執着して酷い目に合わそうとするが殺す気はなく苛めているという認識

67: 名無し1号さん
悠と仁さん
敵とか仲間という概念では語れない、複雑な関係。

70: 名無し1号さん
>>67
シーズン2での回想編を見た感じだといざという時には殺し合うけどそれももはやスポーツ感覚でしかないんだなって思わせる関係性だった。仁さんのこちらも病み上がりみたいなもんだから戦わない旨の発言は仁さんらしいと思うしちょっと緊張の糸が張り詰めていた視聴者の肩の力をいい具合に抜かせてくれる

68: 名無し1号さん
これはバットマンとジョーカー
「ジョーカー」のラストで両親の死体を前に佇むブルースというバットマンの誕生を予感させる場面を思い浮かべながら初めて本当の笑顔を見せたアーサー
続編はいらない派だけどあのヴァージョンのバットマンとジョーカーの関係についても色々考えちゃう

69: 名無し1号さん
設定上は先輩後輩の関係であるセブンとセブン21。設定年齢はセブン21の方が上だけど、現実でも年下の先輩と年上の後輩に出会うケースはあるからそこまで不思議じゃない
いつか映像作品でこの二人のコンビネーションとか見てみたい。ピンチになったらゼロが駆け付けて4本の宇宙ブーメランが敵にとびかかる夢の競演を撮ってくれないかなあ

72: 名無し1号さん
アンクと比奈ちゃんかな

76: 名無し1号さん
本郷「体を労われよ、地獄大使」
地獄大使「待て…本郷…おれと戦ってくれぇ…」
もう爺ちゃんって歳なのに、何やってんだこの人らは…ってなった。切なくもあるんだけど。

お爺ちゃんというと、オーマジオウとソウゴも妙な関係だったね。

85: 名無し1号さん
>>76
地獄大使も仮面ライダー誕生には欠かせない人物だからね…

86: 名無し1号さん
戒斗とザックは同じチームメイトでありザック達は戒斗を尊敬し、慕ってはいたけど、後にVシネで実際はザックにも戒斗の事はよく分かってなかったって言ってたな。チームメイトであり、親友であったけどこの2人、と言うかチームバロン自体がそれだけの関係ではなかったんだろうな







読者登録していただければLINEで更新通知が届きリアルタイムでコメント欄に参加できます。
Twitterでも配信しているのでフォローしていただけると嬉しいです。






オススメブログ新着記事