no title

0: 名無し1号さん
ゼロワンのフレイミングタイガー初登場シーンは水蒸気をライトで照らしてると知って驚いた






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  





1: 名無し1号さん
ウルトラマンザネクストの必殺光線は砂を使ってると知って驚きだった


10: 名無し1号さん
>>1
上から回転させながら落としてるんだよな
手がこんでる

2: 名無し1号さん
ウルトラセブン最終回の正体告白するシーンの背景にアルミホイルを使用してるってのがやっぱり凄いと思う

51: 名無し1号さん
>>2
ついでに、あのシーンのアンヌは長い髪のウィッグをわざわざつけることで影絵のようなシルエットを強調させている

3: 名無し1号さん
カブト劇場版のメイキング映像で宮崎アクション監督が語っていたんだけど、クロックアップの時は「発動時に速く動く方」がゆっくり動いて合成しやすくしているとのこと。単純に速く動く方が速いアクションつけられていると思っていたからビックリしたなあ。

4: 名無し1号さん
ガメラ3 の終盤、雨を砂で表現してると知って驚いた

18: 名無し1号さん
>>4
技術的に人工的な雨粒が大きくなり過ぎるからだっけ

5: 名無し1号さん
爆炎が襲ってくるように見せるためミニチュアセットを傾けて撮影しているのは有名だと思う

47: 名無し1号さん
>>5
インディペンデンスデイのロス爆破とかな

6: 名無し1号さん
プラスチックの破片やプラモのランナーの欠片を飛ばしてるだけのタグチップ

7: 名無し1号さん
電光超人グリッドマンのOP
ロゴはアクリルをCGじゃなくて切り出したものだと知ってびっくりした
hqdefault

20: 名無し1号さん
>>7
メイキング見てみたいが残ってなさそうだよな

21: 名無し1号さん
>>7
昭和のウルトラマンからグリッドマンまではタイトルカットが全部アナログなんだよね。エースだけ原理知らないけど。
ウルトラマンと後期セブンは色付き洗濯のりをスクリュー2つの上に。
前期セブンはベアリングに色つけて下から叩く。
帰マンはゴミバケツの内側にアルミホイル貼って電球入れて回転。
タロウは真鍮板切り出したのを立たせてアニメーションを合成。
レオはぐんぐんカット人形とミニチュア。
80はパラフィン製の題字をスタッフに撃ち抜かせてる。

8: 名無し1号さん
見事に粉々に吹っ飛ぶウエハース製のビル

9: 名無し1号さん
ピアノ線で吊る航空機の模型を逆さに吊って
さらにカメラも逆さにしての撮影
「ピアノ線は上にある」という思い込みを逆手に取った特撮

68: 名無し1号さん
>>9
『空の大怪獣ラドン』のクライマックスである火山の噴火シーンも逆さにセットした火山の模型に顔料を流し込んでるんだよな

12: 名無し1号さん
ウルトラマンオーブの合成
吹き飛ばされる家とか次々と怪獣に穴を開けられるビル群の撮影方法がミニチュアとCGを上手く組み合わせてて、職人技だった

13: 名無し1号さん
ターミネーターの双子起用と水銀によるT-1000の再生シーン。ターミネーターは意外とアナログ技術が多い。

14: 名無し1号さん
ただでさえ重く呼吸もしづらいゴジラの着ぐるみに、電飾や蒸気を出すギミックを組み込んだせいで空気穴が蒸気で詰まったり、電飾が漏電して感電したりといつにも増して危険な撮影となり、スーツアクターの薩摩剣八郎氏は「ゴジラより先に俺が死ぬ!」と何度も思っていたらしい

蒸気や発光はCG処理だとばかり思っていた…

15: 名無し1号さん
ビオランテの突進
単純な方法だけど実行出来るのが凄い

48: 名無し1号さん
>>15
やろうと思う事もすごいよ。
あのシーンはビオランテ=植物の怪獣だから根が張って動かないっていう思い込みを利用した迫力シーンだった。

16: 名無し1号さん
ウルトラマンタロウのタイトルシーンかな。確か金属の削り出しで文字を成型して、実際に撮影した物を背景に合成させたんだっけ?

