0: 名無し1号さん

配信時間・毎週土曜日21:00
記事更新日・翌日日曜日21:30

感想にする予定の作品一覧
 

※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  






1: 名無し1号さん
アメイジングマイティの登場は興奮した。



14: 名無し1号さん
>>1
変身した際にボディが黒くなったのを見て「アルティメットになった!?」って子供の頃は早合点しちゃったんだよな。よく見たら角の本数はマイティと一緒だったことにちゃんと気付いたけど、リアルタイムで観ていた時は黒いライジングマイティにひたすら驚かされた

2: 名無し1号さん
今まで謎の脇役だったドルドがガドルを圧倒できる力を持ってたのホント好き

長物相手にトンファーで立ち回り、アリーナ内で仕留められずドルドに不利な廊下に場を移すしかないなんて

17: 名無し1号さん
>>2
ドルド勝っちゃったらどうするつもりだったのか

26: 名無し1号さん
>>2
射撃体じゃダメだったのだろうか
痛覚もアップしてる場合、一撃食らったら危ういからやめたのだろうか。

31: 名無し1号さん
>>26
ドルドの間合いで射撃体になるのはまずいかと。

54: 名無し1号さん
>>2
屋内で翼にダメージ与えられたからなんとかなったって感じで結構押してるのよなドルド
射撃態か俊敏態に電撃態を加えればもう少しなんとかなったのかもしれないけど

81: 名無し1号さん
>>2
やっぱりドルドは速いんだな
ガドルの俊敏態を上回る身のこなしだから、ライジングドラゴンより速いんじゃないか

3: 名無し1号さん
病院で目を覚ました雄介はやっぱり無理してるような気がする、空元気というか。
心配させないようにしてるぎこちなさが伝わってくる。

4: 名無し1号さん
仮に榎田さんが科警研辞めても、あの技術力ならどの職場でもやっていけそうな気はする。

不謹慎だけど科警研ってどれだけ給料もらえるんだろう?

79: 名無し1号さん
>>4
公務員ですからね。国家公務員か地方公務員でも差があるし。

5: 名無し1号さん
ガドルから1発喰らって階段から背中で落ちつつ全弾命中させる一条さんマジ半端ねぇ。

下手すりゃ後遺症だってあり得るのにピンピンしてる。

38: 名無し1号さん
>>5
しかもその後首閉められて下に叩き落とされたのに直ぐに起き上がり腕をちょっも押さえてる程度何だから頑丈とかそんな次元じゃねーよ···

55: 名無し1号さん
>>38
「俺は周辺の避難を徹底させる」じゃねえよ病院行けよ…ってなる

58: 名無し1号さん
>>55
病院行った所で椿さんが上手く誤魔化したりして病院から脱走するから···

67: 名無し1号さん
>>58
一条「もう痛くありません!」

86: 名無し1号さん
>>38
なんなら戦いが終わって雄介が戻ってきたときには何事もなかったようにパトカーの前で待ってたよ…
この1日でドルドにどつかれて高所から落ちそうになったりガドルにどつかれて階段から落ちたりガドルに投げられて数m下に落とされたりしたんだから常人なら最低でも3回は死んでるよ…

