kamenrider_zeroone_tv11574-600x338

0: 名無し1号さん
戦術的な戦い方をするよりも、力でごり押しするような
戦闘スタイルをとっているキャラを語ろう。

不破さんは技術顧問として戦い方を熟知している唯阿と違って
力業の戦法を使う印象が強いね。

特に先日登場したアサルトウルフでの戦闘でも
(滅亡迅雷への怒りがあったとはいえ)ノーガードで

雷に攻撃をしかける場面もあって、
ヒューマギアに対しかなり好戦的だと改めて思った。






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  






1: 名無し1号さん
真っ先に「力の賢者」ことタイタスさんが思い浮かんだ
1429230


6: 名無し1号さん
>>1
キャラソンの入りがもう「力はァァ~!」だもんな
どうしても毎回笑ってしまう

52: 名無し1号さん
>>1
真正面からぶつかっていくプロレススタイルだもんね。あの拳のキレはほれぼれする

2: 名無し1号さん
装備の関係で終盤の火力ゴリ押し感が凄かった仮面ライダースナイプ。
クロノスを押すほどの活躍がカッコよかった。

3: 名無し1号さん
THEの仮面ライダー1号。改造された肉体で力任せに戦う「力の1号」だったな

34: 名無し1号さん
>>3
その後弘、の仮面ライダー1号も力技の1号にリニューアル……
CZw68LiW0AQvUUZ

4: 名無し1号さん
どくろ怪獣 レッドキング

5: 名無し1号さん
ウルトラマンオーブサンダーブレスター。ビル引き抜いて相手に相手に叩きつける戦法は偽物とは言え、ベリアルがやったな

7: 名無し1号さん
仮面ライダーナックル

8: 名無し1号さん
クローズマグマの相手のガードの上からでも押しきる感じのパンチはパワー差がしっかり表現されてて好きだった

9: 名無し1号さん
モモタロスの考え無しにとにかく相手を攻撃する荒々しい戦闘スタイルは隙が多そうだけどなんやかんやで電王の中で一番好きなスタイル

43: 名無し1号さん
>>9
行くぜ行くぜ行くぜぇ!!

10: 名無し1号さん
まさにニセウルトラマンベリアルのことだな

11: 名無し1号さん
魔進チェイサーかな。個人的にチェイスの変身するライダーはそれぞれ「速さのプロトドライブ」、「力の魔進チェイサー」、「技の仮面ライダーチェイサー」ってイメージがある

35: 名無し1号さん
>>11
自分は逆のイメージかな。確かにデザインは無骨な魔進時代と比べてスマートなデザインになったけど、マッハ以上のパワーと巨大なシンゴウアックスを振り回す豪快な戦い方はパワータイプっぽい。対して戦況に合わせてバイラルコアで武装を変えて戦う魔進チェイサーの方が技巧派のイメージ。

13: 名無し1号さん
クウガのタイタンフォームとかキバのドッガフォームとか?

14: 名無し1号さん
オーズ最終回の真のタトバが色々な意味でゴリ押しって感じで大好き

あとはキバの、エンペラーフォームでドッガハンマー使ってた回がものすごく印象に残ってる

15: 名無し1号さん
そら万丈龍我に芸津殿よ

16: 名無し1号さん
ニンニンジャーの天兄は自分が戦術等頭を使うのが苦手である事を理解しているから、そういったのは八雲や霞姉や風花に任せて自分はただ「イケイケドンドン」で敵と戦う事に集中してたって感じだったな。時には凪、スターさんと「イケイケドンドン組」とし戦ってたな

18: 名無し1号さん
ビルドハザードフォーム。暴走形態は大抵力押しの戦い方になるな

36: 名無し1号さん
>>18
あれは力押しって言うより相手を確実に殲滅する最適解を機械的に組み上げてる感じ。まぁその分柔軟な対応や思考が出来ないから裏をかかれたり想定外の事態に陥ると負けやすい。

