1566628686428

0: 名無し1号さん
配信の方でも学園編が終了したので語りたい
改めて見るとウルトラマンと学園ドラマの取り合わせは展開的に
大忙しになってしまう感は否めないものの悪くないよなぁと思うな

寧ろ大和先生がUGM入らなければもうちょいシャープにできたんじゃないかとも感じたわ






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  


1: 名無し1号さん
後のメビウスの「思い出の先生」は教師編の続編と言うか最終回って感じで良かったなぁ


46: 名無し1号さん
>>1
自分も初見では「真の最終回」だと思っていたんだけど、それでは最終回でのオオヤマキャップ始めUGMメンバーの奮闘がなかったことのようになってしまうので、「できなかった卒業式」だと個人的には呼んでいます。
26年…最終回の1981年から26年越しの卒業式、みたいな。

2: 名無し1号さん
当たり前だけど、この頃は若いから演技が軽快というかフットワークが軽い感じがする。
どっちかというと、今のどっしりとした落ち着きのある演技の方が記憶に残ってるので、YouTubeで久しぶりに見たとき動きやセリフ回しは早くてビックリした。
でも、メビウスの80回のラストで、校庭から屋上の生徒たちに向かって手をあげるシーンは昔と変わらないヤマト先生だった。

31: 名無し1号さん
>>2
リアルタイムで見た時、声だけの出演だと思ってて、それでも嬉しくてホーのくだりで泣いてる時に本人登場で気持ちの整理が追いつかなかった思い出

3: 名無し1号さん
1話でクラスの生徒達に猛のモットーである「一所懸命」を語るシーン好きだな

25: 名無し1号さん
>>3
俺も一生懸命より一所懸命のほうが好き。文などを書いていて特に指定がないときは必ず一所懸命を使っている。
そして、時々つっこまれてドヤ顔で解説するまでがワンセット。

4: 名無し1号さん
「エアポート危機一髪」を観た後だと相原先生との恋物語の続きとか観たかった
127943415380116220126_E0901

39: 名無し1号さん
>>4
あれは80の正体に気付かないまま憧れていたのか
気付いていたけど事情を汲んであえてあんな言い方をしたのか

5: 名無し1号さん
金八が大ヒットしたからTBSの意向で教師路線になったのか?それともそんなの関係なく?

11: 名無し1号さん
>>5
偶然です。
「80」の企画自体は、「レオ」中盤の頃から既に存在していた。

16: 名無し1号さん
>>5
どっちかというと水谷豊の「熱中時代」の影響かな

6: 名無し1号さん
やっぱりこの路線でもっと見たかったなぁ。本文で言われてる通り矢的先生をUGMに入れなければもう少しこの路線を続けられたのかなぁ?(ただ怪獣と戦う人類の戦力は無くしてほしくはない要素だけど)

7: 名無し1号さん
当時小4だったけど再放送がないものだから同時期にやっていた1年B組新八先生のエピソードと80の学校の部分のエピソードの記憶がごっちゃになった時があった


8: 名無し1号さん
個人的には11話と12話は放送順逆の方が良かったのでは?と思ってる。

9: 名無し1号さん
話作りに苦労するなら学校メインの回とUGMの回を交互にやればいいのに、って思ってたけどやっぱり予算的に厳しいよな……

10: 名無し1号さん
個人的には、学校編が悪いとは思わない。ただ、教師を辞める話を作ってからUGM編に移ってほしかったなぁ。
当時のリアルタイムの子供たちはそれほど気にしなかったという話を一部で聞いたが、俺は学校がどうなったかをちゃんと説明しなかったから、いつも見る度にモヤモヤしてた。
俺と同じような思いを抱いて、長谷川氏に再出演を依頼した「メビウス」のプロデューサーもいましたから。

61: 名無し1号さん
>>10
いきなり無くなったわけじゃなく11話で学校出ない回のあとに12話だったからそのうちまた出るだろうがあって忘れられていった

65: 名無し1号さん
>>61
11話は「明日学校がありますので」という矢的の台詞があるから、辛うじて学校の事は触れられている。
また、UGM編の21話ではノンちゃんと瓜二つの気象班のユリ子を見て矢的が思わず「ノンちゃん!」と叫ぶシーンがあり、これまた学校の事は忘れていない証拠でもあるが、台詞上で交わされた最後の学校設定でもあった。

13: 名無し1号さん
個人的にだけど妄想セブン回やテツオン回とかゲストの子供が関わる話は学校編でも違和感なさそうだと思った。もし学校編が続いてたら妄想セブン回の直人少年も桜ヶ丘中学のサッカー部員とかの設定になってたのかな?
7ae4ae76

14: 名無し1号さん
確かスケジュールの調整の難しさとか色々あって学校編がなくなったらしいけど、そう考えると同じく学園ドラマ要素があった後のフォーゼやメガレンジャー等はよく最後まで続けられたなと思う

