0: 名無し1号さん
渡辺宙明氏が逝去したニュースを見て知ったので
宙明先生といえばささきいさおさんや水木一郎アニキなどと
いった数多くのアニソン歌手を交流関係があり
ゴレンジャーやキカイダーといった特撮ソングの大御所
と言って良いほどの存在でした

渡辺宙明先生とりあえずお疲れ様でした。






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  



【悲報】反町隆史、マネージャーに暴露されてしまう・・・・・・

【悲報】ママ友の『カースト制度』、なんJ民みたいな基準で決まっていたwwww

【朗報】フォールガイズで1番嫌いなゲーム、決まる

テイルズオブシリーズの術技を1つ思い浮かべてから開いて下さい

【声優】早見沙織が出演してるマイナーアニメ・・・

【ガンダムSEED】ストライクダガ―の見せ場と言えばやっぱりココ

1: 名無し1号さん
「題名のない音楽会」はウルトラセブン等の曲を手掛けた冬木透さんの回が印象にある


2: 名無し1号さん
数々の作曲家の方が関わっているのは知ってるけど、
真っ先に思い浮かぶのはすぎやまこういちさんだなぁ。

3: 名無し1号さん
伊福部昭先生

自分が子供の頃に最初にお名前と顔を覚えた「音楽監督」
東宝映画を盛り上げる数々の楽曲は、気持ちが高鳴ります

4: 名無し1号さん
阿久悠さんだな。タロウ、レオ、ザ☆、ファイヤーマン等での主題歌や挿入歌が印象的だった

5: 名無し1号さん
>>4
2008年夏に阿久先生一周忌記念で製作されたドラマでは「タロウ」の画像が用いられた思い出が。
なおこのドラマ、特撮関係者の名前がぞろぞろ

12: 名無し1号さん
>>4
ワイルドセブンやマッハバロンの主題歌作詞でも渋い歌詞を作詞されてます
マッハバロンなんか歌詞の中に「蹂躙されて」とかって言葉が平気で出てきたりとか子供番組の主題歌だからって妥協しない
阿久悠先生さすがです!

6: 名無し1号さん
冨田勲先生はシンセサイザーを駆使した音楽で世界的に有名ですが、その一方で「キャプテンウルトラ」「マイティジャック」「恐怖劇場アンバランス」といった特撮も手掛けられました。

7: 名無し1号さん
ゼンカイジャーでまた参加する事になった宙明先生が制作発表会で「皆さんBGMは ボーっと聴かないで」って言ってたのを聞いてからストーリーやアクションだけじゃなくBGMを意識するようになったわ

8: 名無し1号さん
子連れ狼などの劇画原作で有名な小池一夫先生かな
特撮ではデンジマン、ゴーグルV、ダイナマンのOP&EDの作詞を担当されたとかなんとか
どういう経緯で作詞することになったのかご存命なうちに知りたかった

9: 名無し1号さん
田中公平さんが劇伴を担当された特撮はフラッシュマンが唯一なのかな?
変身のテーマやスーパーコズモフラッシュのテーマなど印象的な曲が多いです

19: 名無し1号さん
>>9
主題歌や挿入歌の編曲は多数の作品に参加していらっしゃるけど確かに劇伴担当となると唯一ですね
熱い曲はとことん熱く壮大に、日常シーンや感動的なシーンの優しく繊細な楽曲群も素晴らしい…
自分も大好きな方なのでまたいつかまた劇伴担当して欲しい

10: 名無し1号さん
小林亜星先生。快傑ライオン丸、ロボット110番、ファイヤーマン、そしてバルパンサーの親父役。

15: 名無し1号さん
>>10
ちなみにバルパンサーの親父役って言うか実の父親だよ

11: 名無し1号さん
仮面ライダーBLACKの川村栄二氏、怪人の不気味さやシャドームーンの強敵感が印象的だった
平成になるがその後戦隊にも何度か担当された

13: 名無し1号さん
ルパン三世のイメージが強かったからマシンマンに大野雄二さんが参加してたのは驚いたな。

14: 名無し1号さん
渡辺宙明先生と双璧をなす、菊池俊輔先生。
渡辺宙明さんがスーパー戦隊、菊池俊輔さんが仮面ライダーのイメージ。

16: 名無し1号さん
>>14
菊池俊輔先生に関しては、今さら改めて言うまでもなく作曲家としての功績があまりにも偉大過ぎるからね
先生作曲のヒーローアニメや特撮番組の主題歌ってどれも全部かっこいいからイントロ聞いただけでテンション上がる

その代わり、若い頃の菊池俊輔先生って、ロバート秋山に激似なのにはびっくりしたけどw

23: 名無し1号さん
>>16
ただ功績に関してはあまりテレビで取り上げられなかったのが残念。アニメ特撮というジャンル故かも知れんが。渡辺宙明氏は「題名のない音楽会」や「今日は一日◯◯三昧」や最近だと「クラシックTV」など時々テレビやラジオにご出演したから知ってる人もいるかもだが菊池俊輔氏は仮面ライダーはじめ数多くのテレビ作品を手がけた割に「仮面ライダーの人」みたいな感じはテレビでやらなかったからなぁ。

伊福部昭氏も題名の無い音楽会や「らららクラシック」ではゴジラの人という紹介は実は控えめだったし。

もっとこういうジャンル専門の作曲家を評価してほしい。

32: 名無し1号さん
>>23
題名のない音楽会で、仮面ライダーの音楽を特集した事があったな。
佐々木功さんがレッツゴー!ライダーキックを歌ったりしていた。

21: 名無し1号さん
>>14 宙明先生がサザエさん、菊池先生がドラえもんに関わっているのが一番の驚き???お二方共にカッコいい曲のイメージが強いから、癒し系まで作れるのが本当に凄い??