17: 名無し1号さん
電王の変身ベルト巻き付け
うまいことカチッとハマるなーと思ったら元々ハメてる所から始めて逆再生してるというね

41: 名無し1号さん
>>17
これ

19: 名無し1号さん
攻撃で火花が散るいわゆる「弾着」は基本攻撃受ける側が殺陣のタイミング見てスイッチで起動してるってのは驚きだった
段取りを完璧に把握しつつ自分もアクションしながらってのがすごい
55f814b7-s

74: 名無し1号さん
>>19
アキバレンジャーでそれにちなんだ話やってたね、カメラワークでさも攻撃が当たってますよって見せるのは流石だわ

22: 名無し1号さん
ウルトラマンエックスのグリーザ戦の長回しであったグリーザだけ消えたり高速で移動するシーン。
グリーザだけ限界まで速く走ってもらってエックスやサイバーゴモラ達は限界まで遅く動く。
それをウルトラマンが等速になるよう早送りするとグリーザだけ映像が振り切れるって仕組み。

30: 名無し1号さん
>>22
これ、やってる方は大変だろうけど原理は意外と単純だなぁって思ったね。

23: 名無し1号さん
ウルトラQのタイトルロゴの演出かな

24: 名無し1号さん
仕掛けって程の事じゃないかも知れないけど、「獣拳戦隊ゲキレンジャー」の第38話で敵が作り出した深見レツに瓜二つの鏡の中のもうひとりの深見レツが合成ではなく、レツを演じる高木万平氏の双子の兄弟、高木心平氏だと知り驚いた(双子だったんだね)
この演者が双子というのを利用してそっくりなキャラを登場させるやり方はターミネーター2のサラコナーを思い出す

49: 名無し1号さん
>>24
特撮作品でよくある手法だよね。
戦隊だと結構やってる(といっても双子自体珍しいけど)から双子の俳優さんがメインキャストに決まるとワクワクするようにw

60: 名無し1号さん
>>49
土屋大輔さん、圭輔さん御兄弟もそうだったね

ダイレンジャーで圭輔さんがやっていた知のコピーを大輔さんが演じ、後に大輔さんが主役を演じたビーファイターでそのクローンであるライバルを圭輔さんが演じるという

25: 名無し1号さん
ダーマの壁はりつき、まさか命綱付けた根性論による産物だったとは…

27: 名無し1号さん
>>25
30分くらいのまとめ動画でみたけど凄かったわ

26: 名無し1号さん
ストロンガーの城茂が稼働中のリフトにしがみつくシーン、まさか命綱すら無しだったとは…アマゾンのジェットコースターでも思ったが当時の役者さん身体張りすぎでしょ

36: 名無し1号さん
>>26
宮内洋氏の功績ですね

61: 名無し1号さん
>>26
演者(宮内さん)じゃなくアクター(中屋敷さん)だけど、V3の煙突立ちも大概・・

裏話聞いてこっちがゾッとした

73: 名無し1号さん
>>61
煙突内に足掴んで支えるスタッフがいる以外は支え無しであれだからね…しかもスーツ着てるから視界は最悪、自分だったら絶対無理

28: 名無し1号さん
劇場版ルーブでトレギアの光線で吹き飛ばされたグルーブが何棟ものビルを突き破るシーン。
グルーブはフルCGだからその部分もCGなのかと思ってたんだけど、
グリーンバックと同色に塗装したパイプ状の重りをビルにぶつけて撮影してたのには驚いた。

29: 名無し1号さん
ウルトラマンタイガの小田さん回の夕映えの仕組みよね
アクリル板をライトアップする事で本物の様な美しい夕陽になるんだそうな
今まで背景絵1枚でやってるものだと思ってたよ
CGも凄い進化してるけどこういうアナクロ呼ばわりされる技術も良いもんだよね
o1080065614582928734