15: 名無し1号さん
>>14
学校ありきの設定だったからね。
それに学校とは種類が違う防衛チームのようなセットを組まずに済んだのも大きい。

17: 名無し1号さん
当時は久々の実写ウルトラ復活ってことで、特に新要素のないベタなウルトラマンを観たい視聴者が多かったのかも知れない
今のニュージェネみたいに、毎回毛色が違って半年でパパッと終わるシリーズの一作品なら好評だっかも


18: 名無し1号さん
早々に終わっちゃうのは仕方ないとして、劇中で何かしらのフォローは欲しかったなあ……
やっと生徒たちのキャラにも愛着わいてきた所だったから寂しかった

19: 名無し1号さん
個人的に評価したいのが6話。
127711339545516304074_E0601

アキオ少年の「怪獣をやっつけて!」という言葉が彼の現実逃避からの脱却に強く結びついているのが秀逸だと思った。
そしてメディカルパワーも「友達からの輸血が効いた」としてクラスメイトとの友情に昇華させているのも素晴らしい

20: 名無し1号さん
2話に登場した不登校気味だったけど、猛に心を救われた塚本少年が後に「思い出の先生」で猛に憧れて中学校教師になってたのは良かった。猛が塚本を元気付ける為にやった逆立ちを今度は教師になった塚本が生徒の前でやってたのも印象に残ったな

21: 名無し1号さん
何って生徒か忘れたが、一話に出てくる眼鏡の小柄な子の制服ブカブカが実際の中学一年の入学式にいる成長を見越してあえて大きめのを頼んでいて制服に着られている感がリアルに出ていてすごく良かった!

23: 名無し1号さん
>>21博士だね。何気に教師編最後の回は彼のメインエピソードだったんだよなぁ

22: 名無し1号さん
「美しい転校生」は教師編最後の話だったのもあって印象的だった
127945630181416317971_E1203

24: 名無し1号さん
一話といえば京子先生が生徒に煽られて鉄棒をするシーンの衣装が真っ白なスーツで、鉄棒のサビがついてスーツが台無しになってしまうのになぁ…といらぬ心配をしてしまうのは、こちら側が大人になってしまったからだろうか

26: 名無し1号さん
生徒の前で見せるコミカルな矢的先生が「ウルトラマン」としてより「遠くの星から来た男」を強調してていいなぁと思った。

27: 名無し1号さん
何気に校長が坊屋三郎氏で同僚教師に浅野真弓氏がいて
当時としては豪華キャストだった記憶がある

32: 名無し1号さん
>>27
明らかにUGMより学校側のキャスティングに力が入っていた辺り、メインストーリーはあくまでも「ウルトラマン先生」だったんでしょうね

28: 名無し1号さん
昼間教師で夜はUGMのシフトはいつ寝ているんだろうと思わずにはいられない

憑依型だったら間違いなく人間の方が潰れてしまうだろうし

29: 名無し1号さん
ホーやザンドリアスの話とか、
この背景がないと出来ないEPだったよねぇ。

30: 名無し1号さん
怪獣が暴れて瓦礫がマドンナ先生の上に落ちてきたところを矢的先生が助けたつもりが、
マドンナ先生は身体能力の高さで瓦礫を避けて矢的が助けたのは女教頭だった
その後、80が怪獣を倒し事件解決して学校に来ると矢的の机の上に綺麗な花が飾ってある
矢的はマドンナ先生にお礼を言うと知らないと言われる
そこに割り込むように女教頭が矢的に優しく話しかけてくる...
確かそんな話があったような気がするんだけど...なかったな

35: 名無し1号さん
>>30
憎まれ役だった教頭先生だけど
猛の事情(UGM隊員&ウルトラマン80である)を知ったら
校長先生と同じくらいの理解者になってくれたと思う

44: 名無し1号さん
>>35
貴方!学校とUGMどっちが大事なんですか!?と、またヒステリックに詰め寄って来そうw

33: 名無し1号さん
放映当時の記憶でうろ憶えだけど、教科書を3回?なぞらせるとテストで満点が取れる魔法の鉛筆ってのが印象に残ってるなぁ

34: 名無し1号さん
>>33
確かに教科書を3回もなぞれば内容も覚えられるだろうね・・・

43: 名無し1号さん
>>33
DVDで初めて見たとき、なぞる、の部分が「教科書の表紙を3回なでること」だと勝手に思っていました(苦笑)
ドラえもんの暗記パンみたいな鉛筆だと思っていたので、2周目に見た時にテスト前に教科書の文面をなぞっているのを見てようやく意味がわかりました。

36: 名無し1号さん
最近の配信で初めて見たけど、全体的に暖かみがあってよかった

37: 名無し1号さん
どうせ学校編から路線変更するなら、ちゃんと中学の関係者達に別れを済ますエピソードが欲しかったな
製作側の都合もあるとはいえ唐突すぎた

38: 名無し1号さん
猛がダン隊長みたいな厳しい先生キャラだったらどんな感じになっただろう

51: 名無し1号さん
>>38
校長先生から「まあまあ矢的先生、そこまで厳しくしなくても」って言われて逆に「いいや校長先生、これくらい厳しくしないと彼等のためになりません」とか言って意地でも教育方針変えなさそう

40: 名無し1号さん
女性事務員「出番なくなっちゃったな。…せや、UGMの気象予報士に転職したろ!」

63: 名無し1号さん
>>40
このときにちょっと学校に触れているので番組としてなかったことにしたというわけでもないんだよな

41: 名無し1号さん
今回の配信が初見なんだけど、もう先生やらないの?

