0: 名無し1号さん

配信時間・毎週金曜日18:30
記事更新日・翌日土曜日19:00


感想にする予定の作品一覧
 


※お題募集記事の為本文は
一定数コメントが集まった後追加という感じになってます。 


  






1: 名無し1号さん
武史が救われて直人達と和解、友達になれたのは良かった。グリッドマンに「君はもう一人じゃない」とか一平に「またカーンデジファーを呼ぶぞ!」と冗談を言うシーンが好きだな


14: 名無し1号さん
>>1
今まで散々苦しめられたのに直人たちがちゃんとコミュニケーションしてくれるのがいいよね
邪険にしてるように見えた一平が身を挺して電撃から武史を庇ってるのも熱いしグリッドマンが武史にもメッセージを残すのがすごい好き

40: 名無し1号さん
>>14
お互いに今まで怪獣とグリッドマンしか見えてなかったからってのはあるな

2: 名無し1号さん
ボスラッシュならぬこれまでの悪事大ラッシュ…
そんなカーンデジファーの力に煽りスキルで対抗w

最後までグリッドマンと三人の力を合わせた展開だったが
最後の最後で自分自身を見つめ直した
武史の力も加わり勝つのはやはりアツい
そしてこの長い戦いの終わりが新たな伝説のはじまりになるとは

3: 名無し1号さん
この最終回から25年後にアニメで再びグリッドマンの活躍が観れたのは嬉しかったな

4: 名無し1号さん
見事すぎる最終回

5: 名無し1号さん
来週からはアニメ版も配信してくれないかな。その後はダイナゼノンの配信をしてほしい

6: 名無し1号さん
グリッドマンとしての名前と姿は20年以上経っても使い続けてるけどそれだけ実写版の出来事はグリッドマンにとっても思い出深いんだろうなぁ

7: 名無し1号さん
「デ···デジファー君~地球が欲しいか?やんねぇぞ~」
カーンデジファーを誘き出す為に鳩ポッポの替え歌で煽る一平好き

13: 名無し1号さん
>>7
そして煽りに乗ってしまうカーンデジファー様…
まあらしいといえばらしいんだが

35: 名無し1号さん
>>13
面と会話したことないのに「あいつプライド高そうだから絶対引っかかる」とか言われる

8: 名無し1号さん
同じポジションでも改心後の武史とアカネの結末は対称的だよね。武史は直人達と友達になりこれからもずっと一緒だけど、対してアカネは六花と本当の意味で友達になったけど自分の為、そして六花達の為に現実世界に帰らないといけないから別れてしまってたな

47: 名無し1号さん
>>8
公式ではないかもしれないけど、UNIONのMVで現実のアカネが友達と笑ってたのは救われた気分になったわ

9: 名無し1号さん
直人役の小尾昌也さんは実写版終了後もアニメ版とダイナゼノンにゲスト出演してくれたのが嬉しかったな

10: 名無し1号さん
武史はこの後の「魔王の逆襲」でグリッドマンシグマと一体化して本当にヒーローに変身するんだよな

11: 名無し1号さん
この最終回の後にアニメ版に繋がるのか

12: 名無し1号さん
この後にデカマスターにやられて分裂して、六花に恋したのか…

15: 名無し1号さん
武史を含めた4人で去って行くグリッドマンを見送るの好き

16: 名無し1号さん
アシストウエポンのプログラムをどんどん破壊されてプラズマブレードでの剣戟から徒手空拳で戦う流れも熱いんだけどせっかくジャンクに呼んだんならゴッドゼノンとダイナドラゴンをフル投入した総力戦も見てみたかったな

17: 名無し1号さん
ハイパーエージェントさんって、グリッドマン(絵)を借りパクしたままだよなあ
正義のエージェントを名乗る割にはせこい男だ…あいつ男か?

18: 名無し1号さん
前話で武史が私怨で作戦台無しにしてカーンデジファー様キレてたけど、自分が煽られて敵地に誘い込まれアウェーになってもむしろ圧倒してるのはさすがラスボスというかなんというか

19: 名無し1号さん
さあ、始めようボクらの未来を勝ち取るために

今、君(武史)が必要なんだよ

必要なんだよ!!

24: 名無し1号さん
>>19
実際切り札は武史の作った破壊プログラムだったしね

20: 名無し1号さん
カーンデジファー様が使ってた青竜刀がガチの鉄製って話を後に聞いてびっくりしたな
クランクアップ前日にグリッドマン演じてた岡野さんに当たって3針縫う怪我をしたけど現場に戻ってアクションやり切ったっていうエピソードが凄い

21: 名無し1号さん
>>20
円谷ってたまに訳の分からない本気出すよね…

23: 名無し1号さん
>>20
後年カーンデジファー役だった三宅さんの方もミーモスを演じ病院送りになるという…

22: 名無し1号さん
怯えないで もう君は独りじゃない
夢のヒーローは武史への応援歌だったんじゃないかと思える最終回だった

25: 名無し1号さん
グリッドマンの去った先にCWの風景が浮かび上がるのはSSSS.GRIDMAN、更にSSSS.DYNAZENONにも踏襲されたね

26: 名無し1号さん
「私は君たちに教えられた。それは、本当に信頼出来る友達を持つ事が最強の武器だという事を!」

「私は本当に信頼出来る友達を持つ事の大切さを、改めて思い知った」
改めてSSSS.GRIDMANが少しアプローチを変えながらも電光超人の要素を上手く拾ってる事を感じた

