ヒーローNEWS

  • Twitter
  • RSS
    相互リンク募集中!
    詳しくはこちらで
    http://hero-news.com/archives/1012588959.html

    ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無し1号さん 
    076e6bcf2e7a00b1ae2e795c440e060e


    https://natalie.mu/comic/news/299157

    ドラマは2019年1月18日よりNHK総合にて全7回でオンエア。
    仲村役を演じる小芝は「今は、色んな事をオープンに出来る
    世の中になって来ていますが、自分の好きなものを
    さらけ出せない人はまだまだ沢山いらっしゃると思います。
    周りから見たら小さな問題でも、自分にとっては大問題。
    大好きなものを守る為、堪能する為、奮闘する姿を楽しんで
    見ていただけたら嬉しいです」とコメントを寄せた。

    また仲村の母親役は松下由樹、特撮オタクの先輩・吉田さん役は倉科カナ、
    同僚・北代さん役は木南晴夏、小学生の男の子・ダミアン役は寺田心、
    強面の任侠さん役は竹内まなぶが演じる。そのほか森永悠希、
    本田剛文(BOYS AND MEN)、武田玲奈、内山命(SKE48)らが出演する。







                参照元:http://futabalog.com/thread/03fdf2b9068ab5864f05b71ce7057948
    【「トクサツガガガ」NHKでTVドラマ化!小芝風花が隠れ特撮オタクのOLに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:かばほ~るφ ★:2018/08/31(金) 18:55:21.00 ID:CAP_USER9.net
    『デカレンジャー』デカブレイク吉田友一&デカピンク菊地美香が婚約へ
    吉田は芸能界を引退も発表

    2018-08-31 18:28

    女優の菊地美香(34)が31日、自身のツイッターで
    俳優の吉田友一(36)と今秋に結婚することを発表した。

    2人は2004年放送の『特捜戦隊デカレンジャー』で
    デカピンク(菊地)とデカブレイク(吉田)として共演していた。


    菊地は直筆コメントで「この度、私、菊地美香は吉田友一さんと今秋、
    入籍することをご報告致します。

    友一さんとは昨年のドラマ『科捜研の女』への出演をきっかけに、
    約1年の交際を経て、

    仕事の合間を縫いながら同じ時間を過ごす中で、
    結婚への意志が揺るぎないものとなりました」と報告。


    吉田も同日、インスタグラムに直筆コメントをアップし,婚約と同時に
    「現在の仕事を離れ、医療現場へ従事しておりますことを
    ご報告させて頂きます」と発表。

    29歳の時に医療大(はり師 きゅう師)に入学し、
    現在は東京と九州・沖縄を行き来しながら研鑽を積んでおり

    「今後は、相手を敬い思いやることのできる彼女と
    2人で足並みを揃えて、日々を丁寧に過ごして参ります」

    と決意を表した。

    菊地も「医療に従事する道を選んだ彼を支えることを第一に考え、
    2人らしく優しい、

    笑い声の溢れる家庭を築いて行きたいと思います」とつづり、
    今後については
    「のんびりとしたペースで活動することになりますが、
    どうぞ温かく見守って頂けましたら幸いです」

    と呼びかけた。

    吉田の所属事務所によると、数年前から
    俳優と鍼灸師の仕事を並行して行っており、

    「温かく見守っていきたい」と送り出すという。

    菊地は2000年にミュージカル『アニー』で女優デビュー。
    09年に『激走戦隊カーレンジャー』でレッドレーサーを演じた
    岸祐二と結婚したが、11年に離婚している。

    吉田は2003年にドラマ『ライオン先生』で俳優デビューした。


    ORICON NEWS https://www.oricon.co.jp/news/2118643/full/
    菊地美香




    【芸能】「特捜戦隊デカレンジャー」デカブレイク吉田友一(36)&デカピンク菊地美香(34)が結婚へ 吉田は芸能界を引退も発表
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535709321
    【「特捜戦隊デカレンジャー」デカブレイク吉田友一(36)&デカピンク菊地美香(34)が結婚へ 吉田は芸能界を引退も発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:きのこ記者φ ★ :2018/08/31(金) 18:44:46.92 ID:CAP_USER9.net
    昭和の「ウルトラマンシリーズ」で異彩を放つのが
    「ウルトラマンレオ」(昭和49年)。