42: 名無し1号さん
>>41
なんの知らせもなく唐突にフェードアウトする
もうUGM中心の話しかやらない

45: 名無し1号さん
学校編好きだったからなぁ短いのはちょっと寂しい
最後の男の子と宇宙人の女の子の回が1番好き。見ててめっちゃ微笑ましくてかわいいんだ

47: 名無し1号さん
「よみがえった伝説」と「エアポート危機一髪」での、変身した直後の80先生の背中から「生徒たちの前で逃げる事はできない」って気合いが感じられて好きだなぁ。
スーアクさんがちょうど変わるエピソードだから別の意味での気合いを感じたのかもしれないけど、それでもあの辺の演技が好きで見返してしまう。

48: 名無し1号さん
もうちょっと上手くやれていればな…とつくづく思う。
別に毎週とか、がっちり学校設定でなくても、
新マンやタロウやレオの頃みたいに、つかず離れず、
「この子も先生の生徒だよ?」であっさり済ませて、
(この場合、次郎君や健一君やトオル君みたいな子がパイプ役になってくれれば尚良い)

もしくは、本文でも言っているように、
いっそジャンボーグAみたいに矢的先生がUGMに所属せず、
知人程度の関係でも良い。
暴れん坊将軍や遠山の金さんみたいに、ラストシーンでUGMの
「ウルトラマンって誰なんだろう?」
という会話に喫茶店とかで矢的先生が焦ったりごまかしたり。

49: 名無し1号さん
コメディーリリーフだけだった校長や、憎まれ役の教頭は、長い目で見れば掘り下げ甲斐のあるキャラだったから途中脱落は勿体無い

50: 名無し1号さん
80先生、ユリアン王女の他に、出身地は異なるが銀河共和同盟所属の惑星調査員であるアルマという幼馴染がいましたね。
生徒たちからは「矢的先生の奥さん」と誤解していた

52: 名無し1号さん
校長→ハゲ頭にチョビヒゲの物腰低い親父
教頭→ひっつめ髪に眼鏡のざます系おばさん
同僚→美人教師
というふうにテンプレはおさえてるんだな
しかし平日は学校で放課後と日曜日にUGMで勤務するのは過労待ったなし

57: 名無し1号さん
>>52
不可能を可能にする
それがウルトラマンだ!byウルトラ兄弟10男

54: 名無し1号さん
第5話「まぼろしの街」に登場にしたバム星人が建造した四次元ロボ獣メカギラスは、何とも言えないカッコよさ
そろそろニュージェネに再登場しないかな・・・

55: 名無し1号さん
今は防衛隊無しの作品も多いから、教師ウルトラマンやれそう。

62: 名無し1号さん
>>55
ゼロ&ジードクロニクル・・・

56: 名無し1号さん
矢的先生 あい きゃん すぴいく いんぐりっしゅ

生徒の心を動かすためにステキな英語力を披露する。

60: 名無し1号さん
>>56
「日本語?英語?ウルトラ難しいぜ」

58: 名無し1号さん
わずか1クール12話(正確には1話だけ学校が登場しない話があったため実質11話)で終わってしまった中学校編ですが
遠くの星から来た男(ウルトラマン)が「愛」と「勇気」を教えてくれたからこそ
生徒たちは、皆立派な大人に成長することが出来た

塚本「矢的先生ぇ!僕は!先生に憧れて!教師になりましたぁ! 」

落語 「僕は、地元の信用金庫に就職しました!」

スーパー 「親父のスーパー継いで、頑張ってるぜ!」

博士 「大学で、研究する日々を送ってます!」

ファッション 「私は結婚して、3人の子供のお母さんです!」

59: 名無し1号さん
序盤は特に後のイメージより割と軽薄な部分もある矢的先生を堪能できる

64: 名無し1号さん
中学校の教師で地球防衛組織の隊員も兼ねている

やはりこの設定無理があるよね、中学校の教師の設定はすぐフェードアウトするのは目に見えてたはずだけど
それでもリアタイで見てた子供心には今回のウルトラマンは学校の先生なんだ、とたしかにワクワクはしたな

ウルトラマン80 COMPLETE DVD-BOX







読者登録していただければLINEで更新通知が届きリアルタイムでコメント欄に参加できます。
Twitterでも配信しているのでフォローしていただけると嬉しいです。






オススメブログ新着記事