EKqaer0UcAE-AON

0: 名無し1号さん
カナロの婚活設定は話の導入やオチに活用されていたけど、
導入やオチなど話を作る時に使いやすい特撮の設定を挙げていこう。






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  





1: 名無し1号さん
ブルースワットは拠点のPCハッキングされ済みだからいつでも挑戦状送られてきて好きな時に戦闘シーンに切り替えられるぞ
便利すぎるけど頭おかしい設定だな?


79: 名無し1号さん
>>1
そうだったのか。スペースマフィアには、PCへのアドレスはわかっても所在地がわからなかったのだろうか・・・?

仮面ライダーV3のライダー隊本部も、前本部が壊滅させられて移転した直後にデストロンから祝いの花輪が届いてたっけ。よく勝てたな。

2: 名無し1号さん
仮面ライダー剣の融合係数
どんな強敵に勝利してもこれ一本で説明がつく

134: 名無し1号さん
>>2
やっぱキング戦からのキングフォーム獲得の流れは熱いよね

3: 名無し1号さん
これは巧妙な記憶喪失のスレ

32: 名無し1号さん
>>3
敏樹脚本というかキバで多用されてた印象ある

120: 名無し1号さん
>>32
俺はカブトのほうが印象的かな
ドレイク風間のまわりがゴンにウカワームと記憶喪失率が高すぎる

53: 名無し1号さん
>>3
記憶を失うのも、戻るのも、詳しいこと分かってないから
何をキッカケとするか、話の都合に合わせて自由にできるもんなぁ

107: 名無し1号さん
>>3
桐生戦兎(仮名)とかね

4: 名無し1号さん
デンライナーは実質どこにでも行けるし、声優さん呼ぶのは比較的楽だからイマジンズは客演に引っ張りだこ
EAZ_c-CUcAAzYk7

135: 名無し1号さん
>>4
劇場版なんかでいつあのBGMとともに「俺、参上!」されても、ありえる展開なのがずるいw

5: 名無し1号さん
感情によって変動するハザードレベル。
特に強化のなかったローグとかが終盤までついてこられたし展開を盛り上げるのにも一役買ってた

6: 名無し1号さん
その時、不思議なことが起こった!

34: 名無し1号さん
>>6
これだなw

7: 名無し1号さん
特撮ワープを能力として扱ったパイパススリップでしょ。

110: 名無し1号さん
>>7
それならエグゼイドのステージセレクトもだね。
あと都合よく夜に出来るクロノスの強化ステージセレクトみたいなの。

8: 名無し1号さん
ウルトラマンのマルチバースと、それを行き来できるゼロは鉄板?
196160c4

43: 名無し1号さん
>>8
マルチバースのおかげでM78ワールド以外の世界が繋がれたし、
新旧主役が共演できるようになったもんね

115: 名無し1号さん
>>8
マルチバースというか並行世界への行き来から描いたのは劇場版の我夢だったりする
藤宮も我夢から理論を聴いたり技術を教わったりすればアドベンチャー並みの移動マシーンを作れそうな気がする

9: 名無し1号さん
初期のジャンパーソンはバットマンみたいな展開だったからグリーンツー&イエローターボの刑事コンビとかマスコミの女の人とか話を回すのに便利そうなキャラが居たがすぐに居なくなったな

