DVhcnEIVQAAWsJ9

0: 名無し1号さん
地球に逃げてきたキュラソ星人は囚人だけど、キュラソ星から
友好条約が結ばれたのでキュラソ星の大半は常識ある善なる宇宙人だと思う






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  






1: 名無し1号さん
ミステラー星人が真っ先に出て来た
a80abe57cf2c69b23a4d7c94d674b2b1


53: 名無し1号さん
>>1
同じく。
劇中で善側のミステラー星人〈の人間態〉と郷さんが、テレパシーで会話してるのが格好良かったな。

2: 名無し1号さん
真っ先に浮かんだのがババルウ星人。オーブに登場したババリュー先輩の足を洗っていく過程は必見である

3: 名無し1号さん
光の国のウルトラマン達。長らく正義のヒーローとして描かれて来たけど、ベリアル、そしてトレギアと2人の悪墜ちウルトラマンがいた事が明かされたな

71: 名無し1号さん
>>3
そんでもって過信なんてものはよくあり、
ゼロなんて光の国のエネルギーに手を出しかけたからな…
タイガも危ないところいったし

99: 名無し1号さん
>>3
ベリアルの場合レイブラッドに侵食されたのが決定打になった気もする
あれさえなければはぐれウルトラ戦士として戦ううちに正義に戻れてた可能性も僅かだろうけどあったんじゃないか

4: 名無し1号さん
人外キャラねぇ...
ケータイ捜査官7のゼロワンはバディを次々と失うことで自らの解を求めていたからこその行動で
悪人をそそのかしていただけだからなぁ
根っからの悪とは言えないだろうな

5: 名無し1号さん
イマジン。タロスズみたいに仮面ライダーに味方する良い奴等もいたな

6: 名無し1号さん
スタンデル星人。
比較的温厚なレドルと凶悪なアボルバスがいた。

7: 名無し1号さん
帰ってきたウルトラマン「宇宙戦士 その名はMAT」回には
そのものずばりミステラー星人(善・悪)という形で登場していたな

85: 名無し1号さん
>>7
帰マン関連はTV再放送よりも怪獣図鑑で情報的にふれたほうが先だったから、ダダみたいな感じなのかなとか子供心に表記の意味に混乱した思い出がある。

8: 名無し1号さん
地球への移住に関して強行手段に打って出たバルタン星人は1人だったけど、残りの20億人のバルタン星人はどういう考えだったんだろう?

穏健派もいたとしたら、交渉の余地すら与えられずに母船ごと撃墜されたのは哀れ過ぎる

11: 名無し1号さん
>>8
多分、穏健派の存在に考えが行き着いたからコスモスのチャイルドバルタンやマックスのタイニーバルタンが生まれたんだろうね

39: 名無し1号さん
>>8
初代のバルタン星人が「生命」の概念が無い宇宙人だったり、二代目が複数のバルタンが合体する描写から考察すると、統一された意思を持つ「個にして全」な種族で、地球侵略も20億全員の総意だったとかね

67: 名無し1号さん
>>39
その考えで行くなら平成以降の「いいバルタン」も種族の主義思想の違いというよりかは個人の善性と悪性(あるいは子供と大人)として区分されるのかも

9: 名無し1号さん
ジードのAIBの宇宙人達はシャドー星人のゼナ先輩を始めピット星人等、かつて地球侵略を企んでいた宇宙人達が地球の平和を守ってくれている姿は感慨深かったなぁ

10: 名無し1号さん
ダイナのチャダビン星人。銀河系で3本の指に入るほどの凶悪な宇宙人らしいが、地球に来た工作員は善人そのものだった

12: 名無し1号さん
組織系ではなく一族系の敵役たちの中には
穏健派や善人や改心キャラがいることが多いと思う

26: 名無し1号さん
>>12
人類から見て善良と言える者が一体もいなかったグロンギ。

43: 名無し1号さん
>>26
今漫画版に赤ちゃん大好きなグロンギ出てるよ!