6: 名無し1号さん
アメイジングマイティフォーム

一時期はバンダイに内緒で出したと言われ、ファンから「アメイジングバンダイ」とネタにされていた。

でも実際はちゃんとバンダイに話を通してたという、それはそれでまた凄い。
この土壇場でよく新フォーム出すことができたよね。

7: 名無し1号さん
一条が3、4発撃ちこんだだけでガドルがぶっ倒れるなら
三人で全弾命中させたらクウガ無しでもガドルを殺せるだろうな

35: 名無し1号さん
>>7
あくまでも結果論だけど神経断裂弾はドルドは一人分で倒せてガドルには最低でも二人分は必要だったんだな

90: 名無し1号さん
>>7
三人で弾を込めるシーン好き

103: 名無し1号さん
>>90
戦友

8: 名無し1号さん
神経断裂弾でダメージ蓄積させてなかったら、クウガも危なかったかも
アメイジングがあったところで紙一重の勝利という印象。

グロンギの上位怪人すら倒せてしまうようになる現代リントはどこへむかうのか

39: 名無し1号さん
>>8
実際被害を考慮しないならミサイルや最悪核ミサイルを使って強引に倒す何て芸当も不可能じゃないからな···

9: 名無し1号さん
榎田さん、さゆる君と仲直り出来て良かった。ジャンが間に立ってたのも良かったな

82: 名無し1号さん
>>9
ジャンはマジでいい男だよ

102: 名無し1号さん
>>9
こんな終盤にサブキャラのエピソード持ってこれるのはすごいと思う

10: 名無し1号さん
神経断裂弾入りの2丁の銃で蜂の巣にされた。
ガドルとある程度戦えるドルドがこうも簡単に死ぬなんてね。

人間がグロンギ倒せた記念すべきシーンなのに物凄く不吉な演出。

25: 名無し1号さん
>>10
恐ろしい怪物をあっさり倒せるようになったら

もう怪物と変わらないのかもしれないな…

29: 名無し1号さん
>>25
そういう想いがあるからなのか、杉田刑事の表情が心なしか影があるように見えたんだよな

80: 名無し1号さん
>>25
大いなる善の為、小さな悪を為す

42: 名無し1号さん
>>10
守る為には力が必要で···でも力は時として争いの種にもなる···
まさしく守る事と戦う事ジレンマは終わらないだな

56: 名無し1号さん
>>10
死ぬ前に人間態になるから側から見たら人間撃ち殺したシーンと変わらないのがな…

75: 名無し1号さん
>>56
とはいえあの場でドルドがゴの連中なみの爆発してたら
杉田さんたちも危険だったからね
(ラだから最初からゲブロンの爆発はないのかもしれないけど)
むしろ人間態のままで倒れてくれて俺はホッとしたよ

91: 名無し1号さん
>>56
弾の特性として体内がズタズタになってるだろうから目や耳などから血が噴き出していたんじゃないかなあ
TV映像では出来ないが

11: 名無し1号さん
ジャンが榎田さんといい感じに仲良くなるとはね。
物語序盤では当初予想出来なかった。

12: 名無し1号さん
小説版でオタクになってるさゆる君



13: 名無し1号さん
グロンギの、それもあれだけ強かったドルドが神経断裂弾で倒されるシーンは、
バックが夕日なのと薔薇姐さんの音楽もあり、なんか感慨深さを感じる。
(ついに人間もここまで来たのか、という感じで)

57: 名無し1号さん
>>13
ガドルと比べてさすがに再生力は弱かったのかねドルド
まあ直前に翼の一部もがれてなかったらそもそも当てられなかったと思うんで幸運が重なったとも言える

106: 名無し1号さん
>>57
バベルもガドル同様に立ち上がってきそうだね
ジャラジやザザルはおそらく死ぬだろう

15: 名無し1号さん
バルバと一条さんが接触した神秘的なBGM好き。

気になるのは現代人がグロンギを狩る段階まできたを見てバルバが嬉しそうなところ。
彼女の胸中は如何に?

43: 名無し1号さん
>>15
超古代ではリントはグロンギに一切対抗手段も無く、クウガに戦いを丸投げしていたけれど今のリントは武器を手に取り自分達と戦っている姿が嬉しかったのでは?
自分達と等しくなった、狩りがいのある獲物になったみたいな

16: 名無し1号さん
ライジングマイティ~アメイジングマイティに変身する時のBGMが第1話で五代がグローイングに変身した時と同じだよね。

意図的にアルティメットのグローイングフォームとして演出してるのかも?

そういえばアメイジングマイティのスーツはグローイングの使い回しだとか。

18: 名無し1号さん
黒いボディ、真っ赤な眼、煌めく稲妻、愛の戦士、そして両足ライダーキック…

繋がった!

19: 名無し1号さん
ラストについにはっきりと顔を見せるラスボス・ダグバ
究極の闇と同時に振り出す雨
BGMのない次回予告が印象的。

ジャーザ以降、ダグバがウロチョロしてたのをみると、誰かしら勝ちあがってきてほしかったのかな。

20: 名無し1号さん
さながら人類最強形態 神経断裂弾登場
直撃すればダグバにだって効いてたかな?