14: 名無し1号さん
シンケンジャーの黒子衆

『侍達がやらない日々の準備や後始末は彼等がやってくれている』という地味だが重要な説得力

19: 名無し1号さん
>>14
同じ戦国モチーフの鎧武を観て思ったけど、シンケンジャーは世界観に和風を持ち込みまくってるからスッと戦国要素が頭に入って来るよね

128: 名無し1号さん
>>14
ハリケンジャーでもそんな感じの役割のやついたよな。主に後始末だけだった気がするけど

155: 名無し1号さん
>>14
薫姫がなんかどこにでも突然やってくるけど、黒子がいると、何故か「ああ、姫だからなんでもできるんだな」って気になってしまう。

16: 名無し1号さん
財団Xとタイムジャッカーは敵として凄く便利な設定
タイムジャッカーはこれからも謎の敵として登場するだろう

17: 名無し1号さん
これはベタだがウルトラマンというヒーローの存在自体だな。ウルトラQは人気番組だったが毎週怪獣が登場する世界観に疑問に思う視聴者もいた。

だから科学特捜隊やウルトラマンと言った怪獣や宇宙人に立ち向かうポジションを作った事で説得力が増したし。

116: 名無し1号さん
>>17
意外にも初代はある種の舞台装置としての役割で動かされていたんだもんな。明確な「一人のキャラクター」として描かれ出したのは等身大のシーンも多くウルトラ警備隊の面々とも対話を行うようになったセブン以降という

18: 名無し1号さん
ケータイ捜査官7の網島ケイタという設定
高校生ゆえに学校の話ができ
家族との関係もストーリーに絡めることができ
戦隊やライダーなど他の特撮だとあまり主人公の日常に触れることが無かっただけに

21: 名無し1号さん
ミラーワールドに滞在できる時間制限や、外道衆の水切れ等、戦いを途中放棄が止む無しの設定。
「今日はこれまでにしてやる」とか雑な撤退理由より納得だし、自然にストーリーが進められる。

117: 名無し1号さん
>>21
近い理屈としてはグロンギのゲゲルのルールもあるね。一人が失敗するまで次のプレイヤーは出番なし、ランクが上がると期限内に何人の人間を狩るかまで決めていく。場合によっては環境等も関わってくるのでやむを得ず戦闘中に撤退したこともあった

22: 名無し1号さん
シンケンジャーの「外道衆は三途の川を離れて長時間の活動ができない(水切れ)」かな。あれで「なぜ有利な状況で敵怪人が不自然に撤退するのか(それまでは大体慢心のワンパターンだった)」に説得力ができたしこれ考えた製作陣はすごいと思う。

23: 名無し1号さん
警察や探偵は事件が舞い込んでくるから便利よね

25: 名無し1号さん
やっぱり電王やろ
製作陣も無限に出来るって言った位だし

26: 名無し1号さん
イメージを形や動きに反映できるキラメイジャーの充瑠
新しい武器やロボの登場はもちろん、近年撮影機器やVFX技術の進歩で独創的な進化をするアクションをしても、近年のレッドだと圭ちゃんみたいに戦闘のプロであったり、魁利やコウみたいに訓練を受けてない素人でも、同じかそれ以上の動きをしてもイメージができてるからで説明ができる

27: 名無し1号さん
ボスや最終兵器を異世界から連れて来るための要素を集めるために
小規模な作戦を繰り返しているっていうパターンが最近多いと思う
世界を狙う規模の敵組織が戦力を小出しにしてヒーローに
各個撃破されてしまっている理由としては納得できるのだが

55: 名無し1号さん
>>27
ルパパトのギャングラーは構成員全員がボスの後釜狙いもしくは好き勝手に暴れてるだけなので個人による小規模作戦が当たり前という変わり種だった。でもこれはこれで便利な設定だと思う。
DUV6ibKVQAADpa3

64: 名無し1号さん
>>55
ドグラニオ様の放任主義で本人は動かないのて、あの手のボスには珍しいなあとは思ってたけど、実は便利な設定だったんだなあ
それでいて懐の広い大物感も出せるしいいよね
ちゃんと終盤の鬼のような暴れぶりを見せられたら、その気になればいつでもルパパト潰せたというのが恐ろしい

30: 名無し1号さん
カナロは花束持って道歩いてるだけでそこに至るまでの過程大体イメージできるのは凄いと思う

33: 名無し1号さん
演者さんたちもノリノリな中身入れ替わり
戦隊だとほぼ毎年この能力持ち設定怪人出てる気がする

35: 名無し1号さん
アナザーウォッチアナザーライダータイムジャッカー
理屈抜きで問答無用に歴史改変起こして話的に都合のいい世界を作りだせる
性格とか言動とかに違和感があるとかあらゆることを過去が違うからを言い訳に封殺できる

36: 名無し1号さん
ゲゲルのルール

なぜ軍団じゃなく1体ずつ襲って来るのか?
なぜクウガを追い詰めたり殺しが順調でも引き返すのか?
なぜ敵がだんだん強くなっていくのか?
ナゼトチュウデアタマガイタムノクワァッ!

