1: 名無し1号さん
no title

最初に選んだ人間とは突然融合しちゃったせいで迷惑かけちゃったので、2人目からは記憶を覗き見て力を与えたら喜んで戦うであろう人だけを選んで夢の中での戦闘チュートリアルからやらせます。

※なお2人目以降に対しては何も喋りません、自分の意志で戦ってください
※負けそうになったらかつて守れず死なせてしまった女の子を夢に出演させて奮い立たせます
※乗り潰したら次の人を探します
戦いたい人に力を与えるんだし人類も守れるし自分も元の力を取り戻せるからwin-winだよね!!

引用元: may.2chan.net/b/res/701716535.htm



  




2: 名無し1号さん
姫矢編は大変でしたね…

3: 名無し1号さん
適能者と一応意思疎通はしてるみたいだぞ

4: 名無し1号さん
…ザギさんよりはましかな!

5: 名無し1号さん
パイプ汚れやカビ退治の得意そうな声で戦うウルトラマン

6: 名無し1号さん
命だけは保証してくれる

7: 名無し1号さん
ティルトがメモリーポリスとか余計なことしてたせいでパワーは上がらないわデュナミストが過労死するわの縛りプレイ状態になってただけなんでしょ

8: 名無し1号さん
>ティルトがメモリーポリスとか余計なことしてたせいでパワーは上がらないわデュナミストが過労死するわの縛りプレイ状態になってただけなんでしょ
MPがいないとビーストの存在が知れ渡ってしまってビーストに対する人類の恐怖の感情が伝搬してしまいビーストが活性化しちゃうんや

9: 名無し1号さん
>MPがいないとビーストの存在が知れ渡ってしまってビーストに対する人類の恐怖の感情が伝搬してしまいビーストが活性化しちゃうんや
そのせいでビーストが大衆に未知の存在だったから余計に恐怖が倍増してたやん
「怪獣と戦う防衛チームがいてウルトラマンもいる」っていう希望の芽も潰してたし

10: 名無し1号さん
>そのせいでビーストが大衆に未知の存在だったから余計に恐怖が倍増してたやん
>「怪獣と戦う防衛チームがいてウルトラマンもいる」っていう希望の芽も潰してたし
そりゃ確かにそうだけども
熊退治の人がいるとしても一般人にとって熊ってやっぱり怖いものだし希望の芽があっても恐怖の方が勝ると考えたんじゃねえかな
ティルトってウルトラマンには懐疑的だったし

11: 名無し1号さん
最終回の新宿で記憶を取り戻した人々の声援を受けただけでノアに戻れた訳だし
来訪者がウルトラマンの性質を教えてくれなかったのが悪いのでは

12: 名無し1号さん
>最終回の新宿で記憶を取り戻した人々の声援を受けただけでノアに戻れた訳だし
>来訪者がウルトラマンの性質を教えてくれなかったのが悪いのでは
来訪者がそのこと知らなかったんじゃないかなぁ?
ザギにそんな機能ついてないし

13: 名無し1号さん
初見の人にはちょっと暗すぎるかもしれないけど
主人公が変身するところまでは頑張って観て欲しい
そしたらあとは明るい展開しか無いから

14: 名無し1号さん
最終回後はTLTが公の組織になったことで予算も人員もマシマシで大規模な防衛体制を敷けるようになったのが一番の強みか
クロムチェスターも量産されてるし

15: 名無し1号さん
そもそも一旦はノアで鎮圧したスペースビーストが地球までやってきて大暴れ始めた原因は
来訪者が不安だからウルトラマンの代理人を立てよう!ってやって暴走した挙げ句母星爆破しなきゃいけなくなったせいだし
来訪者の技術は凄いかもだけどあんまり信頼するのもね

16: 名無し1号さん
ウルトラ10勇士の時のデュナミストは誰だったのか
普通に姫矢でいいのかな

17: 名無し1号さん
>ウルトラ10勇士の時のデュナミストは誰だったのか
>普通に姫矢でいいのかな
最終話後らしいからコモンか次のデュナミスト

18: 名無し1号さん
no title

闇の巨人すらビビらせて裏工作で使用不可にされた超兵器

21: 名無し1号さん
>闇の巨人すらビビらせて裏工作で使用不可にされた超兵器
ビースト一撃で倒しちゃったから
敵にコレはヤバいと思わせる兵器も中々無いよね

25: 名無し1号さん
>ビースト一撃で倒しちゃったから
>敵にコレはヤバいと思わせる兵器も中々無いよね
ウルティメイトバニッシャーは多用できないとはいえ一回の戦闘で何回か撃てそうなのもすごい

19: 名無し1号さん
来訪者が終始要らんことしかしてないような

20: 名無し1号さん
姫矢さん生きてたけど戸籍とかどうなんだろう

22: 名無し1号さん
no title

コモン君がだんだん頼れるナイトレイダーに成長していって
いつの間にか新型機を一人で任されるようになったりする成長物語としても好き

23: 名無し1号さん
オーバーレイ・シュトロームの設定がガチで必殺だった
そこまでしないと殺せないスペースビーストはやばい

24: 名無し1号さん
>オーバーレイ・シュトロームの設定がガチで必殺だった
>そこまでしないと殺せないスペースビーストはやばい
ラスボスも分解しかけたしな

26: 名無し1号さん
no title

当時こんなCMやってたせいで同一人物だと気付けなかった
最終回でノアになったのもパワーアップじゃなくて奇跡みたいなもんかと思ってた

27: 名無し1号さん
no title

自分と握手いいよね

28: 名無し1号さん
ネクストとネクサスってどっちがノアに近いんだ?