60: 名無し1号さん
>>12
そう言う意味だとシャドーラインは色々複雑だったよね
種族としての本質的には人間世界の敵対者みたいなものだけど、何人かはシャドーライン側っぽくないのもいたし

13: 名無し1号さん
ホラーかな。人を襲い、喰うホラーもいれば、ザルバみたいに人間に友好的なホラーもいるし
o0194025412986198709

54: 名無し1号さん
>>13
確かに魔導具になる道を選ぶホラー達は、人間に対し好意的ではあるが、
魔戒騎士への協力は、生命力や血を貰うと言う「業務契約」に依る物らしい。

90: 名無し1号さん
>>13
ただそのへん本編見てるだけじゃわからんと思う
ザルバの本体が魔界にいるとかも特に語られないし
壊れて作り直したら記憶がリセットされてるのも道具感があるし

72: 名無し1号さん
>>54
そりゃあ生きるためには生命力が必要だからね。人間だって動物の命を必要とするし。

14: 名無し1号さん
アンデッドでありながら人間の味方になってくれた タランチュラアンデッドの嶋さん

44: 名無し1号さん
>>14
バトルファイトを制した種族が次の地球の覇者になれるんだから、タランチュラから見ればやる気のない嶋さんは悪だと思う

50: 名無し1号さん
>>44
我らがヒューマンアンデッドも2連覇する気ゼロだね
橘さんは強引に優勝させようとしたけど

61: 名無し1号さん
>>44
でも、そんな嶋さんが代表選手?みたいな感じになってるんならあの世界のタランチュラって見た目に反して意外と平和主義が多かったりして?
見た目で恐ろしげなイメージが強いけど、実際は毒があってもかなり弱い毒だったり気性が穏やかな種類もいるって聞くし

76: 名無し1号さん
>>44
ふと思ったのだけれどAのスパイダーがやる気満々な反面、同じクモであるタランチュラが平和主義に目覚めてバトルファイトやる気無いのって何か関係ありそうな気が、、、

ただ劇中、AとKがどっちも出ているのがクラブだけなので他に比較しようがないんだけれどスペードとダイヤのAが封印されたままで大人しいのも双方のKがやる気あるからと思えば説明つきそう。

92: 名無し1号さん
>>76
スペードのAは映画に出てたけど特に知性のある感じではなかったな
まあこの映画は嶋さんも凶暴な1アンデッドとしか描かれてないけど

15: 名無し1号さん
常に死に場所を探してる ザラム
C_yQGjTUQAAhF8D

16: 名無し1号さん
デーボス軍。最初はトリンだけだったけど、最終的にキャンデリラとラッキューロも改心してたな

62: 名無し1号さん
>>16
アイガロンも改心とはいかないまでも最期には大切なモノを失う哀しみを知った。

17: 名無し1号さん
電王のタロスズ達とか良太郎に感化されてまさにそんな感じだったよね
初期のリュウタはちょっとヤベーイ奴だったけど
しかもデネブとジークも含めて実質全員幹部級の強さという

18: 名無し1号さん
イーヴィルティガとティガかな

正確に言うともともと善なんだけどマサキが変身したら暴走して悪になったって感じだけれど

23: 名無し1号さん
>>18
厳密に言うと巨人の力にマサキの精神が耐えられなかったため暴走したらしい。超古代人の遺伝子を受け継いでいてもダイゴのような光になれる器が無かったら人の手に負えないという一例になった。注意してほしいのは、イーヴィルティガは別に悪人じゃなかったということ。そうでなければ友人だったと思しきガーディが彼を止めようとしないはずなので

46: 名無し1号さん
>>18
ティガ自身も光と悪を行ったり来たりでややこしい

19: 名無し1号さん
オルフェノクは、スマートブレイン社の傘下で仲間を増やすために使徒再生を行う者が多かったけど
ピザ屋の青木店長=ドルフィンオルフェノクみたいに人間を襲うことを拒否する者もいたな
巧に見逃された後、彼はどうしたのだろう
555-vi-dolphin

20: 名無し1号さん
ゴリとラーの出身地「惑星E」は善良な猿人が大半だったのだろうか
ゴリの野望を察知し追放したのだから

45: 名無し1号さん
>>20
科学文明が発展し、闘争本能が衰退した穏健な種族だと漫画で明記されてるね
ゴリも同じだったけど、先祖返りでどう猛な本能を蘇らせたラーの暴れる様に感じ入ったゴリは、そんな同胞と惑星Eに未来はないと考えて反乱を起こし追放されたんだ