54: 名無し1号さん
>>36
そしてルールを理解すると先手、対策がうてる。爆発の凄まじさも警察との連携を生むきっかけになってたね

118: 名無し1号さん
>>36
ちなみにグロンギのベルトにある魔石ゲブロンには爆弾が仕込んでおり、封印エネルギーと反応する以外だと、バルバがスタート前にONにした起爆システムが制限時間に到達すると爆発するようになっているので彼らは緊迫感を覚えながらゲゲルを進めていく
明確に昇格を果たしたガルメはこの条件を見事にクリアしたことを唯一描写されている

37: 名無し1号さん
時空の歪み
歪んでるんだからどんなおかしなことになろうが仕方ない

39: 名無し1号さん
エグゼイドのステージセレクト

40: 名無し1号さん
人間の心から悪い物が生まれる設定

119: 名無し1号さん
>>40
いいよね、マイナスエネルギーが怪獣を生み出すやつ。
後年のティガではイルマ隊長が「怪獣は人間の心が生み出す」という結論を出したりしていた

130: 名無し1号さん
>>40
リュウソウジャーのマイナソーもマイナスエネルギーを持った人間や物からクレオン汁で生み出されていたが、リュウソウ族はマイナスエネルギーを溜め込むとマイナソーが自然発生するって設定だったとか。(元総理やマスターピンクなど)
スレ画のカナロも婚活に失敗し続けてマイナスエネルギーを溜めた挙句にマイナソーが発生したって可能性もあったのかもしれないな。

42: 名無し1号さん
設定周りはやっぱゴーバスがずば抜けてた気がする。
マーカーと転送時間とかワクチンプログラムとウィークポイントとか都市のあらゆる場所と繋がってる基地とか

44: 名無し1号さん
FBI・滝和也や少年ライダー隊。
こういう情報提供役が存在することで、ヒーローが悪の組織の行動を察知する上で「偶然」頼みの要因をかなり排することができた。

45: 名無し1号さん
アバレンジャーの幸人のカリスマ整体師設定
お客さんのコネで秘密基地を作ったりブラキオやドギーの整体をしたり、わりと便利だった記憶

73: 名無し1号さん
>>45
「恐竜や」関連もなかなか便利設定だったね

常連やバイトなんかで後々の主要メンバーとつながりがあったな

46: 名無し1号さん
ジオウII、ゲイツリバイブ、ウォズギンガの対応したライダーの力を使わずともアナザーライダーを撃破出来る能力

47: 名無し1号さん
クウガの古代の碑文。
これで設定の説明や、新しいフォームを目覚めさせるきっかけなども自然に導入できた。

48: 名無し1号さん
フォーゼは、理事長の野望は遠大なのに物語を天高内に絞って学園ドラマとして成立させる設定が良く出来ていたと思う。

49: 名無し1号さん
それまでウェイ系のナンパキャラが務めていたポジションに婚活キャラと言う一石を投じたカナロの功績は大きそう

112: 名無し1号さん
>>49
かつてマジレッド役だった橋本君(兵頭君の事務所の先輩)も
インタビューで「兵頭君が演じる婚活するヒーローというのも時代を感じますね」って
答えてたらしいね、軟派者に限らず熱血漢やクールキャラも
時代に合わせたモノになってるし

51: 名無し1号さん
龍騎の時間切れとかシンケンジャーの水切れとか、どちらかが圧倒しててもやむを得ず撤退しなきゃならない設定作っとくと、矛盾もないし、後の話につながる因縁も作りやすいよね。