28: 名無し1号さん
>>26
新世紀中学生達は今回の任務で学んだグリッドマンに新しく出来た本当に信頼できる友達って事なんだろうね…。
文字通りマジで武器になる奴も居るし。

27: 名無し1号さん
この28年後に自身が描き、共に戦い、力を与え、想いを分かち合ったハイパーエージェントがその姿で幾多の鋼鉄の守護者と共に多次元の宇宙を守るとは
この時の直人・一平・ゆか・武史の誰一人として知る由はなかった……

グリッドマンシナリオ最終話以降でオリジナルグリッドマンに変形できたら非常に嬉しい
とりあえずフルパワーグリッドマンで「ただのロボットじゃん」と言ってくれたアカネちゃんには感謝だよ(その一言で参戦候補に入ったとか)

29: 名無し1号さん
この最終回の良いところは一平たちにカーンデジファーと一緒に悪事を働いていた事を責められた時にそれでも自分にとっては友達だったんだという武史が本当に寂しいだけの子供だったとわかるのが良いんだよね。

31: 名無し1号さん
>>29
カーンデジファーが悪人じゃなかったら
それこそ藤子F先生的な物語になってたかもしれないからなぁ

30: 名無し1号さん
通称【悪いドラえもん・悪いのび太】
そう言われてるカーンデジファーと武史の関係性だけど、視聴者にそう言われるくらいに武史は初めての友達(武史にとっては)のカーンデジファーに依存して何だかんだ大切に思ってたんだよね…。
でも、カーンデジファーは武史の事を下僕くらいにしか考えてなかった上に最後には切り捨てた。
ここが互いに大切な友達だと思ってるドラえもんとのび太の関係性との決定的な違いなんだと思う。
でも、カーンデジファーへの思いを断ち切った武史には本当の友達が3人も出来た。
ここから武史の【悪いのび太】としてじゃなくて【藤堂武史】としての本当の物語が始まるんだね。

32: 名無し1号さん
基本形態でのフィニッシュは本当に気持ちが良い

34: 名無し1号さん
>>32
そして25年後も同じ姿で決着をつけるという

46: 名無し1号さん
>>34
しかも特撮版もアニメ版もどちらも怪獣を作っていた人間が鍵となって形勢が逆転してグリッドマンが勝利する流れは同じなんだよね

33: 名無し1号さん
子どもの時に見てたけど、まさか二十数年後に再会するとは思わなかったなぁ……最終回、アシストウェポン破壊されてどうするの?って思ったけど、武史がアシストして倒したのは良かった。

36: 名無し1号さん
中学生ってのもあってか、卒業式っぽい別れだった

37: 名無し1号さん
アシストウェポン第1号で
かませの印象も強いバリアーシールドが
最終回でも使われたけどバリアーシールドに始まり、
バリアーシールドに終わったな

全アシストウェポンが破壊されたけど改心した武史が作った
破壊プログラムで逆転勝利したのも良かったし、
グリッドマンが直人たち1人1人に語り掛けたことも良かった

38: 名無し1号さん
本放送時はこの最終回の後に傑作選をやって、
その年の夏休みに残りの分をアシベと共に再放送したっけ

後番組はヤマトタケルだったけどこちらも3クールで終了だったな

39: 名無し1号さん
コンピューターワールドを疾走しながら巨大化して決戦に挑むグリッドマン
最終回限定の巨大化シーンは燃える

41: 名無し1号さん
こうして最終回まで見て最後の「もっと君を知れば」を聞くとこの曲はすべての話が終わったあと彼らが進んでいくであろう未来を歌っていたのかなと思う

42: 名無し1号さん
だいぶ前の特撮だから今見ると安っぽい所がある気はするがそれはそれとして当時の全力だったんだろうなってなった
このままシリーズ続いて行ったら当時中学生だった四人の現在が描かれることがそのうちあったりするのかな?

43: 名無し1号さん
最後のハイパーグリッドビームはコンピューターワールドごとカーンデジファーを吹き飛ばしてたんだな
そう考えるとSSSSでのフィクサービームがコンピューターワールドを修復したのは対になってたのか

44: 名無し1号さん
カーンデジファーは逮捕する予定だった気がするけどまあよくあることだね!

45: 名無し1号さん
>>44
ベムラー「うんうん」

電光超人グリッドマン THE合体 合体超神サンダーグリッドマン TOKUSATSU EDITION ノンスケール 亜鉛合金&ABS製 塗装済み可動フィギュア







読者登録していただければLINEで更新通知が届きリアルタイムでコメント欄に参加できます。
Twitterでも配信しているのでフォローしていただけると嬉しいです。





こちらのアカウントのフォロー・サイトのチェックもして頂けると嬉しいです。

https://hero-times.com/

オススメブログ新着記事