17: 名無し1号さん
バイオマンで初の特撮デビューした矢野立美氏はもともとアニメ出身で初めのうちは
BGMのリズムやテンポが特撮のスピードについていけなかったと語っておられたな

18: 名無し1号さん
最初期の特撮ものって石ノ森章太郎先生が作詞してたよね
レッツゴーライダーキックとか進めゴレンジャーとか

22: 名無し1号さん
宇宙刑事シリーズの作詞家の山川啓介先生。中でも「青い地球は母の星」が一番好きです。
70~80年代に活躍された、八神純子さんの「Mrブルー~私の地球~」と言う曲の作詞も担当されていて。
どちらも地球賛歌を唄った傑作だと思います。

24: 名無し1号さん
>>22
ちょっと脱線しちゃうけどその八神純子さんの「Mr ブルー~私の地球~」のサビが83年にリバイバル上映したブルース・リー映画「ドラゴン危機一髪」「ドラゴン怒りの鉄拳」のイメージソングの「リターン・オブ・ザドラゴン」のサビに酷似していたのを思い出した

26: 名無し1号さん
>>22
山川先生の特撮曲の作詞で一番に浮かぶのは、やっぱり『強さは愛だ』です
苦しい時にはいつも

「倒れたら立ち上がり・・・前よりも強くなれ!」

の言葉に励まされてきました

25: 名無し1号さん
シン・ウルトラマンで改めて思ったけどやっぱり宮内國郎は最高やなって……
特に偽ウルトラマン戦で流れた「勝利(M5)」は原典でも一番好きな劇伴だったのもあって滅茶苦茶痺れた
no title
© TSUBURAYA PRODUCTIONS Co., Ltd.

あとガス人間第一号のオープニングとエンディングも個人的にかなり好き
初代ウルトラマンのジラース回やジェロニモン回でも流れてたかな、確か

27: 名無し1号さん
昭和ライダーの主題歌といえば石ノ森章太郎氏の作詞が当たり前な中異彩を放つ 作詞 阿木耀子 作曲 宇崎竜童 の仮面ライダーBlack のOP
山口百恵さんのプレイバックPart2などのヒット曲を世に送り出した名コンビと歌の素人のライダー俳優のマッチングで、いろいろとインパクトのある名曲が出来上がったと言えるかもしれない…

28: 名無し1号さん
アニメや時代劇やドラマのイメージが強いけどカゲスターやサンダーマスクとか特撮作品の楽曲も作ってたナベタケこと渡辺岳夫氏
競馬学校や愛産大三河高の校歌の作曲とかもやってたなぁ

29: 名無し1号さん
円谷プロの二代目社長だった円谷一氏は作詞家の時は東京一名義で昭和ウルトラシリーズの歌やミラーマンの主題歌も作詞していたっけ

33: 名無し1号さん
>>29
確か怪奇大作戦のエンディングの歌詞は、金城さんが作詞担当でしたよね?

30: 名無し1号さん
ピープロ作品が好きで色々観てたけど、宮内國郎先生(スペクトルマン)や小林亜星先生(快傑ライオン丸)、菊池俊輔先生(タイガーセブン、電人ザボーガー)等、番組によって色々担当が変わってたのが意外だった

個人的には風雲ライオン丸(筒井 広志先生)の時代劇とウエスタン調を折衷した雰囲気の曲が好きだったなぁ

あと、何気に挿入歌(「さすらいの誓い」「志乃の数え唄」)の作詞が歌手・俳優の中山千夏さん(じゃりン子チエのチエちゃん役でも有名)だったのが驚いた

31: 名無し1号さん
特撮では「スーパーロボット レッドバロン」だけだが、ボブ佐久間先生のブラスを使った、ジャズ調の独特の雰囲気は本当に癖になる

小林亜星先生の編曲を多く手掛けておられ、アニメだとガッチャマンやテッカマンに参加されてたね

34: 名無し1号さん
石森章太郎先生が担当した、変身忍者嵐の歌詞が「吹けよ嵐 呼べよ嵐」が、ピンク・フロイドの
「吹けよ風 呼べよ嵐」(アブドーラ・ザ・ブッチャーの入場曲)を連想させるのは、良い意味で好きです。(笑)

スーパー戦隊+宇宙刑事 渡辺宙明 ベスト ミュージックファイル





読者登録していただければLINEで更新通知が届きリアルタイムでコメント欄に参加できます。
Twitterでも配信しているのでフォローしていただけると嬉しいです。





こちらのアカウントのフォロー・サイトのチェックもして頂けると嬉しいです。

https://hero-times.com/

オススメブログ新着記事