52: 名無し1号さん
ヒーロー側が不自然に素早く悪の計画を察知するのが以前からおかしいと思っていた
大きな組織に所属しておらず情報網を持っていないのならなおさら不自然
しかし、超電子バイオマンのレッドワンはその動物会話能力を生かして動物を手懐け、これを連絡員として情報収集に使っていた
また兄弟拳バイクロッサーはテレパシー能力を持っているので、危機があれば助けを求める声がかなり広範囲からでも届く
この二つの設定は便利だと思った。実際悪の組織側は何故こうも簡単に作戦を嗅ぎつけられたのか…と訝しがっていた

56: 名無し1号さん
「進化獣は、生命の危機に陥ると、細胞が巨大増殖し急速に進化、超進化獣となる。これを、ビッグバンプログレスと呼ぶ。」

巨大化できるなら最初っからやれよ!というツッコミに対するアンサー

84: 名無し1号さん
>>56
バルバンの魔人は(中略)自らの命をも縮めるまさに最後の手段なのだ!

確実に寿命縮むんじゃ、そりゃできるだけ巨大化使いたくないわな。

144: 名無し1号さん
>>84
芋羊羹のデメリットの無さに泣くだろうなバルバンらは

57: 名無し1号さん
ゲンムのライフ制やデンジャラスゾンビの死のデータ採取
主人公側に適度にボコられつつ敵(?)として生存させるやり方が上手かった
ライフ制は本人自ら削らせたりして神の倫理観に説得力もたせてたしドクターXXガシャット作成にも役立ったし

58: 名無し1号さん
ジバンの対バイオロン法
「ジバンはいかなる場合でも令状なしに犯人を逮捕できる」
「ジバンは相手がバイオロンと認めた場合、自らの判断で犯人を処罰(あるいは抹殺)できる」
「ジバンは人間の生命を最優先とし、あらゆる命令を排除することができる」

要は何でもあり

59: 名無し1号さん
フラッシュのスピードフォースは作り手にとってとにかく都合良くできている
CeiBxdbXIAEtqKx

61: 名無し1号さん
街にガイアメモリが出回ってて誰でも手にすることができるっていうのは便利な設定だと思う。特定人物だけじゃなく街全体で事件が起こるわけだし。まー風都がbat city(ひでぇ街)って言われる所以だけど

62: 名無し1号さん
アンデッドサーチャー

94: 名無し1号さん
>>62
アンクと言いコヨミと言い、怪人察知能力は便利だ。
あとは「キィーン…キィーン…」かな。

63: 名無し1号さん
ゴジラシリーズの放射能浴びると巨大化って言う理屈が全く理解できないけど、当たり前のように恐竜から虫まで巨大化してて便利だなと思う

68: 名無し1号さん
>>63
それはゴジラに限ったものではなく、昔のSFのフィクションにおけるお約束みたいなものだよw
「放射能・放射線で生物が異常な能力や変化をもたらす」というのは説明不要レベルで常識とすらいえるレベル
「宇宙人がみんな超能力をもってたり原理不明な科学力がある」というのも同じくらい便利なものだな

143: 名無し1号さん
>>63
放射線が当たって突然変異が生まれる←環境の変化ゆえの突然変異ということか?まぁわかる。

突然変異したから巨大化する←わからんけどそれでいいや!

65: 名無し1号さん
藤岡 弘、撮影中事故で重症撮影どうする?→そうだ、1号ライダーは外国のショッカー支部と戦う為しばらく外国に行ってる事にしよう!→2号ライダー登場

66: 名無し1号さん
ホラーの血を浴びるとホラーに狙われる云々
一般人枠でも話に入っていける

67: 名無し1号さん
「地球の平和を守るため…!」(いや、怪獣も宇宙人もほぼ日本の東京しか現れんやん…)

「世界を征服するのだ…!」(いや、お前ら日本の東京、それもほぼ23区内でしか活動してないやん…)

レインボーマンの◯ね◯ね団「日本人は皆◯しだ !」(うん、納得!コイツらのターゲットは日本人のみだからな)

70: 名無し1号さん
>>67
近年は東京っぽいけど北関東が多いんだっけ?