31: 名無し1号さん
実際精巧なミニチュアを作って火を放ったという怪奇大作戦「呪いの壺」での寺院炎上シーン。
ストレートかつダイナミックな手法で逆に驚く。

リアル過ぎて放映後問い合わせが殺到したという伝説。

32: 名無し1号さん
LEGOムービーがCGアニメーションで作られていた事、初見の時はストップモーションにしか見えなかった

33: 名無し1号さん
仕掛けっていうか演出なんだけどクウガ2話の教会はセットを作ってそれを燃やしたって聞いて度肝抜いた

58: 名無し1号さん
>>33
龍騎サバイブお披露目会も本当に燃やして、スーツアクターさんやばかったんだっけ

71: 名無し1号さん
>>58
密室の中で本物の火を焚いてたという話だからな。そのせいで空間の酸素が薄くなり、高岩さんと伊藤さんが酸欠で死にかけるという

54: 名無し1号さん
>>33
1話の警察署のセット作って そこに本物のパトカー突撃させて破壊し、
更に怪人を大暴れさせるというのも中々だぞ。

75: 名無し1号さん
>>33
あんまり迫真過ぎたんでこれで予算が尽きたという都市伝説(ガセ)すき

34: 名無し1号さん
手に下駄を履かせたゴルゴレムのスーツは、目からウロコの発想で当時感心した。 

35: 名無し1号さん
スターウォーズのオープニングロール
どんな最新技術を使ってるのかと思いきやロールを普通に使ってたというw
後にクレジットロール自体がそもそも巻物(ロール)で撮影してたことを知った

37: 名無し1号さん
ガメラ2のビルの中で慌てる人たちはミニチュアの窓に鏡を仕込んで反射を利用してるそうです

38: 名無し1号さん
OQのゼロワンコールはエキストラへのネタバレを回避するためにキカイダー01を用意したってのはなんか面白かったな
1578483660012-560x315

39: 名無し1号さん
ターミネーター2 溶鉱炉はシロップ

40: 名無し1号さん
モスラ2 ダガーラ体内は魚肉ソーセージ

42: 名無し1号さん
龍騎本編→左右逆に演じたものを反転
RT龍騎とジオウ→上に加えて、「反転したセット」で撮影

左右逆の利き手で演じられるスーツアクターさんすげえ。

44: 名無し1号さん
>>42
ジオウのミラーワールドのシーンは短いけどカット毎に撮り方が違ってすごいややこしかったらしいな

43: 名無し1号さん
ウルトラマンネクサスで海を寒天で表現したと知ったとき、特撮の技術というか表現力のすごさを初めて知った。
それで調べたら寒天の海の手法は昔からある手法の一つと知って、特撮史の歴史の長さを改めて体感した。

65: 名無し1号さん
>>43
円谷英二がハワイ・マレー沖海戦で考案したんだっけ

45: 名無し1号さん
吊りは日本の伝統芸!
やっぱし初代キングギドラの吊り操演が美しくて好きよ

46: 名無し1号さん
モスラ対ゴジラの小美人のシーン
一部は合成ではなく、巨大な家具を作って撮影したらしい

50: 名無し1号さん
ゴウライガンのゲキはグリーンバック用の赤いスーツがある(後で色調いじって緑に戻す)
他の番組でもこういうの多そう

55: 名無し1号さん
ジュウレンジャーの守護獣たちが揃ってやってくるシーン
ティラノだけが着ぐるみで他4体はミニチュア
ティラノがけっこう奥で走る動作をして、手前のマンモス・トリケラ・タイガーは足だけ動くミニチュアを横並びに団子みたいに棒でつないで浮かせて、その下の地面はベルトコンベアみたいにグルグルと回るもの
手前の3体は地面を走っているように見え、サイズが違うティラノは遠近法でいいサイズになって一緒に走っているように見える

56: 名無し1号さん
昔の作品の火山の噴煙は、水に粉とか液体を注ぎ込みそれを上下逆にしたんだっけか
やっぱ天地逆転はオーソドックスながらもいい手の一つなのかな

57: 名無し1号さん
神ノ牙JINGAの御影神牙VSホラージンガ
片方はブルーバックと同じ色のスーツを着たダミーで、神牙とジンガを別日に撮影して合成。
2人が絡み合ってる(色っぽい意味でなく)のを合成でやる技術すげえ!!

