d
©円谷プロ 
0: 名無し1号さん
最近になって未履修だったウルトラQを観終えたのだけど終始面白い。最終回の「開けてくれ!」の異質なSF怪奇には引き込まれてしまった。
ウルトラシリーズは度々不思議なエピソードをやりますが、皆さんの印象的な不可思議回は何ですか?






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  



【画像】モンハンガチ勢、やりこみのレベルが違いすぎるwwww

アニポケ制作「XYサトシはなんか違うな、やっぱこうやろ」

ルフィやサトシ、ナルトみたいな「熱血バカ」系主人公って最近いないよな

【スカイリム】 これ使えばダークソウルやエルデンリングみたいにメッセージ残せるぞ!!

【朗報】ワタルさん、いつの間にかカントーとジョウト2つの地方を制するチャンピオンに就任 アニポケへの貢献度が凄すぎる

ウマ娘アニメ見たけどゲームやってない勢wwwww

ガンダム最新作「ククルス・ドアンはジオン軍在籍時はシャアと肩を並べる超実力者でした」

2: 名無し1号さん
Qと怪奇大作戦の最終回は、「何でそれを持ってきた?」てずっと思ってた。
ゆきおんなは、あの監督が制作費使い込んで、かなり規模がしょぼくなったって本当なのかな?

12: 名無し1号さん
>>2
二度の京都回でお金を使い過ぎて、金庫が空っぽになってたらしい

問題だったのは、最終回で劇中に出て来たホテルと完全タイアップした事
お金が無いなりの苦肉の策だったのかもしれないけど、結果的にホテルの
宣伝をしなければいけない関係で、ああいう内容になってしまったそうだ

14: 名無し1号さん
>>12
でも、あの油絵が溶けるシーンとか不気味でよくできてたし
小松方正のいた湯治婆の雰囲気も良かった
崖から落ちた男を上からのぞく巨大雪女のショットは
あれがあの男の単なる幻覚じゃないことをにおわせていて鳥肌ものだった
予算不足とはいえ円谷プロは底力見せつけてくるよね

3: 名無し1号さん
「ウルトラマンタロウ」のグロン回は転校生のドンちゃんが何者だったのか?
ちょっと不思議な回だったな

25: 名無し1号さん
>>3
あれって風の又三郎だよね

4: 名無し1号さん
まぁ「遠い町 ウクバール」だよな。

何もかもが判然とせず不思議な視聴感だけが残るEP。
51sjyZGWzYL
©円谷プロ 

13: 名無し1号さん
>>4
エンディングの歌詞「間違いじゃない 君が信じてたこと」がなんか物語とリンクしちゃったんだよな。

 このエピソードを考察している人は少なくないけど、ほぼすべて謎のまま・・・
ただ、例のカレンダーが1966年で初代マンの放送された年なのは、何かしらのヒントなのか、単なるファンサービスなのか? それすらも謎。

 そしてその謎まみれなのがまたこの回の魅力でもあるんだよな。

17: 名無し1号さん
>>4
ガイア(我夢)がほぼ添え物状態。
吉田リーダーと寺島進と謎のおっちゃんの短編映画を見てる感じ。
ルクーが消えた後、街中にポツンと佇むガイアが印象的だった。

29: 名無し1号さん
>>4
ウルトラマンのいらない、かなり【ウルトラQ】なエピソードよね。

35: 名無し1号さん
>>4
今や主演作品のある寺島進さん、まさかのゲスト出演

45: 名無し1号さん
>>4
これずっと意味がわからない
ラストで「ウクバールは本当に存在したのだろうか」って聞いてるけどあんたも我夢もルクー見たし最後にウクバール登場してたし存在したこと以外に解釈の余地ないだろと

69: 名無し1号さん
>>4
永田さんの妄想が現実化してそれがみんなに共有されたのか
それとも本当にウクバールは実在したのを永田さんだけ知ってたのか……
「卵が先か鶏が先か」を幻想小説みたいな形で問う異色作だよね

5: 名無し1号さん
ヤプールの暗躍もあったとは言えAのカウラの話のホラーぶりや牛達の怨念とかの不可思議ぶりが怖かった…

15: 名無し1号さん
>>5
蟹江敬三のDQNっぷりも良かった

6: 名無し1号さん
SEVENXは作風的に不可思議な話も多かったけど、中でもやはり2話で「舟」と呼ばれる宇宙船に自ら乗って地球を出て行く人々達の話が印象に残るな