71: 名無し1号さん
>>70
昭和期にはたまにタイアップで地方ロケを行って
敵味方ともにお世話になった施設を称賛してたっけな

104: 名無し1号さん
>>71
悪の組織「いつもヒーローに邪魔されて計画は失敗するな、よし!地方でやれば良いだろ!」

主人公「うっす!たまたま俺も一緒の場所に旅行中だったわ、お互いお世話になった旅館とかのタイアップは忘れずにな!」

69: 名無し1号さん
宇宙刑事シリーズなどで時空を歪めて
いつもの採石場や工場など爆発OKな戦闘フィールドに移動させる設定

72: 名無し1号さん
チェンジマンのギョダーイを初めとする巨大化要員の登場
それまで怪人が自力で巨大化できたのなら最初からでっかくなれよwというツッコミに対するカウンターであり、エネルギー消耗激しいからむやみに巨大化させられないという説得力
毎回出てきて仕事してくれるから無能扱いはされず、出番少しでもキャラの印象も強くなるというお得なポジション

77: 名無し1号さん
Wの探偵
違和感なく事件に絡ませられる
だからいまだに続編が作られる

154: 名無し1号さん
>>77
大元締めたところで一度出回った物の根絶は難しいからな!

78: 名無し1号さん
クレナイガイさんの風来坊設定
「なんでこんなところにいるの?」という疑問もオーブニカのメロディひとつ流せば即解決!

82: 名無し1号さん
そりゃあもうカラータイマーよ
ピンチの演出や時間の流れ、戦闘が佳境に差し掛かっている様子を視覚聴覚的にこれ以上わかりやすく表現できるツールはない

成田氏には申し訳ないが、あのクソデカランプはウルトラシリーズにはなくてはならないものだと思う

86: 名無し1号さん
井上敏樹は記憶喪失展開好きだよね。

語ろう!クウガ、アギト、龍騎のインタビュー
で翔一を記憶喪失にした理由は

「その方が面白いから(笑)ドラマにできるじゃん、記憶を取り戻すっていう。とにかくいろんなドラマを複雑に交錯させたかったのよ、絡まった糸のように。それをだんだん解いていくようなドラマにしたかったんだよね」

87: 名無し1号さん
555のラッキークローバーは「幸運の四つ葉」なんて名前にしたもんだから4人揃ってないと(主に村上社長が)落ち着かなくて、空いてしまった席をどう埋めるかが色々便利に使われた。

早期に倒されたミスターJ、そういう点でけっこう重要人物だった。

88: 名無し1号さん
そーいやダーマのレオパルドンは、
クソ強いから一気に敵を蹴散らしてモブ軍団を片付けられるわ星間移動できるから星から星にキャラを移動できる舞台装置になるわでアメコミでも便利に使われだしたな。

89: 名無し1号さん

あ、檀黎斗神じゃなくて葛葉紘太さんの方ね。
客演するときイマジンズ並みに便利な設定。
そこにいても神だから何でもあり。

90: 名無し1号さん
ウォズというキャラそのもの
白とか赤とか増えたり本棚入れたりするしメタ発言したりと割と無茶苦茶やってるけど許されてる気がする…

95: 名無し1号さん
>>90
もとから「神出鬼没」設定されてるのも使いやすい。

91: 名無し1号さん
メタフィールド
コスト削減のセット流用を上手く物語に落とし込んだと思う。

103: 名無し1号さん
>>91
エックス客演時に予算削減フィールドをわざわざ予算使って作った逸話はなかなかクるものがある

92: 名無し1号さん
パラレルワールドは特撮に限らず便利だけど、それを最大限に活かしたのが「大決戦!超ウルトラ8兄弟」だと思う。
お陰で8人を変身前から共演させられたし、ハヤタとレナを親子にすることも出来た。