69: 名無し1号さん
>>20
惑星Eを追放された、と謳っているけど実際は思想を咎められ精神改造(処刑や終身刑ではない)されそうになったから腹心のラーを連れ惑星Eから脱出、という流れだったな

21: 名無し1号さん
大抵、敵に殺される運命
「バガモオォォォォォオン‼︎(涙)」

63: 名無し1号さん
>>21
バグスターは基本的な行動理由が元になったゲームの内容に添う形で出やすいからポッピーやバガモンみたいなゲームが元になってると和解とかもしやすいっぽいよね、パラドも元になってるゲームはないけど基本的には永夢と遊ぶってのがあったから最終的にはああなったんだろうし
まぁそれだけに、グラファイトみたいな戦うことでしか行動理由が示せないタイプだとどう頑張っても無理っぽいけど

74: 名無し1号さん
>>63
聞いた話だと、ファイナルステージでは大元にパラド同様遊びたいって意志があったから、敵対してても楽しかったって思ってるんだっけ?
グラファイトも絶対仲間にはできないなと思う一方、元のゲームで敵対してから仲間になる師匠的存在だったら…とか思った。

22: 名無し1号さん
シーマやゲーターらが終盤寝返った大星団ゴズマは仲間というより征服された星の種族を配下にしてきた組織だから、戦況の旗色悪くなれば寝返り脱走されるのは常識

55: 名無し1号さん
>>22
倒してきた相手の中の、有能な生き残りを取り込むのは組織拡大に有効だけど、
獅子身中の虫も生みやすくなるから、寝返りをさせない為の手札が必要になるな。

アハメスは母星再興を餌にされてたけど、他の連中はどうだったんだろう?

24: 名無し1号さん
ロイミュード072はアニメという人間の文化に感動していたが、ああいうアンドロイド系は善悪の区別と言えるか微妙か?ターミネーターとか最近だとヒューマギアとか。

101: 名無し1号さん
>>24チェイスの場合は完成してすぐベルトさんが封印したらしいから、他の108体と違って蛮野から人間の悪意はインプットされてないんだっけ?

27: 名無し1号さん
モグラ獣人かな

75: 名無し1号さん
>>27
なおモグラアマゾン…

クジラ怪人もそんな感じか…

なおシャドー

28: 名無し1号さん
バルタン星人は結果的に大虐殺により復讐者を生み出したが、後続も案外地球文明に慣れてるあたり、本質的には賢くてユーモアも適応力もある人たちだった。ファーストコンタクトって大事

コスモスのチャイルドバルタンあたりはメル友だし、マックスのタイニーバルタンとダークバルタンは穏健派と過激派だったし、故郷のしがらみさえなければかなりマトモな法だと思う
サイコ野郎、てめーはダメだ

29: 名無し1号さん
ちょっと違うかも知らないけどギンガに登場した闇のエージェントの3人はエックスにゲスト出演した際は金欠にもかかわらず10万円をお巡りさんに届けたりで基本的には善人なので別人説がえるね。

51: 名無し1号さん
>>29
平行宇宙の同一人物があったね

30: 名無し1号さん
ネオショッカーに拉致されて「俺なんかどうなってもかまわない」と人生をあきらめる青年に
「そういう投げやりな考えはよくない」と諭すクモンジン

31: 名無し1号さん
ファンガイアも人間に理解あるやついたよね
そして人間に恋をする

47: 名無し1号さん
>>31
でもファンガイアは人間襲うから悪で人間襲わないから善ってのともまた違う感じだよな

32: 名無し1号さん
アマゾン達も人間を食料として見てる者、味方する者、溶源性細胞で仲間にしようとした者と色々いたよね。

80: 名無し1号さん
>>32
食欲自体は本能みたいなものだから咎めるのが難しい。それ以上にアマゾンを町に放っておいて自分たちはずっと高みの見物でのほほんとしていた会長と水澤母の方がよっぽど悪辣に見える。後者に至っては悠のことを結局芸術品か何かだとしか見てない節があるし

83: 名無し1号さん
>>80
アマゾン達は全員野座間の被害者なのは間違いないな

33: 名無し1号さん
ヘラー軍団も元々追放されたウルトラ人の一派だからこのお題に当てはまるか?