37: 名無し1号さん
>>20
怪人体相手では接近もできないだろうな。人間体のうちに大量に撃ち込むしかない

41: 名無し1号さん
>>20
気迫だけでクウガがぶっ倒れて変身解除させられるんだ
人間がまともに接近できるかどうかも怪しい

44: 名無し1号さん
>>41
それでも一条さんなら、一条さんならなんとか・・・

47: 名無し1号さん
>>44
一条さんならダグバに吹き飛ばされながらも一発撃ち込めそう

52: 名無し1号さん
>>47
雄介がアルティメットになることを決意してダグバ討伐に向かうわけだけど、実際神経断裂弾持った一条さんとの両面作戦でもあるんじゃないかな。
相打ち覚悟で戦って、一条さんに撃ち込んでもらうみたいな。

83: 名無し1号さん
>>20
グロンギの身体の構造上、命中すれば神経網にダメージは行くはず
でも破壊し尽くすには相当な弾数がいるし、何より命中する前に弾がプラズマになって消えちゃうんじゃないか
一発当たって特殊な弾だとバレたら二発目は届かないと思う

108: 名無し1号さん
>>20
体組織の破壊が回復力を上回れるかどうかがカギ
全身の神経組織を破壊すれば破壊するほど超常的な回復力が落ちていく
ダグバの回復力を上回る速度で大量の神経断裂弾を撃ち続ける必要がある

これはケルベロスが必要だ
もしかしてケルベロスは対ダグバを想定して作られた武器なのでは

21: 名無し1号さん
ガドルとのライダーキック対決

先に立ち上がった方が負ける

挑戦的姿勢を見せつつも古典的な王道シーンは外さないのがクウガの良さ。

110: 名無し1号さん
>>21
時代劇とかバトル系アニメの定番シーンだね。互いの得意技同士でぶつかり合ってすれ違い、しばらくそのまま静止して、先によろけたり片膝をついたほうが勝っている。
もしかすると元祖勝利フラグなのかなぁ

22: 名無し1号さん
実際この次は新春スペシャルだったんだよね。

23: 名無し1号さん
予告のクウガの眼が片方黒いのはもしかして黒眼アルティメットフォームになりかけてた?

48: 名無し1号さん
>>23
アレ多分泥で黒く汚れてるだけじゃないか?
雨も降ってるし

60: 名無し1号さん
>>23
ダグバの炎で焦げてるとか片目にダメージ負ってたのではみたいな説もある

70: 名無し1号さん
>>60
つーことは右目が燃やされて…うぇグロい…

76: 名無し1号さん
>>70
想像してみたらグロすぎて気持ち悪くなった···

24: 名無し1号さん
あぁ…遂にダグバが出てきたか。

28: 名無し1号さん
自分で心臓を止めるって…もはや人間技じゃないよ。
これも2000の技に含まれてるのかな?

49: 名無し1号さん
>>28
世の中に自分で心臓止められる人間がいたら怖いわ

84: 名無し1号さん
>>28
あまダムが五代の意思に呼応したからじゃない?
自力ではいくら何でも無理でしょ

30: 名無し1号さん
榎田さんとジャンの関係がこの時だけのぽっと出の設定じゃなくて、ちゃんと序盤から伏線を張った上での描写なのが本当に秀逸。
時間はかかったけど、さゆる君にペーパークラフトを届けてあげられて本当に良かった。

32: 名無し1号さん
ガドルが腹を押さえ封印マークがきっちり当たってたと同時に流れるBGMが堪らないぜ!

33: 名無し1号さん
あれほどの強さを誇ったガドルを一度はダウンさせ
彼と互角に戦ったドルドを葬り去る
「神経断裂弾」正に警察側の集大成。
さらにガドルを葬ったアメイジングもまた五代のこれまでの
戦いの集大成と言え(静と動の演出も見事で戦いの舞台も素晴らしい)
笑顔をテーマにした榎田さん&ジャン関連のエピソードも秀逸と
正にラスボス前の集大成に相応しい回。