    放送から45周年を前に、平成シリーズの監督が
    新作を撮りたいと発言するなど、再評価の声が上がり始めている。(中略)


    異色の作品だった。M78星雲出身のウルトラ兄弟たちとは
    出自が異なる。全体に格闘色が強く、
    スポ根ものに通ずる特訓シーンが続いた。

    「帰ってきたウルトラマン」(46年)から毎年新作が放送された
    「昭和第2期ウルトラマンシリーズ」の4作目だが視聴率はふるわず、

    結果的に「レオ」をもってシリーズの放送はいったん終了した。

    「今なら、あんな撮影はできないよね」
    口をそろえて撮影当時を振り返るのは、おゝとりゲンを演じた俳優、
    真夏(まなつ)竜(68)と、モロボシ・ダン役の俳優、森次晃嗣(75)だ。


    2人が思い出しているのは、ダン隊長が特訓のため
    ゲンをジープで追い回した場面。

    「撮影で使ったのが中古のジープだったからブレーキが甘かった。
    急ブレーキをかけても6メートルは進んでしまう。

    実際に私の脚にバンパーが当たっていた」と真夏は恐怖を振り返る。

    「つまずいて転んだりしたらひかれちゃうわけだから、
    新人だったけど、監督に抗議したよ」

    監督は「うん分かった。はい、本番!」と一顧だにしない。
    鬼気迫る真夏の表情が放送されたが、
    「あれは芝居じゃない。本気で目が血走っていた」と苦笑する。


    「当時、芝居に関しては素人みたいなもんでしたから、
    かなり迷惑をかけたと思うけど、それも覚えていないほどですね」

    真夏は、デビューしたて。森次は、
    「ウルトラセブン」を経て映画やドラマで活躍していた。

    森次は「迷惑なんてことはなかったよ。最初は、
    色が浅黒いし、当時はやっていた(カンフー俳優の)
    ブルース・リーに似て精悍(せいかん)
    な雰囲気があった。
    『こういうウルトラマンがいてもいいな』と思った」という。


    厳しい特訓の場面が続いたドラマだったが、森次が
    「どうもお先~。ゲン~、頑張ってな~」と声をかけるなど、

    2人の関係は朗らかでほのぼのとしたムードに包まれていたという。

    放送当時、視聴率に苦戦したレオだが、近年人気が再燃している。
    ドラマ「ウルトラマンメビウス」(平成18年)や映画
    「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」にゲスト出演。

    放送時は特訓を受ける側だったレオが、
    新世代のウルトラマンの師匠の立場で登場した。


    森次は、「『レオ』には、今の時代にはないような師弟愛があった。
    今、厳しく叱る、叱られることへの憧れがあるんじゃないかな。

    そういう部分に現代は物足りなさがあるのかもしれない」と
    レオ人気再燃の理由を分析する。


    真夏は「今と放送当時の社会情勢が似ている」と指摘する。
    「得体の知れない不安があったり、異常気象だったりするでしょう」


    平成ウルトラマンシリーズを手がける坂本浩一監督は、
    「僕の一番の願いは、新作のレオを作ること」と明かした。

    8月16日に東京都内で開かれたイベント
    「ウルトラマンフェスティバル」で語った。

    真夏は「デビュー当時の作品に目を輝かせてもらえる
    役者っていないよね」と相好を崩す。

    「ファンの愛を裏切らないでいることが大切」。
    これからも、ゲンとしての思いを持ち続けていくと誓う。


    http://www.sankei.com/premium/news/180831/prm1808310004-n1.html



    【特撮】いま評価高まる「ウルトラマンレオ」…格闘色強く異色の作品 出演者が44年前を振り返る
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535708686
    【いま評価高まる「ウルトラマンレオ」…格闘色強く異色の作品 出演者が44年前を振り返る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:かばほ~るφ ★:2018/08/07(火) 16:27:45.18 ID:CAP_USER9.net
    「仮面ライダージオウ」主演は表参道X・奥野壮、
    犬飼貴丈や飯島寛騎ら先輩陣も出演 
    2018年8月7日 15:19 

