ヒーローNEWS

国内最大級の特撮情報サイト 仮面ライダー・戦隊・ウルトラマン・アメコミ・スターウォーズ・怪獣などの感想や考察を扱っています

  • Twitter
  • RSS
    アンテナ・ブログ共に相互リンク募集中!
    詳しくはこちらで
    http://hero-news.com/archives/1012588959.html

    ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:名無しさん@涙目です。:2018/12/10(月) 07:59:42.56 ID:LwgwXSBR0 BE:842343564-2BP(2000)
    仮面ライダー犬飼貴丈、自動二輪の免許取るも「使うときがない」
    12/10(月) 7:00配信

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000001-sanspo-movi


    28ddf2592911ee11f692ea57aef10cc7


    まさか仮面ライダーの中でバイク免許持ってない奴はいないだろうな?
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1544396382
    【まさか仮面ライダーの中でバイク免許持ってない奴はいないだろうな?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:名無しさん@涙目です。:2018/11/23(金) 09:04:50.36 ID:8fdRPTes0 BE:201615239-2BP(2000)
    21日午前11時15分頃、宇都宮市陽東の市道で、
    布製バッグに入ったジュラルミンケースがあるのを近くの
    認定こども園職員が見つけ、交番に通報した。


    爆発物のおそれがあったことから、栃木県警機動隊の
    爆発物処理班が回収して調べたところ、中に入っていたのは、
    おもちゃの変身ベルトなどだった。


    宇都宮東署の発表によると、ケースは20日朝からあったという。
    この騒ぎで、同署は付近の道路約300メートルを約3時間にわたって
    通行止めとし、近隣住民に屋内退避を呼びかけた。

    bag_attache_case


    https://www.yomiuri.co.jp/national/20181122-OYT1T50023.html

    爆発物処理班が回収したジュラルミンケース…中にあったのは変身ベルト 栃木
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1542931490
    【【悲報】爆発物処理班が回収したジュラルミンケース…中にあったのは変身ベルトだった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無し1号さん 
    076e6bcf2e7a00b1ae2e795c440e060e


    https://natalie.mu/comic/news/299157

    ドラマは2019年1月18日よりNHK総合にて全7回でオンエア。
    仲村役を演じる小芝は「今は、色んな事をオープンに出来る
    世の中になって来ていますが、自分の好きなものを
    さらけ出せない人はまだまだ沢山いらっしゃると思います。
    周りから見たら小さな問題でも、自分にとっては大問題。
    大好きなものを守る為、堪能する為、奮闘する姿を楽しんで
    見ていただけたら嬉しいです」とコメントを寄せた。

    また仲村の母親役は松下由樹、特撮オタクの先輩・吉田さん役は倉科カナ、
    同僚・北代さん役は木南晴夏、小学生の男の子・ダミアン役は寺田心、
    強面の任侠さん役は竹内まなぶが演じる。そのほか森永悠希、
    本田剛文(BOYS AND MEN)、武田玲奈、内山命(SKE48)らが出演する。







                参照元:http://futabalog.com/thread/03fdf2b9068ab5864f05b71ce7057948
    【「トクサツガガガ」NHKでTVドラマ化!小芝風花が隠れ特撮オタクのOLに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:かばほ~るφ ★:2018/08/31(金) 18:55:21.00 ID:CAP_USER9.net
    『デカレンジャー』デカブレイク吉田友一&デカピンク菊地美香が婚約へ
    吉田は芸能界を引退も発表

    2018-08-31 18:28

    女優の菊地美香(34)が31日、自身のツイッターで
    俳優の吉田友一(36)と今秋に結婚することを発表した。

    2人は2004年放送の『特捜戦隊デカレンジャー』で
    デカピンク(菊地)とデカブレイク(吉田)として共演していた。


    菊地は直筆コメントで「この度、私、菊地美香は吉田友一さんと今秋、
    入籍することをご報告致します。

    友一さんとは昨年のドラマ『科捜研の女』への出演をきっかけに、
    約1年の交際を経て、

    仕事の合間を縫いながら同じ時間を過ごす中で、
    結婚への意志が揺るぎないものとなりました」と報告。


    吉田も同日、インスタグラムに直筆コメントをアップし,婚約と同時に
    「現在の仕事を離れ、医療現場へ従事しておりますことを
    ご報告させて頂きます」と発表。

    29歳の時に医療大(はり師 きゅう師)に入学し、
    現在は東京と九州・沖縄を行き来しながら研鑽を積んでおり

    「今後は、相手を敬い思いやることのできる彼女と
    2人で足並みを揃えて、日々を丁寧に過ごして参ります」

    と決意を表した。

    菊地も「医療に従事する道を選んだ彼を支えることを第一に考え、
    2人らしく優しい、

    笑い声の溢れる家庭を築いて行きたいと思います」とつづり、
    今後については
    「のんびりとしたペースで活動することになりますが、
    どうぞ温かく見守って頂けましたら幸いです」