34: 名無し1号さん
当時ソフビではアルティとセットだったガドル閣下
放映ではまさかのアメイジングとの対決
ある意味純粋に楽しめた戦いはここまでかも

36: 名無し1号さん
榎田さんのお母さんも感極まって泣いてるやん、やっぱり良い人。

40: 名無し1号さん
高寺さんがアメイジングマイティの真相呟いてるね、20周年にして揉めた内容が明らかになるとは…

98: 名無し1号さん
>>40
ずっと語られてきたことって憶測だけだったからねえ

45: 名無し1号さん
神崎先生が雄介の前で「黒の金の4号」っていうのなんか良いな。

46: 名無し1号さん
因果が巡ってガドルもあの時イキりゴオマを見逃さず
しっかり始末しておけば神経断裂弾も開発されず
こういう結果にはならなかったろうに…
…とも思ったがゲゲル前の殺しは同族相手でもNGだったかな
つくづくゴオマってほんと物語において絶妙な立ち位置にいたんだな

50: 名無し1号さん
>>46
強敵に敗れるならガドルも本望かと。

51: 名無し1号さん
>>46
ゲゲル前の殺しがNGって設定は無いよ。
ゴオマがイビられてたのはゲゲルが正式に始まって無いのに勝手に人間を殺してゲゲルを始めたから。
ガドル的にはほっといてもどうせダグバに殺されるだろうし別に良いか位の感じで其処からあんな武器を作られる何て想像してないだろうし

62: 名無し1号さん
>>51
メビオが足触ってきたやつ殺したのは誰も咎めてないしゲゲルの名目で人殺したのがアウトっぽいよね

53: 名無し1号さん
高寺さんのTwitter見たら、バンダイはライジングマイティの色変えとしてソフビ売ろうとしたらマイティアンクレット追加の両脚キック撃破というまさかの展開。

金型変更せざるを得ないことされたバンダイからしたら、「アメイジングバンダイ」というネタもあながち間違いではないかも?

63: 名無し1号さん
>>53
要は商品展開に組み込む予定だったけど金型変更で組み込めなくなっちゃったから玩具が出ずスーツだけ番組に出る事態になったわけか

99: 名無し1号さん
>>63
ガドルとセットでソフビ発売されたのが2001年3月ってなってるからとっくにアギト始まってる最中…

104: 名無し1号さん
>>53
気になるのは、「ガドルを倒すには両足キックが理にかなっている」との考え
ライジングマイティキック相当の紋章が二つ必要ということなのだろうか

59: 名無し1号さん
ジャンが乗ってたバイクは、確かジャン役の人の私物。ワイルドすぎるw

61: 名無し1号さん
三人衆はどれも決着が素晴らしい

64: 名無し1号さん
ガドル閣下は一条さんの神経断裂弾のダメージが蓄積したままクウガと戦ってアメイジングマイティの両足キックを受けて殺されたんだな。
ギリギリだったね五代さん

87: 名無し1号さん
>>64
前回一方的に負けたライジングマイティで互角に戦えたのは、椿さんの電気ショックのパワーアップと一条さんの与えたダメージのお陰かもな

65: 名無し1号さん
桜井さんが飛び行くドルドとニアミスするシーン。役者の米山信之さんは「ここしか俺がアクションするチャンスはない!」との強い想いから、あのぶっ飛ぶシーンを演じたらしい

66: 名無し1号さん
アメイジングマイティになった後、黒かった目が赤く光るのがよい。

88: 名無し1号さん
>>66
最高です
上の上ですね

68: 名無し1号さん
アメイジングマイティのスーツは今は流石に無さそうかな?

69: 名無し1号さん
俺も子供の頃両親が共働きで家にいないことがしょっちゅうだったなぁ。
正直多少の不満はあった、でもそれで両親を嫌いになることはなかった。

子供でも親の大変さ、何の為に働いてるのかを漠然と理解してたからかも。

78: 名無し1号さん
>>69
寂しさを埋める物があったのかもね
後は普段傍にいられないからこそ傍にいられる時に親が沢山愛情を注いでくれたからじゃない?