    平成仮面ライダー第20弾「仮面ライダージオウ」の製作発表会見が、
    本日8月7日に東京都内にて開催され、 
    メインキャストの奥野壮、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐が登壇した。 

    9月2日からテレビ朝日系にて放送される「仮面ライダージオウ」は、 
    “時計”をモチーフに時空を旅する“タイムトラベルライダー”。 
    2018年秋、王になることを夢見る2000年生まれの主人公のもとへ、
    2068年からタイムマシンに乗って来た少女ツクヨミが訪れ
    「未来のアナタこそが、
    いずれ世界を破滅させる魔王にして時の王者“ジオウ”になる」と告げる。 
    仮面ライダージオウに変身する運命にある主人公は、
    歴代平成仮面ライダーと出会いながら、 
    過去、現在、未来を救うための戦いを繰り広げていく。 

    本日行われた会見では、メインキャストが発表された。 
    第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで
    フォトジェニック賞と明色美顔ボーイ賞を受賞した
    17歳の奥野(男劇団 青山表参道X)が演じるのは、
    2000年生まれの高校3年生で、進路指導でも 
    「王様」になると言ってしまう主人公・常盤ソウゴ / 仮面ライダージオウ。
    天才なのか天然なのかは不明だが、 
    「なんか行ける気がする」といってなんでも
    やってのけるポジティブな人物だ。 
    ツクヨミから魔王になることを告げられてもあっさり受け入れ、
    人々の幸せを実現する 
    王様となるためにジオウとして戦う決意をする。 

    そして第29回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリに輝き、 
    映画「一礼して、キス」「サムライせんせい」などに出演した
    21歳の押田が扮するのは、 
    未来から来た戦士・明光院ゲイツ / 仮面ライダーゲイツ。
    2068年にレジスタンスとして魔王と戦っていたが、 
    魔王が覚醒する前にソウゴの命を奪おうと
    2018年の世界へやって来る。 
    ツクヨミに「ソウゴが本当に魔王になるのか見守る必要がある」と説得され、 
    彼女とともにソウゴが住む“クジゴジ堂”に居候することとなる。 

    ドラマ「監獄のお姫さま」「ヒモメン」に参加した19歳の大幡は、 
    未来から来た少女であるヒロイン・ツクヨミを演じる。 
    ゲイツを追って2018年の世界を訪れ、ソウゴを抹殺するのではなく、
    彼が魔王の力を手に入れないよう働きかける。 

    1993年生まれ、宮城県出身の24歳・渡邊は、
    謎の予言者ウォズ役で出演。 
    50年後の未来から来たウォズは突然ソウゴの前に現れ、
    未来を予見するような言葉をつぶやいては 
    姿を消すというミステリアスなキャラクターを演じる。 

    またソウゴの大叔父であり、
    時計店“クジゴジ堂”店主・常磐順一郎を演じるのは生瀬勝久。 
    時計専門のはずが電化製品などなんの修理でも引き受けてしまうお人好しで、
    のびのび生きるソウゴを見守るという役どころだ。 
    このほか「仮面ライダージオウ」には、魔王に代わる新たな王を擁立し、
    歴史を変えようとたくらむ集団・ 
    タイムジャッカーとして、ウール役の板垣李光人、オーラ役で紺野彩夏、 
    スウォルツ役で兼崎健太郎が出演する。 

    さらに会見では、この「仮面ライダージオウ」に、 
    「仮面ライダービルド」桐生戦兎役の犬飼貴丈と万丈龍我役の赤楚衛二、 
    「仮面ライダーエグゼイド」宝生永夢役の飯島寛騎と鏡飛彩役の瀬戸利樹が参加することもアナウンスされた。 
    歴代キャラクターたちは、自分たちに都合のいい人間と契約し、魔王候補・アナザーライダーを 
    生み出そうとするタイムジャッカーとの関わりの中で登場する。 
    例えば2017年の世界に現れたタイムジャッカーは、戦兎の力を奪って歴史を変え、 
    別の人間をビルドにしようと画策。しかしその人間はビルドになる力が足りず、 
    怪人ライダー“アナザービルド”となり、ソウゴたちと戦うこととなる。

    ナタリー https://natalie.mu/eiga/news/294362 
    奥野壮  

     

