仮面ライダー 世界に駆ける

0: 名無し1号さん
「仮面ライダー世界に駆ける」
「仮面ライダーワールド」
「スーパー戦隊ワールド」
「東映ヒーロー大集合」

短い時間の中に詰まった魅力を語っていこう






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  





1: 名無し1号さん
「仮面ライダーワールド」は巨大シャドームーンに驚いた。巨大化したJに対して「貴様も巨大化出来たとはな」と意外そうに言ってたから思わず「いやお前(シャドームーン)が巨大化出来たのかよ」と声が漏れてしまった
CBuK4KfUsAAlhb3


20: 名無し1号さん
>>1
本来はブラックサン、シャドームーンと同系統の怪人と思われる創世王が巨大な心臓になっていたのを根拠に、シャドームーンたちも巨大化できる説が展開できなくもないのが困り所

21: 名無し1号さん
>>1
シャドームーンが便利な敵役にされ出したのはこの頃からだったのかと思ったね

2: 名無し1号さん
「仮面ライダーワールド」と「スーパー戦隊ワールド」にドラゴンレンジャーのブライ兄さんやチェンジペガサスの勇馬を演じた和泉さんが一般人役で出演してたな

35: 名無し1号さん
>>2
因みにファイブレッドの声も担当している。
尚いっしょにいた女性のキャストは不明とのこと

3: 名無し1号さん
仮面ライダーワールドでのZOとJの並び立ちはカッコ良くて好きだな
1afd09c6645f49e67551231dbd22a2912c71ffa1.26.2.2.2

37: 名無し1号さん
>>3
2人のダブルライダーキックは熱かった

45: 名無し1号さん
>>3
たしかZOとJは、1号(本郷)と2号(一文字)のオマージュなんだっけ
ネオライダーにおけるダブルライダー

4: 名無し1号さん
仮面ライダー世界に駆けるを3Dで見たら、なおのこと悲劇だったろうな...(クライシスが)

5: 名無し1号さん
ゴレンジャー対ジャッカー電撃隊
バトルフィーバー~ターボレンジャーまで集結したターボレンジャー1話
ファイブマン~カクレンジャーまで集結したワールド
VSで前後の作品とコラボするオーレンジャー以降の作品
デンジマンとサンバルカンを除いて一作ごとに世界観がリセットされる戦隊シリーズだけど何気にゴーカイジャー以前から全部の戦隊がクロスオーバーに参加できてるな

6: 名無し1号さん
仮面ライダーワールドの敵怪人軍団にはJの敵のフォッグ怪人がいるのに、ZOの敵のネオ生命体の怪人は1体もいなかったな。その代わり何故かこの映画に出演していない真の敵の財団の改造兵士レベル2やBLACKのゴルゴムのサイ怪人が出てたりとチョイスが少し謎だった気がする。サイ怪人はシャドームーンがいるからまだ分かるけど、何故出演しているZOのネオ生命体の怪人を出さなくて出演していない真の財団の改造兵士レベル2だったんだろう...?

7: 名無し1号さん
>>6
ネオ生命体は3Dで本物の昆虫みたいな動きさせてなんぼのデザインだからね
だからといってボスキャラであるドラス(着ぐるみでOK)を出すのもなんか扱いが軽い気がするし
雨宮デザインが懲りすぎてた弊害(つまりは予算の関係)だと思う

18: 名無し1号さん
>>7
まあ操演のクモ女とボスキャラのドラスはともかく、コウモリ男ぐらいは出せたと思うんだけどねぇ

8: 名無し1号さん
「世界に駆ける」は冒頭の廃墟に潜むスカル魔スターたちや中盤で怪しい演出と共に出てきたゴルゴムの三神官がめちゃくちゃ怖くて子供心にビビってた思い出……

RXになってから本編でのホラー描写は控えめ(なくなったとは言ってない)になっただけに余計

9: 名無し1号さん
「仮面ライダー世界に駆ける」ってタイトルもいいよな
実際には全然世界を駆け回ってなくて、むしろ「時をかけるライダー」な内容なんだけど

15: 名無し1号さん
>>9
モールイマジン「過去の自分を連れてきたよ♪」

25: 名無し1号さん
>>15
お前のしわざか

10: 名無し1号さん
スーパー戦隊ワールドはジュウレンジャーとダイレンジャーはドラゴンレンジャーとキバレンジャーも出しても良かったんじゃないかな(一般人役がブライ兄さんを演じた和泉さんだからややこしくなるかもだけど)。カクレンジャーの場合はこの頃はまだ本編にニンジャマンが登場する前だから仕方ないけど
7FgFi

29: 名無し1号さん
>>10
ブルースワローとトリケラレンジャーの共闘が見たかった。なんでって?お察しください

11: 名無し1号さん
丁度この世代なのだがDVDでしか観たこと無い。

12: 名無し1号さん
飛び出す人造人間キカイダー
はお題に関係ないのか...
東映の3Dと言えばまず浮かんだ作品なんだけどなぁ
7b59d881e6c65a25b63ac9e056116633