42: 名無し1号さん
>>6
6話TRAVELERも中々不思議な感じ
セブンに変身する理由が友人の見送りってのも異色

7: 名無し1号さん
レオの「日本名作民話シリーズ 運命の再会ダンとアンヌ 狐がくれた子より」
ダンとアンヌの再会を描いた話だけど、アンヌは本当に別人だったのかとか、最後はレオによってウリーと共に何処かへ運ばれたけど何処へ行ったのかとか不思議な回でもあったな

47: 名無し1号さん
>>7
ダン隊長の白昼夢という説もあるとかないとか

50: 名無し1号さん
>>47
ギロ星獣の回も夢みたいな感じがある

9: 名無し1号さん
ウルトラマンマックスの「胡蝶の夢」
魔デウスを作った正体不明のおばさんや円谷プロまで出てきた何が何だか分からない回
どこまでが夢か現実か定かではなく演出的にも怖い回でもあった

65: 名無し1号さん
>>9
「名前から発想しますか…天才金城哲夫的ですね…」という台詞が印象に残ってる

70: 名無し1号さん
>>9
リアルタイムで見た時は正に世にも奇妙な物語を見ているかのような感覚に襲われた。

10: 名無し1号さん
セブンの「狙われた街」とか実相寺監督の担当する回は不可思議感が出てたな
81-QbWC8FeL._RI_
©円谷プロ 

22: 名無し1号さん
>>10
ここで描かれた「遠い遠い未来」は、果たしていつ実現するんだろうねぇ…

30: 名無し1号さん
>>22
金城さんのシナリオには、最後のナレーションは無いのです

23: 名無し1号さん
>>10
この前NHKのBSでやってたドラマで実相寺、金城両氏が
語り合うシーンから「狙われた街」の紹介に繋げるの面白かったな

27: 名無し1号さん
>>10
なんでセブンの宇宙人ってあんなにダンプが好きなの?

40: 名無し1号さん
>>27
「明日を捜せ」でもダンプで襲うシーンがあったっけな

51: 名無し1号さん
>>40
あとマゼラン星人マヤがかっぱらってきたダンプカー運転していたっけ

53: 名無し1号さん
>>10
ウルトラマンじゃないけどグリッドマン(アニメ)の9話とダイナゼノンの10話は「実相寺監督の作風をアニメ化するならこんな感じになるんだろうな」と観てて思った

11: 名無し1号さん
タロウのバサラが登場する「血を吸う花は少女の精」だな
s
©円谷プロ 

26: 名無し1号さん
>>11
エースとかタロウウって
見た後狐につままれたような気持になる話って多いよね

46: 名無し1号さん
>>26
石堂さんが脚本に参加されたのが大きかったですね。
それまでのSFチックな話からアニミズムとでも呼ぶべきかの方向へと、話の幅が広がったように思います。

49: 名無し1号さん
>>11
その回を劇場公開したという事実
チョイスした人間はなに考えてたんだ

19: 名無し1号さん
ティガの「ウルトラの星」
チャリジャの正体の微妙に崩れた左右非対称顔が
なんとなく、あの伝説の放送事故「スプーの絵描き歌」のあれを髣髴させるトラウマものだった
チャリジャの方が先なんだけどね

20: 名無し1号さん
不思議…とは少し違うかもだが、オーブの「地図にないカフェ」。
地球侵略を諦めたようで諦めきれない店長と、時が止まったようなカフェの雰囲気が好き。

まさか赤星昇一郎とピット星人のラブロマンス的なものが見られるとは思わなかったが。

24: 名無し1号さん
>>20
あの話好き
ロケ地も行ってきた
外観の建物は「こんなとこに!」って場所にあって
廃屋になっていたというのもあってリアルに幻想的だった

21: 名無し1号さん
Qの「燃えよ栄光」もあのラストが解釈の別れる不思議回といえるかも
そもそも結局、ピーターって何だったんだ

32: 名無し1号さん
ガイアで、藤宮が現実なのか?夢なのか?困惑する話がありましたよね?
亡くなった筈の女性博士が藤宮の前に現れる、あの回は怖かった。

33: 名無し1号さん
デバンも何処から来たのか、語られていないので不思議ではある

59: 名無し1号さん
>>33
各種ナビゲータやマスコット的存在になるとまでは、一体誰が想像しただろうか……?

