Traygia

0: 名無し1号さん
トレギア自身の過去は勿論、これまでのシリーズにおける様々な真実、
更には今後の作品でも生かされそうな設定が出てきて非常に興味深かった。

後、ウルトラ戦士としてのタロウの人となりも良く分かって微笑ましかった。






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  





1: 名無し1号さん
ヒカリの闇堕ちもトレギアのウルトラマンへの失望に関与してたんだっけ...
9064cb18


49: 名無し1号さん
>>1
かつての上司が闇堕ちした結果発狂して光の国を出ていった

3: 名無し1号さん
トレギアもヒロユキ同様「チビスケ」と言う生物を飼ってたんだな

5: 名無し1号さん
>>3
リアルタイムでタイガ本編2話を見た時は「トレギア許さねぇ!」だったのが、今見たらなんともやるせなくなるよね。
D_UXvWSUEAAKvU9


57: 名無し1号さん
>>3
後から見返すとトレギアが一線なんかとうに踏み潰してることが判るシーン
ライトサイドへの復帰は無理だよな

6: 名無し1号さん
まさかムルナウのあの宝石化能力がトレギアから与えられた能力だったとは...
DXUzzm6VwAAS0IH

7: 名無し1号さん
なんだかんだでタロウが大好きなのはよくわかった

9: 名無し1号さん
パッと流し読みしただけだからよく分からないけど、ギャラクシーファイト最終回でトレギアが光の国を出て行く(様に見える)回想シーンでは既に仮面に拘束具をしてる姿だったけど、あの姿になるのは光の国を出て行って遠い地で本格的に悪堕ちした時だったのかな?

10: 名無し1号さん
タイガ本編だけでも何となく「トレギアのタロウへの感情が重そうだなー。」と思ってはいたけど、この小説読んだら想像以上だったわ。

嫉妬(ベリアル→ケン)やライバル意識(ジャグラー→ガイ)とはまた違って「私の太陽。ずっと側にいて。」という愛情だったのが印象的。
闇堕ちしてからは「私は君の影になることが出来た。」という結論になってしまったのがまた…。
絆を否定しながらも、自分はタロウとのそれに縛られてるというのが皮肉だ。

11: 名無し1号さん
劇場版R/Bやトライストリウム戦で倒されたと思ってたらしぶとく生存してたって展開は実は本当に倒されたんだな...

12: 名無し1号さん
流石にグリーザには干渉出来なかったみたいだな

13: 名無し1号さん
それまではわりと普通だったのに最終章で急に光も闇もないとかタロウにたいして君という壁を越えてみせるとか言い出して「へ?」となる

14: 名無し1号さん
トレギアが霧崎と言う人間態になったキッカケみたいなのが気になる。やはりセブンやメビウスの時のカザモリやヒロトみたいに霧崎の姿のモデルになった地球人かヒューマノイド型異星人がいたんだろうか?

15: 名無し1号さん
単体で合体ウルトラマン並みに強かった理由が邪神バフのおかげで本来は戦士の適正がないのがまた

16: 名無し1号さん
この話でますますトレギアが好きになった

17: 名無し1号さん
タロウがラブレター(トレギアの添削あり)を送った相手が、後の奥さん(タイガの母)なのかもな。

18: 名無し1号さん
タイガスパークにタロウスパークって名付けようとするトレギア相当ヤバいぞ。
そして後にタロウの息子がタイガって知って「じゃあ半分私が名付けたもんじゃん」って笑うトレギア相当ヤバいぞ

19: 名無し1号さん
最終回で、逆光を浴びてシルエットになったタイガを見たトレギアが呟くシーン
最初は気持ち悪…、って思ってたけど今では「ああ、このシーンか」って妙な気分になる

22: 名無し1号さん
DHLのスピンオフの舞台でもベリアルsideのラストでトレギアが登場したみたいね。
どうも、黒幕のヒュース所長と何かしらの関わりがあるようだし、この小説で明かされた設定を兼ねると同一人物である可能性も無きにしもあらずなようで…。

24: 名無し1号さん
湊兄妹やジードのみならずXの宿敵のグリーザやオーブの敵のムルナウにも接触してたとか、劇場版R/Bやギャラファイ以前にギンガやビクトリー以外のニュージェネヒーロー達又はその敵に関わってたとはね