28: 名無し1号さん
>>12
復活したダークのロボット軍団の名乗りがなんか可愛い

30: 名無し1号さん
>>12
赤青メガネの劇場用立体作品って
『赤影』『キカイダー』『イナズマン』
だけなんでしたっけ?
劇場ではなくLD初見なんですがキカイダーの冒頭、
子供のガヤにブチギれるプロフェッサーギルは
大人の目で観ても怖かったです。

31: 名無し1号さん
>>30
ギルのウソつき!ってヤジ飛ばしてたっけか

13: 名無し1号さん
ジャーク将軍自らRXには勝てないと断言し、三神官の力でパワーアップ前のBLACKに戻したら何故か増え、最終的に各形態がそれぞれ並ぶという展開を約17分で収めるのは本当凄い

17: 名無し1号さん
>>13
「BLACKなら勝てる"可能性もある"」ってのが弱腰すぎて笑ってしまう

14: 名無し1号さん
ジャーク将軍の作り出した時間軸の歪んだ世界では同一人物が共存できる仕組みだから過去の自分を助けにRX達がやってくることが出来た
作中では詳しい説明がないからRXが理不尽に逆転した印象だけど設定からしてクライシスの自滅

19: 名無し1号さん
「スーパー戦隊ワールド」のボスである帝王ダイダスはキョウリュウジャーのヒーローショーにも出てたらしいがそこでは、実はザンギャック皇帝アクドス・ギルの兄だったり、キョウリュウ・ゴーカイ・シンケン・ゴーオン・ゲキレンの5大戦隊と激突したりとなんか色々と凄い事になってたらしい

22: 名無し1号さん
「東映ヒーロー大集合」は「スーパー戦隊ワールド」の流用にブルースワット・ジャンパーソンの新規カットとナレーション加えただけで、ホントに只のヒーロー紹介ビデオなんだよね・・・。

26: 名無し1号さん
>>22
これでもブルースワットにとっては新作映像の映画なんです
スーパーヒーローフェアは、何故かブルースワットだけ新作ではなく1・2話の再編集版でした

23: 名無し1号さん
仮面ライダーワールドを見た時は「何でサイ怪人なんだろう」と思ったが
それから15年くらい経ったディケイドでもゴルゴム怪人枠としてサイ怪人が出た時は感動したな

ディケイド以降のクロスオーバー作品見るに、大怪人やビルゲニアの衣装なんかも残っていたみたいだけどワールドでは使いにくいか

36: 名無し1号さん
>>23
これらの出演のお陰で、サイ怪人ゴルゴム怪人のメイン枠になってるようなもんだよね

44: 名無し1号さん
>>23
ディケイドに限らず春映画やジオウなんかでもそうだけどライダーのスーツだけじゃなく怪人のスーツがよくあれだけ残ってたなって驚いた記憶があるな。

24: 名無し1号さん
世界に駆けるの最大の謎はBLACKにもRXにも参加してない所か、仮面ライダーの脚本自体が初めての浦沢義雄先生が書いている事

27: 名無し1号さん
仮面ライダー世界に駆ける
短くても立派な仮面ライダーBLACKRXの劇場版

32: 名無し1号さん
スーパー戦隊ワールドのロボ戦、何故かジェットイカロスはバードニックセイバー(剣)ではなくイカロスアックス(斧)で戦ってたな
TV本編でもよく使用してたし扱いやすいのかな

33: 名無し1号さん
飛び出す!立体映画イナズマン公開された1974年当時、オイルショックによる物価騰貴によって機材が高価になってしまい、立体映画は本作をもって中断。
3D映画は1989年の『仮面ライダー世界に駆ける』まで制作されなかった。

34: 名無し1号さん
仮面ライダーワールドにてシャドームーンが見せた巨大化能力は、パンフレットなどでは「バイオライダーの縮小化能力」の応用とされている。つまり逆にミクロ化も可能と思われる。

38: 名無し1号さん
「仮面ライダー 世界に駆ける」でのRXがリボルクラッシュでデスガロンを倒すシーンは印象的

41: 名無し1号さん
>>38
たしかTV本編では、RXの状態でデスガロンを倒してなかったはず

39: 名無し1号さん
J(ジャンボフォーメーション)と巨大シャドームーンが激闘を繰り広げる中、只1人見守ってるしかないZOが何とも・・・

40: 名無し1号さん
1969年に公開された立体映画
飛び出す冒険映画 赤影
もよろしく

42: 名無し1号さん
「スーパー戦隊ワールド」の敵キャラの帝王ダイダス一味だが、いつの日か再登場してくれないかな

43: 名無し1号さん
スーパー戦隊ワールドにおける小杉十郎太氏が代役を務めたレッドホーク
声の違和感半端なかったな

仮面ライダー世界に駆ける







読者登録していただければLINEで更新通知が届きリアルタイムでコメント欄に参加できます。
Twitterでも配信しているのでフォローしていただけると嬉しいです。






オススメブログ新着記事