0: 名無し1号さん

例えばウルトラマンタロウのオルフィ。歌が大好きなおとなしい怪獣だったけど、カーン星人に操られてたことで暴れてしまったよね。






※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  


1: 名無し1号さん
真っ先に海底原人ラゴンが思い浮かんだな


2: 名無し1号さん
コスモスの怪獣はリドリアス初め大人しい怪獣がカオスヘッダーによって凶暴化させられる事が多かったな


20: 名無し1号さん
>>2
他にワロガが侵略計画のためにバイオチップを埋め込んで暴れさせたガルバスもいたね

3: 名無し1号さん
「人間側が自分達の為に大人しい怪獣を排除しようとして暴れさせてしまった」パターンは結構あるけど、ホオリンガの時みたいな「人間側が怪獣の為にやった善意が逆効果で暴れさせてしまった」ってのは珍しいパターンだったな

4: 名無し1号さん
タロウのトータス夫妻はオロン島で暮らす穏やかな怪獣だったのに、悪徳業者に大事な卵を奪われ、取り返し、復讐を果たしたと思ったら今度は自分達を危険視する防衛隊に排除されそうになったりと散々だったな


5: 名無し1号さん
コスモスの分身怪獣タブリス

少女とまた会う約束したのにいつまで経っても会いに来ないので分身を町に飛ばす。

6: 名無し1号さん
怪獣パンドラは子供のチンペをハンターに殺された事で凶暴化してしまったな。タロウ怪獣って結構お題通りの怪獣が多いんだよね

7: 名無し1号さん
大人しいとは少し違うかもだが、タロウのピッコロが暴走して街を破壊したな。確か動物が傷つけられたかだっけ?

44: 名無し1号さん
>>7
確かペット不可のアパートでウサギ飼ってる親子がいて、怒った大家がウサギを毒殺したんじゃなかったっけ

45: 名無し1号さん
>>44
それに怒って巨大化し、要約すると「命を平気で粗末にする地球人たちは悪だ!俺がさばいてやる!」的な感じで暴れまわったのよね

54: 名無し1号さん
>>45
たった1人を元に地球人全体を決めつけたのか
迷惑すぎるだろ

58: 名無し1号さん
>>45
「そうだよね。仏様を粗末にするやつも許せないよな」

8: 名無し1号さん
歯にミサイルが挟まった事で、痛みから暴れまわる事になったシェルター

13: 名無し1号さん
>>8ZATも最初は何とかしようと頑張ってたんだけどね...

21: 名無し1号さん
>>13
それでもラストは納得しかねるなあ。タロウが海へ運んでどうにか抜いてやったりとかやりようはあったかもしれん

59: 名無し1号さん
>>21
他の※にもいろいろ挙がってるけど、タロウにはお題にピッタリな話が特に多い
特にトータス夫婦の回ではタロウが苦悩しているのをわざわざ描写しているくらいだから、製作側もかわいそうだと理解しているうえで、ああいう話をやっているのはわかる
神のごときウルトラマン様だからといっても暴れる怪獣の前では余裕もなく、怪獣も助けてめでたしめでたしは子供だましの逃げとされる風潮があったのだろうとは推測できます
今でもこういうのは落としどころが難しいテーマだし・・・

9: 名無し1号さん
ジードのグビラはカプセルの影響で暴走してたけど
暴走が止んだら助けてくれたジードを逆に助けてくれるGJ振り

10: 名無し1号さん
まさかの花粉症で暴れてしまったZでのゴモラ

やむを得ず始末する事になったけどどうにもやりきれない…

34: 名無し1号さん
>>10
あれ普段の様子が大人しいかどうかは怪しい気が…

52: 名無し1号さん
>>34
ゴモラって基本的に闘争本能高いしなレイや大地のゴモラが例外なだけで。

50: 名無し1号さん
>>10
あのゴモラは退治するにはちょっと気が引けちゃう相手だったけど、プロレススタイルのベータスマッシュのデビュー戦だったからね。
毒霧・金網電流・凶器攻撃と悪役パフォーマンスをすることで自身がやっつけられる存在であると視聴者にアピールし、「人間の都合で排除されるかわいそうな怪獣」みたいな重いテーマにギリギリ踏み込まないようにしていたと思う。
(そういうテーマを扱うのは番組中盤で、この段階ではまだ早かった。)
前途洋々たる若手(3分の1人前だけど)のデビュー戦に大物ヒールが華を添えたみたいなもので、力と力がぶつかり合う怪獣プロレスを存分に楽しむのが正解でしょう。