19: 名無し1号さん
必殺技がパンチだったり、トラックを真正面から受け止めたり、普段のドライブに比べてパワフルな闘い方をする超デットヒートドライブかな

20: 名無し1号さん
「投げの鬼」ことウルトラマンガイアSV

21: 名無し1号さん
ダイナのストロングタイプ

パワーに全て注ぎ込んだ様な状態で、場合によっては敵をワンパンするからなぁ

53: 名無し1号さん
>>21
フラッシュはもちろんミラクルでも敵わなかった相手にはストロングタイプで見事なリベンジを果たすことが多かったうえに、小細工無しでぶつかっていくのが一本気なアスカらしさを最も表していると思う

22: 名無し1号さん
仮面ライダーブレイド
磁力操作や時間停止といった便利な特殊能力を使うことはなく格上相手にも殴る蹴る斬るのゴリ押しで挑む

37: 名無し1号さん
>>22
初期はカード2枚しか持ってなかったから当然自力で頑張るしかないからね
剣崎の性格的にも下手な小手先で戦うより正面から殴る戦いの方が性に合ってるんだ。

44: 名無し1号さん
>>22
カプリコーン戦でラウザー投げたときはちょっとびっくりした
キング相手に拳でひるませ、さらに相手の剣を奪って二刀流構えたときはもっとびっくりした。 そして胸が熱くなった

23: 名無し1号さん
心滅牙狼

24: 名無し1号さん
よし、ジュウオウゴリラだ
そのままの外見使って敵で出てくるのはこわい
t8

25: 名無し1号さん
ジャンナイン(特に赤目の時)も割とこのタイプのように見える

パワーと格闘能力でゼロたちを翻弄したりジャンキャノンやジャンバスターの火力押しもできたりする

味方になってから噛ませにされやすくなったのが残念だ

26: 名無し1号さん
平成ライダーが割と多い感じかなCG撮影の関係でCG意識して正面を取らなけりゃならない都合なんだろうが正面から突っ込んで勢いで押していくタイプが非常に多い
特に平成2期だと恵まれた身体能力で力任せに戦う奴が目立つ
逆にクウガ、アギト、響鬼、カブト、W、ドライブ、電王ロッドフォーム足を使って周り込んだり、間合いを調整したり、パンチやキックを距離に合わせて使い分けたりしてる珍しいタイプ
けどそれ以外はだいたい勢い任せ力任せが目立つかね特に剣、電王ソードフォーム、ムテキゲーマーは本当に力任せで防御もろくにしない感じ
でも似てるようでいてそれぞれの主人公の性格に合わせて演じ分けしている高岩さんが一番凄いんだけどな


38: 名無し1号さん
>>26
まあ逆に挙げた人たちは戦い方が丁寧というか綺麗だよね。強いて言うならクウガタイタンはもろに力押しで、ヒートメタルなんかは攻撃しまくって反撃の隙を与えない戦法なんかを取ってたな。タイプトライドロンも終盤は大体コウジゲンバーばっか使ってた印象。

27: 名無し1号さん
ウルトラセブンX

28: 名無し1号さん
剛力怪獣シルバゴン。GUTSが科学の力で破壊することができたガギのバリアを物理的に壊すことができるやつ。

29: 名無し1号さん
ジャンボーグ9。飛行能力はないけど全体的能力はジャンボーグA以上なんだっけ

30: 名無し1号さん
ガピア星人サデス。

31: 名無し1号さん
クウガのグローイングフォーム

スペックが低くて特色もなく、戦わなければならない場面が大体追い詰められてるシチュエーションだから五代さんの必死さも合わさって力いっぱいぶつかっていってる感じ

威力が弱いなら効くまでやってみる「グローイングキック連発」なんてもろごり押しだもんね

32: 名無し1号さん
ゴジラは力押しのイメージ強かったけど改めて思い返すと昭和シリーズでは意外と頭脳プレイもあったし平成シリーズは頭脳プレイはなかったけどエネルギーの使い方がけっこう器用だったな