72: 名無し1号さん
バラ姉さんの「リントも我々と~」の台詞からの杉田さん&桜井さんによるドルド討伐成功の場面はなんとも言えない

89: 名無し1号さん
>>72
殺し合いに人間が勝利した瞬間

107: 名無し1号さん
>>89
良いことなのか悪いことなのか微妙
あの世界の人達が力の使い方を間違えないことを切に願う

73: 名無し1号さん
アメイジングマイティの突然の登場に驚いたあの感覚は今でもよく覚えてる
だって事前情報一切無しだったもの

74: 名無し1号さん
それまでのマイティキックが右足パターンだったから、アメイジングマイティキックの両足パターンは結構興奮したわ

77: 名無し1号さん
神経断裂弾を持ってきた警官がちゃんとトライチェイサーのA型に乗ってたのがなんか好き

85: 名無し1号さん
>>77
書こうと思ったらすでに書かれてた~!
こういうの、良いよな

92: 名無し1号さん
最強格の閣下でも当たったらグロッキーだよ! ラでも死ぬよ!
ぶっちゃけここまで死ぬほど被害出てるけど、このタイミングより先に完成してたら多分グロンギでも対策なり回避なりしてただろうから不意打ちじゃなかったらやべーことになってたと思うよ!
切り札は最後までとっとけってATMも言ってた

93: 名無し1号さん
ラス前のサブボスキャラを倒す様な段階で、
普通の作品なら主人公の戦いの場面を1話丸々全振りしそうなものだけど、
榎田さんのエピソードを合間に入れてくる、
しかも本筋とは直接は関係無いサブエピソードなんだけど、
本筋と関係無い話を挟む事によって、逆に作品に深みが増していっているという。

クウガってほんと凄い作品だわ。

95: 名無し1号さん
youtubeが初クウガだけどドルドの最後がなんか呆気なかったと思った
武器のお陰とはいえ人間にやられるなんて…
初めてドルド見た時貫禄がありグロンギ幹部のボスかと本気で思ってたわ
当時TVで見てた人はどんな気持ちだった?

96: 名無し1号さん
>>95
俺はドルドの最期は好きだ
仕留めるのが杉田さんと桜井さんというのが良い
人間の殺傷能力がついに怪人を殺した

100: 名無し1号さん
>>95
杉田刑事の戸惑いに同調してたなあ。

109: 名無し1号さん
>>95
特撮等の怪人は派手に戦って散るのが誉れだが、
長く登場した怪人が
「刑事ドラマの犯人の様に何処かの河原に追い詰められて射殺」
という地味な最期なのも哀愁というか哀れみがあって良し。

一方このレベルの怪人を人間の手で射殺出来るようになり、
今迄の苦労が報われた爽快感や達成感を感じつつも
「人間が怪人を殺せるようになった」事に何処か不穏な雰囲気と
虚しさを含む複雑な気分が漂ったのも事実。

97: 名無し1号さん
ドルドはゲゲルやってなくて人殺してないのに銃殺は罪が重いような気もするが
グロンギで分かり合えない存在だから仕方ないのかな

105: 名無し1号さん
>>97
グロンギは人間だから、この考えが成り立ってしまうんだよな
事実として、法の裁きではなく警察の私的な処刑になる
ドルドは違法行為はしてない可能性が大きい

114: 名無し1号さん
>>105
一条さん殺人未遂

101: 名無し1号さん
五代は黒くなってアルティメットに近づいてる中、
人類もとうとうグロンギを殺せるレベルの武器を手に入れた
究極の闇ってのは変身できる連中だけの話じゃないんだなあ

111: 名無し1号さん
榎田さんはすれ違いこそあれ特に成長する人でもないと思ってたからジャンとのやり取りは気づかされることも多かった。
一条さんのお母さんとの会話といい、クウガは一見完成されてる人達の物語を描くのがうまい。
そしてそれは最後の最後で主人公にも言えること…。

112: 名無し1号さん
あくまでも古代にあっても少数派であった戦闘民族グロンギが蘇った未来ではリントが自分達に極めて近くなっていた。バルバの一条への関心が尽きないのは頷ける

113: 名無し1号さん
一応児童誌にはうっすらとアメイジングマイティの姿は記載されてた

バンダイ Figure-rise Standard 仮面ライダークウガ アメイジングマイティ&ライジングマイティパーツセット







読者登録していただければLINEで更新通知が届きリアルタイムでコメント欄に参加できます。
Twitterでも配信しているのでフォローしていただけると嬉しいです。





こちらのアカウントのフォロー・サイトのチェックもして頂けると嬉しいです。

https://hero-times.com/

オススメブログ新着記事