11: 名無し1号さん
80の子供ザンドリアスは駄々こねて暴れてたな
母ザンドリアスとケンカになってたが80先生が母をわざと痛めつけて子供に守らせる形で仲裁したのはうまい

62: 名無し1号さん
>>11
マザーが80の意図を汲んでなかったら「ちょ、なんで私が殴られてるの?!」ってなってたなw

12: 名無し1号さん
宇宙に帰りたいのを助ける話のウルトラマンの回あったよね。
持ち上げて宇宙まで飛んで行ったんだけど、
重いから途中でバランス崩して地上に叩きつけるっていう。
そして最後に人類のロケットに縛り付けて宇宙に飛ばすが・・・

36: 名無し1号さん
>>12
シーボーズの話だね。

言うてもあいつそんなに暴れてないよ。
ちょっと拗ねてたくらい。

55: 名無し1号さん
>>36
宇宙に帰りたいけどロケットにはしがみつくのは嫌だと駄々こねてたから
ウルトラマンが説得(肉体言語)しただけだもんな

14: 名無し1号さん
普段は気性もおとなしく人間に姿を見せずに暮らしていたため地球防衛軍もその存在を知らなかったけど、産卵のために必要な鉱石や宝石を集めるために繁殖期になると気性が荒くなって人間に対して攻撃的になったシーモンス

15: 名無し1号さん
ゴモラって基本外的要因で暴れてしまってるな。パターンが多くてきりがないくらい。

22: 名無し1号さん
>>15
それこそ初代の時点で人間のエゴであのような最期を遂げてしまったからな。「万博のために生け捕りにするぞ!」ってよく考えたらなかなか酷い提案
パワードの時は発見した教授が涙を流してその死を悼んでくれていたけど、初代の時はそれすらない

26: 名無し1号さん
>>22
一応アラシとイデが軽く弔ってる風なセリフはある
軽すぎて印象に残らないかもだけど

17: 名無し1号さん
ゼット世界のレッドキングて基本的にはひっそり暮らしてるような感じなのかな

35: 名無し1号さん
>>17
というかZ地球の怪獣は基本眠ってるんだけど何らかの要因で起きたら暴れてたんだけど
本編のはゲネガーグのせいでその眠りが浅くなって起きやすくなってる感じ

18: 名無し1号さん
こういうので名前挙がらなそうだけど何故か自分はキングモーラット思い浮かぶんだよな…
多分子供の頃にその回見てて戻った時の姿が可愛かったから印象に残ってるんだろうけど

23: 名無し1号さん
>>18
地下廃棄物を食べてしまったモグラネズミが巨大化したものだからなあ。間接的に人間が関わっているというパターン

19: 名無し1号さん
子供を救う為に地球に来て暴れたホップホップ
丸っこくてキュートだけどマックスを手こずらせた

24: 名無し1号さん
最近だとグビラがこのケースになっているな、Xだとダークサンダーエナジーで凶暴化、ジードだとリトルスターを発症して苦しくなって暴れた

25: 名無し1号さん
タロウが訓練の為に一方的に攻撃したらぶちぎれたドックン。
今頃どうなってるんだろ。でっかくなって家族が出来てるんだろうか。

53: 名無し1号さん
>>25
ビジネスマンになって成功してると聞いた気が
子供の頃の話についてはタロウが謝って友達になったんだっけ?

27: 名無し1号さん
チビスケことタイガに登場したキングゲスラかな

28: 名無し1号さん
ちょっと変則的かもだけどタイガに出てたパンドン
あのパンドン、普段は大人しくしてるけど飼い主のゴース星人が傷付いたら飼い主を守るために出現するっていうやつだった

60: 名無し1号さん
>>28
手のひらサイズのパンドンは衝撃だったw
飼い主に懐くとか、これまで知られなかったパンドンの意外な一面が見られたね

29: 名無し1号さん
誤ってンダモシテXを飲み込んだため苦しくて暴れていたモゲドン。
シェルターと似たケースだがこっちは助かった。

30: 名無し1号さん
ザニカ
よく見ると顔が結構可愛い
ハサミ切られてたけど蟹だからまた生えたのかな

31: 名無し1号さん
平成のジャミラことガイアのツチケラ

63: 名無し1号さん
>>31
そもそもジャミラもツチケラも元々は怪獣じゃないしなぁ…

32: 名無し1号さん
イフも攻撃さえしなければただのでっかい饅頭のままだったんだろうな…

33: 名無し1号さん
コッヴとパズズもそうじゃなかったっけ?
最初は根源的破滅招来体の尖兵とか言われてたけど、超コッヴと超パズズの回でそれぞれの母星から地球に無理矢理送り込まれたパニックで暴れてるだけなんだよね。