67: 名無し1号さん
>>32
怪獣の頭はレッドキングとかキングギドラ位のおつむばかりだから

尚の事怪獣王のやばさがわかる

33: 名無し1号さん
スーパーマンは性格は思慮深いのに戦闘では力押しのイメージが強いな
あんまり頭脳プレイしてる印象がない

39: 名無し1号さん
一番印象強いのは王蛇かな。タイガのフリーズベントに対してファイナルベントゴリ押しして破ったのは溜飲下がった。

40: 名無し1号さん
スーパー戦隊のパワー系戦士
キレンジャーとかイエローオウルとかガオブラックとか...

41: 名無し1号さん
思えばブレイドとレンゲルって対照的だな。カードに頼らず自分の地力でゴリ押しするブレイドに対して、カードにものを言わせてアンデッド解放して集団戦法したり能力や技を惜しみなく使ってゴリ押しするレンゲル。ある意味同じ力押し戦法なのに何故結果はこうも違うのか……

42: 名無し1号さん
鎧武はそう言うキャラが多いけどそれぞれまた方向性が違うよね。
鎧武はがむしゃらな戦い方と手に入れた力に対して違和感なく呑み込むから積極的にフォームチェンジする。
バロンは力を重要視しているから、真正面から押し切る戦いを好んでた。また初期だとインベス召喚して物量戦とかに持ち込んだりもしてたね。
シグルドは変身者の性格から力に酔ったような仕草で完全に性能に頼った戦い方
デュークはスペックや機能盛りまくるっていう別ベクトルの力押しだったね。

見比べると力の向き合い方に対して分かりやすく描かれてた。

45: 名無し1号さん
クウガのタイタンフォームや電王のアックスフォームはパワー系の形態だけど力押しって感じじゃないなぁ
一撃必殺なイメージがあるからか

たっくんの555は力押しっぽい。

46: 名無し1号さん
ズ・ザイン・ダ
人間体を演じた野上彰さんは「ザインが最も大切にしている事はなんだろう」と考えた結果、「最後の最後まで前へ前へ突進すること」に信念を見出だしたとの事。

47: 名無し1号さん
「技の一号力の二号」のイメージでライダー二号こそ力押しのイメージがあるが
実際見直すと両方結構技巧派でもあり力技ゴリ押しマンでもある

61: 名無し1号さん
>>47
そしてたどり着いた境地がムキムキな力技のネオ一号

48: 名無し1号さん
ウルトラセブン「恐怖の超猿人」回で警官二人を撲殺、ダンを失神させたゴリー

49: 名無し1号さん
デストラさん

54: 名無し1号さん
>>49
持っているルパンコレクションの能力を必要に応じて防御にも攻撃にも転用する頭の回転の速さが合わさって簡単に破れない敵だった

50: 名無し1号さん
対ジャークミドラ戦のロボライダー
おじさんとおばさんがジャークミドラに殺されてブチ切れ状態とはいえ
いつも以上に怯まずに戦う超ゴリ押しモード

51: 名無し1号さん
これはハルク
ロキと対峙した時、まさかあんな力まかせのシンプルな方法で倒すとは思わなかったw
Hulk-Movie-Rights-Explained-Marvel-Universal

55: 名無し1号さん
身軽さの中に隙を見つけては力でごり押ししていく頭の戦闘スタイルが際立つグリス。ブリザードの時はまさに死力を尽くして命尽きるまで戦い抜いたのが印象的

56: 名無し1号さん
パトレンジャーがそうだった気が

57: 名無し1号さん
途中でデンガッシャーを使うようになったけど、プラットフォーム状態の良太郎は結構力押しで敵に立ち向かうことあったよね。カメレオンイマジンの食い下がるように取っ組み合いを挑むシーンが今でも記憶に残っている