34: 名無し1号さん
インフェルシアのバンキュリアとスフィンクス

36: 名無し1号さん
ウルトラシリーズの宇宙人達も、ニュージェネレーションシリーズからは色々なキャラが出るようになったね。以前は一部の例外を除いて初代が悪だった宇宙人は後続も悪だったのに。

逆に初代が善良だった宇宙人が悪役で登場するのも見てみたいな。

38: 名無し1号さん
>>36
ウルトラゾーン(特にアイキャッチ)見てると宇宙人で当てはまるのがかなり増える気がする。

41: 名無し1号さん
>>36
謎の怪獣を暴れさせていたのは実はルパーツ星人だったみたいな話になるのか
それでキール星人のボスタングが地球を護るための死闘を繰り広げるのか

42: 名無し1号さん
>>41
そういうファンの先入観を逆手に取る話は面白そうだね。

70: 名無し1号さん
>>36
タイガではファントン星人がスジもん(とはいえあくまで情報屋止まり)で出てきたな
まあ割とうさんくさいのと遊牧生活を行なっているから特に一つの場所にとどまらずそれ故にどの勢力に属してもおかしくない、という理由での選抜かも

94: 名無し1号さん
>>36
元々悪役だった星人の中にもいいやつがいるってのに比べて、昭和で善だった星人が平成で悪になるってのはやりにくいんだと思う

40: 名無し1号さん
以前は殺し屋だったが足を洗い地球で穏やかに暮らしてきたけど、また戦いたくなってしまったナックル星人オデッサ。善悪を一人で行き来してる。

48: 名無し1号さん
ゴースン怪人は魔神ゴースンの手先として生み出された怪人たちのはずが、
妙に人が良くて悪事を働かないものが何人かいた。

飄々と流離い気まぐれで人助けもするネズガンダや、
義理人情に厚い大ガミラス、
孤児を拾って育てているムイオドロ、
盲目の少女を甲斐甲斐しく世話するトビムサシなど。

49: 名無し1号さん
キュラソ星人というと、アニメ映画「ウルトラカンパニー」では、キュラソ連邦警察が盗難事件の現場検証をしてて、僅かな出番だけど城内が爆笑してたな
地球に逃亡した宇宙犯罪者を追ってキュラソ星人が地球に来るけど、見た目が怖くて地球での捜査に難儀する、みたいな話をニュージェネレーションでやってくれないかね

66: 名無し1号さん
>>49
スペクトルマンのパル遊星人がそれに近かった
凶悪なキュドラー星人を追って地球に来たものの人間に変身することができず
その鬼の面みたいな素顔では大きく動くことができなかった
さらに地球の大気汚染に体を冒されてしまいスペクトルマンに協力を依頼するが・・・
という話だった

52: 名無し1号さん
X-MENのミュータント達
難しいのはミュータントにとってはエグゼビアが善とも言えないしマグニートーが悪とも言えないところ

56: 名無し1号さん
ミラーマンの第46話に登場したインベーダーのリサはインベーダーを裏切り地球に住む事を望んでいたっけ
結局それを許さないリサの姉に消されてしまったけど…

57: 名無し1号さん
科学戦隊ダイナマンでも、地上侵略の情報収集の為に先行して地上に来ていたシッポ兵の夫婦が地上の暮らしに馴染んで娘を儲け、娘には有尾人とは教えず一般市民として暮らしていた話があったね
ジヤシンカ帝国に裏切者と狙われた時に、人質にされた娘を救い出す時のみ、夫婦はシッポ兵の姿に戻り地中から駆け付けてたな

58: 名無し1号さん
オルフェノクしかり、ファンガイアしかり、人間社会に溶け込んでる連中には悲劇がつきもの。人間の姿に戻れなくなると、もう人間社会にも戻れないというのは悲しい。クラブオルフェノクとか。