37: 名無し1号さん
暴れていた理由がわからないギャラファイのザンドリアスとノイズラー

42: 名無し1号さん
>>37
一緒に飛んでいったことを見ると、普段から仲良しなのかな

46: 名無し1号さん
>>37
ちょうどいい遊び場として綾香市付近に降り立ってイタズラかなんかしていたところをアサヒが発見したとかかな

64: 名無し1号さん
>>46
R/B次元の地球に現れる怪獣はそもそもの事情が事情だから発見されたら即攻撃は仕方ないよね…綾香市の近くになんか出現したら尚の事。

38: 名無し1号さん
ウルトラマン80第15話「悪魔博士の実験室」にて登場したミュー

元々は小型で大人しく成長しても60cm程にしかならない怪獣だったが、怪獣を人間の労働力として有益な家畜にしようと目論んでいる中川博士の実験によって巨大化・凶暴化してしまった。

因みに元凶である「吐き気を催す邪悪」は、悪びれる様子を見せず最期ミューに踏みつぶされる報いを受けた(←コレでも全然足りないよ!)


39: 名無し1号さん
ウルトラマンゼットはM1号もそうだよな

40: 名無し1号さん
レオのロン

47: 名無し1号さん
>>40
肩書に「さすらい怪獣」とあるように故郷のL77星を失い、飼い主とも離れ離れになって宇宙をさすらっているうちに心が荒んでしまった例なんだよね。最後は百子がカオルを叱るのを見て決意を固めたレオに叱咤され宇宙へ帰されるんだけど、今もまだ宇宙のどこかを旅しているのか、それともどこかでキングかアストラ、それともレオが探し出して一緒に暮らしているのか

41: 名無し1号さん
トオルに催眠術をかけて騙していると誤解したMACのダン隊長から危険な怪獣とみなされ攻撃を受けて巨大化して暴れたギロ星獣

43: 名無し1号さん
ウルトラマンXのホウリンガ。
土地神様扱いの完全無害な植物のような怪獣を怒らせる事態になったのが相当のことだった

48: 名無し1号さん
ガイアの地球怪獣はコッヴを送り込まれたその衝撃で目覚め、地球を守るためだったり縄張りを守るためだったりと野生動物的な本能で暴れてるケースが多かったのよね

49: 名無し1号さん
狂暴化するトリガーが明示されていたので子供にも展開が読めた初代ゲスラ

51: 名無し1号さん
自分が暴走して地球人に迷惑がかかったら、その時は倒してくれとネオスに頼んでいたザム星人

56: 名無し1号さん
タラバンかな。
そういやガッツ石松つながりのバラックシップも、沈没しなけりゃ平和利用されてた存在だったな

57: 名無し1号さん
ウルトラマンパワードのザンボラーの様に。
地球の環境汚染によって、地球の怒りの代弁者として現れる怪獣。
環境問題が叫ばれる昨今、こう言ったエピソードを描いて欲しいと思う。

61: 名無し1号さん
毒ガス怪獣と呼ばれたモグネズンも、
毒ガスさえ飲み込まなかったら、
もしかしたら微笑ましいエピソードの主役になれたかもしれないのに。

また、虫歯怪獣シェルターみたいに、これまたアクシデントで
本来のアビリティではない異名が付いてしまった怪獣の、
本来の素の異名が何なのかも気になる所。
タロウの場合は南原エピソードで微笑ましく書かれているが、
シェルター本人にとってはこれまた飛んだ災難である。

65: 名無し1号さん
こうやってまとめてみると罪の無い怪獣っていっぱいいるんだな…

ウルトラマンタロウ Blu-ray BOX







読者登録していただければLINEで更新通知が届きリアルタイムでコメント欄に参加できます。
Twitterでも配信しているのでフォローしていただけると嬉しいです。





こちらのアカウントのフォロー・サイトのチェックもして頂けると嬉しいです。

https://hero-times.com/

オススメブログ新着記事