dfd0916b

0: 名無し1号さん
マイナーな敵が多いイメージだけど、ニュージェネレーション及びタイガでは
マーキンド星人がしばしば登場して目立っているよね。
その他のエイリアンについても個性的な奴らが多いので、
セブンXの敵エイリアンを振り返ってみたい。






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  





1: 名無し1号さん
ハリウッドにいそうなデザインだった


2: 名無し1号さん
殺戮宇宙人ヒュプナスはホラー演出やグレイブ/志村の俳優さんの怪演もあって印象に残ってる。あの殺戮ぶりを見ると後年、ガイさんやリクやホマレ先輩はよく素手や接近戦をやれるなと思う
20161004200059854

3: 名無し1号さん
なんか気づいたらマーキンド星人がいいやつポジションになってたけど、てめえ犯罪者じゃねえか!

4: 名無し1号さん
イキッてるエイリアン多かった気がするけど、光の国のある時空に来たらすぐに他の宇宙人にボコボコにされそう

12: 名無し1号さん
>>4
大半が巨大化するのがツラい……

5: 名無し1号さん
全話見たけど寿命売るニートの話と
最終話であっさり全滅させられた
TV使って洗脳監視してたクモクモ星人しか覚えてないな何か
お前、あの程度の戦力でキリヤマ・”ジェノサイド"・カオルがいる地球侵略って
そりゃー無謀やで

6: 名無し1号さん
数少ない地球侵略を達成した宇宙人なのに、井の中の蛙だったグラキエス。
他の次元にまで欲張らなければ、セブンが来ることも無かったかもしれないのに…

7: 名無し1号さん
グラキエスは変に欲を出さずにいれば良かったのに...。そもそも侵略しようとした平行世界はSEVENX世界の宇宙人達とは比べ物にならない位の人間や怪獣、宇宙人、そしてウルトラマン達がいるし...

9: 名無し1号さん
>>7
藪をつついて蛇どころかとんでもないのが出てきたんだよな……

31: 名無し1号さん
>>7
ウルトラマン達が苦戦を強いられるような怪獣や宇宙人がゴロゴロしている”いつもの世界”はセブンXの宇宙からすれば、地獄なんてレベルじゃないからな・・・

8: 名無し1号さん
初めて見たのが9話だったから獣人は印象に残ってるな...。悲しいし、切ないしで泣いてしまった...

19: 名無し1号さん
>>8
アグルの人だよね

45: 名無し1号さん
>>8
ラストの月から地球を眺めた風景であの獣人が有史以前から生きていると判明するのは悲恋とSFが上手く融合していて好き

10: 名無し1号さん
確か健康食品に擬態?してた奴がいたな。エド山口が出てた回。あいつ、ラストを見る限り全滅してないんだっけ…

17: 名無し1号さん
>>10
4話に出てきたペジネラだね。
寄生生物系数あれどああいう方法をとったものは斬新だった。

11: 名無し1号さん
ヴァイロ星人はジードでドンシャインの敵戦闘員ポジションで出てたっけ
811dc8fb

13: 名無し1号さん
6話の光の魂は内容もあって個人的に印象に残ってて好きだな。タカオは今でもあの光の魂と共に宇宙の果てを旅してるのかな?平行宇宙にも行ける能力があるなら色んな宇宙にも行けるから、危険ではあるけど楽しそうかも

27: 名無し1号さん
>>13
ペロリンガ星人を思わせる話で面白かった

14: 名無し1号さん
バドリュードというシリーズでも類を見ないポンコツロボット

15: 名無し1号さん
ガルキメスはアイスラッガーで倒された時に蒸発してたな

16: 名無し1号さん
ボーダ星人戦はセブンの等身大戦で1番好きだな
201609231834574a4

18: 名無し1号さん
何か世界観的にツルク星人やレオ初期の通り魔星人達がいても違和感なさそうな気がする

20: 名無し1号さん
弱体化したセブンにあっさり倒されるこの世界の宇宙人が弱いのか、セブン本編の宇宙人どもが武闘派すぎるのか

23: 名無し1号さん
>>20
まぁ本編の半分くらいは似たようなもんだが、その分怪獣やロボットを使ってたからな

39: 名無し1号さん
>>20
セブンXはセブン本編からかなり時間が経ってるし、弱体化した上で当時のセブンよりも強かったのかも

21: 名無し1号さん
第1話で正しく満を持して、という感じで起動するもアイスラッガー2発で溶けてしまったガルキメス。正直「えぇ……」と思った。

だが結局全編戦闘はそんな感じだとは思わなかった。

22: 名無し1号さん
グラキエス「この宇宙支配するの楽勝やな。せっかくだし並行世界の地球も手に入れたろ」

29: 名無し1号さん
>>22
エンペラ星人「なんやこの蜘蛛。インペライザー送って皆殺しにしたろ」
ベリアル「下僕にしても何の戦力にもならんなこいつら」
ザギ「なんやこいつら知的生命体やんけ。ビビらせてビーストの餌にしたろ」
ルギエル「なんやお前らも時間止められたいんか?」
ギルバリス「ちょうどええわお前らもサイバー空間に飲み込んで消したる」
グリーザ「フェフェフェフェフェwwwホヒャヒャヒャヒャヒャヒャwww」
マガタノオロチ「ポリポリして美味しいれす(^q^)」

24: 名無し1号さん
全然そうには見えないけどSEVENX自体はセブンの弱体化形態なんだっけ?ジンが記憶を取り戻して改めて変身したらXではなく通常セブンの姿になってた方が、「Xの状態は弱体化してた」ってのが分かりやすかったんじゃないかな(それでもそれまでほぼ苦戦らしい苦戦もせず負けなしだったから説得力があるか疑わしいけど...)?