34: 名無し1号さん
ウルトラQの「2020年の挑戦」のケムール人と交信した博士も画面には登場せず不可思議

58: 名無し1号さん
>>34
お陰様で、水たまりに注意する様になりました。

36: 名無し1号さん
不可思議と言えば「カネゴンの繭」
あれは話のテンポが速過ぎるし、三人組も登場しない
そして元に戻る為に宗教に頼る

37: 名無し1号さん
ウルトラマンZの四次元狂騒曲も不思議回になるかな?ギャグ回かと思いきやハルキの立ち直りとも絡めてあって見事だった

38: 名無し1号さん
ウルトラゾーンを含めてくれると結構ある

64: 名無し1号さん
>>38
一番はっとさせられるのはTHE LOVE
最後の攻撃命令のラストで山本が来訪者を見上げるシーンの余韻も良い

39: 名無し1号さん
タイガのタッコングが登場する回
昭和の雰囲気を感じる不可思議な話だった

41: 名無し1号さん
セブン「第四惑星の悪夢」
地球に帰ってくると何かパラレルワールドに迷いこんでたかのような感覚に襲われる

66: 名無し1号さん
>>41
知られてる話だと思うが、「第四惑星の悪夢」はジャン・リュック・ゴダール監督作品「アルファヴィル」という映画のオマージュ。
「アルファヴィル」も換気扇と禅問答してるようなシーンのある不思議な映画だった。

67: 名無し1号さん
>>41
北斗星司が第四惑星に行ってダンやソガと同じ経験をして帰還したら「本当です、信じて下さい」と言ってそう

43: 名無し1号さん
ウルトラマンコスモス57話「雪の扉」
たまにあるウルトラマンいらない系の短編って感じの回だけどこれが中々いい話だし不思議

44: 名無し1号さん
ウルトラマンZのカネゴン回「メダル、いただきます!」
焦点がハルキの苦悩と総集編に当たってるから普通に流されてるけど
あのカネゴンどうやって生まれて、どうやってストレイジに侵入して、どこへ行ったのか

48: 名無し1号さん
ウルトラシリーズ括りだとQの多くが当てはまるな

ガメロンの出る「育てよ! カメ」
夢なのか現実なのかハッキリしない。ガメロンにスピードメーターがあるから夢っぽいんだけども、どこまでが現実で、どこから夢なのかも分からん

52: 名無し1号さん
「蒸発都市」で、いきなり霊媒師のユタ花村が現れるのも不可思議な雰囲気があった
ウルトラセブンで科学や宇宙の話をしていたのに、ダンカンのコンタクトが霊媒師というのは
見る度に驚いてしまった

60: 名無し1号さん
>>52
「侵略する死者たち」では霊魂の存在を認めているような描写があったな

62: 名無し1号さん
>>60
「侵略する死者たち」は、ウルトラセブンと怪奇大作戦を足したような作品ですよね

54: 名無し1号さん
「ノンマルトの使者」はよく語られるが、ヒドラの回にも少年の魂が現れる
SFテイストの話を書いている金城さんが、いきなり魂の話をするとは。

55: 名無し1号さん
ウルトラマンXの第1話も不可思議な回
冒頭にあんなに沢山の怪獣が現れて、どう対処したのか気になる

56: 名無し1号さん
ウルトラQは万丈目達3人が怪事件に遭遇するのも不可思議といえるかも

57: 名無し1号さん
ティガならオビコの回とか。
夜鳴き蕎麦のラーメンの寸胴鍋から黒いのがニョッキリ出てきたり、主人公勢に助言した住職に尻尾が生えてドロンと消えたり。
ラストも寂しいものがあったなぁ。

63: 名無し1号さん
>>57
オビコは太田愛さんの脚本を川崎郷太監督が膨らませたから傑作になった

68: 名無し1号さん
ウルトラ Qdark fantasyの「綺亞羅」

この回は、他のdark fantasyと比べると、実は内容はまだ判りやすい方なのかもしれないけど、綺亞羅や異人の目的や正体は最後までハッキリ描かれない不条理さがあるストーリーだった

ULTRAMAN ARCHIVES ウルトラQ UHD & MovieNEX(特典なし) [Blu-ray]





読者登録していただければLINEで更新通知が届きリアルタイムでコメント欄に参加できます。
Twitterでも配信しているのでフォローしていただけると嬉しいです。





こちらのアカウントのフォロー・サイトのチェックもして頂けると嬉しいです。

https://hero-times.com/

オススメブログ新着記事