29: 名無し1号さん
>ネクストとネクサスってどっちがノアに近いんだ?
最終回の感じだとネクサスからノアが正しいんだろう

30: 名無し1号さん
弱体化すると見た目が変わるって変だよなって思ったけどそれは強化も同じか

31: 名無し1号さん
ネクストもアンファンスとジュネッスがあるし外見はただの解像度の違いみたいなもんだと思ってたわ

32: 名無し1号さん
ネクストであそこまで戦えたの真木のフィジカルありきだしな
ネクストジュネッスでやっとネクサスアンファンスレベルだし

33: 名無し1号さん
ダクヒがあるからザギの方が売り出し中

34: 名無し1号さん
完全な対症療法的対処というか
姫矢編は特に事後処理的な感じがすごいよね
スーパーパワーと感知能力あっても個人で動くならそうなるわって感じだけど

35: 名無し1号さん
最初TLTが姫矢さんを攻撃した理由なんだっけ...?
真木のこと記録に残ってるし覚えてる人もいるはずだが

36: 名無し1号さん
>最初TLTが姫矢さんを攻撃した理由なんだっけ...?
副隊長が姫矢ネクサスをビーストじゃないかと疑ったからだったはず

37: 名無し1号さん
>>最初TLTが姫矢さんを攻撃した理由なんだっけ...?
>副隊長が姫矢ネクサスをビーストじゃないかと疑ったからだったはず
来訪者や上層部は止めろよ

45: 名無し1号さん
>>>最初TLTが姫矢さんを攻撃した理由なんだっけ...?
>>副隊長が姫矢ネクサスをビーストじゃないかと疑ったからだったはず
>来訪者や上層部は止めろよ
それってラフレイアの辺りでイラストレーターがウルトラマンを攻撃するよう命令した時の事でしょ?
孤問が「やめてくださいウルトラマンは味方です!」って西条に言ったらイラストレーターは「だからだよ」って呟いてたけど本当に何だったんだろ

47: 名無し1号さん
>孤門が「やめてくださいウルトラマンは味方です!」って西条に言ったらイラストレーターは「だからだよ」って呟いてたけど本当に何だったんだろ
一応ティルトとしてはウルトラマンがビーストを倒す味方だということは知ってたけど
ウルトラマンがビーストに圧勝しまくるとそれに応じてビーストも強化してしまう
なので適度にこちらで体力を削って~みたいな?
ろくでもねえな!!

46: 名無し1号さん
間違えた
イラストレーターが最初にウルトラマンを攻撃するように命令したのはラフレイアじゃなくバグバズン初戦の時だわ

38: 名無し1号さん
そもそもTLTはスペースビースト怖さのあまり情報を伏せすぎて
構成員すら組織構造よくわかってないギスギス具合だからな…

39: 名無し1号さん
>そもそもTLTはスペースビースト怖さのあまり情報を伏せすぎて
>構成員すら組織構造よくわかってないギスギス具合だからな…
良かれと思ってやったことが裏目に出過ぎてるよ
エヴァっぽいものとか謎の円盤UFOみたいなのを作りたいからってありゃないわ

40: 名無し1号さん
上層部の思惑的にはウルトラマンが強すぎるとスペースビーストも急速に強くなるから掣肘したかった
ジュネッスブルーは身内の出だから塩対応できなかったりザギさんはもっと狡猾にバランス取りやってたので
結果姫矢さんだけが両方の思惑の被害をモロに食らった

41: 名無し1号さん
来訪者が悪いよ来訪者が

42: 名無し1号さん
最終話がビーストが跋扈する地獄絵図だけどあの地球大丈夫かな・・・

43: 名無し1号さん
>最終話がビーストが跋扈する地獄絵図だけどあの地球大丈夫かな・・・
まあノアの力あれば片っ端から倒せるだろうし・・・

44: 名無し1号さん
孤門のメンタルケアがなければデュナミストは戦えない

48: 名無し1号さん
あんだけ繁殖したらもうどうにもならなさそうすぎるネクサス世界
エックス世界にネクサス来てるしなんとかなったんだとは思うが

ウルトラマンネクサス TV COMPLETE DVD-BOX
バンダイビジュアル (2012-08-24)
売り上げランキング: 46,512







読者登録していただければLINEで更新通知が届きリアルタイムでコメント欄に参加できます。
Twitterでも配信しているのでフォローしていただけると嬉しいです。






オススメブログ新着記事