58: 名無し1号さん
不破さんは変身前の段階でプログライズキーのロックを力ずくで解除できるし…

59: 名無し1号さん
ウルトラマンオーブ、というかガイさん自体が力押しだよね。初手光線ブッパとかスラッガー三昧とか

60: 名無し1号さん
アストラはレオよりパワーがあるとどこかで見たことがある

ガロン&リットル戦の時にいきなりチョップでリットルを吹き飛ばすのはテクニック寄りのパワーファイターだと感じさせたな

62: 名無し1号さん
レッドファイッ!
(重い打撃音)
レッドナイフ!
レッドアロー!
レッドフォール!

63: 名無し1号さん
マコト兄ちゃんキレて敵味方問わず圧倒的パワーでねじ伏せてるイメージ
イメージだけなはず

68: 名無し1号さん
>>63
いや事実だ(断言)

64: 名無し1号さん
不破さんは戦闘よりも変身の力押しのイメージが強くて

69: 名無し1号さん
終盤のシンケンジャー。殿自ら「力尽くだ」と言ってるように、作戦は練ってるとはいえ結構力押しだったよねあの最終決戦。

82: 名無し1号さん
>>69
特に、二の目のドウコク戦のときに攻撃を受け続けてサムライハオーからサムライオーになるまで折神を飛ばされながらもドウコクに迫り、集中させたすべてのモヂカラを最後の一太刀で叩き込むところは紛れもなく力押しだったね

70: 名無し1号さん
ノックアウトファイター…と見せかけてパーフェクトパズル。

マッスル化×3はゴリ押しの脳筋スタイルですわ。

71: 名無し1号さん
バースかな
プロレススタイルの伊達さんは言わずもがな、マニュアル大好き後藤ちゃんもCLAWs駆使するとはいえそれで結局力押ししてるイメージ
2人揃ってゼロ距離ブレストキャノン熱い

72: 名無し1号さん
妄想ウルトラセブン。最初見たとき「なんやあれ。」以外の言葉が見つからなかった。建物持ち上げてぶん投げるのは本当に衝撃だった。

74: 名無し1号さん
カードや銃よりも真っ先にスペックで戦うギャレン

75: 名無し1号さん
スタイリッシュに戦う天道に対して加賀美は力押しという感じが強かった
特に加賀美ザビー

76: 名無し1号さん
今でこそ超振動波なんて必殺技があるけど、初代ゴモラは尻尾メインの力押しスタイルだった
数多の特殊能力でマン兄さんを倒したゼットンよりシンプルなパワーで敗退に追いやったゴモラのが印象的

77: 名無し1号さん
キングジョーや恐竜戦車は力押しって感じの戦闘スタイルだったと思う
キングジョーはセブンの上に馬乗りになって顔を押さえ込み、恐竜戦車は前進してそれを踏ん張って押し返そうとするセブンを逆に押し返そうとするシーンが印象的

78: 名無し1号さん
戦闘ではないけどSSSS.GRIDMANのマックスもアカネの家のドアノブを腕力で破壊してた

80: 名無し1号さん
憐の変身したジュネッスブルーも凪に諭されるまでノーガード戦法だったな。その理由が遺伝子の欠陥でもうすぐ死ぬからという悲壮な決意からだけど。

81: 名無し1号さん
触れたら石になってしまうという怪人にだったら完全に石になる前に石になった拳で倒してしまえという戦術は脳筋なのか脳筋じゃないのかと幼児心悩んだな

85: 名無し1号さん
人造ウルトラマンテラノイド
エネルギーの消耗を全く考慮せず早々とダウンした挙げ句スフィアに乗っ取られゼルガノイドに変貌してしまった







読者登録していただければLINEで更新通知が届きリアルタイムでコメント欄に参加できます。
Twitterでも配信しているのでフォローしていただけると嬉しいです。






オススメブログ新着記事