25: 名無し1号さん
グラキエスは結果だけ見たら地球上から戦争や紛争を根絶させたり、DEUSを作って地球に侵入した宇宙人達と戦ったりと人類側にとっては(監視社会である事を除けば)ありがたい事をやってくれてたんだよな。これで平行世界に侵攻しようなんて欲を出さなければ...

43: 名無し1号さん
>>25
自分達の秘密を探ろうとする者を抹殺したりディストピア的な部分はあるけど、圧政を敷いてるわけではないし社会体制を壊されてむしろ迷惑だった人間も多いんだろうな

47: 名無し1号さん
>>43
本編を見る限りは、地球人類は飼われているに等しく、生きる潤いを持てない市民の自殺が相次いでいるみたいだけどね
外敵の不安が無い支配者に服従する潤いの無い安全か、安全の保障は失われても、生きている実感を得られる日々と、どちらが不幸なのか

46: 名無し1号さん
>>43
その後の話は、セブンXのムック本に短編小説であるみたいね

28: 名無し1号さん
2話と6話は何というか似て異なる話だったよね。

2話の「船」は社会の歯車になることに疲れた人に甘い誘いをかけて攫おうとする何者かだったけど、
6話の光の魂は本当に共に旅するパートナーを探しに来ていた。

前者が後者に関してミスリードを仕掛ける効果もあったのかな。

30: 名無し1号さん
2話の「船」と呼ばれる円盤に連れて行かれた人達はどうなったんだろう?辛い現実から解放されて「船」の母星(?)で本当に幸せに暮らしてるのか、それとも人体実験や奴隷にされたりして悲惨な末路を辿ってるのか...

48: 名無し1号さん
>>30
多分、どんな「ユートピア」に辿り着いても、そこでの不満を募らせて、変わらず逃亡を望む生活を送るんじゃないかね

52: 名無し1号さん
>>30
使われてたエージェントの結末を考えると悲惨な末路になってるんじゃないかな

32: 名無し1号さん
2話の船はウルトラQの異次元列車に似てる気がする

34: 名無し1号さん
アイスラッガーが切れなくなったおかげで首をポロリされたりはしなかったんだけど
ブーメランみたいな物体がバチィ!ドゴォ!って感じで当たる様が逆に痛そうだったのだけ覚えてるw

35: 名無し1号さん
ワイドショット使ったのってボーダ星人とグラキエスだけかな?まあボーダ星人はセブンXには珍しい、なかなかの強キャラだったが

36: 名無し1号さん
バドリュードとかいうウルトラシリーズの中でも最弱の部類に入るロボを使って侵略しようとしていたヴァイロ星人……
あの白マスクがめちゃくちゃ不気味で怖かったけど、エピソード自体はかなりいい話で一番印象に残ってるわ

37: 名無し1号さん
あの世界の地球なら帝王でも楽々征服できたろうな

38: 名無し1号さん
深夜帯の作品だったからか夜の戦闘が多かったみたいで
敵宇宙人の細かなディティールをほとんど全く覚えていないな

40: 名無し1号さん
単独でそれまで無敗だったセブンXを窮地に陥れた実力者と言えるボーダ星人は今後復活するかな。シュモクザメを凶悪にした人相、顔が割れて現れるもう一つの口、ゴモラを思わせる曲がった首とごつい体ですばしっこく動くなど個性の塊にもほどがある。等身大のセブンXがワイドショットをぶっ放して徹底的に消滅させるくらいには手強かった

ちなみに、スーツアクターを担当したのはニュージェネ以降も主役を務め続けている岩田さんだったりする。セブンXは新上博己さんなのでセイザータリアスVSセイザーギャンズという構図に見えなくもない?

42: 名無し1号さん
宇宙人が出番多いのはセブン感強いね

49: 名無し1号さん
>>42
等身大の立ち回りが多いのもだね

44: 名無し1号さん
チャムダ星人の、弱いから手を出して来ないだけで力があるなら平然とそれを行使するってキャラクターはなんとも嫌なリアルさがあったな
chamda-seijingun

50: 名無し1号さん
もうちょっと戦闘を多めにしてほしかったな
話はセブン感あって好きだった

51: 名無し1号さん
小説版だとあの後も戦いは続いてるようだね。エイリアンの脅威はなくなっても結局は社会が混乱するのは避けられなかったんだって思う。

ULTRASEVEN X Vol.1 プレミアム・エディション [DVD]
VAP,INC(VAP)(D) (2008-01-23)
売り上げランキング: 59,729







読者登録していただければLINEで更新通知が届きリアルタイムでコメント欄に参加できます。
Twitterでも配信しているのでフォローしていただけると嬉しいです。






オススメブログ新着記事