0: 名無し1号さん

555の草加とオーズのカザリは、序盤から終盤にかけて好き放題やって物語を引っ掻きまわしたけど、誰にも見られずに孤独に最期を迎えたっていう点が似てるけど、他にもいたら語っていきましょう。






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  


1: 名無し1号さん
劇場版神ノ牙の時のジンガとルパパトのザミーゴかな。どちらも宿敵と戦えた事に満足して嬉しそうに散って逝ったのが印象的だったな


2: 名無し1号さん
ン・マとかユートピアドーパントとか、相手のエネルギー的なものを吸収する系の敵は大体主人公の感情によって膨れたエネルギー的なものを吸収しきれずに大ダメージを喰らう。
主人公「俺(たち)の想いはお前なんかに吸収しきれるものじゃない」
って感じのセリフまでセットで。

3: 名無し1号さん
ここは演者も同じ紅音也と猿渡一海かな。愛する人を守るために自らの危険を冒してダークキバの鎧やブリザードナックルを使用して散っていく…まさに男の中の男だよな。



14: 名無し1号さん
>>3
初期イクサの時も、副作用で身体がボロボロの状態なのに周りには平気なフリしていつものように振る舞う姿は男の意地を感じましたね

31: 名無し1号さん
>>14
一回変身解除しただけでルークがほぼ行動不能になるくらいの負担に耐えてる音也がおかしいんだよ...

4: 名無し1号さん
ジャグラーがマガタノオロチに捕まってしまうけど、逆に動きを封じて「俺ごと撃て!ウルトラマンオーブ!!」って叫ぶシーンを観た時はネクサスで溝呂木メフィストがツヴァイの動きを封じて憐ネクサスに自分ごと撃つ様に叫ぶシーンを思い出したな(ジャグラーの場合は生きてたけど)

5: 名無し1号さん
アバレキラーと理央・メレとかよく似てるな。ようやく仲間になった直後に最期を迎えたあたりとか…他にも共通点は多いよね

6: 名無し1号さん
ゴーカイのバスコとジュウオウのバングレイ。
どちらも一匹オオカミで、お宝目当てで、レッドに固執してて、結構えぐい作戦も平気で仕掛けてくる。
結局、だれも信用せず、仲間がいないので、仲間の絆を大切にするレッドに負けてしまった。

バスコの場合、サリーをタダの便利なペット兼道具ではなく、仲間として見てればまた違った結末があったかも??

8: 名無し1号さん
アローバースのマーリンとキングスマンのマーリンがほぼ同じ死に方したのには笑ってしまった

35: 名無し1号さん
>>8
MCUとワンダーウーマンのスティーブも両方自分の身を犠牲にして飛行機自爆させてるな
MCUの方は生きてたが

9: 名無し1号さん
ガピヤ星人サデスとアベルの兄弟。2人とも真っ二つにされると言う酷い最期だったのにキャラクターのクセが強かったせいか悲壮感はゼロだった。

46: 名無し1号さん
>>9
散るその瞬間まで自分らしさを貫いてたからね。今もどこかで元気に戦ってるんだろうなって思ってる。

10: 名無し1号さん
白い魔法使い笛木とロシュオ。

配下に背中から刺されるという最期を2年連続でやってしまった。

24: 名無し1号さん
>>10
しかも白い奴が緑の奴にやられるというパターンまで同じだよね

47: 名無し1号さん
>>10
目的っていうか、心根は真逆っぽいのにね。息絶えるシーンは同じくらいの悲しさというか、悲壮感があったかも。

11: 名無し1号さん
自分にとって大切な物を遺して散ったアンクとチェイス

20: 名無し1号さん
>>11
そして失った仲間を取り戻す為に今尚奮闘している映司と剛

48: 名無し1号さん
>>11
そして残ったアイテムがたった一度の強化を生み出し(アンクは違うっぽい?)、敵を圧倒したってのも共通点かな?

13: 名無し1号さん
アバレキラーの仲代先生とガイソーグのナダ。敵対してたけど和解してようやく仲間になったと思ったらすぐ殉職、退場してしまったのは恐竜系戦隊追加戦士の宿命なのか...



19: 名無し1号さん
>>13
???「悲しい宿命でござるなぁ…」

36: 名無し1号さん
>>19
キョウリュウジャーの方はトリンとスピリット組が…

50: 名無し1号さん
>>36
最近はウッチーやカナロみたいに狭義の追加戦士「6人目」は生き残ってるが、
その代わりトリンとスピリット組やナダとセトーみたいに「7人目以降」は容赦なく死なせてくるが…。

恐竜戦隊の追加戦士と言うとブライ兄さんも退場組だな。

29: 名無し1号さん
>>13
そういえばゴーカイシルバーが最初に持っていた大いなる力は、ドラゴンレンジャー、タイムファイヤー、アバレキラー由来。
しかも恐竜、追加戦士、故人という共通点があったな。