    左から渡邊圭祐、押田岳、奥野壮、大幡しえり。 

     

    仮面ライダージオウ  



    【特撮】「仮面ライダージオウ」主演はジュノンボーイ出身の奥野壮(17) ヒロイン役の大幡しえりらキャスト発表
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1533626865
    【「仮面ライダージオウ」主演はジュノンボーイ出身の奥野壮(17) ヒロイン役の大幡しえりらキャスト発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:湛然 ★:2018/07/26(木) 05:05:25.40 ID:CAP_USER9.net
    2018-07-26 05:00 
    最後にして20作目の平成ライダー『仮面ライダージオウ』9・2スタート 

    現在、放送中の『仮面ライダービルド』(毎週日曜 前9:00~9:30)から
    バトンを受け、9月2日から放送スタートとなる
    平成仮面ライダー20作品記念作のタイトルが
    『仮面ライダージオウ』と発表された。
    8月4日公開の『劇場版 仮面ライダービルド』にジオウがいち早く登場。
    キャストが明らかになる制作発表は8月7日に実施。
    その模様は動画配信サービス「ビデオパス」で生配信される。 

    西暦2000年、ニューヒーローとして登場した
    「仮面ライダークウガ」。後に「平成仮面ライダー」と言われる
    シリーズはここから始まった。13人の仮面ライダーが戦い合う
    「仮面ライダー龍騎」(02年)、電車に乗って時間を守るために戦う
    「仮面ライダー電王」(07年)、
    2人で1人の仮面ライダーに変身する名探偵「仮面ライダーW」(09年)、
    果物鎧武者の仮面ライダーが織りなす戦国時代「仮面ライダー鎧武/ガイム」(13年)、
    ドクターが命をかけてゲームバトルを繰り広げる「仮面ライダーエグゼイド」(16年)、
    そして、クライマックスに向けて盛り上がる「仮面ライダービルド」(17年)。 

    そして、平成最後となる「仮面ライダージオウ」は、
    見た目や腕からも明モチーフは「時計」。
    時空を旅して戦う「タイムトラベルライダー」だ。
    マスクの額の部分には小さくカタカナで「カメン」、
    目には「ライダー」という文字をレタリング。
    顔に「カメンライダー」と書かれた独特のデザインになっている。 

    今回公開されたビジュアルには歴代の平成ライダーの姿もあり、
    ジオウの真後ろには顔に「らいだー」と平仮名で書かれた
    謎のライダーの姿も。ジオウではない彼はいったい何者なのか? 
    敵か、味方か? 「ジオウ」との関係は!? 
    すべては9月2日の『仮面ライダージオウ』のスタートとともに明らかになる。 

    仮面ライダージオウは変身ベルト <ジクウドライバー>に、
    変身アイテム<ライドウォッチ>を装填することで変身。
    さらに、ジオウは歴代の平成仮面ライダーの力を秘めた
    ライドウォッチを手にし、その力を解放することで、
    平成ライダーのアーマーを装着することができる。
    例えば、ビルドライドウォッチを使うことで、
    ジオウ ビルドアーマーに変身、腕に装着したドリルと
    物理学を駆使した戦いができるようになる。
    こうして全ての平成仮面ライダーの力を使うことができるジオウは、
    まさに2000年から始まった「平成仮面ライダー」20作品分の
    パワーを持つヒーローなのだ。 

    メイン監督を務める田崎竜太氏は「平成仮面ライダーとして
    最後のライダーとなることが運命づけられている本作。
    その一歩が平成を飾った英雄たちの物語に赤い血潮を取り戻し、
    その息吹が殿堂におさまったライダーたちに再び熱い鼓動を送り込みます。
    平成仮面ライダーたちが生きた時間の王者ーー仮面ライダージオウの
    ”覇道”が今、動き始めます」とコメントを寄せた。 

    以下ソース

    テレビ朝日系『仮面ライダージオウ』9月2日スタート(C)2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (2/4枚)

     

     

     

    https://www.oricon.co.jp/news/2116293/full/

    【ドラマ】最後にして20作目の平成ライダー『仮面ライダージオウ』9・2スタート
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532549125
    【最後にして20作目の平成ライダー『仮面ライダージオウ』9・2スタート】の続きを読む

    このページのトップヘ