    と呼びかけた。

    吉田の所属事務所によると、数年前から
    俳優と鍼灸師の仕事を並行して行っており、

    「温かく見守っていきたい」と送り出すという。

    菊地は2000年にミュージカル『アニー』で女優デビュー。
    09年に『激走戦隊カーレンジャー』でレッドレーサーを演じた
    岸祐二と結婚したが、11年に離婚している。

    吉田は2003年にドラマ『ライオン先生』で俳優デビューした。


    ORICON NEWS https://www.oricon.co.jp/news/2118643/full/
    菊地美香




    【芸能】「特捜戦隊デカレンジャー」デカブレイク吉田友一(36)&デカピンク菊地美香(34)が結婚へ 吉田は芸能界を引退も発表
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535709321
    【「特捜戦隊デカレンジャー」デカブレイク吉田友一(36)&デカピンク菊地美香(34)が結婚へ 吉田は芸能界を引退も発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:きのこ記者φ ★ :2018/08/31(金) 18:44:46.92 ID:CAP_USER9.net
    昭和の「ウルトラマンシリーズ」で異彩を放つのが
    「ウルトラマンレオ」(昭和49年)。

    放送から45周年を前に、平成シリーズの監督が
    新作を撮りたいと発言するなど、再評価の声が上がり始めている。(中略)


    異色の作品だった。M78星雲出身のウルトラ兄弟たちとは
    出自が異なる。全体に格闘色が強く、
    スポ根ものに通ずる特訓シーンが続いた。

    「帰ってきたウルトラマン」(46年)から毎年新作が放送された
    「昭和第2期ウルトラマンシリーズ」の4作目だが視聴率はふるわず、

    結果的に「レオ」をもってシリーズの放送はいったん終了した。

    「今なら、あんな撮影はできないよね」
    口をそろえて撮影当時を振り返るのは、おゝとりゲンを演じた俳優、
    真夏(まなつ)竜(68)と、モロボシ・ダン役の俳優、森次晃嗣(75)だ。


    2人が思い出しているのは、ダン隊長が特訓のため
    ゲンをジープで追い回した場面。

    「撮影で使ったのが中古のジープだったからブレーキが甘かった。
    急ブレーキをかけても6メートルは進んでしまう。

    実際に私の脚にバンパーが当たっていた」と真夏は恐怖を振り返る。

    「つまずいて転んだりしたらひかれちゃうわけだから、
    新人だったけど、監督に抗議したよ」

    監督は「うん分かった。はい、本番!」と一顧だにしない。
    鬼気迫る真夏の表情が放送されたが、
    「あれは芝居じゃない。本気で目が血走っていた」と苦笑する。


    「当時、芝居に関しては素人みたいなもんでしたから、
    かなり迷惑をかけたと思うけど、それも覚えていないほどですね」

    真夏は、デビューしたて。森次は、
    「ウルトラセブン」を経て映画やドラマで活躍していた。

    森次は「迷惑なんてことはなかったよ。最初は、
    色が浅黒いし、当時はやっていた(カンフー俳優の)
    ブルース・リーに似て精悍(せいかん)
    な雰囲気があった。
    『こういうウルトラマンがいてもいいな』と思った」という。


    厳しい特訓の場面が続いたドラマだったが、森次が
    「どうもお先~。ゲン~、頑張ってな~」と声をかけるなど、

    2人の関係は朗らかでほのぼのとしたムードに包まれていたという。

    放送当時、視聴率に苦戦したレオだが、近年人気が再燃している。
    ドラマ「ウルトラマンメビウス」(平成18年)や映画
    「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」にゲスト出演。

    放送時は特訓を受ける側だったレオが、
    新世代のウルトラマンの師匠の立場で登場した。


    森次は、「『レオ』には、今の時代にはないような師弟愛があった。
    今、厳しく叱る、叱られることへの憧れがあるんじゃないかな。

    そういう部分に現代は物足りなさがあるのかもしれない」と
    レオ人気再燃の理由を分析する。


    真夏は「今と放送当時の社会情勢が似ている」と指摘する。
    「得体の知れない不安があったり、異常気象だったりするでしょう」


    平成ウルトラマンシリーズを手がける坂本浩一監督は、
    「僕の一番の願いは、新作のレオを作ること」と明かした。

    8月16日に東京都内で開かれたイベント
    「ウルトラマンフェスティバル」で語った。

    真夏は「デビュー当時の作品に目を輝かせてもらえる
    役者っていないよね」と相好を崩す。

    「ファンの愛を裏切らないでいることが大切」。
    これからも、ゲンとしての思いを持ち続けていくと誓う。


    http://www.sankei.com/premium/news/180831/prm1808310004-n1.html



    【特撮】いま評価高まる「ウルトラマンレオ」…格闘色強く異色の作品 出演者が44年前を振り返る
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535708686
    【いま評価高まる「ウルトラマンレオ」…格闘色強く異色の作品 出演者が44年前を振り返る】の続きを読む