28: 名無し1号さん
>>24
そんなことになってたのか
とはいえ元々その設定があって仄めかされてるのと違って後付けなら
実はこうだったみたいなこと言われてもそこはなんだかなぁ…という感じ

43: 名無し1号さん
>>28
とは言っても、ムルナウには宝石化能力与えただけで、ダークリングに選ばれたのは本人の心の邪悪さ故
グリーザにはそもそも干渉不能でスルー
なんだかんだニュージェネ組の黒幕になってるのは、R/Bのルーゴサイトとギャラファイのダークキラーぐらいよ

33: 名無し1号さん
復讐に囚われたヒカリやレイブラッドによる軽い洗脳とはいえ光の国滅ぼそうとしたベリアルの情報見てウルトラマンが扱う力がでかいだけで地球人と変わらない未熟者。そんな未熟者が宇宙の正義気取りなのが馬鹿馬鹿しく恐怖を感じて離脱したのがトレギア

35: 名無し1号さん
>>33何て言うか光の国のウルトラマンとして生まれたのがトレギアにとって最大の不幸な気がする...。もしU40に生まれてたらヘラー軍団に入ってたんだろうか?

40: 名無し1号さん
>>33
生真面目な気質が最悪な方向に針を振り切ったら、粘着気質な哲学者みたいな思想に染まってしまったのか

36: 名無し1号さん
同じ光の国のブルー族であり自身も一度は闇に堕ちたウルトラマンであるヒカリがトレギアを見たらどんな感じで接するのか気になる...

41: 名無し1号さん
>>36
自分の闇堕ちも間接的に関わってるから曇りそう。
ましてや、トレギアは自分の教え子だし。

42: 名無し1号さん
地球人に興味を持ち調べたところ、戦争や犯罪多過ぎて失望しちゃってるよのなトレギア
おかげで地球防衛から帰還したタロウが地球人の良さを語っても馬耳東風
ウルトラマンから失望されているって例を目の当たりにすると、なんか心に来るものがあるな…

45: 名無し1号さん
>>42タイガ最終回でトレギアが「同じ宇宙人なのに人間はウルトラマンだけ特別扱いしている」みたいな事を言ってたけど、自分もメイツ星人回やキーフ回で同じ事を思ってたからまさか公式がこの矛盾を拾うとは思わなかったな。やはり光の国にいた時にこのメイツ星人の事件も知ったんだろうなぁ...

47: 名無し1号さん
>>42タロウ本編でタロウがピッコロに「人間には確かに悪い心を持っている者がいる。でもそれ以上に綺麗な心を持っている者だって大勢いる。少ない悪人の為に多くの良い人間を見捨てる訳にはいかない」と言ってたけど(台詞がうろ覚えなので間違えてたら申し訳ない...)、この台詞をトレギアに言っても響かないのかなぁ...

55: 名無し1号さん
>>47
言ってたけど「君はいつも物事の光の面しかみないんだね。まぁ、それでこそタロウなんだけど。」という感想を抱くのみだったな。

44: 名無し1号さん
光の国って「善人しか生まれない」という触れ込みのわりに、ベリアル、トレギア、ゼロ、ヒカリと未遂も含めれば道を踏み外したウルトラマンって結構いるよな
自分が知る限り「悪のウルトラマン」の内面が詳細に描写された初の作品だけど、
ゼロやヒカリが道を踏み外しかけた時に周りの人間に支えられて更生したように、ベリアルと同じ遺伝子を持つリクが人々の善意に触れて育ち善のウルトラマンに成長したように、
ベリアルやトレギアも道を踏み外しそうになった時に支えてくれる誰かがいれば、ウルトラマンとしての正道を歩めたのではないか?と思わせられたな
光の国にだって普通に劣等感やコンプレックスを抱くウルトラマンは生まれるんだから、地球人からカウンセリングなどを学んで社会がイレギュラーを救済するシステムを構築すべきなのではないか?

もう1人の「悪のウルトラマン」であるベリアルの内面も、いつか小説で読んでみたいものだ

67: 名無し1号さん
>>44もし今後また光の国の悪堕ちウルトラマンが多数出たとして、ヒカリみたいに改心して再び光の戦士に戻るのか、それともトレギアやベリアルみたいに悪堕ちしたまま滅びるのか、どちらが多くなるんだろう...?