97: 名無し1号さん
それこそ今のヒューマギアは話無限に作れそうだな

98: 名無し1号さん
マシンマンの悪の組織テンタクルとバイクロッサーの敵組織デスターが掲げる『子供を泣かす』という目的
前者は首領が子供アレルギーで虐めると治るから、後者は魔神ゴーラの像が子供の泣き声聞くとダイヤを吐き出して組織の資金源になるから
この設定により、昭和特撮でありがちなアホな作戦計画が正当化され、かつご町内レベルのショボい争いになるので大事にはならず番組に予算も掛からない

個人的にグロンギのゲゲルに匹敵する素晴らしい設定だと思います

105: 名無し1号さん
プロレスの星アステカイザー
アステカイザーの「カイザーイン!」の掛け声で実写の戦闘シーンが突然アニメの戦闘シーンに、おかげでもはやプロレスとすら言えない無茶な戦闘シーンの再現(?)が可能に
…いや、そもそもアステカイザーの格闘シーンはプロレスでもなんでもないからなぁ

しかし戦闘シーン突然アニメ化は初見だとどういう事?と混乱したな

108: 名無し1号さん
ロンダーズファミリーのような目的はあくまで金儲けの組織。
毎週怪人が1体の理由になるし、金儲けに適していれば良いので強さにバラツキが有って問題ないためバラエティにとんだ話が作れる。

126: 名無し1号さん
スーツや武器塔に使われがちなのが、割と気軽に登場する「地球上に存在しない物質」
そんな風に断定するのも相当詳細な観察や実験が必要だろうにさらりと説明されることも多い
でもそれだけで現代科学を無視したような性質にも説明がつく
未知な存在とのファーストコンタクト物の場合なら、最初そういったものの存在を信じず、主人公の正気を疑ってたような人たちをも納得させて味方になるきっかけになったりと便利

138: 名無し1号さん
>>126
地球上に存在しない物質だから、地球の物理法則を無視できるという超理論。
いいよね!

129: 名無し1号さん
ゴーバスターズ3人のウィークポイント。弱点があることで、面白い場面や危機に陥った場面とか、敵にバレた時の対処法とか見てて面白かったな。

133: 名無し1号さん
オーブのSSPという色んな怪現象に自分たちから首突っ込んでいくもんで怪獣や宇宙人に毎回遭遇しても違和感のない民間人たち
ガイさんの神出鬼没な風来坊ぶりもあって防衛チームなしでも世界観を広く感じることができた
その後のジードやルーブだと一般市民レベルの行動圏内で怪獣が頻出するのを世間は疑問に思わないのか気になったからよりオーブの設定の巧みさを感じたな

141: 名無し1号さん
昭和ライダーにたびたびある大学生設定や、平成ライダーに多い無職設定かな。
ヒーローはヒマじゃないとすぐ駆け付けられないもんね。
職業そのものがライダーという場合が一番便利だけど。

153: 名無し1号さん
>>141
無職は天道と晴人くらいだろ。
高校卒業後のソウゴは何と言ったらいいか。

148: 名無し1号さん
コレクションアイテム要素は諸刃の剣。
主人公や敵対勢力がそれらを収集している設定にすれば、アイテム自体が事件の切っ掛けになったり争奪戦したりで話が作りやすいが、戦隊もライダーもウルトラもあって毎作そうするわけにもいかないし、結構なペースでポンポン出るので販促ノルマに縛られることにもなる。
ルパンコレクションの場合だと販促用と別に話作り用の枠も用意して演出的な使い分け方を模索してる感じだったのかな

156: 名無し1号さん
バルバンの仲間内の悪さ。
→一気に攻めずに一軍団ずつ攻める理由になってる。







読者登録していただければLINEで更新通知が届きリアルタイムでコメント欄に参加できます。
Twitterでも配信しているのでフォローしていただけると嬉しいです。






オススメブログ新着記事