59: 名無し1号さん
仕掛けを知って驚いたと言う事とは違うかもだが
まだあまり詳しくなかったキカイダー01の怪人達が低予算丸出しと聞いてて初めて見た時

ただ包帯ぐるぐる巻いただけの奴がシャドウミイラ、アクアラングにヘルメット被っただけの奴がアクアラングマン、単なる全身真っ黒タイツ男が影法師ロボット 「…は?」

まぁ、ある意味低予算での工夫ぶりに驚いたとも言えるがw

62: 名無し1号さん
庵野秀明監督の「巨人兵、東京に現る」では。
崩れ落ちるビルのミニチュアをガラスで作ったそうですね。倒れるのでは無く、下から沈む様に崩れる様は。
あの3・11で起きた、世界貿易センタービルの崩壊を手本にしたそうです。
ちょっと不謹慎な気もしますが、リアリティーの追及に貪欲な庵野監督ならではですね。

63: 名無し1号さん
そんな大袈裟なことでは無いけどアンクがメダル投げやすいように親指と人差し指が素肌に色塗ってるのとか
見てて全く気付かなかったから気づくファンもよく見てるなぁって思った

64: 名無し1号さん
バックトゥザフューチャー・パート3の谷底に落ちる機関車。
子供の頃に見て「本物の機関車が落っこちてる!」と思っていたら、ここでミニチュアだったと知り驚いた。
あの時代のハリウッド映画はCGに頼りきっていなくて、
工夫が随所に見られて面白い。

66: 名無し1号さん
超星神シリーズのナックル系アイテムは両面テープで役者に貼りつけてると知ったとき。

67: 名無し1号さん
「ガメラ対大魔獣ジャイガー」の劇中の記録映像で、回虫に寄生された象の鼻を切開して回虫の塊を取り出すおぞましいシーンは本物の記録映像だと思っていたら、本物の象の鼻に特殊メイクして取り寄せたブタの回虫をその特殊メイクした鼻に入れて撮影したとの事で驚いた
流石にあのままカラー映像で流すのはマズいとの判断で白黒映像にしたようだけど正解だと思う

69: 名無し1号さん
デザイン手掛けたデザイナーさんが驚いたモモタロスの目の開閉ギミック

70: 名無し1号さん
ジュウレンジャーの守護獣やカクレンジャーの五神将みたいな着ぐるみ(ティラノザウルス・ゴッドサルダー)とプロップ(そのほか)が同じ画面の中で疾走するシーン

72: 名無し1号さん
昔の光学合成の手法かな。分かりやすい例だとウルトラマンのスペシウム光線。発射ポーズの写真を元に別でイラストを描き、そこへアニメーションの手法で発射される光線のパターンを描いていき、重ねていくというなかなか気の遠くなりそうな作業。腕を十字に組むのも発射する手を固定する意味があり、工夫と苦労を伺い知れる

76: 名無し1号さん
>>72
当時の光学合成担当の方がXで現役でグリーザの太平洋でのバトルを手掛けていたと聞いて衝撃を受けたわ

77: 名無し1号さん
スター・ウォーズのジェダイの帰還でデス・スターで整列する大勢のストームトルーパーの一部が実は絵だったと知ったときはびびった。

78: 名無し1号さん
仮面ライダーZOのバイクに乗りながら炎を纏っての変身シーン
実際にバイクと人型に切り抜いた鉄板に炎を当てて撮ったとか

79: 名無し1号さん
ブラック指令の水晶玉
覗き込んだ目がアップになったりするのはどういう仕組みだと思ったら
普通のガラス玉ではなくて中空になってて、水を入れるとああいう風に撮れるのは面白かった
金魚鉢に顔を近づけて反対側から見るのと同じ、と言われてなるほどと

80: 名無し1号さん
仮面ライダーXの変身(セタップ)シーンもアルミホイル使ってたハズ。







読者登録していただければLINEで更新通知が届きリアルタイムでコメント欄に参加できます。
Twitterでも配信しているのでフォローしていただけると嬉しいです。






オススメブログ新着記事