15: 名無し1号さん
ディケイドとジオウの夏の映画に登場したシャドームーンとバールクス。
最後はオールライダーキックで敗れた。

26: 名無し1号さん
>>15
ヒーローが集結する劇場版では定番だが熱い流れよね。
歴代ヒーローの必殺技を連続あるいは同時に喰らって散るのは。

16: 名無し1号さん
ウルトラマンのジャミラとスペクトルマンのノーマンは元人間だし、最期は人間として墓が建てられたな。



17: 名無し1号さん
ドルネロとアイガロン
致命傷を負った状態で戦隊の宿敵に会い、願いを残して看取られる

22: 名無し1号さん
メビウス劇場版のナックル星人とギンガSのチブル星人エクセラー

どちらも自分の野望の為に巨悪を利用していたが逆に利用されていたとは気づかず勝ち誇っていたところを一瞬で始末される末路だった

25: 名無し1号さん
ヒトデンジャーとジャミラの水に弱い繋がりはやはり、水が原因でやられてましたな

28: 名無し1号さん
ラスボス封印エンドのカクレンジャーとゲキレンジャー

30: 名無し1号さん
ゴーオンのヨゴシュタインとゴセイジャーのデレプタ。

最後はレッドとの一騎討ちでトドメの一撃も同じ感じだったと思う。

52: 名無し1号さん
>>30
ゴーオンレッド走輔はヨゴシュタインが(というかガイアーク3大臣自体が)ヒーローのゴーオンジャー以上に大友特撮ファンに人気者だった&ヨゴが走輔以外のゴーオンジャーに敗れて手負いでフラフラだったから、「レッドが一騎打ちで敵幹部に勝つ」普通は燃える構図なのに放送当時は一部ネットで「弱い者いじめ!」「ケガして死にかけの相手に不意打ちした卑怯者!」と叩かれたのかわいそう。直前まで石化して弱ってたハンデあり(現にヨゴに勝った後ウッてうめいて胸押さえてよろけてる)&ちゃんとヨゴに声かけてヨゴも応じた正式な決闘で「不意打ち」じゃないんだけどね・・・。
あと後者のデレプタに生身で勝ったゴセイレッドアラタ護星天使とはいえ強すぎイ!

32: 名無し1号さん
防御能力に優れた奴は大体大型武器の標的にされて死ぬ

ゲキバズーカの標的にされたトード拳マガ
烈火大斬刀大筒モードの標的にされたヤナスダレ
ガレオンバスターの標的にされたシールドン
……エトセトラエトセトラ

出てきた時点で「あっ(察し」ってなる定番能力ってあるよね

54: 名無し1号さん
>>32
敵の攻撃を鏡面で吸収して別の鏡面から増幅して(今再ブーム中の)「倍返し」するアナザー龍騎に対して、増幅はおろか吸収すらできないほどの高威力の攻撃叩き込んで鏡面自体叩き割るジオウ?の超脳筋戦法もジオウ?の攻撃手段はバズーカではないけどこれに近いね。

34: 名無し1号さん
ゲキレンジャーのロンとアニメグリッドマンのアレクシス・ケリヴ。共に不老不死であるが故に暇を持て余して暗躍し、封印される最期となった。

37: 名無し1号さん
メタルAとナリア
どちらも本心からこれからもついて行こうと思っていた相手に・・・

38: 名無し1号さん
ゼットン、キングジョー、マーゴドンetc…
この辺はウルトラマンでさえ勝てない相手に人間の英知で倒したという意味では共通してるかな



39: 名無し1号さん
『十分勝てるはずだったのに、不注意のせいで死んだ』
繋がりで仮面ライダーシザースと冥府神イフリートとか
『味方だった相手にとどめを刺された』繋がりでもあるかな

40: 名無し1号さん
『キバ』のグリズリーファンガイアと『オーブ』登場時のゼッパンドン。どちらも「本来の姿への変身が可能になった主人公」に倒された者繋がり。ただ、この時の主人公2人は感情面で対照的。渡は目の前で深央を傷つけられたことで激情に駆られ、ガイさんはナオミキャップの呼びかけと歌声で心が鎮まり且つトラウマを克服できたことで変身が可能になっている

41: 名無し1号さん
超銀河王とパラドックスロイミュードかな、どっちも未来から来たアイテムでパワーアップしたライダーに能力を打ち消されたし

42: 名無し1号さん
前半でギャグ回かと油断させて後半で死んだエグゼイドの貴利矢さんとリュウソウジャーのナダさん
主人公と仲良くなった次の回に退場と言うあたりも似てる

43: 名無し1号さん
ヨロイ元帥と魔神提督。
ライダーに敗れて首領に命乞いするも見限られて処刑。
卑怯者に相応しい末路だった。

55: 名無し1号さん
>>43
魔人提督は演者の中傭助さんの鎧&白塗り&イケボめっちゃ強そうなんだから、怪人体くらい見せろよ。

44: 名無し1号さん
女幹部に濡れ衣を着せられたカー将軍とブドー

45: 名無し1号さん
ジャイアントロボとワンセブン(大鉄人17)
両者ともラスボス(それぞれギロチン帝王、ブレイン)を道連れにした
しかも主人(それぞれ大作、三郎)の命令を無視しての行動

もっとも両者とも制作が東映で、後者の名前は前者の作者の別の巨大ロボットの作品に由来しているので取り入れたのかも。

51: 名無し1号さん
握手しようとしてライダーを道連れにしようとしたアポロガイストとタイタン

53: 名無し1号さん
似ているかどうか微妙ではあるけども、忍風戦隊ハリケンジャーの三の槍マンマルバと、仮面ライダーオーズのウヴァさんの最期。
片や流星群の予言を受け止めきれず暴走態に、片やコアメダルを大量投入されてメダルの器暴走態に……どちらも異形の姿に変わる前に悲痛な声をあげているのが……

56: 名無し1号さん
家族の敵として倒されたルークと井坂。

両方とも二号ライダー(片方はいつもと別人)に倒されたね。

仮面ライダー913(2) (電撃コミックスNEXT) Kindle版







読者登録していただければLINEで更新通知が届きリアルタイムでコメント欄に参加できます。
Twitterでも配信しているのでフォローしていただけると嬉しいです。






オススメブログ新着記事