48: 名無し1号さん
光の国でトレギアみたいに考えられるウルトラマンって貴重だよな

人間の醜い部分を観て失望したり闇に堕ちたウルトラマンの存在を知り「ただ図体がデカいだけで人間と同じ、そんな存在が宇宙の番人なんて危険じゃないか」と考えられるのだもの

しかもそんな考えは光の国じゃ誰も理解してくれないだろうし半狂乱になるのも分かる

59: 名無し1号さん
>>48
正直何万年も絶対秩序が続いてて反乱者が一人だけなのに、その一人の存在で半狂乱になるって神経細すぎていずれ別の理由でおかしくなりそうだなと思った

62: 名無し1号さん
>>48正史ルートやパラレルの光の国のウルトラマン達も人間の醜い部分を見てもそれでも最後は人間を信じてるしな。平成ルートのセブンに至ってたは人間の醜い部分を見たとしても宇宙の掟を破ってまで人間の為に戦い、M78星雲の同胞達によって暗黒星雲に幽閉され、それでもまた地球や人間達に危機が訪れた時は暗黒星雲を抜け出して再び地球に帰って来て人々の為に戦ってくれたくらいだし

52: 名無し1号さん
なんというか想像以上にタロウに傾倒しててドン引きしたわ
それと同時にウルトラ族という種族の完璧なように見えて完璧ではないゆえの難しさを感じさせられた

60: 名無し1号さん
邪神と聞いてガタノゾーア関連を思い浮かべた
多分関係はないと思うけどね

63: 名無し1号さん
ベリアル→父
トレギア→タロウ、タイガ

次は母が危ないな・・・

68: 名無し1号さん
邪神の加護による能力とはいえ、マルチバースのあちこちに存在する平行世界の自分をバックアップにして復活するのは「どうりでしぶといわけだ」と思った。

70: 名無し1号さん
>>68
平行世界の中には闇堕ちしてないトレギアもいるかもしれないことを考えるとまた、実にやるせないシステム。

71: 名無し1号さん
>>68
死亡する度に平行世界の自分をバックアップにするってどんだけの平行世界にトレギアがいるんだと思う以前に、という事は他の平行世界にもトレギアの故郷である光の国もあるという解釈でいいんだろうか?
こういうのはどうもややこしく感じてしまう。

72: 名無し1号さん
>>68
これって他のトレギアは知ってて犠牲になってんのかな
それとも知らず知らずのうちに代わりとして使われてしまっているのか

73: 名無し1号さん
“無”そのものであるグリーザには干渉できなかったって、じゃそのグリーザを太陽に叩き落とし15年間も封じ込めていたXって一体・・・

77: 名無し1号さん
>>73
相性が良かったんじゃねーの?

74: 名無し1号さん
とりあえずトレギアはタロウに死なない程度に殴られてから抱き締めて貰った方がいいかな…?

75: 名無し1号さん
あの邪神群を宇宙創生時に封印したのはキングやノアの親戚とかだろうか

76: 名無し1号さん
ここで出てきた「混沌そのものである邪神」は今後のシリーズにも関わってくるのかな?(まあないだろうけど)

78: 名無し1号さん
小説読む前の劇場版予告に対する感想
「タロウ闇堕ちとかトレギアもうウッキウキやろなぁ」

小説読んだ後の劇場版予告に対する感想
「タロウ闇堕ちとかトレギアの心ぐっちゃぐちゃやろなぁ」
EL8gQYNVUAAUXel

80: 名無し1号さん
トレギアは自分と相容れない考えのタロウが好きなのであって、闇落ちしたタロウが自分の横にいても心の底ではあまり嬉しくないかも、って感じか。面倒くさい性格だな。

81: 名無し1号さん
超えたいとか貶めたいじゃなくて、君の影になりたい系のストーカーだったか

82: 名無し1号さん
封印されし邪神群なんて、、、今後のラスボス枠や映画のボス設定に最適じゃないか

ウルトラマンタイガ超全集 (てれびくんデラックス 愛蔵版) (日本語) ムック – 2020/3/25







読者登録していただければLINEで更新通知が届きリアルタイムでコメント欄に参加できます。
Twitterでも配信しているのでフォローしていただけると嬉しいです。






オススメブログ新着記事