79: 名無し1号さん
>>58
例え姿が怪物でも心の持ち様と行動で立ち位置まで変わることはない気がする。オルフェノクだと木場さんと長田さんは人間に対して友好的でいたいと思っていたものの、覚醒してすぐこれまでの復讐のために力を振るった時点で人としての一線すら超えてしまっていたように思う。海堂も人を襲ったことはあるけどあれは状況的に抵抗しないと殺されていたし、海堂自身も手にかけていなかったからギリギリセーフな感じだった

96: 名無し1号さん
>>79
海堂の役者さんは海堂は人を殺してるって認識で演技してたから、ひとりだけとはいえ殺してる扱いなんじゃねーのかな
あと姿が怪物でも心の有り様は変わらんってのと、58の言う人間社会に戻れなくなるってのは違う話でしょ
58の言うクラブオルフェノクは人間の姿に戻れなくなったって設定なんだし、そうなると本人が善良な心を持ってても人間社会への復帰は無理だと思う

100: 名無し1号さん
>>58オルフェノクもファンガイアも「人間として、人間と共に生きたい」、「人間を殺したくない」って思ってても幹部級や首領格にその事がバレれれば自分が粛清されるから仕方なく人を襲ってる奴とかいそうだよなぁ。しかもライダーが駆け付けて来たら結局倒されるんだから(ライダー側は怪人側の事情を知らないし、知ってても目の前の人を助けなければいけないんだからやむを得ず倒さなければいけない事がほとんどだし)、可哀想だなぁ...

64: 名無し1号さん
ゴジラもこれだよね。
昭和中期のゴジラはヒーロー一家と共に地球守ってるからね。
まぁ、最近のゴジラは善悪を超えたところにいる気がしないでもないけど。

65: 名無し1号さん
メカゴジラは作品や時代によって善と悪で立場が変わるけど、製造元が全部違うから微妙かな…
どちらにせよ昭和メカゴジラもVSメカゴジラも機龍も本人達にとっては善も悪もないんだろうけど

68: 名無し1号さん
ゴールドウルフはダークロボットの中では異端

81: 名無し1号さん
>>68
カブトガニエンジも自分を修理してくれたミツ子には情のようなものがあったな

73: 名無し1号さん
こないだのタイガのゴース星人なんかも、そのクチかな?
ただ、穏やかに地球で暮らしたいという割に
パンドン連れ込んでたり、地中ミサイル持ち込んでたりと
擁護できないあたりが、また

78: 名無し1号さん
>>73
あの地中ミサイルは何だったんだろうな。パンドンのことも単にペットとして可愛がっていたのか、侵略のために育てていた生物兵器に情が移ったので連れて脱走したのか小さいことだけど気になる部分が残ったね

98: 名無し1号さん
>>73
自衛のためだって擁護があったけど、星そのものにダメージを与える兵器はそれを超えてると思うんだよな

77: 名無し1号さん
ペガッサ星人は最終的に地球を破壊しようとしたものの、それも故郷であるペガッサ市を守るためだった。テレビ本編でダンやアンヌと交流していた個体は比較的気さくだったが使命と友情の間で葛藤していたんだと思うと胸が痛む。
後にEVOLUTION五部作でペガッサ市破壊に伴い多くの同胞を失った復讐と侵略を推し進める過激派と、それを止めるべく動いていた穏健派に分かれて対立することになった

82: 名無し1号さん
>>77
ジードの宇宙では種族が健在そうでなによりです

84: 名無し1号さん
ケンタウルス星人(あかね)はMATの岸田隊員に会わなかったら任務を遂行していたのだろうか?

89: 名無し1号さん
現在進行形でヒューマギア
シンギュラリティっていう進化が分岐点になるのがね

95: 名無し1号さん
>>89暗殺ちゃんは自我に目覚めた結果、同胞だった滅と迅を見下し滅亡迅雷から離反したな

91: 名無し1号さん
スターウォーズのザブラク。
種族として善人も悪人もいるのは当たり前のはずなんだけど、ダースモールの印象が強すぎて、ジェダイや一般市民でザブラクが登場すると、そういう人たちもいるのかって毎度思ってしまう。







読者登録していただければLINEで更新通知が届きリアルタイムでコメント欄に参加できます。
Twitterでも配信しているのでフォローしていただけると嬉しいです。






オススメブログ新着記事